INDEX    RSS    ADMIN

Homeland S1-#1 「英雄の帰還」

FOXCRIMEで6月スタートの「HOmeland」の先行放送を視聴。
知ってる顔が多くてなかなか興味深く観始めることができました。

8年前イラクで行方不明になっていた海兵隊員のニック・ブロディが
突然アフガニスタンのアルカイダで捕虜になっていたのを発見されます。
死んだと思われていた海兵隊員が発見され、国内は大騒ぎ。
発見にかかわったCIAは気を良くしていましたが
対テロセンターに所属するキャリーは
自分のイラクでの体験や聞いてきた話から
ニックがテロの工作員だと疑いを持っています。
そして元上司に相談して独自で監視することを決意します。

ブロディの家族は突然の夫、そして父の帰還に嬉しいものの面喰っています。
夫は死んだと思っていた妻のジェシカは
ブロディの同僚だったマイクと付き合ってるし
娘のダナはジェシカの目を盗んでドラッグに手を出すなど犯行期真っ盛り。
さらに弟のクリスは父の記憶がありません。

だから父と感動の再会と言ってもジェシカは喜びを表すものの
子供たちは父とどう接していいかわからず
クリスは「はじめまして」状態でした。
そしてこの間キャリーはブロディの家中に盗聴器を仕掛けてしまいます。
果たしてキャリーの疑いは当たっているのか。
この先答えが明らかになるのでしょうか。

ブロディを演じているのはDamian Lewis。
BOBのウィンターズは頼りになるリーダーでしたが
今回のブロディはLifeのチャーリーより難しい人物?
捕虜だった時に受けた拷問は相当のトラウマになっていると思います。
それで実はテロリストなんてあり得るのかな。
そして妻と同僚の浮気にどう対処するのか
気になることがいろいろありそう。

妻ジェシカはヘアスタイルが違うけど
スパドラのサイトに行くと顔が拝めるVのアナでした。

そしてブロディの秘密を暴こうとするキャリーを演じているのがClaire Danes
「アンジェラ 15歳の日々」のアンジェラです。
このドラマ、輸入版でチラ見しか観たことがないので
いつかじっくり見てみたいと思っているんですが
キャリーも過酷な任務でうつ病状態のようで
薬を飲みながらブロディを監視しています。
キャリーのイラクでの上司は見事な変装ぶりですが
クリマイのギデオン復活で嬉しいし
キャリーの手足となって動いていたのが(盗聴器仕掛けてました)
騎馬警官のレイVでしたよ。
豪華なオヤジたち。
さらにL&O CIから引退してしまったディーキンズが
いつの間にか副大統領に出世していて驚きました!

オヤジの豪華さは申し分ないし、
この先も大いに期待できそう。
本放送は14日スタートです。
スポンサーサイト

6月のドラマ視聴計画

今でさえ観る時間がなくてHDDに放置状態のドラマがごろごろしてるのに
また新作や新シーズンが続々登場の6月。
どれもちらっと観たい気はするけど、本当に継続視聴できるのかな?
適当にリタイアするドラマを決めていかないと、全く無理です…(泣)

☆フジテレビ
Knight Rider

このところ真面目に進んでますね。
あと4話で終了。楽しませてもらいます。

☆NHK BSプレミアム
Desperate Housewives S7

なんとなくダレてきたけど、何故かデス妻に対しては
腹が立たないんだよね…不思議。

☆WOWOW
CSi S11
(CSI:NY S7)
Criminal Minds S6 
Medium S7
The Borgias S1

最近Mediumが溜まり気味。
アリソンに奇想天外なことが起こりすぎて
ついていけなくなりつつあります。
でも13話で終了なので、もう一息がんばろうかな。
ボルジア家は面白い!
コミックと同時進行で楽しんでます。
ここにイマジカ版も入ってくるので、すっかりボルジア漬け(笑)
Body of Proofはパイロットを観てから
どうしようか悩むつもり。
デス妻キャサリンはもういいやって感じがするし。
そしてひっそりオンエアされているBeautiful Peopleもちらっと観てみましたが
面白さについていけたら続けて観るつもりです。

☆IMAGICA BS
Borgia

こちらはボルジア家じゃなくて「ボルジア」です。
どちらがよりハチャメチャなボルジア一族なのか
じっくり見定めていきたいです。
Camelotがとんでもないクリフハンガーなまま
キャンセルされてしまったのがショックで!
続きが観たかった…残念!

☆Dlife
Revenge
(Law&Order SVU S1)

Revenge面白いです!
そして日本語SVUの方は、13話まで観て終了予定。
また復活のS11の方に気合を入れます。

☆FOX
Glee S3
Lie to Me S3
Entourage S6
NCIS;LA S3

Awakeはその独特の世界観とやらについていければ観たいと思っています。
FOXの新作はコメディばかりなので無視していましたが
やっとじっくり観られそうな作品が出てきました。
NCISは結局分家だけ観ています。
ディークスとケンジーのコンビがお気に入りなので♪
Gleeは再び一休み状態。

☆FOX CRIME
Law&Order SVU S11
Law&Order CI S7
Dexter S6
Homeland

Homelandは今夜の先行放送で様子見をしますが
Damian LewisとClaire Danesのコンビに期待しています。
そしてSVUはついにBK再会のS11スタートですよ♪
感動の再会エピは14話。
その時は大騒ぎしたいと思いますので乞うご期待!!

☆Super!DramaTV
Law&Order S2 S3 
The Mentalist S3

そろそろGossip Girlはリタイアしようかと。
あまりにも大学生が勉強しないので呆れてきました。
話もマンネリ化してきたし
すでにこちらに青春ドラマについていく根性がないってことなのかもしれないけど(汗)
L&Oはいよいよ本命刑事ブリスコーさんの登場です。
マッコイさん登場まではまだしばらく時間がかかるんだね。
その前にヴァン・ビューレンが来るんだっけ。

☆AXN
La Femme Nikita S3
Hawaii Five-O S2

アルカトラズは頭が混乱する前にリタイアしました。
H5Oが楽しいからいいです。

☆AXN Mystery
Kommissar Rex S7 S8
The Firm
White Collar S3

AXNミステリーが忙しくなりそう。
REXはいよいよS8に突入。
番宣によるとマークの髪が短くなってさっぱりして
ちょっとイケメンになった感じがしました。
性格の変化はわかりませんが。
The FirmはCKRも出てるしとても楽しみ。
そして久々にWhite Collar復活ですね。

☆Universal
Covert Affair S2
In Plain Site S2

まったり楽しんでいます。
Alphasは絶対無理なジャンルなので初めからパスします。

☆LaLa
True Blood S3
Raising the Bar S2
吸血鬼ドラマはだんだん話についていけなくなってるけど
S5にMeloni登場なので、そこまでは意地で頑張ります。
そして大好きな法廷ドラマのRaising the Barが復活。
L&Oとは違った法廷の魅力を味わわせてもらいます。

やっぱり多いな。
もう少し減らしたいな…ため息。

Kommissar Rex S7-#10 「誕生日の事件」

実は夏休みにウィーン旅行を計画中。
毎週2時間ウィーンの風景を眺めドイツ語を聞いていたら
どうしても本物のウィーンを味わいたくなっちゃって。
そしてREXのロケ地めぐり=観光地めぐりをしてレックスを探し
ソーセージパンとザッハトルテを食べてきたいなと思っています(笑)

そんなわけでウィーンの旅行ガイドが手元にあるので
REXを観るのがますます楽しくなってきました。
今回のエピも観光スポットを要チェックです。

刑務所上がりの兄と間抜けな弟が、ダイヤモンドの動きに詳しいイリスという女性と組んで
宝石店を襲い大量のダイヤモンドを奪います。
店主はこっそり防犯ベルを押して警察に連絡。
でも兄が店主を撃ったため話がややこしくなってきました。
兄はうまく人混みにまぎれて逃げ出し
イリスは近くの骨とう品店にさりげなく入り
ご立派なたんすにとりあえずダイヤを隠してしまいました。
そしてイリスはカフェで落ち着きます。

このショッピングモールも年代物の建築物でしたが
イリアが隠れた「カフェ・ツェントラル」がこれまた老舗カフェ。
創業1876年でトロツキーやスターリン、ヒトラーなども訪れたそうです。
イリアはうまく隠れたつもりですが
あっさりレックスにバッグの中の銃を見つけられてしまいました。

警察に連行されたイリアは決してダイアの場所を明かさず。
一方ダイヤをイリアに持って行かれた兄は
足を怪我して使えない弟とともに署から出てきたニキを尾行します、
今日はマークの誕生日。
ニキはマークの家でサプライズパーティーを企画していました。
プレゼントにトレーニングマシーンを注文し
自宅のバスルームに設置してもらうのを手配済み。
レックスは誕生日のケーキを受け取りに行き
ニキが部屋を飾りつけていると
兄弟が入りこんできてニキに襲いかかり、椅子に縛り上げてしまいます。

こうしてニキは人質にされてしまいました。
兄の要求はイリアにダイヤを持ってこさせること。
マークはニキの命がかかっているために判事とも相談し
ニキを署から連れ出し、隠したダイヤを取りに行くことにします。
ところが骨とう品店に置かれていたたんすは
修理が終わって持ち主に返されてしまいました。
マークは持ち主の家に行きますが、これがまた頑固な金持ち婆さんで
広い部屋の中にこれまたでっかい絵が飾られています。
マークは電気がショートして火事が起きてるかもと
とんでもない嘘をついて部屋の中に入り(警察がそれでいいのか)
うまくダイヤを見つけ出しました。
そして兄たちに渡すことになり、指定された場所がプラーター公園。
観覧車はよく画面に映っていますが
遊園地部分の遊具等も全てお化け屋敷っぽい?なんともシュールで不気味です。
この公園はもともとハプスブルク家の狩猟地で
1766年にヨーゼフ2世によって市民に開かれました。
どれもこれも古いものばかり。
簡単にはへこたれないイリアはマークの運転の邪魔をしてうまく逃げだし
遊園地の中で追いかけっこになります。
最後はクンツがうまく仕留めたけど。

