INDEX    RSS    ADMIN

In Plain Sight S2-#15 「大義のために」

マーシャルが切なすぎ!!

S2ファイナル。
ようやくメアリーのプライベートが安定してきて
いつの間にか大家族になっているけど、皆幸せそうです。

ところがメアリーに南米のどこかの国の活動家の女性を保護する話が舞い込んできて
このフランチェスカという女性が「保護してもらう。」という気持ちが全くなくて
メアリーとは友達状態で酒は飲ませようとするし
挙句の果てに豪邸での生活に嫌気がさしたらしく
自分の生活に近い環境に引っ越してしまいました。
そこには怪しげなギャングがうようよ。

フランチェスカは政府から預かっている重要人物なので
何かあったら困るとメアリーは警察に保護を要請します。
そして危なそうな男たちからフランチェスカを守ろうとするんですが
フランチェスカは危機意識がなく
でもやっとロバートが助けに来てくれました。
メアリーはしつこく近寄ってくる男を追い払おうとすると相手が銃を持っていて
メアリーも応戦するけれど間に合わず
腹部を撃たれてしまいます。

メアリーは即病院に送られますが重体で
手術が終わらないとどんな状態なのかもわかりません。
マーシャルはフランチェスカが引っ越した先が危険なのを知っていたのに
メアリーを一人残してきたことを後悔します。
搬送されるメアリーの姿を見た時のマーシャルの男泣き。
いつもはぶっ飛びメアリーのストッパー的役割を果たし
冷静沈着なマーシャルなのに、こんなに取り乱してしまうとは。
そのうち母やブランディやラファエルやらがやってきて
マーシャルとともに手術が終わるのを待ちます。
スタンは政府の担当者相手にブチ切れてました。

ラファエルの隣でマーシャル哲学を語りながら
彼の思いをくみ取るマーシャル。
メアリーの婚約発表の時、精一杯お祝いの言葉を述べてる時
メアリーをパートナー以上に思っている気持ちがひしひしと伝わってきたので
(バックに流れるTorch Songがお見事だったんだよね)
ラファエルを励ましつつ、負けずに苦しんでるマーシャルを観ているのが切なくて…

それでも保安官としてマーシャルは働き始めます。
目撃者が口を割ろうとしないのでマーシャルが尋問を担当。
怒りをぶちまけたいはずなのに、ここは極めて冷静に
相手に証人保護プログラムを持ちだして証言させようとしますが
拒否されてしまいました。
フランチェスカは詳細を語らずに姿を消してしまいます。

メアリーの手術は終わったもののまだ呼吸器ははずれません。
どのくらい身体にダメージを受けているのかも謎のままです。
犯人も見つからないし。
一体どうなるんだ?
と心配していたらおしまい。
またクリフハンガーでした。

S3に続くことを知っているからさほど心配はしていないんだけど
万が一この状態で打ち切りになってたら怒り心頭ですね。
メアリーが気の毒すぎます。
S3で無事の復活を願って…早くS3が観たいな♪
スポンサーサイト

Detroit 1-8-7 #9 「自動車業界の老人/小さな犠牲者」

また忙しくなってきてあまりドラマをゆっくり観る時間が取れず
さらっと見ただけの感想です。
そして手つかずのドラマがどんどん溜まっていくんだよね(泣)

今回の事件、いつものように二つのタイトルが付いているけど
画面上には現れなかったのでどうしてなのかなと思ってました。
ヒントは最初に掘りだされた銃にあったんですね。

デトロイトのことはよく知らないですが
(Detroit Rock Cityだと思い込んでるけど)
自動車工業で発展
その恩恵に与った大金持ちと
マイノリティの貧困層の人達が共存しているのでしょうか。
歴史地区といわれる古くからの高級住宅地の眺めはたしかに素晴らしいなと思いましたが
まずそこで業界に貢献、リタイアした老人が銃で殺害されます。
一方貧困層の住む地区で友達の家に遊びに行っていた11歳の男の子が
窓から飛んできた流れ弾に当たって死亡します。
全く関連性のない事件だと思ったら
なんと使用された銃が一緒でした。

もともとは金持ち宅にあった銃。
リタイアしたダンナは悠々自適に過ごしていますが
奥さんのことをまるで従業員扱いするために
奥さんが腹を立ててしまいました。
でダンナを撃ち殺し、外に捨てた銃が拾われます。
そして次の事件現場へ持ち込まれ
まさに流れ弾を男の子は食らってしまったのでした。

ワシントンは子供ができて手から奥さんと初デートだとそわそわしています。
フィッチにお薦めの店を聞くけど、フィッチは教えてくれません。
一方フィッチがホームレスのオヤジに情報を聞く時
息子のことを尋ねられて財布から写真を出して見せていたので
ワシントンはビックリしてしまいます。
自分には何も話してくれないのに…
ワシントンが問いただすと、やっとフィッチは写真を見せてくれました。
ずいぶん前の写真らしいけど。

事件解決後、ワシントンは奥さんが子供をベビーシッターに預けてきたことを
すごく心配し始めます。
まさか流れ弾が?
そしてフィッチはNYに電話。
息子の声が聞きたくなったようだけど、それは叶いませんでした。
フィッチもお父ちゃんなんだな。
だんだん彼の人間らしさが見えてきます。

Law&Order S5-#14 「レイプ殺人ビデオの真実」

今ならSVUが扱う事件。
SVUが存在しない当時はレイプ被害者に対しての風当たりが強いし
いちいちムッとしながら観てしまいました。
ベンソンやステーブラーのありがたみを痛感。

バチュラーパーティーでストリッパーを呼ぶ代わりに
ポルノビデオをレンタルしてきて観始めたら
その内容があまりにもリアル
女性は半端じゃなく嫌がっていてレイプに思われるし
しかも男性が銃を持ち出し、銃声が聞こえて映像は終了します。
もしや殺人事件とビデオが27分署に持ち込まれたため
ローガンとブリスコーは殺人事件として捜査を始めます。

でもビデオの販売元は提供された映像を買い取っておしまい。
持ってきた人物は不明です。
では映像から明らかにならないかと必死に分析。
女性のタトゥーのデザインから彼女の身元がわかり
彼女の家を訪ねると
何故か死んだはずの女性コーリーは生きていました。
高校生のコーリーはヴァン・ビューレンに説得されても
なかなか何があったかを言おうとしません。
そのうちレイプされたと訴え始めますが
相手について話さないのでさらに映像を分析。
ビデオが上書きされていたことがわかり
元の映像からコーリーの相手は同じ高校生のシェーンだと判明します。
シェーンがコーリーを襲っている間カイルがビデオを回し
撮ったビデオを売りに行ったということですが…

法廷でコーリーはとても辛い思いをしながらも
被害の様子を証言します。
シェーン達の仲間でクラブを作って
誰が一番多くの女の子をものにするか
ポイントを競っていました。
しかも激しいプレイはボーナスポイント。
その事実を伝え、証拠の映像も流され
陪審員にコーリーがいかに辱められたかを強くアピール。
シェーンは同意の上だったと言い張るし
弁護士はどうして警察に訴えなかったのかなんて問いただしますが
誰にも被害を言えない実態があるから
ベンソンたちが代弁してるんだよね…

当然シェーンのレイプの罪が認められますが
すると弁護士は修正第1条だかなんだかの法律を持ちだして
グループを組むことの自由を視聴してきます。
そこでのポイントうんぬんは証拠にはならないんだそうで。
裁判はやり直し。
コーリーはうんざりしてしまいました。
そりゃそうでしょ。
証言台に座って思いだしたくもないことを何度も語らせられるのは残酷です。
するとマッコイさんがクラブの仲間をまとめて逮捕する案を持ってきました。
こうしておいて真実を言ってきた人間を救済すれば
真実が明らかになってきます。
案の定仲間からシェーンのレイプの状況が明らかにされ
仕方なくシェーンはレイプの罪を認めざるを得なくなりました。
一件落着。

しかしレイプ被害で立件するのは難しいですね。
SVUで痛切に感じてきたことですが
まずレイプされた辛い思いを第三者に口にするのがはばかれるし
しかもまた法廷で証言なんて
もう思い出したくないことを詳細に語らされるのは苦痛でしょう。
なのに弁護側は同意の上だろうとか
平然と失礼なことを言ってくるし。
SVUを見続けてきて、法廷でのやりとりも変わってきたなと感じていますが
SVU以前は本当に被害者にとって厳しい状況だったことがよくわかりました。

シェーンを演じていたのはNurse Jackieのクーパー役のPeter Facinelli、
これがデビュー作になるようですが
なかなかのハマり役で、そのまま成長してクーパーになっちゃった感じでした。

観始めたドラマの感想をつぶやきます…

新しいドラマにはとにかくチャレンジ。
それで感触がよければ継続視聴。
ちょっと無理かな、ピンとこないなと思ったら引きずらずにリタイアします。
とにかく整理整頓していかないととても消化できないので。

◎Ringer
Buffyを観てないのでSarah Michelle Gellarには全然思い入れがないんですが
彼女の演技力を味わう作品なのかな。
薬物中毒で証人保護プログラムを適用されていたブリジットはそこから逃げ出し
ずっと会っていなかった双子のシボーンに会いに行きますが
シボーンは全く自分と違う生活をしていました。
だけど二人の見た目は全く一緒。
ボートで海へ出た二人ですが、気がついたらシボーンの姿がなく
とっさにブリジットはシボーンになりすますことを決意します。
ここから苦労しながらブリジットがシボーンに扮する
その過程が面白い。
しかもシボーンの人生、かなり複雑そうだし。
ところがシボーンは死んでなかった??

と先が読めない展開。
今のところぐんぐん引き込まれていきそうです。

◎Person of Interest
J.J.Abrams作品はどうも苦手で
結局途中で挫折しちゃうんですよね。
きっとこのドラマも話しについていけなくなるんだろうな。
あれだけNYPDの人達が地道に捜査している犯罪事件を
さっさと監視カメラで予知して未然に防いでしまうなんてずるすぎない?と
どうしてもL&Lびいきな自分には納得できない部分があるんですが

でもジョン・リースがクールなんで許します!
これだけ強くて機敏なオヤジも珍しいかも。
軽い身のこなしに惚れ惚れしてしまいます。
Jim CaviezelはPrisoner 6でも十分カッコよかったんですが
またあのドラマが意味不明で結局挫折してしまいました。
ジョンをたっぷり味わいたいのに
話についていけなくなってリタイアは嫌だなと今から危惧しています。
ちなみに相棒フィンチはLOSTのベンで大嫌いになってるので
今回どこまで挽回できるか謎。

とりあえずもう少し頑張ります。

Mad Dog イビサの罠 #1

やっとMad DogのS2を観始めました。
S1でマジョルカ島にあるアルボの別荘に招待された4人のオヤジたちは
くつろぐ暇もなく覆面強盗に襲われアルボが射殺。
4人組は危うく犯人にさせられそうになったために
アルボの遺体を埋めてアルボが絡んでいた怪しいお仕事を肩代わり。
あれこれいろいろあったけど、とにかく脱出することになり
クイン一人置いていく羽目になりそうになったところで…

すぐS2に続いていたんですね。
S2はGWにオンエアがあったんですが一挙放送を追い掛ける時間がなくて
いつかレギュラー放送してくれるだろうと思っていたら
やっと始まりました。
この展開なら一気に観た方がよかったかなという気もしました。

土壇場でドミニクが襲ってきたけどウディが轢き殺しちゃったため
そのままクインを救ってみんなでようやく別荘から脱出。
お疲れ様でした。
しかも携帯が入ったままの金庫を持参。
車の後ろは粉々に割れたままですよ。
でもとにかくマジョルカ島を出て本土へ行こうとフェリーに乗るんですが
埠頭で行き先を間違えて乗った船がイビサ島行き。
だからイビサの罠なんですね。
4人はまた帰るチャンスを失いました。

しかしパスポートとお金があるからって
こんなに危なそうな集団をフェリーに乗せちゃってよかったんですかね?
結構いい加減なんだなと実感。
こうしてイビサ島に着くんですが
バックスが麻薬がらみの金300万ユーロを盗み持ってきてしまったことが発覚。
リックはこんな金は使うもんかと騒いでましたが
結局みんなで山分けすることに決めました。

マジョルカと違ってイビサではリゾート地内のコンドミニアムに泊まることにしますが
300万ユーロが5連番の500ユーロ札のため持ち歩いていたら怪しさ丸見えです。
とりあえずカジノで小出しにチップに替え
ちらっと稼いだらまた換金というふうに資金洗浄していくことにしたんですが
その行動もカルメンという女性に見破られてしまいます。
そして金の洗浄を手伝ってくれるかわりに手数料を要求してきます。

方法などを詳しく教えてくれないので非常に危険なんですが
そのままでも使えないから仕方なく頼むことに
カルメンは母親を担保において金を持ち帰り
翌日村で待っていると相棒が小額紙幣にしたお金を四つに分けて持ってきました。
これでもう安心と4人が喜んでいたら車が爆発。

また災難の再スタートです。
さっさと帰ればいいものを、読みが甘くあれこれ欲ばるから。
でもとんでもないピンチに陥っても、なんとかクリアできちゃうから
このオヤジパワー、すごいです。
他のドラマでもおなじみのオヤジたち4人。
特にお気に入りだったLOMのサム・タイラーとジーン・ハントが
また一緒なのが嬉しいよね。
今度は対等な立場だけど。
4話なのであっという間に終わっちゃいそうですが
ハラハラドキドキ楽しませてもらいましょう。

9月のドラマ視聴計画

10月の番組改編の前に一段落。
とにかく溜まっているドラマを消化しなくては。
さらに見逃してはいけない大事な作品も含まれていますので
9月もやっぱり大変そう。

☆NHK BSプレミアム
(Desperate Housewives S7)

かなりうんざりしかけてるんですが、もう一息頑張ります。

☆WOWOW
(CSI S11)
Unforgettable S1
Titanic

本家も終わっちゃうといきなり観るものがなくなる…
UnforgettableはWOWOWオンデマンドで惰性で観るドラマになっちゃったし。

だけど嬉しいお知らせ
カッターさんのTitanic上陸です!!