一方ケーキを受け取ってきたレックスはニキが縛られているのを見て
ワンワン吠えまくります。
ニキが命乞いをしたので、レックスはバスルームに閉じ込められてしまいました。
賢いレックスはドアが棚でふさがっているのに気付き
棚を動かすために下に敷かれているマットを引っ張ります。
こうしてうまく棚を動かしてドアを開け
兄弟にばれないようにニキに近づき、縄を外す手伝いをしました。
マークがニキの安否確認をしますが
ニキはほとんどしゃべらせてもらえず
でも会話内容が効かれないようにと音楽を聞かされていたニキは
自分の居場所をマークに伝えるためマークの好きな曲を掛けさせました。
これでマークは自分の家にニキが監禁されていることに気づきます。
途中でマシーンが届き、担当者が設置をしたいと言い出したので
兄は住民のふりをして設置を許可。
そのたびに覆面をかぶったり外したり忙しかったんですが
結局兄弟もつかまってしまいます。

とんでもない誕生日。
でも無事に事件が解決し、
キスをしようとするマークとニキの間に入り込むレックス。
レックスなりの嫌がらせ?かな。
レックスが持ってきたのはザッハトルテでしたね。
これならひっくり返っても大丈夫か…と納得しました。

Law&Order CI S7-#10 「Senseless」

今シーズンのCIはなかなか面白い。
いきなりやかましいアレンジで映像まで部分着色されてるテーマにも慣れてきたし。
そしてゴーさん&エイムズのコンビと
ローガン&ファルッチのコンビのコントラストもいい感じに出ていて
毎回見せ場がたくさんあってワクワクさせられます。

前回の精神病院潜入のゴーさんのなりきりっぷりもすごかった。
本当にひやひやしながら観てしまいました。
同じようなことをLie to Meのライトマン博士もやってましたが
ゴーさんのリアルな演出、お見事です。

そして今回はいぶし銀ローガンの活躍にうっとり。
なにしろ今週5日、青二才の若者ローガンを観ていて
大分思慮分別も出てきて落ち着きが感じられるようになってきましたが
この長い下積み生活があってCIがあるんだなと思うと
ローガンの一挙一動に歴史の重みを感じてしまいます。

ブラウンズビルという貧困地区で暮らしていた
アイゼア、タイ、ナオミの黒人系の若者3人。
今は別の州の大学に通っていますが
久々に実家に帰ってきました。
深夜子供のころ遊んでいたブランコにたむろしていると
向こうからラテン系の3人組の若者が近寄ってきます。
銃を持ったフェリックスがナオミにiPhoneをよこせと脅し
ナオミが拒否すると彼女の腹に銃弾を撃ち込みます。
続いてタイとアイゼアを座らせて処刑。
フェリックスについてきたヘクターはフェリックスに従い
弟のパコはおどおどしながら見ていました。

アイゼアとタイは即死。
重体のナオミは意識が戻って、事情聴取に応じられるようになりました。
彼女の唯一の目撃証言をもとに
ローガンとファルッチは犯人を探していきます。
先に判明したのがパコとヘクターの兄弟。
まずパコが自分が殺したと嘘の供述をしたため
それを利用してローガンはヘクターと取引し
フェリックスをあぶり出してきます。
フェリックスは周囲が恐れるギャングもどきでしたが
取り調べで偉そうな態度をとっても
ローガンの手にかかればぽろっと本音を吐いてしまいます。
このあたりのローガンの巧みな話術が素晴らしい。
さすが年の功です。

こうして無事に犯人を逮捕できたけど
ナオミの様態が急変し、彼女も死んでしまいました。
ナオミを救えなかったことをローガンは悔やみます。
今までも繰り返し起きていたことなのに…

CIに来て最初はあまり馴染んでいなかったように思えたファルッチでしたが
連携プレーも確実になってきました。
腕を怪我しながらもフェリックスを取り押さえたし。
でもファルッチは今回で降板なんですね。
次回はウィーラーが帰ってくるようです。
ファルッチって一時的な穴埋め要員だったのか
とふとSVUのベックを思い出してしまいました。

Kommissar Rex S7-#9 「美女連続殺人」

ペトラ姐さんは金髪美人だった!(過去形か??)

郵便配達員が書留を持って高級住宅地へ。
セクシーな金髪美人に書留を渡しますが
ペンがないと言って彼女に家の中に取りに行かせます。
その間に配達員は家に上がり込み
裕福な生活をしている彼女に腹を立て
首を絞めて殺してしまいます。
そして手を丁寧に洗って退散。
その後本物の郵便配達員が来て
死んでいる金髪美人を見つけて通報します。

またオーすストリアの謎が増えちゃいました。
恐るべき郵便配達の世界。
犯人エルンストは臨時郵便配達員をやっていて
その頃気になる金髪美人の情報をしっかりゲットしていたようでした。
だからターゲット宛に偽の書留を作り、手渡しするのは簡単なこと。
しかし配達員を辞めても制服を返却してないし
(何枚も持ってたからどこかで購入したのか?)
個人情報ももちろんそのまま持っています。

でももっと恐ろしいのが遺体を発見した本物配達員も
区域の人々の個人情報をばっちりノートに記録していたこと。
そして仕事が終われば担当区域の主婦と浮気を…
郵便配達員ってなんてオイシイ職業なんでしょう。
そんなことでいいのかい?

エルンストが金髪美人を襲ったのは妹へのリベンジ。
妹のエリカは裕福な男と結婚したけれど離婚し
豪邸で優雅な生活を送っています。
一方エルンストはアパートの管理人をしていますが生活は苦しく
しかもエリカに仕事をクビにされてしまいます。
エルンストはエリカへの恨みを
エリカと似たような女性にぶつけることに。
そして二人目の被害者が出た時
予期せずして被害者の夫が帰宅し
慌てて家を飛び出したエルンストは姿を見せてしまいます。

犯人が強迫性障害を持っていることから
マークたちはエルンストとエリカにたどり着くのですが
マークたちがエリカの身の危険を心配した時
すでにエルンストは自宅のプールじゃなくて池
(というかあれは沼地か?とにかく自宅内に大自然があるようで)
で泳いでいたエリカを襲い
首を絞めて池に投げ込んでしまいます。
そこへマークとニキとレックスが駆けつけ
レックスは池に人が浮いてるのを見つけ
自力で泳ぎながらくわえて外に引きずり出します。
それからせっせと吠えてマークを呼び
マークはおろおろしつつも心肺蘇生を
そのころブドウ畑に逃げたエルンストをニキは追い
追い詰めたところで取っ組み合いに。

普通マークとニキの立場、逆じゃない???
と後で本人たちも気づいてたようだけど
結局ニキの方が腕っ節が強いってことでしょうか。
レックスがヘルプに行きますが
その前にニキはエルンストに手錠をかけていました。
一方長時間水の中にいたエリカは
マークの努力で?奇跡的に助かります。
すごい生命力だ!!

と思ったらエリカってGSG-9のペトラ姐さんだったんだよね(爆!)
特殊部隊の中で誰よりもたくましかった姐さんですから
あっさり死んじゃうわけないでしょ!
とタフなエリカにすっかり納得してしまいました。
大胆な水着姿でセクシー度もアピール。
さすが姐さん、金髪美人の存在感十分でした。

コネクション マフィアたちの法則 (Find Me Guilty)

<カッターさん祭り>

渋谷ヒューマントラストシネマでLinusが出演している「コネクション」が
ひっそりとレイトショーで上映されているのを教えていただき
早速行ってまいりました。
bluegeneさん、ありがとうございます♪

蔵出しされたシドニー・ルメット監督の晩年の未公開作品で、
アメリカ史上最長のマフィア裁判の様子が
忠実に描かれています。
ルッケーゼファミリーのメンバー20人が約2年
連邦裁判所で裁かれていくのですが
被告が20人でそれぞれに弁護士が付いていて
陪審員にも控えがいるというとにかく大所帯。

この裁判の検事を務めるのがLinusで
名前はキーニーなんですけど
どう見てもそのまんまカッターさん!
検事だから役作りの必要がなかったわけで
あまりにもカッターさんなのでびっくり!というより安心しました。
法廷にカッターさんの声が響くだけですごく居心地がいいというか
酔いしれてしまいます。
ただ映画ですから、NBCでは使えない四文字をでっかい声で連発するし(笑)
ブチ切れたときのパワーも迫力十分。
なにしろお目付け役のマッコイさんがいないもんですから
やたらと熱くなってます。

ところでルッケーゼファミリーの中に
麻薬取引で有罪判決を受け服役中のジャッキーと言う男がいて
裁判が始まる前にキーニーはジャッキーに司法取引を持ちかけます。
ところはジャッキーは絶対に仲間を売らない。
そこでひたすら長い裁判が始まってしまうのですが
ジャッキーは弁護士をつけず、自分で弁護を始めます。
小学校しか出ていない男が弁護をするので言ってることがめちゃくちゃ。
当然カッターさんはツッコミまくるし
ファミリーのボスのニックは墓穴を掘りまくりのジャッキーの発言に腹を立て
さっさと彼を追い出したがるし。
でもなんだかジャッキーの話には説得力があり
陪審員の心を動かしていきます。

ジャッキーを演じているのが、なんとVin Diesel。
「リディック」のアクションしか知らないので
こちらはあまりの別人ぶりに驚きました。
もちろん髪が生えてるし(笑)
こんなに演技派だとはつゆ知らず…おそれいりました。
ジャッキーの巧みな話術にぐんぐん引き込まれてしまいます。
それに引き換えカッターさんは…
「リディック」の悪夢の再来(爆!)
どうしてもVinのパワーには勝てないようで
どんどんヘタレ度アップしていきます。
これがまたカッターさんらしくて素敵なんですけど
きっと後でマッコイさんに怒られてるんだろうなとか
ルーポに文句言われてるんだろうなとか
容易に想像がついてしまうことが恐ろしい。

でもね、この映画が製作されたのは2006年。
まだカッターさんやアンディになる前の話なんだよね。
ここでの役作りがそのままカッターさんへ移行したってことのようです。
ともあれ2時間、正しいカッターさんを堪能できる素晴らしい映画でした。
レイトショーのみでの上映はもったいない。
いずれはスパドラでオンエアして、
カッターさんファンを満足させてもらいたいものです。

2006_find_me_guilty_012.jpg

ドラマなつぶやきショートバージョン

ここ数日のドラマの記憶に残った部分をつぶやきます。

☆Law&Order S2-#11
知ってる人が若くてびっくりのL&Oですが
弁護士役でマデリーンが出てきたのには驚きました。
法廷にいることにまず違和感だし(笑)
でもあの情け容赦ない鋭い指摘はマデリーンそのものでしたね。

☆La Femme Nikita S3-#5
こちらのマデリーンは相変わらずです。
マイケルも元に戻った感じで一応安心。
それより長官に銃を突きつけてしまったバーコフが心配です。

☆Knight Rider NEXT
最近は順調に進んでますね。
サラのお父さんが亡くなって悲しみに打ちひしがれているサラと
マイケルがいきなり…
なんて余計な心配をしているうちに
キットは取られちゃいました。
そこにBurgi登場。

とまたお気に入りオヤジが出てきて喜んでいたんですが
今ふとIMDbでRichard Burgiをチェックしていたら
彼のお兄さんがドラマーだって書いてあり
なんとRainbowで叩いていたと知っていきなりビックリしてしまいました。
ちなみに当時はロン毛のカーリーヘアでした。
ってことは弟もロン毛??はありえなかったかな(笑)
お兄さんはChuckというんですが
日本語表記ではチャック・バーギとなっていて
弟はリチャード・バージなのにどうして名字が変わるんだい??
謎ができてしまいました。

☆Lipstick Jungle
次回がS2ファイナル。これでおしまいです。
NYのセレブな人たちは庶民とは暮らしが違うということを痛感
だからどうしたっていうドラマでしたが
アンドリュー・マッカーシーのリッチな渋オヤジっぷりが素敵でした。
若いころはおぼっちゃま役がお似合いでしたが
こうしてオヤジ化するのかなという正しい見本かも。

L&O SVU S13ファイナルにキャシディ復活!

まだSVUは一休み状態。
そこでDlifeの吹替版S1を楽しんでいますが
注目すべきはキャシディ刑事。

svu1-9c1.jpg

ベンソンやステーブラーほどは目立たないけど、マンチとのコンビはなかなかいい感じ。
最初はこいつは使えるのかな?という青二才ぶりに不安を覚えましたが
徐々に尋問の迫力も増してきて成長ぶりが感じられました。
でもせっかく活躍の様子を楽しませてもらっていたのに13話でお別れ。
いきなりベンソンと寝てしまってびっくり!から始まって
結局キャシディはSVUには向いてなかったのでした。
詳細はHPのキャシディのお部屋にアップしてありますのでご覧くださいませ。
実際にはDeanはSVUよりOZを選んだってことだったんだと思いますが。

そんなキャシディがただ今本国でオンエアされているS13のファイナルに復活したんだそうで!
失意のうちにSVUを離れ警察家業から足を洗ったのかと思ったら
そうでもなさそうです。
13年間しっかり悪党を追いかけていたんですね。
こちらにインタビュー&登場シーンが♪
映像を見ると、さすがにオヤジの風格十分。
着こなしにかなり疲れが出てるのが気になるけど
ベンソンと会話しているシーンでは
気まずい雰囲気はなかったのかな?
このままS14のレギュラーに!というのは無理かもしれないけれど
またときどき顔をのぞかせて欲しいものです。

ステーブラーのいないS13を楽しめるのか
最初は不安があったけど
カッターさんは復活するし、最後にキャシディ登場のおまけつきで
とても楽しみなシーズンになりそうです。
だれが飛び出すかわからないのがL&Oシリーズの醍醐味ですから
次はルポカタの再会があってもいいな。
ステーブラーだってたまには顔を出してくれてもいいし。
だれでも熱烈歓迎!!です。

CSI S11-#5 「ゴミ屋敷の法則」

断捨離の勧めはアメリカでも必要?!

日本のように狭い家に住んでいるのでなければ
物を収納するスペースは確保できそうな気もしますが
今回のサンティアゴ家の家の中は別。
日本のテレビ番組でも、片付けられない人の家を片付けますなんて企画があって
かなりすごいことになっている家が出てきますが
サンティアゴ家の場合はそのレベルを超えています。

家主マルタは物が捨てられない。
一つ一つに思い出が詰まっていて、その思い出は家族そのものだから。
言いたいことはわかります。
でもやっぱり片付けなければ思い出がどこにあるのか探せないよね。
そして大事なものとゴミとが一緒になってるぐちゃぐちゃの中から
家の片付けの手伝いに来ていたダイアナが死んでいたのが発見され
こちらも死後の時間が経過しているためにぐちゃぐちゃ。
なのに気付かないマルタってどうなってるの?と
まずそれが不思議でした。

訳のわからないマルタさんですが
定職には就いているようです。
職場ではぐちゃぐちゃにしてないのでしょうか。
そして精神科医の治療を受けていましたが
強制的に片付けさせるのは難しいみたい。

サンティアゴ家にはジュリアンという息子とアリサという娘もいて
ジュリアンは家を出て暮らしており
一緒に生活しているはずのアリサは行方不明です。
そのうちサンティアゴ家の敷地内から白骨死体がごろごろ。
それがジュリアンが勤務している問題児のシェルターにいた少年たちだったので
ますます犯罪色が濃くなってきます。
さらに家の奥から手錠でつながれ監禁されたアリサが発見され
どれだけ広い家なんだ。
一部アリサの衣服が衣装ケースに分類されていて
その気になればできるようですが。

一体誰が少年たちを殺し、アリサをつないだのか。
証拠は少年たちの手首を結んだリボンから発見されました。
殺害したのはアリサで、マルタは危険なアリサを監禁したのでした。

殺人犯アリサにはそういう要因があったとサラが説明。
サラの過去の話を聞いて
ジュリアンはマルタの面倒を見ることを決意しましたが
結局ダイアナは落ちてきた本が頭に当たったことが
死因になってしまったってこと?
それは片付けなかったマルタが悪い!と言いたくなるけど。
片付けなければいけないという法律があるわけでもないし
強制するのは無理だと思いますが
少なくともどこに何があるかくらいは見当がつけられるような
片付けはしておきたいものです。
しかも家は広くないんだし…

(おまけ)CSI:NYにピーター・フォンダが出てきましたね。
マックとかつて同僚だったそうですが
次回にトラブルが起きそうで嫌な予感。
そして残り2話でS7もおしまいですか。
その後にはBody of Proofというドラマが始まるそうですが
面白いのかな?
観るものがどんどん増えてきちゃって
あまり新作に手をつけたくない気もするんですけど(汗)

Kommissar Rex S7-#8 「ロシアンルーレット」

またウィーンの人達の残虐な一面を見てしまいました…

秘密裏に行われる死の賭け事。
まずは廃墟となった獣医大学で行われたロシアンルーレットで
二人のロシア人の間に弾が一発入った銃が一丁。
彼らは交互に銃をこめかみに当てて引き金を轢かなければなりません。
仮面をつけた参加者はどちらが生き残るかを賭けることになりますが
確率二分の一だから大して配当金ももらえないと思うんですけど
それでも賭けてしまうリッチなウィーンの人達は
よっぽど血に飢えてるのか?

見ていた女性がまさか人が死ぬとは思ってなかったようで警察に通報しようとして
レネ達に殺されてしまいます。
彼女の遺体が見つかり、続いてルーレットの犠牲者の遺体も発見。
生き延びたもう一人のロシア人は監禁されてましたが
ふらふら状態のまま自力で逃げ出します。
でも誰も助けてくれず、またレネ達に捕まってしまいました。

死んだ女性が直前につぶやいた「死の芸術」
それが何を意味するか探っているうちに
ヒントがSt.マルクス墓地のモーツァルトの墓で見つかります。
墓碑銘の裏に秘密のメッセージが。
以前ベートーベンの墓も出てきたけど
有名人の墓があっさり出てくるREXって
まさに国民的ドラマ。
っていうかそんな簡単に利用していいのでしょうか?

次の賭けは毒蛇バトル。
先ほど助かった男と、また新たな男が
毒蛇の入った箱に手を突っ込んで、どちらが先に噛まれるかという
さらに残虐なもの。
相変わらず金持ちが参加しています。

金持ちじゃなくてもウィーン市民は賭け事が好き?
マークはレックスの分までロトくじを買い
ナンバーを書いたピンポン球をレックスに選ばせて
マークシートに記入していました。
マークがずるしそうになるとレックスがストップをかけます。

毒蛇殺人事件の現場に落ちていたレシートがドッグレースのもので
マークとレックスが脅しをかけて、賭けた男の正体を突き止めます。
男は医者だと言ってるけど、殺人野放し状態の医者って??
その医者の自供のおかげで3度目の賭けの場所がわかります。
まだ生き延びていたロシア人は首にロープをかけられ
氷の上に立たされます。
そして氷をバーナーであぶって、氷が溶けたら男の首が締められる仕組み。
砂時計をセットして、男の死は砂時計が落ちる前か後かを賭けることになっていました。
マークとニキが踏み込んだとき、氷はかなり解けてきて
男の足がつるつる滑ります。
レックスはロープをほどこうとしたけど無理だとわかって
自ら氷にかぶさり男の踏み台となってあげてました。
偉いぞ!レックス。
警察の応援も到着。主催者のレネ達も参加者も逮捕されます。
みんな投獄されて当然でしょう。

マークの部屋にニキが訪ねてくると妙に気を遣ってるレックス。
仕事だから仕方ないけど居辛そうなクンツとともに、ちょっとお気の毒です。

La Femme Nikita S3-#4 「絶望の果てに」

このエピもお気に入り。
冒頭のテレビ画面の前で嘆き崩れるマイケルや
チェロを弾くマイケルが大好きでした。
このマイケルのボロボロ具合がたまらなくセクシーで♪
ドラマそのものは長官とマデリーンのやってることがどんどん理解できなくなってくるので
マイケルの七変化とニキータのお洒落な着こなしを楽しむくらいしか
ドラマの見どころがなく(汗)
だからこそマイケルが別人化してくれるエピは貴重なんですよね。

ボロボロマイケル。
まずアダムのビデオを見ながら涙しています。
急に銃を装填するのでまさかテレビを撃つ?
なんてことはなくテレビにすり寄ってさらにボロボロ。

抜け殻マイケルは当然ミーティングでも放心状態で
次の任務ではニキータとともに待機させられてしまいます。
そこでもぼんやり状態。
ニキータはマイケルを心配し
長官とマデリーンはそんなマイケルを利用します。
このあざとさが嫌なんだよね。
ぼんやりマイケルの姿は敵に見られてしまいました。