Titanic 愛と偽りの後悔 9/1(土)

実はあの有名な映画は観ていないので(ディカプリオが苦手なんだもん)
とても新鮮な気持ちでタイタニック号を楽しめそう。
Linusはヒュー・マントン伯爵。
きっとハマり役でしょうと勝手に想像。
でも吹替版なのがちょっと残念。
いずれAXNミステリーあたりで字幕版放映もよろしくお願いします。

そんなわけで久々にカッターさん祭り乞うご期待!!

☆Dlife
Missing
Ringer

Ringerの一話目を観ましたが
話の先が見えなくて面白そう。
Sarah Michelle Gellarの演技力にかかってるのかな。
Missingは字幕版待ちなのでまだ観てないんですけど
舞台がヨーロッパなのが興味深いです。
どんな感じなのかな?

☆FOX bs238
The Listener S3

ListenerにS3があるのも知らなかったんですが、なんと238でのオンエア。
今は無料放送ですが10月から有料になっちゃうじゃないですか。
これって今までFOXでListnerを観ていた人には迷惑な話。
幸いJ:COMは238もそのまま観られるんで大丈夫なんですけど
狐さんのチャンネル交換はほどほどにしてもらいたいです。
そしてトビーはどんどん偉そうになっちゃうみたいですが
救命士の仕事もしっかりやってほしいな。

☆FOX
NCIS:LA S3

結局狐本家ではほとんど観るものがありません。

☆FOX CRIME
Law&Order SVU S11
Law&Order CI S8
Detroit 1-8-7

そして今月のもう一つのお楽しみは
9/5からオンエアのSVU S11-#14 「Savior」
ついに念願のBK再会エピですよ♪


svubk8.jpg

Leeが演じるのは極端な信仰心を持つ男ビリーですが
この極端な接近ぶりはファンサービスとしか思えません♪
BKファンの妄想が膨らむ瞬間がやっとオンエア。
こちらもストーリーそっちのけで楽しませてもらいます。

☆Super!DramaTV
Law&Order S5 S6 
The Mentalist S3

若きマッコイさん、すでに暴走してますね。
キンケイドは一緒にはしゃいでるし、シフはマジで怒ってるし。
続いてS6ではローガンに代わってカーティス登場。
ローガンに親しんできただけに寂しいですが
また別のイケメン刑事登場と言うことで期待しましょう。

☆AXN
La Femme Nikita S3 S4
Person of Interest
Mad Men S4

Personはいつ挫折するか微妙ですが頑張れるところまで。
そしてずいぶん間があいてしまったけど、Mad Men復活させます。
そういえばS3ラストを観ていないので、そこから観始めようかな。
今度こそ字幕版で観ることにします。
旧Nikitaはいつの間にかS4ですね。

☆AXN Mystery
The Firm
White Collar S3
Mad Dog S2

REXが終わってしまったのが寂しくて…
Mad Dog S2をまだ観ていないのでチャレンジしようと思います。

☆Universal
Blue Bloods S2
Rookie Blue S3

またブルーシリーズになってしまいました。
レーガン家物語は結構楽しんで観ています。
そしてRookie Blueの方にはイケメン新キャラが登場するようで
こっちも楽しみ♪

☆LaLa
Raising the Bar S2

地味な事件を地味に楽しんでいます。

あまり溜め込まずに
そしてありがたい作品のオンエアに
盛り上がっていきたいです。

Law&Order SVU S11-#12 「Shadow」

ジレット家に迎えに来た運転手が、夫婦の遺体を寝室で発見する。夫が妻の頭を斧で叩き割り、自分は銃で無理心中を図ったように思われた。しかし自分で撃った銃創と異なり、殺人事件として捜査が始まる。ジレット家は市長や警察本部長らともかかわりが深く、SVUでの捜査が命じられる。
事件当時ジレット家の警報装置は切られていて犯人は窓から侵入しており、ジレット家の生活をよく知っているものの犯行と考えられた。現場に来た娘のアンは、両親はフロリダに行く予定だったが一日延期したため被害に遭ったと嘆く。アンは男に尾行されている気配がするとベンソンらに伝える。
ベンソンはアンになりすまし男を待つが現れない。だがアンが教会で両親の葬儀の打ち合わせをしているとき、不審な男の姿を見つけたのでベンソンとステーブラーは男を逮捕する。すると男はバッジを見せる。彼は詐欺特捜班(SFU)のラムジーで、市長に命じられた覆面捜査でアンを追いかけていた。
ラムジーによるとアンはジレット家の設立した慈善団体の基金から、350万ドルを横領した疑いがもたれていた。その金でダイヤを買っていたようだ。さらに両親の死後は、資産が2億ドル彼女の手元に入る。アンが殺人犯である可能性は濃い。
慈善団体の基金の会計は小切手を切るだけで、架空の団体に支払われるようになっていた。偽の小切手が現金化されると、アンは買い物をしていた。その不正を理事長のプレストウィックが見つけ捜査を依頼していたが、警察本部長はSVUに捜査を中断するように言いに来る。ある理事が損失を補てんしてくれたので金は戻ったから、ラムジーに基金の記録を返却するようにという命令だった。ラムジーはこの事件を半年追っており、彼の苦労は水の泡となってしまう。ラムジーはSVUの捜査に協力することを決める。
アンの話を聞き出すため、ラムジーはアンのストーカーとしてSVUに逮捕される。ベンソンはその様子をアンに見せ事情聴取をすると、家族の問題を仕切っていたネイト・jハートマンの名前が挙がる。アンはハートマンにうその証言をするよう伝えるつもりだった。ステーブラーとラムジーは先回りしてハートマンの家に行き事情を話す。ハートマンは基金の税金対策をしていたと思っており、盗んだ金のことは知らなかった。SVUは葬儀の後アンを証人買収で逮捕する。すると本部長がクレイゲンに怒鳴りこみに来る。アンは危険な存在だった。
プレストウィックに横領の件を証言させたいが難しい。ベンソンは彼のSM嗜好を利用して誘惑。かつてここでサディストの会員を2人逮捕したと脅して証言を約束させる。
銀行詐欺を裁くためにアンはライカーズに収監、連邦検事に引き渡されることになる。ステーブラーはアンから家族への脅迫を聞かされ、危険を感じて家族を親戚に避難させることにする。ベンソンとラムジーもアンから命を狙われるので捜査から降りるように言われるが、二人はアンの護送を行う。
アンを乗せた車がクイーンズに入ると、車はバンに道を阻まれ、出てきた覆面の男がベンソンとラムジーを撃ち、アンを連れ去る。アンをさらい、モーテルへ連れてきた殺し屋はフィンだった。フィンはアンに両親の死について話させるように仕向けると、アンは母親の悪口を言い始める。アンの自白を聞き、SVUとラムジーはアンを逮捕する。

ジレット夫妻の殺害事件は、夫妻が市や警察に与える影響が大きいため、あえてSVUで捜査されることになります。娘のアンから事情を聴いていると彼女を追う不審な男が浮かび上がり、男を逮捕したらSFUのラムジーでした。
Special Frauds Unitのラムジーはロンドン経済大卒の異色な刑事。経済学や数学を捜査に役立てています。親の基金を横領しているアンを逮捕するために、アンを半年調べ続けていました。アンは馬術でオリンピックを目指していましたが断念し、画廊を開いたものの廃業、次はインテリアデザイナーになりますが6度も訴えられていました。今回の両親殺害事件を、ラムジーは最初からアンの犯行と睨んでいます。
ベンソンとステーブラーがラムジーから情報を得て捜査にかかり始めたところで、警察本部長から捜査の中止を命ぜられます。横領罪を追及できなくなってしまったラムジーは、SVUと合同で捜査を再開。アンの起訴に向けて、まずは証人買収の罪で逮捕します。そして銀行詐欺に殺人罪の追加で連邦検事のベレズに引き渡すことを考えます。
ベンソンはプレストウィックのSM嗜好を利用して誘惑。新品ブーツを見せて「跪いてブーツを舐めろ。」と命令し、その様子をラムジーが写真に撮って脅しをかけます。こうしてプレストウィックに証言を約束させました。するとアンはステーブラーの家族やベンソンらに殺し屋を送り込むと脅しをかけてきます。ベンソンはラムジーの自宅に警告に行きますが、家にはベレズがいて二人の関係に気付きます。
クレイゲンに命ぜられたにもかかわらずアンの護送のために準備を始めるベンソンに、ステーブラーはストップをかけます。ベンソンの援護は色男ラムジーじゃなくてパートナーの自分が行うと言い切るステーブラーの言葉にジェラシーが感じられましたが、ここからはSVUならではのトリックが隠されていました。
アンが雇った殺し屋はフィン。ベンソンとラムジーはあっさり殺されたふりをして、アンはフィンに連れ去られます。そしてフィンをすっかり信用したアンは、両親殺害を話し始めたのでした。
ラムジーを演じているのはLostのサイード役を演じていたNaveen Andrews。色男刑事が一度だけのゲスト出演はもったいない気がします。アン役はJack&Jillでエリサを演じていたSarah Paulsonでした。

まずアンの姿にビックリ。
J&Jのエリサはこの間L&O S5-#4でかなり危ない娘役で出てたじゃないですか。
本家と分家の時間差を痛感します。
そしてアンを追っていたのはLOSTのサイード。
ワイルドなイメージから一変してスーツ姿がかっこいい。
落ち着いた佇まいはロンドン経済大卒業のいいところのおぼっちゃまで
アンとは立派すぎる両親を持つ悩みが共有できたようですが
どうしてNYPDで働いてるんでしょうね。
そして詐欺の特捜班があったとは。
殺人事件を扱うことはあまりなさそうだから
White Collarで超絶イケメンの二ール・キャフリーと
色男対決させても面白いかも。
ともあれサイードの魅力を再確認させてもらいました。

ベンソンの毎回囮捜査、ご苦労様です。
さすがに本人もうんざりしてきたみたい。
ステーブラーが運転手役なのも似合いすぎ(笑)
そして殺し屋がぴったりすぎるフィン。
Ice-Tが素に戻っただけなんですけど…かっこいい!!

目の保養になったエピソードでした。

Detroit 1-8-7 #8

ワシントンとフィッチ、サンチェス、ストーンは
殺金が行われたと思われる高校生セスの部屋に。
部屋の中やバスルームは半端じゃなく血が飛び散っているのに
何故か遺体が残っていません。

ロングフォードとマハジャンはモーテルの駐車場で
撃たれて死んでいる男の捜査を始めます。
男は換金していないポーカーのチップを大量に持っていました。

いつも必ず二つの事件が同時進行し
捜査も基本は4人と2人に分かれて行っており
二つの事件にはさほど接点がないというのが基本パターンでしょうか。
たまには相棒の都合でコンビが崩れる時があって
前回はロングフォードとワシントンがコンビを組み
大先輩と後輩は意気投合し、ワシントンはなかなかいい気分で事件捜査ができました。
だからフィンチともっと会話を楽しもうとするんですが
相変わらずフィンチはジョークなんか言う気分じゃなさそうで
ワシントンが誘っても乗ってきません。

でもフィンチってもっと訳が分からなくて小難しい男かと思ったら
その割に常識が通じるようでちょっと拍子抜け?
ただ検察とは全く意見が合いませんね。
顔を合わせれば文句を言ってる感じがします。
今回ちょっとわかってきたのは
フィンチにNYで女性絡みの問題があったこと。
もちろん全然明かしてくれませんでしたが。
でもワシントンがしつこく絡んでくるので
ついにデスクの上のペーパーウェイトの秘密を明かしてくれました。
それは息子からのプレゼント。
息子がいたんだ!
ワシントンと一緒にビックリしてしまいました。

殺されたと思われるセスは誰もがいい奴だと言っていましたが
血液からドラッグの使用が明らかになり
実は薬の売買にも絡んでいました。
トレバーたち友達3人とトレバーの祖父も
あいつはいい奴だと言ってましたが
トレバー祖父は筋金入りのマフィアの一味。
トレバーの事情聴取の時も
孫は未成年だからと単独での尋問に答えさせないようガードする姿に
威圧感がありました。
そのうち彼らのドラッグへのかかわりが分かってくると
今度は個々に尋問をはじめたら二人はお互い相手が殺したと主張。
トレバーは真相を語る前に過剰摂取で自殺を図ってしまいました。
そのうち残された二人は恐るべき真実を語り始めます。
セスを殺し遺体を切り刻んだのはトレバー祖父でした。
若者たちの情けない姿に喝を入れたかった祖父は
自らセスを処罰してしまったのです。
それがマフィアの掟なのかもしれないけど
相手は孫の友達なのに。

殺されたギャンブラーは子供の手術代を稼ぐためにカジノへ来ていました。
こちらはギャンブルに明るいマハジャンの駆け引きが成功します。
マハジャン憧れのギャンブラーが犯人でしたが、マハジャンは自らの手で彼を逮捕しました。

「秋の海外ドラマ」ムック&雑誌をまとめて紹介します♪

日経エンタテイメント!海外ドラマSpecail 2012[秋]号 (日経BPムック)日経エンタテイメント!海外ドラマSpecail 2012[秋]号 (日経BPムック)
(2012/07/17)
日経エンタテインメント!