ニキータがマイケルの家(なんですか?この殺風景な空間は)へ行くと
マイケルはチェロを弾いています。
音楽家マイケルと言う別の顔が現れ
マイケルって本当に謎だらけの人物ですが
アダムを愛している部分は単純明快。
ニキータがマイケルの力になろうとすると
マイケルは自分と関わる人間は不幸になると警告します。
シモーヌ、エレナ、そしてアダム。
ニキータには不幸になってもらいたくないというマイケルの愛と思いやりが切なくて。

マイケルは相変わらず抜け殻のまま任務に出ますが
ニキータが人質に取られた時急変します。
単独バイクに乗ってニキータを救いに行く姿はすっかりいつものマイケルに戻っていました。
二人の絆の深さに感動していると
これが作戦だったと満足げに語っている長官とマデリーンがまた腹立たしくて
しかも二人セットじゃマズイらしいですよ。
どこまで嫌味な人たちなんだ。

そんな長官の秘密をバーコフがゲット。
バーコフはウォルターに相談し
二人で長官に取引に行くと
長官は見事に罠に引っ掛かったって感じで二人を小馬鹿にして
相手にしてくれませんでした。
でも後で慌てて端末を回収してたから
本当は問題発生だったんですね。
でかしたバーコフ!
長官への不信感がますます募ってきます。

<ボロボロマイケルシリーズ>

nikita3-4-1.jpg

nikita3-4-2.jpg

nikita3-4-3.jpg
 

Kommissar Rex S7-#7 「繰り返された過ち」

最初のマリオネット使いが刺された話から
花屋のレイプ犯が捕まるまでの流れがどうもよくわからなくて(汗)
複雑な展開がL&Oチックになるのかななんて期待してたら
結局説明不足なんだよね。いつものことです。
そんな中で理解できたこと。

レイプされた妹。ひたすら気の毒でした。
心身ともに傷ついたのに、最後にまた怖い思いを。
犯人から逃げる姿にハラハラし
レックスが必死でロープに食いついて助けようと頑張ってましたね。
今回のレックス持久戦。ご苦労様でした。

性犯罪者は決して懲りない悪い奴ってことになってるから
単純明快でいいんですけど
お姉さんのリベンジがよくわからなくて。
妹が不憫なので犯人探しに精を出し
これまた地味に犯人探しを行っている弁護士の夫が
容疑者の写真を撮っているのを見つけた姉は
そのまま容疑者を追いかけて花屋へ入ってしまいます。
容疑者を確認した姉は再び花屋に向かうんですが
意味不明な変装してきてレイプ犯に花をオーダーし
隙を見てナイフで一突きしようとしたんですが
タイミング悪く失敗してしまいます。
慌てて逃げ出しますがその時財布を落としたため
レイプ犯に正体がばれ、今度は自宅で待ち伏せされます。
しかも妹は再び犯人と鉢合わせ。
なんと要領の悪い。
せっかく変装したのに、身元を明らかにするものを持ってたら意味ないし!
それで犯人に首を絞められかけてましたが
彼女はすでに殺人を犯したことを自供してましたよね。
こんなに要領が悪くて本当に殺せたのか信じられなくなってしまいました。
これが本当なら殺された方も相当の間抜けです。
もう一つ信じられなかったのが
姉は花屋で犯人のコロン?か何かを見つけてその匂いを採取し
持ち帰って妹に吸わせて確認してましたよね。
そんな悪夢が甦ることをよく平気でできるな…恐ろしい姉さんです。

ところでニキが風邪を引き
レックスも付き合ってくしゃみしています。
マークはニキを看病すると言って自宅に連れてきてしまいます。
さすがに一緒に寝たら風邪がうつるので(笑)マークはソファで寝ることに
レックスの寝床の方が広いので交換しようと提案したら
レックスはブラインドを下ろして無視してました。
マークの言うことは聞かないんだ!
結局そのうちマークも風邪がうつってしまいます。
レオによると風邪には酢を入れた足湯が効くんだそうで
素直にニキがやっていたら、レックスが真似して餌箱に足を突っ込んでました。
コソ泥を署に連行した時はその男が取ったものをさっさと取り換えしたレックス。
なかなかお見事な腕前?でした。
いろいろ活躍場面はあるものの、やっぱりマークとの距離は縮まらないのかな。

CSI;Miamiがキャンセル? CSI:NY S7-#19 「危険なメニュー」

久々にCSIネタ。

CSI:マイアミのキャンセルが決定したようで
マイアミはS10がファイナルシーズンになるらしいです。
あと1シーズンでほっさんに会えなくなる?
最近ややパワーダウンしている気はしていましたが
これでお別れだと思うとやっぱり寂しいです。
ほっさんあってのマイアミでしたからね。
こうなるとS10がめでたく終わっているかが心配。
クリフハンガーだけは勘弁してもらいたいです。
そしてその後のほっさんは?
あっさり引退して悠々自適な日々を過ごすとは思えないし
どこかで脅しまくりを続けているのかも。
お薦めの異動先ははCSIブラジル。
コルコバードのキリスト像とも対等なほっさんですから(笑)
世界中の悪党が潜伏しに来るブラジルでも大活躍間違いなしです。
ただしポル語が喋れないため…スペイン語だって無理そうだったし
偉そうな決め台詞は期待薄です。

そしてNYは続投決定だそうで、まだまだ続きが楽しめそう。
今回のフードトラックの爆破は吹っ飛ばした犯人の思いもわかるし
飛ばされて当然な気もするし。
そんな中で犯人の父親のホットドッグ屋台のオヤジの
まっすぐな思いに感動しました。
これぞ職人魂だと思います。
(中の人はニキータに出てたっけ)

そんなことよりホークス先生
看護師カミーユとべったりなのがすごく気になります。
ラブラブなのはいいとしても、仮病を使って仕事を休んだり
(そのおかげで爆破に巻き込まれ)
カミーユに誘われたパーティーでマリファナを吸いこむ羽目に遭い
しかも寝過して遅刻。
そこにタイミング悪くドラッグ使用についての抜き打ち検査。
(これって普通に警察関係者に課せられているのでしょうか。)
真面目なホークス先生ですからマリファナも間接吸引だけで済んだようでしたが
でもマックにバレてしまいました。
警察官である自覚を持って、襟を正して行動せよと
マックからのお達し。
こういう正統派の上司がいると部下も働きやすいものです。
ホークス先生も反省し、今夜はしっかり練るぞと帰宅したら
そこに再びカミーユ登場。
心を入れ替えたホークス先生はお断りしたんですけど
カミーユのコートの下はすぐにベッドへのお誘い?
あまりにも大胆な!と感心してたら
カミーユってスパルタカスのナエウィアでした。
あの酒池肉林の世界にいればこのくらいは当然。
しかもナエウィアとクリクスウの禁断の愛はあまりにも切なくて…
でもあのドラマとごっちゃにしてはいけません。
ホークス先生はグラディエーターではなく警察官なんですから。
女に騙されてマックとの誓いを忘れないように!

The Borgias S1-#1 「教皇誕生」

WOWOWのボルジア家を観始めました。
ボルジア家のドラマは今月はWOWOWで、そして来月はイマジカBSで
全くの別キャストでスタート。
史実を基にしたドラマだから基本ラインは変わらないと思うけれど
キャラクターの扱いはそれなりに違うんだろうなと
比較しながら観るのを楽しみにしています。
ちなみにWOWOW版の「ボルジア家 愛と欲望の教皇一族」のオリジナルタイトルはThe Borgias
イマジカBS版の「ボルジア 欲望の系譜」のオリジナルタイトルはBorgia
複数だと家がついて、単数だとつかないってことですか(笑)
今回ばかりは邦題の区別をありがたく感じます。

ボルジア家の魅力のポイントは、ロドリーゴ・ボルジアを
Jeremy Ironsが演じていることかな。
品のある渋オヤジぶりが素敵です。
もうひとつのボルジアのロドリーゴはJohn Doman
L&Oシリーズなどでおなじみのオヤジですが
彼の方が悪役顔かも。
教皇インノケンティウス8世が崩御し、枢機卿達の間で新教皇を選挙することになり
ロドリーゴはお見事な買収計画を実行に移し
さっさと教皇の座に居座ってしまいました。
ロドリーゴは枢機卿なので妻帯が禁じられていましたが
愛人ヴァノッツアとの間にできた4人の子供に
戸籍上の父親を与えておいて結局自分の子供にしてしまいます。
そして長男チェーザレに司祭の任務を与え
ロドーリゴは教皇になるために一族を使ってやりたい放題
そしてこの先も権力を意のままに奮っていくことになります。

実はボルジア家については不勉強で
ドラマ視聴に合わせて
惣領冬実の「チェーザレ 破壊の創造者」を読み始めました。
まだ1巻しか読んでないけれど、マンがなので読みやすいし
これで基礎知識は学べます。
マンガと2種類のドラマでボルジア家の通になれそう。

Without a Trace S7-#24 「引き波」

ファイナルは誰も失踪しないのかなと思ったらとんでもない。
自業自得なダイバーが失踪。
恋人とその子供が辛い目に遭いました。
ジャックは容疑者にお得意の脅しを炸裂。
海に突き落とされたダイバーを救うために
マーティンは即飛び込んで華麗なる潜水技を披露。
ここにも水際の魔術師がいたことをアピールしてくれました。
マーティンにこんな特技があったとは!
NYだから潜る必要がなく、発揮するチャンスが最後になってしまいました。
これで再就職先はマイアミかな?と思ったら
CSI:Miamiの打ち切りが決定だそうで
ついにほっさんも引退するようです。

さて、捜査官たちのごたごたの方は
ハンナはシカゴに帰ろうと思ってるけど
それをジャックに伝えられず
サムに伝言を頼みます。
サムはジャックの操縦がうまい…それは確かだけど
ブライアンが一人で生活できるようになったからサムの家を出ていくと言い出した時
サムはストップをかけようとします。
ジャックはハンナが生まれた時のことを思い出し
ハンナにNYにいてほしいと返事します。
結局ジャックとサムがまた一緒になることは無理。
お互いそれぞれの家族を大切にすることを選んだのでした。

その前にヴィヴに「バットマンになる」宣言をしていたジャック。
もしかしてCSIのぴちぴちラバー男に触発されてないですよね(笑)
全身黒ジャックは全然見たくないです。

ダニーとエレナが役所で結婚式を挙げるので
間に合うから行こう!そこでドラマは終わります。
L&Oのようにみんなで和気藹々のパーティーシーンで終わってもよかったのに。
ダニーとエレナが新郎新婦なのはどうでもいいんですけど
マーティンが頑張った!とジャックが一言褒めてくれるシーンは欲しかったです。
ジャックのパワハラに遭った後、マーティンは我慢強く働いてましたよ。
評価してあげなくては。

細かい部分は相変わらずツッコミどころだらけですが
足掛け10年、楽しませてもらいました。
CSI:Miamiと同時スタートでブラジルで観始め
その面白さに感動。
日本ではNHKでのオンエアが決まって大喜びしました。
最初はダニーは関西弁だったんだよね。
失踪者や捜査官たちを追いながらHPの方にエピガイを書き
ワクワクしながら観ていたらS3までオンエアされたところで一時中断。
1年後にスパドラが拾ってくれたので、最後まで見届けることができました。
吹替の声優さんが変わらなかったのもよかった。
スパドラにただただ感謝です。

エピガイの方はS4まで書いたところで
ドラマの方向性が自分の求めているものと違ってきてしまっている気がしてリタイア。
後は楽しく突っ込むことに専念していました。
次第にボスへの文句が炸裂し…
反省しないオヤジなんだから仕方ない。

もうひとつ特筆すべきオヤジは「オヤジキッド」
ずっとTechという名称のままでしたが
地味な仕事を真面目にやっていました。
いつの間にか異動した?姿を消してしまったのが残念でした。

楽しい思い出がいっぱいのWithout a Trace。
10年間ありがとう♪

ついにステーブラーはヴァンパイア!

SVUは一休み。
そして本国ではステーブラーの再就職先が決まりました!
いよいよ6月10日、True BloodのS5がスタート。
Crristopher Meloniの登場です。
ローマンという名前のようですが
吸血鬼の仲間入り?
見た目は普通にステーブラーなんですけどね。
トレーラーで一瞬口裂けオヤジ化していました。
恐るべし!

性犯罪と闘う刑事を12年も演じてしまったため
Meloniはとても真面目なオヤジに見えるようになってしまいましたが
ヴァンパイアの仲間入りで、ケラー復活でしょうか?
どこまで残虐性が戻ってくるのかわくわくしてしまいます。
そして密かに犠牲者ビーチャーを呼びたくなる…
(妄想は永遠に続きます。)

日本ではS3がスタートしたところ
本当は人間じゃない人たちが出てくるドラマは苦手なんですが
True Bloodに関しては吸血鬼オヤジたちが魅力的なので
十分楽しんでいます。
お兄ちゃんじゃなくてオヤジなのがツボなんですよね(笑)
ここにMeloniがさらにオヤジ度をアップさせてくれるなんて感激です。
LaLaは途中で見捨てるなんてことはなく
この先もずっとオンエアしてくれるよねと信じて
まだかなり先だけど楽しみに待っています。




Kommissar Rex S7-#6 「戻ってきた拳銃」

やたらと危険な拳銃男ゲルハルト。
テロリストでもないのに一体どれだけ拳銃持ってるんだ?
オーストリアは許可証があれば銃を所持できるようですが
不法所持のレベルを超えた半端じゃない量にびっくり。
しかもかっとなったらぶっ放しちゃいますからね。
こんな危険な男にも妻子がいたのがますます不思議…

それとは裏腹にマークは銃が苦手
訓練でニキはそこそこの点を取ってるのに
マークはちっとも的に当てられず
見るに見かねたレックスが自らガイドを申し出
的の出る瞬間を鳴いて教えてくれました。
これって反則じゃん!
ミディアムでブリジットは亡霊コーチのアドバイスではなく
自分の力で戦うことを選んだのに(ドラマが違う…笑)
そしてベックの華麗なる銃さばきが恋しくなりました。

じゃあマークの得意分野は何なんでしょう。
PC関係ではクンツが自信を持ってるし
なのにニキに俺がボスだと威張るマーク
モーザーやアレックスのような威厳が全然感じられないんだよね。
崖登りが上手なだけではボスは務まりませんよ。

ボスが頼りないので、レックスの判断力はますます冴えてきました。
ゲルハルトの家宅捜査でも
侵入者がドアを開けると自動的に銃が発射する用に仕掛けた罠を
誰よりも早くレックスが見つけました。
裏からドアノブをがっちり押さえてニキを入れないようにするレックス。
まさに命の恩人です。
本当にレックスがいなかったらどうなっていたんでしょう。恐ろしすぎる。

ついにソーセージパンが消えた?
お腹がすいたら署ではピザのデリバリー。
クンツが自分のピザをあげていたのか
あれはレックスのピザだったのか
レックスの頑張りは認めますが、食べさせすぎではないでしょうか。

ゲルハルトは次々に撃ちまくり
最後は屋上近くの工事現場でマークと一騎打ち。
しかもマークは銃を落として大ピンチです。
するとご立派レックスは落ちてきた銃が土砂と一緒に処分されるのを阻止し
すごいスピードでマークに届けに行きます。
特殊部隊より速いもん。
そしてゲルハルトに見えないようにマークに銃を渡すと
マークはゲルハルトを撃っておしまい。
初めて犯人を射殺してマークはショックを覚えますが
こんなに至近距離で撃ったら当然死ぬでしょう。
罪を償わせるためには殺しちゃいけないと思うんですが
結局ラストはマークとニキのラブラブモード。
頑張ったのはレックスなのに出る幕なしですか?
あんまりだ…

Crimiinal Minds S6-#17 「過去からの暗殺者」

プレンティスがとんでもないことに…

こんなに重たい過去を背負っていながら
それを全てリセットし別人になって
BAUで働いていたっていうのってありですか?
とドラマのシーズンが進むにつれて
無理矢理こじつけられるサイドストーリーって好きじゃないんですが
とにかくプレンティスは追われてるんだから仕方ない。

そしてBAUのメンバーが行動分析のプロなのが問題で…
プレンティスは自分の問題を何とか隠そうと必死で冷静さを装います。
でもやたらと遅刻するし、突如メールが入るし、何か問題を抱えていそうなのは見ていて明らか。
それをストレートに追求したガルシアは嫌がられてしまいます。
でも食い下がると、プレンティスは悪夢の話でさらりとごまかし
モーガンも気になっているけど
細かいことは聞かずに自分を頼るようにと言ってくれます。
さすがタフガイ。頼もしいね。
リード君は彼自身頭痛に悩まされているようですが、大丈夫でしょうか。

ターゲットが自分だとわかってくるにつれ
動揺が隠せなくなるプレンティス。
仲間のツィアの遺体を見た時はもうダメでしたが
それでも着替えると言って自宅に帰って
過去の身の証?のネックレスを処分すると
再びオフィスに戻り
でもついにターゲットが明かされる?と思われる前に
姿を消してしまいました。

次が孤独な戦いですか?
もっとBAUを頼ればいいのに。
みんなきっと助けてくれるはず。
無理しないで!

Kommissar Rex S7-#5 「危険な勧誘」

少女の遺体が発見されるが彼女は自殺。
ほどなくして彼女がかかっていた精神科医が遺体で発見されます。

今回も相当変な男、自称ニーチェが登場。
ニーチェはネット上で若者に自殺を推奨していました。
シルビアもニーチェに影響された一人。
一方でニーチェは精神科医を殺害し
彼女を溺愛していた男をチェックしていました。

マークたちはシルビアの自殺を調べているうちに
精神科医との接点を見つけます。
そして今度は精神科医のオフィスを調べに行くと
ニーチェはオフィスの入り口の監視カメラをチェックしていました。
この辺りのニーチェの小細工は実に立派。
そして溺愛男に、二人の刑事が邪魔しに来ることを伝えます。
溺愛男は早速マークとニキを倒す準備を整えます。
マークは玄関のドアノブを握ったとたん感電して倒れ
裏から入ったニキは暗闇で立ち往生していたら後ろから殴られ
用意された棺桶に閉じ込められます。
でも二ーチェはレックスの存在を知りませんでした。
だから犬の敵対法まで考えてなかったんですね。
感電して倒れてるマークの前で困ってましたが
すぐに窓から中に飛び込んで異常を発見。
吠えまくってマークに伝えます。
意識が戻ったマークが中に入ると
レックスは棺桶の中にニキがいることを教えます。
鍵が開かずにマークが苦労していると
バールを持ってきててこの原理で開けろと教えるレックス。
本当にかしこい犬だこと。
溺愛男が火をつけたので二人と一匹は何とか逃げ出し
火傷した男は病院送りです。

父親にやたらと勉強させられている娘がいました。
父親は逆関数の説明をしろと迫りますが
娘はうんざり状態です。
母親も娘のことを心配していますが、父親に逆らえません。
疲れた娘はニーチェの自殺推奨サイトの信者になっていました。
今こそ決行の時
ニーチェは自殺したい若者は今夜7時に集まれと呼びかけます。
マークとニキは死んだ娘が彼女とコンタクトを取っていたことを知り
娘の家に事情聴取しに来ます。
父親が見張ってるため、娘は本当のことが喋れず
自殺決行情報を得るためのパスワードのメモも
とっさにマッチ箱?に入れてゴミ箱に捨ててしまいました。
しかしCSIレックスは証拠隠滅を見逃さない。
すかさず箱を拾ってきて、あとでニキにパスワードを伝えます。
続いてすでに出かけた後のニーチェの家宅捜査では
レックスは集合場所の写真がスキャナーに置かれていたのを見逃さず
すぐに見つけてマークたちに渡していました。
CSI犬の鏡だね!ってそこまで訓練していないと思うけど。

ニーチェは自殺志望の若者たちを水道橋の上に集め
手をつないで飛び降りろと勧めます。
それで自分も共に心中するわけじゃないんだよね。
これは殺人と一緒。
都合のいい殺人犯です。
奇跡的にマークとニキが間に合い
マークはニーチェにお前も飛び降りろと脅し(その通りだ)
ニキは若者たちを説得します。
ニーチェは娘を人質にとって逃げだしますが
今度はレックスが追いかけて難なく御用。
いつも最後はレックスが締めてくれるんだな。
ご苦労様でした。