商品詳細を見る


DVD &ブルーレイ VISION (ヴィジョン) 2012年 09月号 [雑誌]DVD &ブルーレイ VISION (ヴィジョン) 2012年 09月号 [雑誌]
(2012/08/20)
不明

商品詳細を見る


ムービースター 2012年 10月号 [雑誌]ムービースター 2012年 10月号 [雑誌]
(2012/08/21)
不明

商品詳細を見る


日経エンタテインメントのムックはすっかり定着しましたね。
Castleが表紙なのはNHKで始まるからなんでしょうが
「犯罪捜査ドラマ特集」はL&Oを始め
お気に入りドラマ目白押しで満足しました。
結局犯罪捜査ドラマしか観てないし(汗)
2000年代のドラマ界を沸かせた21人の主役たち
犯罪捜査プロフェッショナル列伝のトップを飾ったのがベンソンで
嬉しいじゃないですか!
DVDにドラマをたっぷり収録もいつも通りでお買い得です。

DVD&ブルーレイVISIONは
秋からの海外ドラマのオンエア&DVDリリース情報が載っているので便利です。
ついでに笑えたのがアクターズ&アクトレス真相ぶっちゃけ降板川柳
キャスト降板にはいろいろ事情がありますから。
DVDで楽しませてもらったのがL&Oニューシリーズのダイジェスト
ユニバーサルのHPでもわかりますが
もっと詳しい映像が収録されていて
スパドラとはまた違った角度から楽しめます。
一応最初にリリースされるS15のキャストを紹介してるんですけど
何故か画面にルビローサまで出てきちゃったりして
それは仕方ないですかね。
元ネタはOJシンプソンだ!と
Bobbyがたくさん見られるのは嬉しいです。
ところでユニバーサルは
ニューシリーズの4以降を出してくれるのでしょうか。
自分にとっては4,5,6がとても大事になるわけで
それだけは是非とも購入を考えてるんですけど
話題にならないのがちょっと不安です。
映像を楽しませてもらったところで長寿ドラマヒットの法則
堂々とL&Oが紹介されているのに
何故か載ってる写真がSVU(泣)
こういう初歩的ミスをしないで欲しいです…

MOVIE STARは映画雑誌のはずなのに
半分以上がGleeとスパナチュとSherlockで驚きました。
ポスターもスパナチュ兄弟の裏がホームズだし!
そしてGleeのネタって尽きないんですね。
写真がきれいで紙質もいいので
(しかも薄くて場所を取らない)
保存用にお薦めします。

FOX特派員10月の新作試写会報告

久々のFOX特派員試写会でした。

今回は10月スタートのBones S7とThe Killing S2の2本立てです。

GetAttachmentbones.jpg

◎Bones S7-#1 「埋もれた記憶」
実はBones、S6を少し観たところでリタイアしてました(汗)
他のドラマ視聴が忙しくなって少し整理したいなと思っていた時
展開にマンネリが感じられるようになってしまって
まあいいか…とあっさり断念。
でもこのマンネリ化を製作陣も恐れていたのかな。
予想外の展開が始まってました。

で全くその先を知らなかったはずなんですが
オーストリアに行く時乗ったFinnairのオンデマンドに
BonesのS7が4話分入っていて、なんとなく観始めたら
一体どうなってるの??状態でビックリ。
しかも幸か不幸かイヤホンの精度が超悪くて
字幕なしの英語放送の英語が聞き取れず
画面でストーリーを推測するしかありませんでした。
だから今回のエピも映像は観てるけど詳細は分からず状態で
おかげさまでいろいろ謎が解けました。

でもどういう経緯でブースとブレナンが一緒になり
ブレナンが妊娠したのかはわからないので
それはどこかで学ばなければならないんですが
S7ではブレナンは立派な妊婦さんです。
Emilyが妊娠したことに合わせてこのような展開になったそうで
本物妊婦さんが演じてるからリアリティは十分。
ブースとはお互いの家を行き来しているようですが
結婚するとかどちらかの家に落ち着くとかはブレナンの頭にはなくて
ブースはいらっとしています。
ブースが同居話を持ち出すと、ブレナンは避けようとしたり意地を張ったりするので
また緊迫状態に。

そんなときアンジェラとホッジンスの息子のマイケル君が
(こちらもいつ生まれたか知らなかった)
天使の微笑みを見せて登場。
両親が協力し合って子育てしなきゃダメとアンジェラに説得されたブレナンは
ようやくブースとの同居を決意します。

これじゃまるでファミリードラマだよね。
もちろんかなりぐちゃっとして虫がたかってる死体も出てきます。
英語だとどんなちっちゃな甲虫でもBeetleなんですかね。
気持ち的にBeetleはカブトムシのイメージなのでちょっと嫌だったんですが。
そして被害者が記憶喪失になっていて、殺人犯にたどり着くまでに一苦労するですが
でも事件の内容が薄すぎる気がして。
犯罪捜査ドラマのプライベート部分はほんのちょっぴりでいいんですけど。
逆にシビアな犯罪捜査ドラマでは疲れるって人には是非お薦めしたいです。
グロさは耐えてもらいますが(苦笑)

GetAttachmentkilling.jpg

◎The Killing S2-#1 「決意」
話がどんどん複雑化してあまり頭の中に残ってないし
そしてオリジナルは1話観たところで一緒で時間の無駄だと思ってお別れしましたが
途中から変わってくるんだそうで
やはりオリジナルならではの面白さがあるとお聞きして
だったら先にオリジナルを観ておきたかったと後悔しました。
リメイクが先はやっぱり反則です。
でもリメイクしか観てないんだから仕方ない。

リッチモンドが撃たれたところで終わったS1ファイナル。
リッチモンドは重体で生死をさまよっています。
リンデンは息子に謝り続けつつ、また捜査を開始
息子がモーテルで読んでた本のタイトルが日本語で
あれはマンガなのか?
もしも日本語のままで読んでたらすごい奴だ!と
変なところで感心してしまいました。
怪しげな動きをしていたホールダーは殺人課に転属。
警察の上層部の動きがますます変です。
もちろんロージー殺害犯がわからないまま
どんどん話がややこしくなっている。

シーズンが進むにつれ話が見えなくなるのはお決まりの展開?
でも重苦しい画面が集中力を維持させてくれそうなのが救いです。
まだ14日目だったんだよね。やれやれ。
根気強く頑張りましょう。

◆BONES シーズン7

  FOXチャンネルにて放送決定!

  10/19(金) 23:00スタート 毎週金曜日 23:00-23:55 ほか


◆THE KILLING ~闇に眠る美少女 シーズン2

  FOXCRIMEにて放送決定!

  10月25日(木) 21:00スタート 毎週木曜日 21:00-22:00 ほか

試写会のお土産はFOX一族のコースター6枚セット。
CRIMEの代表が24なのはちょっと寂しいんですが…

foxgoods.jpg

Law&Order CI S7-#22 「Frame」

S7終了。この救いのなさは何なんだ…

前回の実質ローガンお別れエピは
あの時点ではローガンもこの先身の振り方を考えるんだろうなということを匂わせて終わりましたが
それほど悲壮感はなかったし、むしろお疲れ様と言いたい気分でした。
しかしゴーさん、あんまりです

最近のゴーさん、お母さんの介護で疲れが溜まっていて
そのお母さんも亡くなり
突如出てきた兄フランクは廃人状態。
プライベートな部分で落ち込み度の激しかったゴーさんは
まるで成り切り精神病院潜入をしてみたり
停職処分中に、これまた任務だったけどかなり危ない橋を渡ったり
重大犯罪捜査以上に酷使されちゃって
お疲れ度満載。
不健康な生活がさらにゴーさんを成長させ
たまにD-LifeのSVUを観るとゴーさんの別人ぶりにビックリしちゃうんですが(苦笑)
でもようやく平静さを取り戻したと思ったら
最後にこの仕打ちはひどすぎる。
SVUでステーブラーもベンソンもかなり痛い目に遭ってますが
こんなに一人で重荷を背負っちゃう人は他にいないよね。
本家でさっさと殉職しちゃった人達はあっちへ置いといて←それもひどすぎ。

薬断ちをしようとしていたけど、結局できなかったフランクが
アパートの窓から外に墜落して死亡。
ゴーさんは兄も失ってしまいました。
検死の結果フランクは殺害されたとわかり
ゴーさんの天敵二コールの影が見え始めます。
二コールっていましたね。
CIは感想をまとめていないので、記憶に頼るしかないんですが
IMDbに因ると今回で5度目の登場らしい。
そんなにゴーさんを苦しめてましたか。
二コールの執拗なリベンジ。
次のターゲットはゴーさんの唯一の身内
フランクの息子(でも行方不明)だとゴーさんがビクビクしていたら
ゴーさんあてに荷物が届けられ
その中に心臓が入ってました。

ついにやられちゃったかと思ったら
その心臓を検査したら二コール自身のもの。
事件が見えなくなってきます。
実はフランクが死亡した直後
二コールに襲われで入院していたデクランが
真犯人であることがわかってきます。
デクランはS6の初めに出てきた、また厄介な人物で
いかにもゴーさんと共同で事件解決に迫っていく風に見えたのに
全てゴーさんを陥れる支配でしたか。

取調室での二人の会話。
ゴーさんが核心に迫っていく過程はいつも通りお見事でしたが
デクランは自供を始めるものの
事件そのものはすっきりせず終わってしまいます。
ローガンに続いてゴーさんも自由を求めてしまう?
このままドラマそのものが終わっても文句が言えないようなクリフハンガーでした。

でもゴーさんはそのまま残って
S8からはGleeのレイチェルパパなJeff Goldblumが演じるニコルスが出てくるんですよね。
ドラマの雰囲気が変わりそうで楽しみ。
それでもL&Oシリーズのままであることは信じてますが。

Law&Order S5-#6 「愛の力」

ヴァン・ビューレン受難エピ。
長い間警部補をやっていれば、それは苦労も絶えないでしょう。
でもいきなりこんな辛い事態に直面していたとは。

今回いきなりびっくりしたのは、ヴァン・ビューレンに息子が二人いたこと。
そして夫も健在でした。
いずれ夫は家を出ていくのでしょうが、そのとき片方連れて行っちゃった?
S20で出てきた息子は一人だけだったもんね。
そしてIMDbによると、息子の名前はリックとステファンとなっていますが
じゃあ残っているのはどっちの息子だ?とS20をチェックしたら
「息子」としか書いてない!
いきなり息子の名前は抹消されたようです。
あんまりじゃないですか。

ヴァン・ビューレンは夜子供たちを車に乗せたまま
ATMで現金を引き出そうとして二人組の強盗に襲われかけます。
身の危険を感じたヴァン・ビューレンは思わず発砲。
片方に当たり、もう片方は逃走します。

二人とも未青年で、撃たれた子は知的障害者。
逃げた子が銃を持っていたとヴァン・ビューレンは証言するけど
唯一の目撃者の息子たちには見えてなかったし
銃のありかが不明だし
ヴァン・ビューレン大ピンチです。
ローガンは警部補を守ろうと捜査に気合を入れますが
ブリスコーは懐疑的。
警部もあまり守ってやろうという気持ちが伝わってきません。

ここでもまた差別的発言が。
黒人系の女性が出世するということが
もちろんヴァン・ビューレンの実力、そして努力が認められてだと思いますが
白人男性には面白くないことなんでしょうね。
そんなプレッシャーの中で勤め続けたヴァン・ビューレンにご苦労様と
改めて言いたくなりました。
しかもこの時は彼女に不利なことばかりです。

でも撃たれた少年ジェームズと仲良しだった
やはり知的障害者の女子が
自分にブレスレットをプレゼントしてくれると言ったことや
逃げた少年ザックが銃を画した場所を買ってくれました。
そしてジェームズがブレスレットを買うための強盗目的という理由の矛盾も
彼女の証言からわかってきます。
ヴァン・ビューレンは意を決して
自分が息子を射殺してしまった、その母親に協力を要請。
母親としての思い、そして未成年者による事件を防ぎたいという願いが
母親の気持ちを動かしました。