殺人課にもついにデジカメ導入。
クンツがおっかなびっくり使ってましたが
これからどんどん便利になりそうです。
でも怪しい事件は減らないんだろうな。

La Femme Nikita S3-#3 「悪夢の始まり」

辛い話の連続。
そして今まで冷静沈着だったマイケルが
家族を愛する姿に
彼の人間らしさを強く感じさせられました。

バチェックが姿を見せなければ
向こうが出てこなければならない状況を作ろうと
エレナに毒を飲ませ瀕死の病にしてしまうという計画が持ち上がります。
ニキータも一緒のディナーの席で
マイケルはエレナが席を立った隙に
エレナのワインに毒薬を垂らします。
ニキータはアダムに見せないように協力。
エレナはワインを飲もうとしますが
マイケルはとっさにキャンドルを倒しかけてワインをこぼしてしまいます。
任務とはいえ、自分を愛してくれるエレナに
マイケルは毒を盛ることはできませんでした。

すると長官とマデリーンはバチェックを呼び出す別の方法を考え
マイケルにその任務を遂行させます。
その間に何者かがエレナの家に行き
彼女に毒を飲ませてしまいました。
マイケルが帰宅するとエレナの体調はどんどん悪くなり
入院することになります。
解毒剤を投与しなければ本当に命が危険な状態になったとき
バチェックの部下がマイケルに接触してきます。
マイケルはそのまま連れ去られてバチェックの屋敷へ。
一般人の夫のふりをしているマイケルは
ひたすらエレナのことを心配し
是非娘に会ってほしいと頼みます。
するとバチェックは本当にエレナに会いに来ます。

護衛の者を山ほど連れて病院へ入っていくバチェックがあまりにも怪しすぎですが
すでにスタッフはセクションに乗っ取られているので全く問題もなく
エレナはバチェックとついに再会します。
マイケルはエレナに解毒剤を与えてほしいと頼んでいたし
エレナにはすぐによくなると希望を持たせていたので
病室ではエレナが持ち直したことをバチェックに話すと
バチェックは話が違うぞと不審な顔をします。
そのときスタンバイしていたニキータらセクションのメンバーが
バチェックの部下たちを倒し
バチェックとマイケルも撃たれます。

ようやく極悪テロリストのバチェックを捕らえられて
セクションはお手柄でしたが
エレナは解毒剤を与えられて無事ということはわかったものの
アダムとともにマイケルの前から消えてしまいました。
突如愛する者たちを失ったマイケルが
街の中をさまよう姿が痛々しいです。
アダムがとにかく可愛いだけに。

ニキータの隣に
やたらとうるさいミックが引っ越してきます。
この後ニキータとの絡みが多くなってくるんだよね。

ところで今シーズンニキータ達が使っている携帯電話
モトローラのスタータックを
自分もブラジルで使っていたのでとても懐かしいです。
なかなかコンパクトでよかったんだけど
この電話は何故か0がつぶれるんだよね。
使っているうちに0が押せなくなってしまうんです。
だから0が付く電話番号は掛けられなくなり…
ニキータ達はどうしていたか知りませんが(苦笑)

Without a Trace S7-#23 「真実」

ハンナが学校を休んでいるという連絡がジャックのところにあり
ジャックが家にいたハンナを問い詰めると
シカゴからNYに出てきた恋人のシェイが
昨日会ったとき、夜家に来ると約束したままいなくなっちゃった。
いくら電話をかけても出てくれないと言い出します。
シェイは18歳でマンガの才能があり
公園で似顔絵を描きながら生計を立てていたとハンナは説明。
ジャックがシェイの両親に尋ねると、息子はもう成人してるからと
あまり心配していない様子です。

ジャックじゃなくても、こんな怪しい子と付き合ってることを
親は反対したくなるよね。
いくらハンナがシェイを愛してると言っても
親は娘の幸せを第一に考えますから
シェイが犯罪に巻き込まれているなら、娘には関わってもらいたくないです。
でもジャックは失踪者を探す役目を担ってますから仕方がない。
シェイを探すことにします。
ついでに娘への事情聴取はサムに任せてる。
サムの方が話を聞き出しやすいというのも一理あるかもしれないけど
公私の区別をつけるなら、ヴィヴやエレナに頼むべきだと思うんですが。
またジャックの身勝手ぶり全開です。

するとどんどんシェイの怪しげな行動が明らかになり…
シェイが大金を降り込んだことが判明。
相手は交通事故で重傷を負った友人でした。
その様子がシェイのマンガから伝わってきました。
シェイは友人をひき逃げした?
どんどん犯罪職が強くなる中で、シェイともう一人の友人がようやく補導されます。
事の真相は?
3人がドライブしていた時、そのうちの一人がルーフに登ってはしゃいでいたところ
ハンドルを握っていたシェイに、もう一人の友人がゆさぶりをかけます。
上にいた友人はそのまま前に転落、あっという間に車にぶつかってしまいました。
シェイは友人を助けようとしますが
もう一人の友人は「もう死んでる。面倒はご免だ。」と言って逃げるよう促します。
でも罪の意識が消えないシェイは苦慮していたのでした。

結局失踪じゃなくて、自分たちの都合で動いていただけじゃないですか。
その前にひき逃げするのも最低だし。
やっぱりハンナは早くこんな男と別れた方がいいです。
でも物わかりの悪い父親の娘ですから、一筋縄じゃいかないでしょうね。
オヤジの苦労の絶えないのは自業自得ということで。

サムとブライアンと赤ちゃんの共同生活は
正しいファミリーに見えてきます。
二人とも意気投合しているし
そしてはずみでキス…その後雲行きが怪しくなってきました。
あのキスはなかったことと封印するつもりらしいですが
赤ちゃんにとっては子のパパとママに育ててもらう方が幸せなんじゃないかな?
向こうの物わかりの悪いおじさんの子供は苦労すること間違いないし(笑)

そしてダニーとエレナは結婚の準備の真っ最中。
もう勝手にやってください。
次回のグランドフィナーレはまさか結婚式で幕切れ??
それってブラシスだから許されたんで、WATではあり得ませんよ。
失踪者を探すべきドラマなのに…

Glee s3-#14 「On My Way」

ここでクリフハンガー????
ものすごいショックです。
それまでがとっても素敵な展開だっただけに。

いよいよ州大会。
セバスチャンはニューディレクションズの優勝を阻止しようと
レイチェルが参加したらフィンの合成ヌード写真をネット公開するぞと
脅しをかけてきます。
そんなときアメフト部のカロフスキーのロッカーにFagと書かれていたのを本人が発見。
仲間たちがうすら笑いを浮かべてこちらを見てくるのを
カロフスキーは耐えられませんでした。
ネット上でも中傷の嵐です。
思いつめたカロフスキーは首を吊ってしまいます。

幸い父親がすぐに発見し、命に別条はありませんでした。
でも彼の自殺未遂は生徒たちに衝撃を与えます。
セバスチャンは態度を一変し
スー先生もご懐妊でホルモンのせいだと言いながらカロフスキーに気を遣い
ウィルはグリー部のメンバーに生きることの大切さを語ります。
絶望のどん底に突き落とされても、きっと明るい未来が来るはず。
ウィルは生きていたからこそ、君たちに会えたと伝えます。
そして一人ひとりが夢や目標を語ることで、希望をもつことができました。
人生は短い。
フィンとレイチェルは大会が終わったら、役所で式を挙げることを誓います。

大会はニューディレクションズの勝利。
完璧なパフォーマンスでした。
カートはカロフスキーのお見舞いに行き彼を励まします。
かつて自分がどれほどカートに嫌な思いをさせていたのか
自分がやられる立場になって、カロフスキーはその辛さがよくわかりました。
乗り越えることは楽じゃない。
でも未来の幸せな自分の姿を思い描いてごらんとカートはアドバイスします。
仕事で成功し、パートナーとの間には可愛い子供がいる自分の姿。
生きていなければつかめない幸せです。
今はどん底でもきっと這いあがれるはず。
カートの言葉には説得力がありました。

そしていよいよフィンとレイチェルの結婚式。
親たちはまだ二人を結婚させる気にならず
レイチェルをバーブラに会わせるとか、とんでもないことを言っています。
もう予定の時間になったのに、レイチェルはクインの到着を待っています。
クインはもう一度チアで優勝すると決意し、レイチェルの結婚も祝福してくれました。
だから待ってる…とその時
運転しながらレイチェルにメールしていたクインの車が何かとぶつかって…

この続きは来月でしょうか?
やっぱり幸せは続かないのかな。辛いです。

Kommissar Rex S7-#4 「小さな証人」

レックスとちびワンコのコンビが可愛すぎ♪

仕立て屋で長年働いていたクラウディアが
自宅で首を絞められて殺されていました。
自宅にいたのは汚れてみすぼらしいちびワンコだけ。
このワンコはクラウディアがその晩
捨てられて震えているのを見つけて連れてきた子でした。
だからまだ飼っている状態ではなかったわけですが
実はクラウディアの首を絞めた人間の足首を
ガブリと噛み付いていました。
というわけで犯人の姿を観ているんですけど
さすがにワンコは喋れません。

居場所のないワンコをマークは署に連れて帰ります。
早速レックスとちびワンコは意気投合。
すっかり仲良しになりました。
容疑者として挙げられたのは恋人のトリッチャーですが
彼は酒を飲んで酔い潰れています。
こんな酔っ払い男、モーザーの時代にも出てきた気がする。
ウィーンの酔っ払い男はたちが悪いです。
トリッチャーはガソリンスタンドに火をつけると大騒ぎします。
ニキが説得している間、マークはレックスにホースをくわえさせ
こっそり水まき作戦を遂行。
何とか難を逃れました。

マークはガソリン臭くなったニキとレックスとワンコを家に連れて帰り
ニキとのディナーを用意しながら
ワンコを洗ってあげようと思います。
お風呂はニキが使ってるからワンコにはたらいで我慢してもらおうと
お湯を入れて準備したら、レックスがこぼしてしまいます。
ちびワンコはお風呂が嫌いなのか?レックスがいたずらしたのか??