事件は解決。
ところで、刑事だったマッコイさんの父って
相当すご腕だったのかな。
息子が語るオヤジ像はなんとも微妙な感じだけど。

Law&Order SVU S11-#11 「Quickie」

深夜公園から女性の悲鳴が聞こえてくるが、近くのアパートの住民は誰もが聞かなかったふりをしていた。翌朝発見されたのは17歳のアナ・マクウィリアムス。首を絞められた後石で頭部を殴られ、長時間出血が続いて死亡したと考えられた。アナの父は、7か月前母親がガンで亡くなってから娘は自暴自棄だった。BFのヘンリー・クリステンセンと別れた後は、次々に違う男性を相手にしていたと話す。
ベンソンとステーブラーはヘンリーに話を聞くため高校に行く。ヘンリーは6年間アナと付き合っていて別れたが、昨日は自分の誕生日だったので着飾って一緒にクラブへ行った。アナがブログに載せるためにカメラマンを雇ってスターのような写真を撮ってもらった後、二人はリムジンへ乗ったけど、アナはAQの男にメールして車から降りたと説明する。アナが出会い系サイトAQでコンタクトを取っていたのはビッグヒッターという男で、ベンソンはAQでビッグヒッターを誘い出し逮捕する。
本名ピーター・バトラーは、アナとセックスした後別れたことを認めた。ピーターはAQで知り合った100人前後の女性たちと関係を持っており、他の出会い系アプリも登録していた。その中でFUで友達に登録していたレベッカ・エリソンが、2年前公園でレイプされた被害者であることがわかり、事件との関連がないかベンソンらはレベッカに話を聞きに行く。レベッカはピーターとは何年も前にパーティーで会って友達の登録をしたが一夜の遊びに近かった。セックスは乱暴だったと思い出す。
アナの首に残された指紋がヘンリーの指紋と一致していたため、ヘンリーの事情聴取をすると、ヘンリーはアナを愛していたのに「二度と顔を見せないで。」と言われ裏切られたため殺したと自供する。
アナから採取した精液が、HIV陽性であることが判明する。相手はピーターだ。ピーターは陽性であることを知っていて薬を服用していたが、コンドームは使用していなかった。ベンソンとステーブラーはピーターを殺人未遂で逮捕するが、被害者の届けがなければ、HIVを広めた罪では起訴できない。ベンソンとアレックスはワーナーの協力を得て、ピーターのウィルスと女性たちのHIVウィルスを比較、レベッカに再度話を聞きに行く。
レベッカは体調が悪くなる一方だったが、薬を買う金がなかった。レイプされた後の検査で、HIv感染から2~3年経っていると知らされていた。アレックスはレベッカに血液サンプルを提出して欲しいと頼む。
レベッカにHIVを移したのはピーターだった。ピーターは売春婦からHIVを移され、女性へのリベンジを繰り返しているとベンソンは考えピーターに圧力をかけるが反発される。
法廷でワーナーはレベッカがピーターのHIVに感染したことを証言する。他にも11人の女性がピーターから感染し、特にレベッカはピーターのHIVが新薬への耐性をがあって、最新の投薬治療で効果が期待できないと付け加える。ピーターを育てていた祖父のバトラーは自分の信じていた世界が崩れ去った気分と沈み込む。
裁判の様子がマスコミにリークされ、FUがハッキングされて、ピーターのページに関係者に検査を勧める投稿があった。被害者がピーターを狙うことも考えられる。
法廷で判事はワーナーの証言を証拠として採用した。するとレベッカが法廷に入ってきて、「これで外見も悪魔だ。」と言ってピーターに液体をかける。液体は塩酸で、ピーターは顔と手にやけどを負い、片目は失明する。ピーターの弁護士は、起訴を取り下げないと地方検事事務所を訴えると言ってくる。アレックスはレベッカを第一級暴行罪で起訴する。
レベッカの弁護士は彼女が精神状態の悪化で異常な行動を起こしたと反論、アレックスはレベッカに半年の服役と保護観察で取引きを持ちかける。しかしレベッカは彼のしたことを世間に知らせたいと取引を拒否する。
法廷でレベッカはピーターにHIVを移され復讐したと証言するが、アレックスは無防備なセックスでHIVに感染することを認識していたのかと指摘、街で見られるHIV感染を警告する広告を見せ、感染はピーターだけの責任ではなく、コンドームを使わないことを自ら選んだレベッカにも責任があると主張する。すると閉廷後、バトラーがレベッカは悪くないのになぜ責めるのか、孫にしたことを話すから自分に証言させてくれと頼んでくる。だがバトラーが証言することは無理だ。
ベンソンとステーブラーがバトラーに会いに行く。マスコミとFUにピーターのことを明かしたのはバトラーだった。バトラーはすべて自分のせい、育て方が悪かったと嘆きピーターの過去を明かす。そして睡眠薬を飲んでいたバトラーはピーターに「いい人間になりなさい。」といって倒れてしまう。
ピーターは有罪を認め、祖父の遺産はピーターの被害者の治療費に使われることになった。レベッカは釈放されるが、まだレイプ犯は捕まっていなかった。

高校生のアナを殺害したのは、元恋人のヘンリーでした。ヘンリーはアナを愛していたのに、アナはヘンリーを子供扱いし、本物の男がいいと出会い系サイトで見つけた男性と次々に関係を持ちます。アナが使っていたAQはアノニマス・クイッキーというSNSサイトで、会員はGPSを使って相手の居場所を確認し、手近なところにいる相手とセックスできる仕組みです。アナが最後に連絡した相手がピーターだったので、ベンソンはAQ上でピーターとコンタクトを取って出てきた彼を逮捕します。
ピーターはアナの殺害には絡んでいませんでしたが、検視で精液がHIV陽性と確認されたため、多くの女性とセックスしているピーターの危険性が無視できなくなります。株式の仲買人のピーターは、デートする時間がなくて出会い系サイトを利用していると説明しますが、HIV陽性であることを承知でコンドームを使わずに女性たちと関係を持つのは、女性を恨んでいるから。その原因は母親にあるのではとベンソンは問い詰めますがピーターは答えず、「俺の一部が女性たちの中で生き続ける。全員が死ぬまで。」と言い切ります。
ピーターとFUで友達登録をしていたレベッカが、ピーターとセックスしていたことを認め、彼女をレイプしたのはピーターではなかったと確認されますが、HIVを移したのはピーターだと思われました。レベッカはアレックスの説得に応じて血液サンプルを提出、法廷でワーナーはレベッカはピーターとのセックスでHIVに感染したことを指摘します。傍聴していたピーターの祖父バトラーはショックを隠せません。
裁判の後内容がマスコミにリークされ、ネット上でもピーターは女性たちからの攻撃を受けます。さらにワーナーの証言が証拠として認められた後、レベッカがピーターの顔に塩酸をかけ、レベッカは第一級暴行罪で起訴されます。アレックスの持ちかけた取引にレベッカは応じなかったため、アレックスはレベッカを法廷で激しく攻撃します。レベッカの罪が許されれば、他の被害者もピーターに復讐する可能性があるからです。その様子に耐えられなくなったバトラーはアレックスに証言を願い出ますが、拒否されてしまいます。
バトラーが孫にしたことは何だったのか。ベンソンとステーブラーがバトラーを訪ねると、彼はマスコミやFUに連絡したことを認め、自分が孫に嘘をついていたことを話し始めます。ピーターの母親は若くしてピーターを生みますが、父親は誰だか分りませんでした。ピーターが3歳のとき、付き合っていた男がピーターを虐待したため、母は男を撃ち殺し投獄されます。そして母は獄中で死亡します。母はピーターを守るために刑務所に入ったのに、祖父は母はピーターを捨てたと伝えていたため、ピーターは母への怒りを増幅させていたのでした。睡眠薬を飲んで自殺を図ったバトラーは、「お前を変えるにはああするしかなかった。いい人になりなさい。私の死を無駄にしないでくれ。」と言い残して息を引き取ります。真実を知ったピーターは罪を認めて改心し、レベッカは釈放されますが、レベッカをレイプした犯人は野放しのまま。まだ事件は解決していませんでした。

女性を殺害した犯人は元恋人でしたが
最後にセックスした相手がHIV陽性だったため
話がややこしくなってしまいました。
いかにもSVUな展開。
これだけセーフセックスが唱えられているのに
ピーターはウィルスを撒き散らしているし
レベッカも危険性を感じてないし。
FUはFBのパクリだとすぐわかりますが
AQみたいなSNSサイトってたくさんあるんですかね。
使う人は自己責任で。
でも犯罪に巻き込まれたらおしまいです。

ピーター祖父が母親について本当のことを伝えていたら
ピーターは女性たちに復讐する気持ちはなかったのかな。
ときには嘘も方便だけど、早く真実を知っておくべきでしたね。
でも祖父はピーターがビッグヒッターだなんて知らなかったんだし。
ここでまたネット社会の恐ろしさを実感。
おじいちゃんが不憫でした。

Kommissar Rex S1-#15 「レックス誘拐」

ベストエピソード第3位、
S1のシーズンファイナルエピソードです。
レックスの魅力満載。
こんなに素敵な話だったんだと改めて思い出ししみじみしていました。
でもREXですから随所にツッコミどころがありますが。

S1ではアパート暮らしだったモーザー。
モーザーがキッチンで片付けをしている間
レックスはテレビの動物番組に夢中です。
この画面の見入りっぷりが可愛すぎ!
おかげでモーザーがレックスに布巾を持ってきてと頼んでも
レックスは全く動きません。
結局モーザーが動くことになります。
すると殺人事件が発生。
モーザーが支度すると、レックスも喜んでついていきました。
事件はテレビより大事だったんだね。

容疑者と思われるロシア人のカレーニンを駅で追跡するモーザーとシュトッキー。
今はウィーンのミッテ駅も西駅もとてもきれいですが
当時はこんな雰囲気だったのかな。
追跡する二人がHARIBOを食べてたのがお茶目だった。
HARIBOはドイツのグミですが、もちろんオーストリアでもポピュラーです。
気になってPLAZAで売ってるHARIBOをチェックしたら
ドイツ製とハンガリー製がほとんどでしたが、オーストリア製も売っていました。
モーザーはカレーニンの電話を盗聴。
隣で堂々と聞いていたんだから盗聴とはいえないかも知れませんが(笑)
殺人の証拠をばっちりつかんだのでモーザーとシュトッキーはカレーニンを逮捕。
モーザーは法廷で証言することになりました。
するとカレーニンの弁護士が裏の黒幕に連絡。
モーザーの証言を撤回させるために
モーザーの一番大切な人じゃなくて犬を
人質じゃなくて犬質に取ることにします。

ソーセージパンを買いに行くレックス。
プレッツエルが壁に大胆に入りついてるパン屋さんに買いに行きます。
オーストリアのプレッツエルも、塩味が程良く効いてて美味しいですよ。
そしてレックスがパンを加えてアパートに帰ると
怪しげな男がレックスを迎えます。
そして銃を一発。
この音はモーザーには聞こえなかったらしく
男は倒れたレックスを連れ去ってしまいました。
足を撃たれたかと思いましたが
怪我はたいしたことなかったみたい。
とりあえず怪我人じゃなくて怪我犬のふりをしていたようです。

モーザーはアパートの入口にパンだけが落ちていたことに心配になり
署に行くと怪しい男から電話がかかってきます。
「お前の犬を誘拐している。
命が惜しかったらカレーニンの証言を行うな。」
立派な誘拐事件なのに
モーザーはシュトッキーやヘララーに相談せず
自分で何とかしようと考えます。
レックスがいないしモーザーの様子がおかしいので
二人はすぐに不信感を抱きますが、モーザーは何があったか教えてくれません。
モーザーは黙って法廷に行き
最初の証言を撤回、一夜過ぎたら記憶が曖昧になったとあり得ないことを行ってきました。
もう一件の殺人事件からもカレーニンが犯人だとはっきりわかり間違いなく有罪なのに
モーザーが「カレーニンは釈放された。」と言い出したので二人はビックリします。
すると「レックスが誘拐された。」と叫ぶモーザー。
そんな大事なことを黙っていたのは
たかが犬で二人を騒ぎに巻き込みたくなかったから。
すでに偽証しているモーザーの首はいつ飛んでもおかしくないし。
モーザーが危惧すると、シュトッキーとヘララーは3人での協力を約束してくれます。
ここからモーザーとシュトッキーのレックス探しを開始。

犯人から連絡があったとき。モーザーはレックスの声を聞かせてくれと要求。
受話器でモーザーがレックスに話しかけると
レックスが受話器を舐めまわしてくれるのが切ないです。
その時聞こえた音から、モーザーはレックスが空港のそばにいることを突き止め
発着時間を確認して該当の空港を見つけます。
どうも田舎ののんびりとしたところの空港らしい。
でもそのわりに家が立ち並んでいて
モーザーとシュトッキーは一軒一軒聞いて回ります。
シュトッキーは予想通り、途中で犬に脅されていました。
その間レックスは自力で穴を掘って小屋から脱出。
腕を怪我した男の子と出会い、すぐさま癒し犬に変身し
檻の外と中でだったけど、楽しく遊ぶことができました。
男の子はお母さんから犬のことを聞いてきた男の人のことを教わり
自転車で追い掛けて会った場所を教えてあげます。
レックスは逃げてるところを男に見つかってしまいますが
うまく逃げ隠れしている時モーザーとシュトッキーが到着。
男は無事に逮捕されます。
一方サンペテルブルグに脱出しようとしているカレーニンを
ヘララーは強引に理由をつけて逮捕。
めでたしめでたしで3人と一匹で決めポーズです。

なんと美しいシーズンファイナル。
このころはドラマが整然としていました。
もちろん二人だけで犬探しができるのかいっていうツッコミもありますが
そんなに「あり得ない」な感じはないですよね。
いつからおかしな路線になってしまったのか。
いつでもレックスは可愛いから許しますが。

オンデマンドで観るUnforgettable

Unforhettableを観ているんですが
もうひとつハマれなくて。
ニューヨークの刑事ドラマを観過ぎているし
(Blue Bloodsも始まっちゃったんだよね。)
どうしても基本がL&Oシリーズになるために
刑事たちは地道な聞き込み捜査をしてほしいんですよ。
キャリーの記憶に頼ってもいいけれど
なんだかずるい感じがして。
そしてまだキャリーがサムで、アルがマクナマラにしか思えないんだよね。
でなんとなく観るのも面倒になって後回しにしていたんですが…

iPhoneでWOWOWのオンデマンド視聴ができるようになったので登録してみました。
全てのドラマが観られるわけではないけれど
Unforgettableがリストに入ってる。
昨夜はドラマが観られない環境だったので
とりあえず第4話「救いの女神」をオンデマンドで観ることにしました。
電波の受信は大丈夫そうだし。
画面が小さいから音声は吹替えで。

最初は何回か止まったけど
あとはすっきり観ることができました。
画面をじっくり観る楽しみはないけれど
話は理解できるし、
なんといってもドラマ視聴の時間短縮につながります。
ぼんやり観てもOkなドラマはこの視聴方法でいいかも。
でも電車の中でチャレンジしようとしたら
やたらと電波の切れるソフトバンクでは、なかなか厳しいものが…
電波が安定している時楽しみましょう。

この先Unforgettableはオンデマンドで観るドラマになっちゃうのかな。

Law&Order S5-#3 「女性の敵」

このエピを観る前にCIのローガンラストエピを観たんですが
理不尽な検事の主張に対し正義を貫こうとしたローガンが
最後は神父さんにもうこの仕事を辞めたらどうかと言われてしまいます。
結局ローガンは一人身で家庭を持たず
本家を去ってCIで復活するまではスタテン島に島流しになってたらしいですが(何があったんだ)
首までどっぷり刑事生活に浸かっていたようです。
お疲れ様でした。
この最後の事件がブリスコーさん絡みで出てきてにんまりしていたんですが
しみじみする間もなく、また若いローガンに逆戻り。
今回はホテルで日本人の宿泊客が銃で撃たれ死亡します。

日本人の名前は林シンロウ(新郎だったら変だよね)
殺される前に100万ドルのトラベラーズチェックを換金してるので
怪しげな奴だ…と思ったらどんどん怪しさ増してきました。
大体そんな大金、ホテルで替えるかな。

最初は従業員による強盗が疑われたけど
怪しい従業員にもアリバイがあり
そのうち林が日本でクラブを経営していて
アメリカに歌手をスカウトしに来たことが判明します。
オーディションを申し込んでいる女性たちの中から
林が殺される前にバーに一緒にいたというマーサが浮かび上がり
彼女が殺害したことが明らかになります。
するとマーサと弁護士は林のマーサへの虐待を主張
無罪を訴えてきます。

珍しく「日本」が全面的にクローズアップされるエピ
真珠湾攻撃から朝日新聞までさまさまな日本ネタが飛び出しました。
94年のエピで今より勘違い度満載でも仕方ないかなと覚悟を決めて観ていましたが
さすがL&O、きちんと下調べして、あまりハチャメチャなことは伝えていなかったように思います。
よっぽどHawaii Five-Oのヒロ・ノシムリという意味不明な名前や(どんな漢字書きゃいいんだ?)
ブレランから進化しない大阪の景色の方が救いがなかったかも。

林さんはやっぱりかなり怪しいその筋の人で(多分)
ブロンドのアメリカの女の子を歌手としてスカウトして
結局東京でホステス役をさせていました。
いかにもありがちな話。
引っ掛かる方も悪いと思うよ。
マーサが売春を強要されて拒否したら林に引っぱたかれ
そんな目に遭ったらその場で訴えていいと思います。
それほど林の脅しが怖かったのか。

辛い目に遭ったことは理解するとして
アメリカに逃げてきたから、もう大丈夫でしょう。
もちろん精神的苦痛は簡単に治せるものではないけれど。
でもここでマーサは再び林がアメリカにスカウトに来たのを知ると
顔も見たくないはずなのに会いに行って
気がついたら殺してるんですよね。
これって十分リベンジでしょ。
そしてお金の行方は謎のままだし。

マッコイさんはあくまでも殺人事件として本件を扱いたかったんですが
弁護側は日本人男性の金髪嗜好や女性蔑視を説き
いかにマーサが苦しんだかを訴えてきました。
マッコイさんはこれが人種差別につながらないようにとアピール。
さらにオフィスでのランチでは寿司を食べ
こんな細かい配慮がありがたい!
でも結局マーサは無罪になってしまいました。
リベンジOKってことか…
相手が日本人だからってことに対しての感情はどこまで左右されていたのでしょうか。

日本人の立場からこのエピを診てわが身を振り返る必要もあるのかなと思ったけど
実際に日の目を見たのが18年たってから…ではちょっと遅すぎたかな。

Law&Order S5-#1 「セカンド オピニオン」 #2 「妻の深き眠り」

ようやくマッコイさん登場!!

LO5-1-1.jpg

S4ファイナルで、TWWのCJが真実を話すと命を狙われると偽証したのに
彼女を守ると約束して証言台に立たせてしまったストーン。
裁判では勝てたのにその後すぐにCJが撃たれ
ストーンは責任をとって検察を辞めてしまいます。
彼らしい静かな立ち去り方でした。

代わりにやってきたのがマッコイさん。
待ってました♪
L&Oは本来ブリスコー&マッコイのドラマで
影で支えてたのがヴァン・ビューレンだと思ってました。
(なのに付け足し部分で盛り上がりすぎましたが…笑)
やっとこれで馴染んだL&Oの形が出来上がります。

登場シーンから机の下でガサガサやっていて
マッコイさん、落ち着きないです。
そして当然のことながら若い!!
でもすでに24年のキャリアがあるから十分ベテランなんですけど
すでに突っ走りモード全開です。
気が付いたらキンケイドもつられてパワーアップして
さらにジョーダン化してる。
なるほど、こうしてマッコイさんに鍛えられてたわけだ。

2話分で明かされたマッコイさん情報。
父親は刑事で別れた妻は検察の人間。
狭い世界で生きてる感じがするけど
キンケイドに手は出さないつもりのようです。
でも彼女の話を聞きながら肩に手を置いている姿は
ちょっと接近しすぎじゃありません??
初めから飛ばし過ぎでひやりとします。

ソファでごろっと転がってお行儀が悪いし
カッターさんも愛用な簡易クローゼット(笑)に上着を掛けたのはいいとして
キンケイドが話してる前でドアを開けてごそごそ何してるんだと思ったら
ドアの陰に隠れてズボンを履き換えてました。
検察にはロッカールームがないのかもしれないけど
初日からレディの前であまりにも大胆過ぎ。
まさかカッターさん、真似してないよね?

着替えなきゃいけない理由は、ジーンズ&ヘルメット姿で納得。
なるほど、バイク通勤してたんだ。
いつかバイクで飛ばしてるときに、事故に遭遇なんてシーンも見せてもらいたいです。

LO5-1-2.jpg

そして仕事の方は最初から突拍子もないことをやり出すので
当然シフの悩みの種になりかけてます。
こうやって親分を困らせたツケが後で自分の身に降りかかり
歴史は繰り返してますね。

第1話 乳癌で亡くなった女性の治療をめぐる話。
ヴァン・ビューレンがもし自分が彼女の立場だったらと病気に対する考えを語るシーンで
その先のことを思い出してしみじみしてしまいました。
彼女は頑張って打ち勝ったけど。
ここではマッコイさんの強気は効果があったけど
第2話 深夜頭を撃たれた女性の事件は
夫のDVや離婚に伴う親権問剤が絡んできて
被害者の延命装置を外して脳から銃弾を取り出すことに姉が同意
これで夫の有罪が確定されると思いきや
実は強盗の犯行だったとわかり
マッコイさんしょんぼりです。
でも最後の最後に夫が経営するお笑いバーで
撃った男がかつてショーに出ていたことが判明し
すっきりしないままおしまい。
いかにもL&Oらしい展開でした。

S5にたどり着いたところで長いL&Oの折り返し地点です。
ここから未見のS14まで
マッコイさんで盛り上がるぞ♪

Kommissar Rex S8-#15 「レックスの停職」

ついにファイナルエピソードになってしまいました(泣)
なのにニキはまた不在。
マークとクンツ、そしてレックスでの事件捜査となるのに
途中でレックス、さらにマークまで停職処分になってしまいます。
大変だ!!

アイスホッケーの練習で選手同士がバトル。
熱くなって殴り合いはよくあることなのかもしれないけど
片方の選フクス手の遺体が翌日ゴミ処理場で発見されます。

このゴミ処理場、飛行機がかなり低い位置で飛んでたから空港の近く?
このまま埋め立てですかね。
今はウィーンでもゴミを分別して捨ててますが
このときは何でもあり状態。
レックスも長靴を履いて現場検証です。臭そうだな…
しかし犯人は遺体をリンクの上からここまで運んだんでしょ。
御苦労さま…とその時思いました。

フクスは鉄の棒で殴られて殺害されてましたが
検死の結果ドーピングの薬が検出されます。
ドーピングについてレオの解説。
筋肉増強のための服用ですが、痛みも感じなくなるのか。
マークとクンツとレックスはチームのロッカーを捜索。
レックがパックで遊んでいたおかげで秘密の扉がわかり
開けたら怪しげな医薬品やら血液パックやらが見つかり
案内したヒルベルトコーチは、前のロシア人コーチが置いていったものだと説明。
処分しろよ!と思ったんですが…

まず疑われるのがバトルしていた相手の選手ゲバウアー。
彼は妻と離婚し、幼い娘を育てています。
マークが話を聞いている間
クンツとレックスは娘に付き合って「赤ずきんちゃん」ごっこ。
レックスが狼で、クンツはおばあさん役ってあんまりだね。
しかも隠していたソーセージパンをレックスにあげなきゃならなくなるし。

フスクは薬の実験台だった?
ここから逃げたロシア人コーチが逃げたロシア人コーチにかかってくるんですが
こそこそ逃げ回っていた男がコーチかと思ったら、実は彼のアシスタントでした。
男は逃げてるうちに道路に飛び出し、前から来たトラックにぶつかって死亡。
ちょうど追いかけてきたレックスが男を見つけて吠えていたので
運転手は犬が飛び出してきたから事故になったとレックスに罪をなすりつけます。
マークは否定するけど上司はレックスは停職処分。
書面で伝えられますが、レックスは早速その紙を破いてしまいました。

そのうち鉄の棒についていたロシア人コーチの指紋が
意図的に付けられたものだとわかってきます。
さらに棒には肉についてる細菌も付着していました。
マークは独断で捜査を進めたために
令状を取らずに違法捜査したとまたまた停職処分にさせられてしまいます。
でもモーザーもアレックスも令状なんか持ってたっけ?
アレックスは秘密の鍵開け機でどんどん鍵こじ開けてたよ。
オーストリアの法律が変わったのかもしれません(笑)
一方チームには消えたコーチから電話がかかってきて
チームは警察に早くコーチを捕まえろと言ってきます。
クンツが対応してたけど、なんだか不安…

銃もバッジもない(バッジ返してたっけ??)マークは
レックスと一緒にチームのオーナーの冷凍会社に忍び込みます。
そして冷凍庫の中で薬が作られているのを発見。
さらに死後相当経っているコーチのカチカチの遺体が見つかります。
ところが黒幕の現コーチがマークを見つけてマークを殴り
冷凍庫に閉じ込めてしまいます。
レックスはマークが冷凍庫に入れられているのを見つけ
なんとかこじ開けようとしますが無理。
そこに実はやはりドーピングの実験台で薬を運ばされていたゲバウアーがやってきます。
レックスの理解者のゲバウアーが扉を開いてマークを救出。
事件は解決、レックスの疑いも晴れ、マークとレックスは復職できました。