大騒ぎしたトリッチャーは事件とは関係なくて
依存症プログラムにも参加していました。
一方クラウディアは自分のウェディングドレスを製作。
レックスは仕立て屋さんで家探ししてたけど
犬の毛が付くだけでものすごく気を使う店主は
後でレックスの毛と格闘したのでしょうか。

そして真犯人は、クラウディアに部屋を貸していた大家でした。
クラウディアが立ち退かないので大胆な行動に。
真相を明かすためにトリッチャーにひと芝居うってもらうんですが
ワンコは動かぬ証拠を持っていました。
それはワンコの口についていた血液。
これが大家のものだとレックスはわかっていたので
マークがワンコを洗ってやることを拒絶したのです。
レックス、科学捜査官の鏡ですよ。
FBIに続いてCSIからもお声がかかるかもしれません。
行くならべガスかNYがいいですよ。
マイアミは鬼チーフが犬をかまってくれるか微妙なので(笑)

相変わらずマークとニキがべったりで
クンツが居心地悪そうなのが気になります。
ちびワンコはトリッチャーが連れて帰ってくれました。
きっと根はいい人なのでワンコを可愛がってくれるでしょう。
そしてたまにはレックスと再会させてあげてほしいな。

ドラマなつぶやきGW版

あまりにもいろいろ観過ぎて収集がつかなくなっているのでつぶやきます。
(でもさらに録画が増してるんだけど…汗)

☆The Firm #1
ムックのDVDで一足先に視聴。
法廷ものは安心して観ていられます。
そして今回珍しく?CKRがいい人だ!!
彼を信じちゃって大丈夫だよね。
ミッチも魅力的ですがCKR演じる兄レイの活躍に期待します。
プチネタばれですが、番宣で流されているひたすら走るミッチ。
あの緊張感は結局パイロットでは解決せず。
ずっと引っ張られるのでしょうか。
ついでに警備員の役でReGenesisのカルロスがちらっと出てきました。

☆CSI S11-#3 「ブラッドムーン満月の夜」
ヴァンパイアと狼男の話はどうでもよくて。
ヴァルタンとキャサリンの大人の恋進行中。
ヴァルタンの出番を多くするためにはいい傾向だと思います。
ヴァルタンはキャサリンとの同居を望んでいるのに
キャサリンは今までのままでいいんだって。
確かにその方がお気軽ですか。
そしてやたらと嫉妬&後悔モードに走るホッジスがおかしかった。

☆La Femme Nikita S3-#2 「はかない絆」
父バチェックがエレナとコンタクトを取り始め
突如セクションも大騒ぎになります。
ニキータはマイケルとエレナの家に住み込み
エレナをその気にさせるアドバイザーに。
こうしてエレナがバチェックと再会するおぜん立てができ
その前にバチェックを暗殺。
マイケルは妻子の前から姿を消す…予定でしたが
肝心のバチェックが現れず空振りに終わります。
マイケルはまたアダムに会えたけど
急に父が姿を消してしまったらアダムがかわいそう。
本当にアダムって可愛いんだもん。

☆Desperate Housewives S7-#5 「年下の恋人」
相変わらずなデス妻ですが
元デビッド坊や(笑)がブリー相手に頑張ってますね(笑)
貧乏スーザンの必死の努力は何とか助けてあげたい。
レネは単にウザいのでNYへ帰っちゃっていいんですけど。
そして今シーズンのお荷物ポール。
どんどん恐ろしさグレードアップ中。
この先何が起こるのやら。

Kommissar Rex S7-#3 「復讐への道筋」

フリークライミングが盛んなウィーン。
クライミングの練習場所もあちこちにあるようですが
登山仲間たちが選んだのは市庁舎。
ここも由緒正しい歴史的建造物なんですけど
ここで深夜クライミング競争をするというとんでもない企画が。
(ウィーンでは日常茶飯事ですか?)
でも片方の男は腕を怪我しており
もう少しでたどり着こうとした時踏ん張れずに落下。
すると仲間は彼の遺体を工事現場に埋めてしまいました。

翌日遺体は発掘されますが
検視の結果男性は毒を盛られてマヒしていたことがわかります。
続いて今度は足が不自由になった仲間の一人が
それでも頑張ってクライミングしていると
命綱が切れて落下。病院送りとなります。
続く不幸は当然意図的な殺人事件。
仲間の一人の兄がやはり登山家で
彼らとともに登っていたのですが
山に取り残されて死亡という事件がありました。
弟はそのリベンジのために
仲間の命を次々に狙っていたのでした。

まだどうしてもマークやニキとの距離を感じてしまうレックスですが
一応マークには従っています。
そして一見スポーツマンには見えない?マークだけど
フリークライミングはお得意。
登山家の彼らに負けないくらいすいすい登って
崖の途中で事情聴取などやっていました。
人は見かけによらないものです。
ラストで弟が建物の屋上からさっさと降りて逃走した時
レックスは工事用かご?に入って壁伝いに降ろされてました。
そして弟を待ち構えて脅し始めます。
崖登りとはあまり縁のなかったレックスでしたが
最後は活躍できたね。

今回のレックスの見どころは
警察犬の免許更新。
そんなこともあったのか。
モーザーもアレックスも語ってなかったのに
急に制度が変わったのでしょうか。
しかもトレーナーのオヤジはレックスが嫌い。
ものすごく難しいコースを用意します。
だけどレックスは障害をものともせず
難なくこなしていました。
レックスはどこでも人気者ですね。
署から追い出されると通達が来た時は
制服警官おじさんも真剣に心配してくれてたし
嫌味トレーナーの助手もレックスを応援してくれたし
クンツも署内にトレーニングコースを作って親身の指導をしてましたね。
アレックスにべったりなレックスから
みんなに愛されるレックスに変わったかな?
そして今度はFBIからお誘いが来ましたが
これはマークがお断りしていました。
BAUな人達と捜査に加わるレックスもいいかもしれないのに。
でお世話するのはモーガン?リード君??
案外ロッシだったりして。

Law&Order S10-#22 「Zebras」

セントラルパークでインラインスケートをしていた親子が、植え込みの中の女性の死体を発見する。被害者は32歳の既婚者レイチェル・ナウスで、カンサスの免許証を携帯していた。体に深い刺し傷があり額に血液でGuiltyと書かれており、手にはおしゃぶりを握っていた。近くに子供がいるはずだと探すと、ベビーカーの中にいるのを発見される。子供は無事だったが、額にInnocentと書かれていた。
夫の話では家族で金曜日にNYに着いて、レイチェルはベビーカーを押しながらセントラルパークに写真を撮りに来ていた。ほどなくしてカメラが見つかり、レイチェルの死の直前の映像を調べると目撃者と思われる男たちが映っていた。彼らは社会奉仕活動で公園の掃除を命ぜられた犯罪者で、そのうち指を切って自宅へ帰ったピーター・ハリソンに疑いがかかる。ピーターはホームから女性を落とそうとして有罪になっていた。
ステーブラーがピーターを取り調べると、子供連れの女性が公園で写真を撮って位置情報を送信していたので、写真を撮るのを止めるよう命令したと自供する。一方マンチとフィンはピーターの家を捜索し、ピーターが妄想サイトに興味を持っていることを突き止め、血だらけのナイフを発見する。ところが弁護士のジマーが精神に障害のある者を強引に尋問したと非難、スタッキーがナイフの血液と現場の血液のサンプルを同じ番号で処理するというミスを犯したため、証拠として使えなくなってしまう。ステーブラーはドネリー判事に直談判するが、このミスが公になると警察の信用がなくなり、他の犯罪者が無罪になりかねないと指摘される。罪状認否では検察側は第二級謀殺を求刑したものの、DNAの信ぴょう性が問われ本件は棄却される。
釈放されたピーターをフィンとマンチが尾行すると、ピーターはコニーアイランドへ行き遊園地で姿を消す。その直後29歳のアニー・メイ・ローソンの遺体が海岸で発見される。殺害の手口がピーターの犯行と類似しており、スタッキーが現場からピーターの指紋を採取する。ピーターは姿を消したままだが、報復.comに警察の虐待に打ち勝ったという書き込みがあり、彼を称賛する声も上がっていた。
マンチはピーターを支援する人物に会うと言って出ていくが、会ったのは元妻のグエンだった。マンチはピーターを守りたいとグエンに話しかけ、グエンからピーターの隠れ家を聞き出す。グエンもまた妄想に取りつかれ、精神を病んでいる様子だった。
ピーターはブロードウェイにある地下倉庫に隠れていた。ステーブラーとフィンが踏み込むと、ピーターは硫化水素を撒いて逃げ出す。ピーターは爆弾製造法を研究していた。またピーターが逃げたためにジマーに居場所を聞きに行くと、ジマーは守秘義務を主張するが、彼が通っていた美術学校の教師ラジンスキーを紹介する。ラジンスキーは彼の絵を見ながら9・11以降妄想を抱き始め反政府主義になったことや、最近症状が悪化していることを告げる。
ピーターがジマーのオフィスに現れ暴れはじめる。駆け付けたステーブラーとベンソンがピーターを逮捕、車で署へ送るが、ジマーが自分の車で追おうとして乗り込みキーを回したところ、車内に毒ガスが充満し、ジマーは即死する。ピーターは「裏切り者は皆死んでいく。」と警告する。ルームミラーには「Guilty」と書かれていた。
SVUはグエンとラジンスキーの安全を確保するため二人を署に呼ぶ。オハロランは車内に血を吸ったアカイエカの死体を見つけ、血液の分析を始める。ピーターは残るのは3人だと警告しており、ステーブラーはドネリー判事を心配するが、判事は警察に保護されることを拒否し、自宅の椅子に座ろうとすると注射針が刺さり倒れる。注射器の中には塩化カリウムが入っていたが、判事の命に別条はなかった。
オハロランは蚊の血液がスタッキーのものだと知る。そのときスタッキーが現れオハロランの胸をナイフで刺す。オハロランに呼ばれていたステーブラーはラボに行くが、スタッキーに殴られて拘束され、ナイフで傷つけられる。アニーとジマー、ドネリー、オハロランを襲ったのは全てスタッキーだった。ステーブラーが戻ってこないことを怪しんだベンソンがラボに来てスタッキーを説得、ステーブラーを救い出す。