見どころたっぷりのファイナルだったけど
これでおしまいなのはやっぱり寂しいです。
ベストエピソードの第3位以降を再度チェックして
しみじみしようかな。

<おまけ>
015.jpg
ナッシュマルクトの屋台のソーセージパン。
ソーセージだけではなくてハムやベーコン、いろいろ挟んでありました。

Law&Order SVU S11-#9 「Anchor」

売春婦のオードリーナが深夜客と別れ、売り上げのことで路上でボスのTマックと争っているうちに少女の死体を発見する。オードリーナは警察は売春婦への態度が冷たいからと、世話になったフィンに直接電話してくる。フィンは管轄外の殺人事件だが、捜査を始めることにする。
少女は12歳のルビー・ブラウン。首を太いチェーンで絞められていた。ルビーはカトリックスクールの7年生で、母が牛乳を買いに頼んで外へ出てから戻ってこなかった。ルビーの父はカブールに駐留中だ。
同時期にブロンクスでも10歳のマグダ・イバニェスがチェーンで絞殺されていた。フィンは連続殺人事件の担当を任される。フィンとマンチは早速聞き込みを始めるが、誰もが無関心だ。フィンはベンソンの知り合いのレジャー紙の記者ニコールに、事件を取り上げてもらえないか頼む。だが記事は17面に小さく掲載されただけだった。
ルビーの家のそばにロリコン趣味のスーパーの配達員がいるとの情報が入る。男は少女にキャンディーを渡しているところを逮捕されるが、取り調べに対し殺していないと主張。その時新たな事件が発生する。
次に殺されたのは12歳のスコッティ・ウーで、両親がカフェで働いていた。両親は移民サービスセンターの関与をほのめかす。フィンらが話を聞きに行くと、担当者のケイコは移民たちの安全のために密入国の仲介業者に金を渡したと説明する。スコッティの親だけでなく、ルビーとマグダの親も顧客だった。こうして移民サービスセンターは市民権獲得を手伝い、不法移民がアメリカで産んだ子供たちはアメリカ国民となっていた。事務所は爆弾話や落書き、抗議文などでいつも脅されていた。
人種差別主義者ゴードン・ギャりソンは自身の番組「フラッシュポイント」で殺された3人の子供たちは真のアメリカ人ではないと主張すると、ゲストに招かれた弁護士のランドル・カーバーはこの国の唯一の犯罪者は警察だとして、SVUに犯人を即刻逮捕するように要求、SVUの前で抗議のデモを行う。フィンはカーバーと小競り合いを起こし、本部から警告を受ける。フィンはカーバーの事務所に出向き謝ろうとすると、ギャりソンの支持者がカーバーに盾付いていた。二人が争って事務所のガラスが割れるが、フィンが男を捕らえるとカーバーは訴える気はないと言い出したため、男は釈放される。
ベンソンがフィンに移民サービスセンターに関わる業者のファイルを持ってくる。これと抗議文を付き合わせていくうちに、廃棄書類の収集業者で働くジョー・サガードの名前が挙がる。サガードはカーバーの事務所を荒らした差別主義者だ。警察はサガードの家に踏み込み、壁に貼ってある被害者の写真を発見する。サガードはあと4人殺すつもりだ。SVUはターゲットの一人、アル・ハシズの家で父を殴り母を縛ったサガードが、アルを捕らえようとしているところを逮捕する。サガードは犯行を否定するが、彼の家の車庫から、被害者の血液や組織がついたチェーンが押収される。「俺がやらなきゃアメリカが滅びる。」とサガードは言い始め、カーバーがサガードの弁護に志願する。
カーバーはサガードがギャリソンに憎悪を植え付けられたと主張、罪状認否でザガードは第2級謀殺剤を求刑されるが、カーバーがフラッシュポイントに洗脳されたと訴えたため、保釈が認められる。法廷でザガードは勤務していた沿岸警備隊を辞めたのはフラッシュポイントに影響されたからで、生活が破たんしたのは低賃金で雇える移民のせいだと主張。子供を殺したのは間違いだったとカーバーの質問に答える。するとアレックスはカーバーが移民である沿岸警備隊の上司をクズ呼ばわりしたのはフラッシュポイントを観る前だし、洗脳されていたのにギャりソンを称えないのは何故かと突いてくる。ここまでは検察に有利だったが、続いてカーバーは証人席にギャりシンを呼び、彼に言論の自由を語らせる。続いてアレックスが「あなたはテレビ界の道化師だ。」とギャりソンを非難すると、ギャりソンの支持者と反対者が傍聴席でバトルを始める。カーバーはこれが洗脳だと陪審に訴え、判決は3件とも無罪となる。するとサガードはカーバーに何か囁く。
カーバーがフィンに緊急事態だと連絡してくる。無罪が確定したとき、サガードは「ありがとう。これでまた子供が殺せる。」と囁いたのだった。カーバーの前に射殺されたサガードの遺体が横たわっていた。

SVUの管轄外で起きた子供の殺害事件で、性犯罪も虐待も見られないためクレイゲンはフィンに殺人課に連絡するように言いますが、フィンはオードリーナが見つけたこの事件を自分で捜査したいと思います。だが情報提供を求めても街の人たちは関心が薄く、マスコミも取り合ってくれません。ようやくロリコン趣味の男を捕らえますが、彼にもアリバイがありました。やがて殺された3人の子供の両親が不法移民であることが判明し、人種差別主義者の犯行ではと思われます。
フィンはギャリソンの番組で警察を非難し、SVUの前で抗議するカーバーに「俺のおかげで事件が明るみになった。」と食らいつき小競り合いを起こします。上司に警告されたフィンはカーバーに謝りに行きますが、カーバーはギャリソンの支持者に脅されていて、フィンに助けられます。だがカーバーは男の釈放を願い、マスコミもうろついていてフォンは従うしかありませんでした。このとき逃がしてしまった男が殺人犯のサガードでした。
サガードは次のターゲットを狙っていて逮捕されますが、襲われたカーバーが弁護につきます。カーバーはサガードがギャリソンに洗脳されたと主張。するとアレックスは洗脳されたのに子供たちの殺害を詫びるサガードの矛盾を突き、裁判を有利に進めます。
カーバーはフィンに自分の父はKKKのメンバーだった。邪悪な力は善良な者の心を操ってしまうと語ります。そして証人としてギャリソンを迎えますが、言論の自由を主張し続けるギャリソンをアレックスが激しく非難したところで、傍聴席のギャリソン支持者と反支持者が争い始め、洗脳を訴えたかったカーバーの目論見通りとなりました。
アレックスは自分のミスを認め、フィンはニコールの前で沈んでいるとカーバーから連絡が入ります。サガードの囁きに恐れを抱いたカーバーは自らの手でサガードを裁いたのでした。
カーバーを演じているのは、CSI:NYでもカーバーという名の刑事局長役でゲスト出演していたJohn Larroquette、ギャリソンを演じていたのはRizzoli&Islesでコーサック刑事役を演じているBruce McGillです。

今までベンソンもステーブラーも大忙しだったから一休みして
フィンがメインのエピソード。
そして性犯罪ではなく移民がターゲットの
本家がお得意のテーマでしたが
フィンが最初に関わったためSVUが全面的に捜査を始めます。
もし本家殺人課が扱っていたらどんな流れになっていたでしょう。
マッコイ&カッター組の攻め方も観たかったかも。

久々に外をせっせと動くマンチが観られてよかった。
銃も構えてたし♪
人種差別的発言に耐えていたフィン、よく我慢してたね。
ステーブラーより我慢強いかな。

ジョシュ・ブローリン自らを語る

アクターズ・スタジオ・インタビューのJosh特集、やっと観ました。
昨年放映されたものの再放送だったようですが
昨年気付かなかったので、今回が初めて。
なんといってもNHKでJoshの姿を堪能できるなんて夢みたいです。

消滅状態のHPの中にJoshコーナーを設けていて
無名時代?のJoshの作品で観たものは内容と感想をアップしていました。
一応リサーチしてたけど、本人から聞いたわけじゃないですから
今回初めて知ったことが多くて驚きました。
子供時代牧場暮らしなのは知ってたけど
オオカミやライオンと一緒だっとは。
亡くなったお母さんがワイルドな方だったんですね。

デビュー作「Goonies」
Joshは絶賛してましたが、確かに素晴らしい作品です。
今観てもきっとわくわくするよね。
逆に散々けなされていたのが2作目の「Thrashin'」
今となってはキャリアの汚点?みたいな青春映画ですが
あれはあれで爽やかでよろしいかと思います。
その昔運よくビデオテープを入手して観ることができたのはラッキーでした。
消えたHPから内容&感想をコピペしておきます。

Thrashin' (1986)

スケート・ボードに青春を掛けるコリー・ウェブスターは家を飛び出し、LAへやってきた。目標 は「the Massacre」自動車道路を一気に駆け下りるいわばスケボーマラソンレースでの優勝だ。コリーは仲間達と練習を始めるが、ライバルのスケボーパンク集団「ダガーズ」の嫌がらせを受ける。おまけにコリーはダガーズのリーダー、フックの妹クリッシーに一目惚れしてしまう。クリッシーもコリーの優しさに気づき、二人は恋に落ちる。しかしフックはおもしろくない。街や練習場で執拗にコリーにつきまとい、一騎打ちで倒して腕を骨折させる。レース前の怪我でコリーは致命的だった。兄と恋人の対決にいたたまれなくなったクリッシーは街を出ようとする。
いよいよ大会当日、怪我を押して出場するコリーとフックの激しい争いが展開される。クリッシーも戻ってきて、勝利の女神はコリーの頭上で微笑んだ。    
Joshが堂々と主人公を演じる唯一の(今のところ)作品。主人公なのでほとんど出ずっぱりです。LAのサーファーボーイなので雰囲気も爽やかですが、ファッションはほとんど原色。赤いジャケットや青いシャツが日焼けした肌によく似合います。レースシーンの赤パンツもご愛敬。しかし、パンク集団と敵対してるはずなのになぜか「スージー&バンシーズ」のタンクトップを着ている辺りが不思議な気もします。
交通機関としても利用しているスケボー。ベニス・ビーチやハリウッドの街並みをスケボーで駆け抜けるシーンはとってもおしゃれです。長距離レースの他にも様々なスケボーテクが披露されますが演じてるのはスタントさん。Joshのスタントとして4名もクレジットされています。Joshはスケボーが得意と思いこまない方がいいでしょう。
いかにもありがちなストーリー展開、クサイっていえばそれまでですが、スケボー映画としては魅力たっぷりの作品です。ラストの坂道レースは迫力満点。実際にあんなことしたら怪我人続出だと思いますけど。ついでにレース参加者の足元はみんなコンバースのバッシュです。(スポンサーだったのか?)カラフルでそれも見ていて楽しかった。
もう一つ特筆すべきは、ライブハウスで演奏しているバンドが、まだそれほどメジャーになる前のRed Hot Chili Peppers。タットゥーの殆ど入ってないレッチリを見たのは初めてで驚きました。
このまままっすぐ進んでいけばJoshは青春スター間違いなしだったのに、どこで曲がってしまったのでしょう?


thrashin3.jpg
若いぞ!

他の紹介作品もほぼ観ていましたが
唯一未見なのが「Grindhouse」
DVDは購入したけど、どうも自分の趣味と違う気がして放置状態になっています。
MIB3を観に行けなかったのと同じかな。
他の「ノーカントリー」や「アメリカン・ギャングスター」「ブッシュ」「ミルク」
どれも堪能しました。
特に感動したのは「ミルク」でしょうか。
Joshというより映画そのものに衝撃を受けました。

Joshの演技への熱意ってすごいんだね。
役を演じるために徹底的にリサーチし
練習を繰り返し演じきる。
今や一流の俳優(だよね)になっても
その姿勢を変えていないところが立派です。
ブッシュの声を年齢や状況に応じて8種類使い分けたなんて
それが俳優魂なんでしょうか。

そして「Young Riders」も紹介してくれました。ありがとう!!
S1とS3のジミーは違う。
確かにS1のジミーはやんちゃで無鉄砲でしたが
S3のジミーには落ち着きと貫禄が見えてきました。
Josh自身もS3での演技の成長ぶりを評価していました。
そしてYR終了後ティースプンと舞台に立ち
ドラマ上だけではなく実際にもティースプンに育てられて
キャリアを積んだんだそうです。

せっかくNHKでジョシュを取り上げてくれたところで
どこかでYR再放送してくれないかな。
何度観ても最高!なドラマだもん。

Kommissar Rex S8-#14 「悲しい秘密」

新興勢力のケーキ&カフェショップ「ツァルトマン」の社長が
公園で銃弾を3発浴びて死亡。
子供たちには胡散臭がられているし、怪しげな父ちゃんだと思ったら
あっという間に死んでしまいました。

ウィーン中心部にはもちろんマックカフェやスタバ、セガフレードなどあるんですけど
みんな歴史的建築物の中にこっそり収まってるし、
あまり目立たないんですよね。
やはり老舗カフェが幅を利かせている気がしました。
「ツァルトマン」は若者に人気みたい。
レッドジェリーケーキ?だっけ。
大人たちには甘過ぎるようですが、よく売れています。
ちなみに老舗カフェのケーキはどこも甘さ控えめで
本当においしかったです。
外国のケーキは甘過ぎるという思い込みは却下されました…

マックとレックスはプラーターで運動中。
レックスは工事現場の靴箱に入れられ捨てられていたちびワンコを見つけます。
ちびワンコはお目目まん丸で震えています。
レックスが置いていくわけないよね。
マークはちびワンコがクンツに似てるので「フリッツ」と名付け
現場に連れていくことにしました。
ついでにこの工事現場は現在鉄道の新しい駅舎になっています。
「GINZA」というRunning sushiがあったよ。
(回転寿司のことをそう呼ぶみたいです)

ツァルトマンは金を隠し持っていて
謎の自転車男に追われていました。
自転車男は老舗ケーキ屋のオーナーで
こちらは人気をツァルトマンに持っていかれて傾き気味。
でもショーケースとか、正しいウィーンのカフェに見えました。
こちらのお薦めはロールケーキで
クンツは早速お買い上げしてましたが
ツァルトマンがこちらのケーキのレシピを盗んだため
争いがおきたようで
しかも生地にはお酒がたっぷり入っていて
それを子供たちに食べさせてる…みたいな話が出てきたけど
結局殺人とは無関係。

ツァルトマン妻は新社長と不倫関係にあり
夫とは離婚の予定だったけど
新社長や妻は対策を練っていたとしても夫を殺したわけではなく
容疑者特定となった、ツァルトマンの肩をひっかいた傷に付着していたマニキュアが
娘のターニャのものでした。
ターニャは父親から性的虐待を受けており
その被害が弟サーシャにも及びそうになったため
ターニャは父を家の銃で撃ったのでした。

父親は小児性愛者だったという重過ぎる展開。
ターニャはずっと我慢し続けてきたのでしょう。
BFが支えになってくれているようなのが幸いでしたが。
寂しそうな子供たちがいるとレックスは即癒し犬に変身。
施設の子供たちにも撫ぜられまくっていました。
サーシャはレックスやフリッツと遊べてご機嫌です。

事件の真相が暴かれる時
サーシャがレックスと外で遊んでいて
何も知らずに済んだのは素晴らしい配慮でした。
そしてマークはフリッツをサーシャに渡します。
サーシャがフリッツを育てることがセラピーにつながっていくんですね。
ならSVUにも子犬をたくさん…というわけにはいきませんが
REXならではの乗り越え方なんだなと感心しました。

前回に続いてニキ不在。
ファイナルが目前なのにどこに行っちゃったの??