公園でレイチェルの遺体を発見したとき、スタッキーは自分なりの分析を試みますが、ステーブラーにシンプルに考えろと言われます。白か黒かを表すシマウマ、それは犯人が残した「有罪」か「無罪」かのメッセージにも表れていました。
レイチェルのカメラの映像から容疑者のピーターが浮かび、自宅に残されていたナイフに付着していた血痕が現場のものと一致し、ピーターが犯人だと断定されます。ところがスタッキーが両方のサンプルに同じ番号を振ったため、血液の比較ができなくなってしまいました。SVUではDNAの信ぴょう性が重要なのに、鑑識が致命的なミスを犯したことを誰もが非難します。ピーターの釈放が決まるとスタッキーはドネリー判事に反論しますが、判事はスタッキーを叱りつけます。またステーブラーも「お前のせいでピーターが自由になった。」と批判し、「交通課へ追い出してやる!」と怒ります。
続いてコニーアイランドでの二度目の事件では、スタッキーはピーターの指紋を見つけてきますが、ラジンスキーの話を聞きに行ったときは、ピーターの絵を適当に分析したため、余計なことを言うなとステーブラーに首を絞められかけ、クレイゲンにも注意されます。
証拠分析でミスを犯したことから非難され続けたスタッキーは、自分を非難したジマーやドネリー判事の報復を狙い、それをピーターの協力者のせいにしようとしていました。そしてジマーの車内から発見された蚊の血液がスタッキーのものだと明らかにされたところでオハロランを殺害、そのときラボに現れたステーブラーと向き合います。
スタッキーはステーブラーを殴って椅子に縛りつけると、ステーブラーの携帯にベンソンから掛かってきた電話に出て、オハロランと食事に行ったと嘘をつきます。スタッキーの意図を知ったステーブラーは、犯人はヘマをすると脅しをかけようとしますが、オハロランもジマーも僕をバカにした、僕はシマウマの演技に忙しかったとスタッキーは反論し、ナイフでステーブラーの胸を切りつけます。
そこへベンソンが入ってきて、銃を持つスタッキーと縛られたステーブラーを見て状況を把握します。スタッキーに銃を下ろすように命ぜられたベンソンは銃を置くと、クレイゲンに嘘の報告をするとスタッキーへの説得を始めます。スタッキーが動じないと、今度はSVUのヒーローに殉職してもらおうと、自らステーブラーに近づきほおを殴ります。そして散々悪態をつきますが、どうせ演技だろうとスタッキーは信じようとしません。ベンソンは「このクズが何をしたか知らないの?」とさらにステーブラーを罵り、ステーブラーを始末してスタッキーと相棒になることを約束します。そしてステーブラーを始末する前に見せつけてやろうと、ステーブラーの前でスタッキーとキスします。そのときスタッキーがステーブラーに背を向けて近づくようにしておいてベンソンはステーブラーに合図を送り、ステーブラーはスタッキーの股間を蹴り、ベンソンはスタッキーの銃を取り上げます。
ベンソンが異常に気付いたのは、スタッキーが「ステーブラーがスシを食べに行った。」と言ったから。ステーブラーは生魚を食べないので嘘だとわかりました。
マンチの妻グエンはHomicideの第6シーズンにも登場しています。今は友達だとマンチは言っていますが、署に連れて来られた時グエンは監禁されたと思い込んで「あなたと縁を切る。」と怒りを爆発させていました。

さすがSVU、今シーズンのファイナルも想像を絶する展開に驚きの連続でした。
スタッキーは登場時からSVUの雰囲気にそぐわない変わったキャラだなと思ってましたが
やっぱり本性を現しましたね。
今までも彼のやりすぎ行動はステーブラーを始めあちこちから非難され
今回の証拠管理ミスは自分の責任だけど
まずジマーに激しく非難され、ドネリー判事に叱責され
だれも聞く耳を持たないことに怒り爆発。
妄想から殺人を犯したピーターを利用して報復を開始します。

しかしオハロランを刺さなくても…
先輩オハロランにいろいろ指摘を受けていたのはなんとなくわかるとはいえ
S5からラボを支え続けてきた大事な人を失いたくなかったです。
職場で後輩に刺されて死亡なんてあんまりだ。
Mike DoyleはOZでのアダム・ガンゼル役でさんざん痛めつけられ
不幸な最後を遂げていただけにまたか…とショック大でした。
オハロランの安定感が素敵だったのに。

ステーブラーとベンソンの息の合ったパートナーシップはお見事。
スタッキーに演技だと思わせないように痛めつけるベンソンと受け入れるステーブラー。
信頼し合ってるからできることだと思います。
そして一瞬の隙を見逃さずにスタッキーを確保。
またステーブラー傷つけられちゃいましたね。
生傷の絶えない男だ…やれやれ。

とんでもないシーズンファイナルで、結局アレックスは出てこなかったし
ラボには新しいメンバーが加わるのでしょうか。
マンチの元妻登場にはビックリしました。
ホミに出てきたときってどんな感じだったかな…と記憶が薄れてますが
ここまでホミとつながっていることが嬉しいです。

S11は6月6日スタートだそうで
いよいよ念願のBK再会エピが観られますよ♪楽しみです。

Without a Trace S7-#21 「捧げ物」

珍しく捜査官の私情を挟まない見応えある展開だったんですが
アジア人として観るとどうなんだろうという引っ掛かりがちょっぴり。

まず違法の海賊版DVD。
実際に売ってるんだから仕方ないとして
子供向けアニメ?が全然可愛くないのでビックリしました。
そこに突如拷問映像が。
こうして失踪事件が明るみになります。

拷問されていたのは中華系の女性ステーシー。
拷問、監禁されて殺害となるのかと思ったら
直接のかかわりはありませんでした。
拷問していた男の方が、腎臓を摘出され殺されてしまったし。

ステーシーはタトゥーアーティストのフランキーを愛してましたが
フランキーはドラッグにのめり込み、ボロボロになって死亡してしまいます。
永遠の愛を誓ったステーシーはショックに打ちひしがれます。
フランキーの死の原因が自分の父にあるとわかっていたからです。

ステーシーの父は不動産業を営んでいたというのは表向きで
チャイナタウンで臓器売買を手掛けていました。
もともと中国では外科医だったそうで得意技。
娘を縛った男を切り刻むのはリベンジとして許されましたか。

そしてフランキーが壊れていったのが
このステーシーの父のところで働き始めたから
取り出した臓器を運んだり、死体の始末をさせられたり
あまりにも残虐な行為に手を染めさせられ
クスリにでも頼るしかなかったのでしょう。

フランキーの母は中国人ですが
父はアメリカ人でした。
父が中国に出張して母と知り合ったそうですが
アメリカに渡ったんだから郷に入れば郷に従うべきだと思うのに
かたくなに自分の国の文化を守りたいらしい。
しかも息子を溺愛していました。

フランキー母はステーシーのせいで息子が死んだと思っていて
葬儀に来たステーシーに怒りをぶつけ寄せ付けません。
ところがそのあとでステーシーに結婚衣装を作ってあげると言い出します。
これが恐ろしい企みで死んでいるフランキーの魂と
ステーシーの魂を結婚させる。
そうするとフランキーは成仏できるってことのようです。
そのためにステーシーは殺されなければなりません。
フランキーのそばにいたいステーシーはそれを承諾します。

死者との結婚式がどこで行われるか捜査した結果
親たちは現行犯逮捕されますが
毒を飲んでしまったステーシーは間に合わず
不幸な結末となってしまいました。
この習慣は中国でもごく一部で行われているようで
決してポピュラーなものではないと思うんですけど
こうして大々的に取り上げられてしまうと
またお得意の勘違いが起きてないかなと気になります。
もし日本の話だったら激しくツッコミますが
中国のことはよくわからないし…とそれが恐ろしいんですけどね。

次回はハンナが失踪事件にかかわってくるようで
またやりたい放題ジャックが大騒ぎするんだろうな。
嫌な予感がするけど後2話なので、我慢して?お付き合いさせてもらいます。

Glee S3-#13 「Heart」

ヴァレンタインデーのエピソード

幸せいっぱいだったり、ちょっと切なかったり
ラブソングがたっぷり楽しめました。
そしてさまざまなロマンスも。

レイチェルとフィンは結婚する気満々。
レイチェルのパパたちも二人の婚約を喜んでいますが
(ついに登場しましたね。ジェフ・ゴールドブラムが渋い!)
実は歓迎するふりをして、二人が結婚を見合わせるのを待っていたのでした。
早すぎると直接言ってくる友達もいれば
おだてたら逆にその気がなくなることを期待する親もいるわけで…
当の本人たちは?
二人で一緒に寝ることがOKされたとたん
レイチェルはバスルームをフィンとシェアすることがご不満のようで。
やっぱり結婚は絵空事?
ついに喧嘩が始まりましたが、すぐに仲直りしちゃうところがラブラブな証拠です。

シュガーはアーティとローリーから迫られてますが
ローリーがビザの関係で今学期で帰国することが決まったために
一歩リードしたかな。
そしていよいよもう一人のプロジェクトの勝者
サミュエル=ジョーの登場です。
ドレッドヘアそのままのキャラクターで
キリスト教信者として出てきました。
そしてサム、メルセデス、クインのクリスチャン組で
愛の歌を歌います。
ゲイを受け入れるかどうかというテーマに悩んでいたジョーは
まだ初々しい感じ。
これからGlee部加入となるのでしょうか。

メルセデスは今彼とサムの間で心が揺れ動いたまま。
サムとはお互いに思いが通じているけれど
あえて受け入れることを拒みます。
そしてホイットニー・ヒューストンの"I Will Always Love You"を熱唱。
もともと歌う予定だったそうですが
亡くなったホイットニーに捧げる曲となってしまいました。

サンタナとブリトニーのキスも温かく迎えられ
ブレイン不在で孤独なカートに
毎日ラブレターを渡してくれる着ぐるみ君が現れました。
これは一体誰?
中から出てきたのはなんとカロフスキー。
もうすぐカミングアウトすると宣言したカロフスキーは
カートへの思いを伝え続けたのでした。
カートはその勇気をたたえつつも
ブレインがいる手前受け入れるわけにもいかず。
複雑な心境です。

ラストはブレインが復活し
シュガーのパーティーでB52'sの"Love Shack"を大合唱。
この曲懐かしかった♪