Law&Order SVU S11-#9 「Perverted]

観光で大聖堂に来ていた家族が、庭に性器を切り取られ「性的不能になった環境保護者」と書かれた男性の遺体を見つける。男はイーストビレッジの無法者たちの集団であるバイククラブ「死の騎士」の一員のクライド・バンダインで、ベンソンの名刺を持っていた。
インフルエンザで休んでいるベンソンの家にステーブラーが様子を見に行くが、ベンソンはクライドを知らなかった。クライドは最近出所したばかりだった。
マンチとフィンは死の騎士のクラブハウスへ行くが「身内で片付ける。」と追い出される。二人は戻ってきたTボーンを捕まえて情報を聞き出す。クライドは出所祝いにスターラという女性をあてがわれていた映像が見つかる。
ステーブラーがスターラの家に行くと留守だったが、間もなくスターラが帰ってくる。スターラは逃げようとしたが、クライドがレイプしたことについて否定する。スターラは市の事務職員で、盗んだ出生証明書を持っていた。スターラはクライドが昨日自分を殴った後バイクに乗って出て行ったと話す。
ハイウェイパトロールが、クライドのバイクが事故に遭ったという通報を受ける。通報によるとブルネットのいかれた女が黒いアメリカ車でバイクの男を轢いた。車のナンバーにHWCの文字があったとのことだった。HWCはベンソンの車と一致する。ベンソンはスターラに会ったことはなかった。クレイゲンはスターラを逮捕する。
ベンソンはこのひと月車を運転していなかった。ベンソンははめられたと感じたが、規則に従い内部調査に連絡が行く。
クライドの殺害現場から2種類の血の付いたナイフが見つかる。またバイクの事故を通報した男はカリル・アサードだとわかったが、カリルは白人でスーツ姿の男が勝手に自分の携帯を使って通報したと話す。ベンソンは検視室でクライドの遺体を確認し、ナイフの血液と自分のDNAの鑑定を依頼する。
ステーブラーはクラブハウスに行き、メンバーから嫌がらせを受けたために逮捕する。だがその男は潜入捜査官のラッセルで、パートナーが向かいのビルで監視していることを伝える。パートナーはクライドを殺した者については知らなかったが、何者かがクライドのバイクにGPS装置を付けている写真をステーブラーに見せる。
ベンソンが家で寝ていると、内部調査のタッカーが来てベンソンをクライドの殺人容疑で逮捕する。ベンソンは弁護士を呼ぶ権利を放棄してタッカーに自分で説明を始めるが、タッカーはベンソンがPTSDでカウンセリングを受けたことを指摘し、ナイフの血液のDNAがベンソンのものと一致したと説明する。ベンソンは刑事裁判所へ送られる。
SVUの仲間たちの依頼で、ランガンがベンソンの弁護を担当する。罪状認否では保釈金25万ドルを言い渡されるが、ステーブラーが自宅を担保に入れ保釈金を払う。
バイクに細工をしている男の写真をマスコミに公表させると、男の身元が判明する。男は元私立探偵のローレンス・ジャジンスキで、ローレンスの事務所に行くとローレンスが倒れ、中は荒らされていた。ローレンスは「バイカーたちにやられた。誰も殺していない。ベンソンをはめたのは頼まれたからで、バイク乗りにファイルを奪われた。」と説明する。ファイルにはブレディ・ハリソンの情報が書かれていた。
ブレディはステーブラー達が6~7年前に逮捕したレイプ犯で、入所時期がクライドと重なる。刑務所内でトラブルが遭ったようだ。ブレディの自宅を調べると、やはり家の中は荒らされ、裏に喉を切られた犬の死体があった。ブレディはいなかった。SVUは死の騎士のメンバーを一斉検挙する。
ローレンスは食堂からベンソンが使用した食器を持ちかえっていた。それをRPG研究所に持ち込み遺伝子操作を専門とするジョセフ・ソルティースに渡していた。
ステーブラーらがブレディがベンソンの家の近くにいることをつかんだとき、ベンソンは自宅で待機中だった。ブレディはベンソンの自宅に押し入ってくる。ブレディは刑務所でクライドに襲われたのはベンソンのせいだと指摘する。ベンソンがDNAの件について質問するとブレディは拳銃自殺を図ろうとしたので、ベンソンは銃を払いのけ二人はもみ合いになるが、ベンソンはスタンガンでブレディを押さえた。

バイカー「死の騎士」のメンバーのクライドの遺体が発見され、インフルエンザで寝ていたベンソンに殺人容疑が掛かってきます。内務調査のタッカーは情け容赦なくベンソンを締め上げてきます。ベンソンは弁護士を呼ぶ権利を放棄して自分で潔白を証明しようとしますが、タッカーはベンソンがカウンセリングを受けたことを知っていてレイプの被害について追及してきます。ベンソンは否定を続けますが、彼女自身が鑑定を依頼したナイフの血液のDNAが、自分のものと一致していました。ベンソンには身の覚えがありません。
やがてクライドのバイクにGPS装置を付けた男が判明、私立探偵のローレンスはベンソンのDNAを食器から採取して、遺伝子操作を専門とするジョセフに渡していました。ここではDNAの含まれない血液にベンソンのDNAを加え、ベンソンの血液であるかのように捏造することが可能です。こうしてベンソンの血液がナイフに付着したように細工することができました。
クライドを殺害し、ベンソンを犯人に仕立てようとしたのは、レイプの容疑でステーブラーらに逮捕され有罪となったブレディでした。ベンソンはブレディの取り調べの際に、「レイプされた被害者の気持ちがわかるか?」と脅しをかけてきましたが、刑務所に送られたブレディは所内でクライドにレイプされ、性の奴隷にさせられます。ブレディは俺が反省しなかったから罰を与えたんだろうとベンソンを恨みます。ベンソンはブレディを脅したことを謝りますが、レイプを仕組んではいないと主張します。だが「DNAの一致は自白と同じ。」とブレディは言い切り、ベンソンのDNAの入手方法を話さないまま、答えは墓場へ持っていくと銃口を自分に向けました。しかしベンソンが阻止し、到着したステーブラーがブレディを逮捕します。
DNAのねつ造に協力したジョセフは、他にも多数の偽DNAを提供していました。このために多くの罪のない人が裁判を受けたり、刑務所に送られたりすることになります。だがジョセフは悪びれることもなく、これは簡単にできる新しい商売で、DNAの時代は終わったと言い切るのでした。

前回はステーブラー、今回はベンソンが災難に見舞われ
そのたびにクレイゲンは尻拭いに…
でも決して当たり散らさず淡々と受け入れるクレイゲンは
つくづく大人だと思います。

ベンソンの弁護にランガンが現れた時
これはなかなか見応えのある夫婦共演!と楽しみにしていたんですが
罪状認否だけで終わってしまいました。
ちょっとがっかり。
でもこうして夫婦でドラマを作り上げていくって、素敵なことです。

ステーブラーがスターラのアパートのドアを蹴飛ばして入ろうとしましたが
ドアキックに失敗。
自分が年を取ったのか、ドアが丈夫になったのかとぼやいてましたが
どっちだったのかな?

Law&Order SVU S11-#8 「Turmoil」

朝ステーブラーが自宅でフットボールの選手にレイプされたニッキーのファイルを探していると、ディッキーが友達のシェーンの携帯にトップレスのニッキーの写真があったと話す。ディッキーを迎えに来たシェーンにステーブラーが誰がメールしてきたか質問すると、シェーンは大勢に送られていると答える。
法廷でアレックスは検察は証拠をすべて提出したことを示すが、容疑者サムの弁護側は、ニッキーは自分から迫っておりレイプされていないと被害の撤回を要求してくる。アレックスは48時間以内に証拠の見直しを迫られ、法曹協会のリアムがアレックスの監視を始める。
SVUにキャシーがディッキーが行方不明になったと連絡してくる。学校で昼休みにダニーと喧嘩した後姿を消したようだ。ステーブラーが自宅に戻ると担当のゴメス刑事が事情聴取に聞ていた。ステーブラーはディッキーはシェーンとどこかで遊んでいると話すが、シェーンはドラッグの常用者で前科もあった。するとディッキーがATMでカードを使ったと連絡が入る。ステーブラーはシェーンの母に会いに行き、息子と付き合わないで欲しいと話すが、母は息子は薬はやっておらずリハビリ中だと説明し、ディッキーが行方不明になったのを息子のせいにされたことを怒る。
SVUに戻ったステーブラーはニッキーの証拠見直しの話を聞き、ディッキーから聞いたネット上の写真のことを伝えるが、連絡が遅いとアレックスが非難する。
シェーンの車がハーレムで見つかるが、ディッキーが金を引き出したATMから離れていた。ベンソンは高校に行ってダニーに話を聞くと、シェーンが盗品のレコーダーを売りつけ代金を払えと言ったことが喧嘩のきっかけだった。レコーダーはその後母が取り返しに来ていた。シェーンはその金を陸軍への入隊費用に充てようとしていたようだ。
ステーブラーが陸軍担当官に話を聞くと、二人は説明を聞きに来ていた。18歳のシェーンはすぐに入隊できるが、16歳のディッキーは親の承認が必要だ。ステーブラーは大学に行かせると否定するが、担当官はディッキーの成績では奨学金はもらえないと反論する。
ATMの防犯カメラの映像を調べると、金を引き出したのはシェーンだった。またディッキーはハーレムからシェーンに電話していることがわかる。
ニッキーの写真がネット上で見つかり、サムと一緒に写っていることが確認される。アレックスは自らニッキーに事情を聞きに行く。
シェーンの母がSVUに息子を探しに来る。アレックスはステーブラーが息子の捜索に関わるのは規則違反だと注意する。シェーンの母は息子がレコーダーを持ち出した時、また悪夢が始まったと思ったとほのめかす。シェーンの着信履歴に謎の番号があり、調べるとシェーンが奉仕活動をしていたホームレスのシェルターの番号だった。
シェルターでシェーンはハロルドという男を気にかけていた。ディッキーはシェーンと一緒に何度かシェルターに来ており、SVUが到着する前、ディッキーがシェルターに現れハロルドを探していた。ステーブラーらがハロルドを探すと、ディッキーがハロルドを殴りつけていた。ハロルドはシェーンの居場所は知らないと話す。ディッキーは連行される。
ベンソンの事情聴取に対しディッキーは、シェーンの入隊のためにカードを渡した。200ドルで出生証明書や身分証を作ってもらうためだった。そしてシェーンと約束した場所に行ったが彼は現れなかったと答える。
アレックスはニッキーにサイトの写真を見せる。するとニッキーは3週間前フットボールの選手のパーティーで飲み物に何か入れられ、その後の記憶がなくなったと説明する。ニッキーはフルニトラゼパムを飲まされたようだ。
シェーンの携帯のGPSが、彼が留置所にいることを伝えてくる。だがシェーンは拘留されておらず、携帯だけが保管されていた。携帯を所有していたのはドラッグを所持し売ろうとしていたダグラスだった。携帯には血痕が付着していた。ダグラスは携帯の入手先を話そうとしない。
アレックスはサムの弁護側に供述撤回の証人がいることを知らされる。ニッキーはベンソンらにアレックスが父親に写真を見せて起訴を取り下げたと怒りをぶつける。ニッキーは告訴を取り下げたことをエイミーに話したら、その後サムの友達からいじめに遭っていた。
市警本部がSVUに現れ、クレイゲンは10日間の停職となる。
シェーンと思われる遺体が発見される。遺体は全裸で鈍器による傷や胸にいくつもの刺し傷があった。だが直接の死因は足で首と胸を踏まれて肋骨が折れ、肺に刺さったからだった。シェーンは苦しみ続けながら死んだ。検査の結果薬物は使用していなかった。
ダグラスは携帯を持っていたのはホームレスだと供述する。フィンがハロルドを探し逮捕する。ATM映像を分析すると、シェーンを追うハロルドの姿が映っていた。ハロルドはシェーンが金を持っていないと言いながら銀行のカードを持っていたことが許せず、酒のために彼を殺したのだった。
ベンソンがニッキーの自宅に行くと、ニッキーは薬を大量に飲んでベッドでぐったりしていた。アレックスはサムを証人買収と司法妨害野罪を追加して起訴する。供述撤回の証人はエイミーだった。エイミーはニッキーのために証言すると約束する。

レイプの被害者ニッキーの別の一面を知っていたディッキーが、ステーブラーに伝えた後に失踪。ステーブラーはシェーンと遊んでいるだろうと思っていましたが、ディッキーがATMで金を引き出ししたことから心配になってきます。一方アレックスはSVUがよくルールを破ると法曹協会のリアムに目をつけられ、監視されています。証拠の見直しでかなり時間がたってからステーブラーがニッキーのネット上の写真のことを言ってきたため、アレックスはステーブラーやクレイゲンを非難します。
ステーブラーはシェーンの母に事情を聞きに行ったとき、警察官の前に父親だから、息子とシェーンを付き合わせたくないと伝えます。するとシェーンは、リチャードはディッキーと呼ばれることを嫌っていると反論してきます。
ステーブラーはクレイゲンからもアレックスからも、ディッキーの捜査に関わらないように指摘されんますが、じっとしていられません。ダニーへの事情聴取もベンソンが行おうとしますが、横からダニーの脅しに懸っていました。
シェーンとディッキーは陸軍の採用担当官と話をしていたこと、ATMで金を引き出したのはシェーンだったことなどがわかってきます。そしてSVUがホームレスのハロルドという男にたどり着いたとき、ディッキーもハロルドを追い詰めていました。ハロルドを殴っていたディッキーはベンソンの事情聴取を受けます。
ディッキーは人生をやり直したいと思ったシェーンを助けようとしたと説明します。ベンソンの尋問に対し「父さんと寝たことある?」と反抗的なディッキーは、同級生は皆酒やマリファナをやっていて、刑事の息子とは仲良くしない。シェーンは親友でお互いに助け合っていた。シェーンから電話が来た時ハロルドの声がしたと説明します。ミラー越しにディッキーを見ていたステーブラーは、俺は父親失格か?とつぶやきます。
ステーブラーと対面したディッキーは反抗的な態度を撮り続けます。父親だから心配していると言うステーブラーの言葉に対し、正気を失うのはステーブラー家の家系だと言い切るディッキーにステーブラーはキレかけますが、キャシーがディッキーを家に連れ帰ります。
アレックスはニッキーの写真の件をリアムに説明しますが、弁護側に供述撤回の証人がいることを知らされます。さらにパクストンが連絡してきて、SVUに注意を怠らないようにと言い残します。
クレイゲンが処分を受けたことに対し、ベンソンはアレックスにニッキーのために新しい検事補を見つける。アレックスは自分を守るためにレイプの被害者を犠牲にしたと指摘します。
シェーンを殺害したのがハロルドだと判明したとき、早くカメラの映像を調べていたら、シェーンを助けられたのかもしれないとステーブラーは嘆きます。そして母に息子の死を伝えに行きますが、母はステーブラーを拒絶します。
朝帰りしたディッキーをステーブラーは「二度とやるな。」と叱ります。ディッキーはシェーンの葬式に来るなと言われた。陸軍に入隊して家を出ていくから書類にサインしてとステーブラーに迫りますが、ステーブラーはお前は息子だからとサインを拒否し、親子は抱き合います。

子育てに苦労するステーブラー。
今度はディッキーがトラブルに巻き込まれます。
S1では可愛いぼうやだったディッキーも
複雑な年頃に成長してしまいました。
警察官である父への反抗。
仲間と一緒に羽目をはずしたくても、どこかでブレーキがかかってしまいます。
でもシェーンとは気が合いました。
ドラッグ常用者だったシェーンはクリーンになるために頑張り
新たなスタートを切るため、陸軍に入ろうとしています。
ディッキーも同じ道を考え始めました。

シェーンを助けるためにカードを貸したディッキーですが
運悪くシェーンは殺害されてしまいます。
父は息子を助けようとするけれど
息子は素直に受け入れられず
陸軍にはいると書類を父につきつけるディッキーを
ステーブラーはおまえは俺の息子だからとかたくなに拒否し
ようやく父と息子のわだかまりが解けました。
しかし、シェーンは気の毒すぎました。

またクレイゲンはステーブラーのために停職に。
冷静に受け入れるクレイゲンは人間ができています。
さすがキャリア20年以上のベテランですからね。

アレックスとSVUのぶつかり合いもハラハラさせられました。
おまけにパクストンが顔を出すし。
でも最後はニッキーのために戦う姿勢を見せてくれてほっとしました。

Glee S3-#22 「Goodbye」

やっとS3ファイナルを観終えました。

日本の部活と違って先輩、後輩の区別があまりないGlee部で
誰が卒業生なのか、やっと正確にわかりました。
顔を見ただけじゃ、あまりにも年食ってる高校生がいますからね(苦笑)

そんなわけで卒業したのがレイチェル、フィン、カート、クイン
メルセデス、サンタナ、マイク、そしてなんとか追試でC+が取れたパック。
クインやメルセデスやマイクは自分の得意な分野で進学することができ
サンタナは大都会に行けず欲求不満だったけど
お母さんの後押しがあって自分の道を切り開くことに。
ブリトニーは留年決定ですが、困っていないようです。

カートやフィンやクインが過去を振り返り
そんなこともあったなぁと一緒にしみじみさせられました。
離れてしまってもまた会えるし、心はつながっている。
別れは寂しいけど、新たな一歩を踏み出す時です。

卒業にふさわしい楽曲の数々。
サントラには入っていなかったけど
The BeatlesのIn My Lifeを在校生たちがプレゼントしてくれたのが嬉しかった。
だって一緒に歌えるし(笑)
でもできれば途中のピアノソロをカットしてほしくなかったな。
卒業証書をもらうシーンもとってもよかった。
いかにもGleeらしいし。

進学が決まっていなかったのがNYを目指すレイチェル、カート、フィンの3人。
一緒に通知の封を開ける約束をして開いてみたら
まさかの合格者はレイチェルだけ。
レイチェルは1年入学を伸ばして残ると言い出します。

ついにレイチェルとフィンが結婚と思いきや
ラストに予想外のフィナーレが。
フィンはレイチェルをNY行きの列車に乗せ
自分は軍隊に入ることを伝えます。
フィンはレイチェルを愛するが故に
レイチェルのために別れを決断しました。
切なすぎる。
でも本当に愛してるなら、きっとまた一緒になれるはずです。
涙の別れだったけど、NYに到着したレイチェルは希望にあふれていました。

この続き、どうなるんでしょう。
卒業生と在校生がどう絡んでくるのか。
カートの今後はどうなるの?
在校生メインで新生Gleeでもいい気もするけど
S4をあまり無理のない脚本で進めてほしいと思います。

あなたが選ぶ「REX」ベストエピソード

いよいよベストエピソードの発表。
そして上位5位がオンエアされました。
結果はこちら

やっぱり1位は「新パートナー」でしたね。納得です。
でも今回のオンエアでは前編だけ。
やっぱり事件が解決しなきゃだめでしょってことで
自分では後編の方を投票したんですけど、結果は6位でした。
これもセットでオンエアしてほしかったな。

REXを観始めたきっかけはドイツ語圏のドラマに興味はあったことと
犬の活躍が観たかったこと。
そのうちGedeonが出ることを知って、それから真面目に視聴(というよりツッコミ?)し始めました。
だからS1.S2はほとんどブログでもつぶやいていませんでした。
なので今回新たな思いでまず、4位、5位の「刑事犬の誕生」を再視聴しました。

いきなりシュテファンツプラッツで爆発事件。
ウィーン随一の繁華街で恐ろしすぎます、
爆発の起きたハースハウスは
歴史的建造物が並ぶ旧市街地に突然現れるモダンな建物なんですが
94年にすでに建っていたんだ…とちょっと驚きました。
(90年に建てられてました)
屋上のカフェに行っておけばよかったとプチ後悔。

ザッハトルテにクリームが付いてくるかどうかは店によって違い
デーメルはクリームなし、ザッハーはクリームつきです。
屋上カフェではクリームなしのオーダー制でした。

そのあとモーザーが財布を盗まれるのはプラーター入口。
そこから少年を旧市街まで追い掛けに行ってるのは走り過ぎだろと思いましたが
警察署もその方向にあったのかな。
説明はないけど署も引っ越ししてますね。
最初はこれまた歴史的建造物の中だったんだ。

モーザーとレックスの出会いに見とれていて
事件の内容はすっかり忘れていましたが
かなりシビアな事件だったんだと再確認。
金持ちおばさんの反抗はかなり大胆でしたが。
後編冒頭でおばさんがザッハーに食事に行き
とてもここでは食事できなかったモーザーは
銀行でお金をおろして?結局ザッハートルテをお持ち帰り。
これはなかなか贅沢なおやつでした。

モーザーは離婚したばかり。
奥さんに家具を取られてしまいました。
警官という職業と結婚生活を両立させることの難しさをモーザーはぼやきますが
シュトッキーは結婚しています。
スピンオフでは奥さん出てましたよ。
ソーセージパンは彼らが食事する暇がないため
仕方なしの非常食だったんだ。

今見返して納得したり感心したりすることが多々あり
モーザーとシュトッキーのコンビもいいなぁとしみじみ観ていましたが
シュトッキーは犬が嫌い。
レックスが来てから、シュトッキーはいじめられキャラに変更。
それはベック、クンツへと引き継がれていたんですね(笑)

レックスがモーザーと一緒になり
警察犬としての真価を発揮するシーンは素晴らしい。
おばさんを追い、待ち伏せし、モーザーの逮捕に協力するレックス。
お見事な活躍ぶりです。
ところでベンツが走っていた道は、ベンチの置き方から
どこか講演の中なのではと思ったけどまあいいや。
久々に再視聴のパイロット
面白かったです。

REXを楽しむためのお薦め本
ウィーン旧市街 とっておきの散歩道 (地球の歩き方GEM STONE)ウィーン旧市街 とっておきの散歩道 (地球の歩き方GEM STONE)
(2008/04/12)
地球の歩き方編集室

商品詳細を見る


今回の旅行に持って行きましたが
読み物としても面白いし、ガイドブックとしても役立ちました。
豊富な写真はREXで観たことのある景色の数々が満載です。

オーストリアのドラマ事情

続いてテレビの話題を。
オリンピック開幕と同時にウィーンへ行ったんですが
オーストリアの選手があまりオリンピックに出てないせいか?
オリンピック放送も地味。
そして日本ではあまりオンエアされてない種目をやっています。
だから日本選手の活躍も全然わかりませんでしたが
ユーロスポーツというスポーツチャンネルが英語でずっとオリンピック放送をしていて
体操などはそちらで観ることができました。
時差があまりないのでオリンピックを観てから夕食を食べに行こうかななんて感じで
寝不足にはならずに済みましたが(苦笑)

オーストリアのドラマ事情ですが
どこまでがドイツでどこまでがオーストリアなのか
よくわかりませんでした(汗)
ドイツの俳優さんを検索していると必ず引っ掛かる「Tatort」という長寿ドラマは
相変わらず?やってました。
あとは見慣れたアメリカ&イギリスドラマを大量にオンエア。
でも全てドイツ語吹替えなので、画面を観ていないとみんな同じに聞こえてしまいます(苦笑)
チラ見しただけでもSherlock,NCIS,Beautiful People,That'70s Show,The Shield
F.B.Eye,Cold Caseなどなど
本当にどこかで何かオンエアしていました。
映画&ドラマ専門チャンネルみたいなところで毎朝Dr.Quinnをオンエアしていて
マイク先生とサリーの結婚式のシーンなど観ましたが
本当の声はあっちへ置いといて、日本語の吹替えの声との差に悩んだりして(笑)

REXのDVDを探しにミュージックショップやら書店やらを歩きまわったら
海外ドラマのDVDの品ぞろえが実に充実していてまたびっくり。
Cobra11のソフトが各種リリースされてるのはまあ当然として
日本では出ていないアメリカドラマのソフトもたくさんあって感激しました。
値段も安いので欲しいところでしたが、ドイツ語字幕なので一応我慢。
Sunset Beachの箱とか。興味あったんだけどな。
ついでにこちらでのDVDには必ず対象年齢のシールが貼ってあるんですが
ボルジア家は16歳以上、ボルジアは18歳以上になってました。
微妙に違うんだね。

そしてこんな雑誌を発見。
wien10.jpg
隔月で出ている海外ドラマ専門誌で
今月の特集はTorchwood,Blue Bloods,Spartacus,Justifiedで
写真やエピガイなどが載っています。
ドイツ語が読めたら便利なのに。
もうひとつの特集がMatt Bomer。
ポートレイト多数で超絶イケメン俳優はドイツ語圏でも評価が高いということでしょうか。
ファン必携だと思います♪

REXロケ地巡りの旅

ウィーンから戻ってきました。
定番観光地とREXゆかりの地?をめぐってウィーンを実体験。
ドラマを観るたびに恐ろしさ倍増でしたが、実際にはとてもいい所でした。
日差しは暑いけれど湿度は低いし、日本の方が辛いです。
さすがと感心したのは、REXがスタートして20年近くたっているのに
全く街の雰囲気が変わらないこと。
市街地は歴史的建造物しかないのだから当然ですけど
こんなに時間の止まった場所も珍しいかもしれません。
だからロケ地めぐりが楽しかったんですけど。

いきなりソーセージパン。
wien1.jpg
カイザーゼンメルはオーストリアで最もポピュラーで値段もお安いパンでした。
それにハムをはさんでソーセージパンの出来上がり。
市場ではハムやベーコンやソーセージをはさんだパンも売っていて
1.2ユーロでした。
これならレックスでもおつかいができます。
パンはもちもちしていて塩味が効いていて美味しいです。

wien2.jpg
シュテファン大聖堂
オープニング画像です。
ウィーンの中心に位置し、BGMは「美しく青きドナウ」でスタート
まさにREXはオーストリアの国民的ドラマなのでした。
大聖堂の周りには観光客がいっぱい。
ついでに偽者のモーツァルトが
モーツァルトコンサートのチケットを売りつけようとうろうろしています。

wien3.jpg
wien4.jpg
REXはテレビでオンエア中。
オーストリアのチャンネルでは、モーザーのS1をオンエア。
まだレックスが従順だったことに改めて気付きました。
ついでにシュトッキーが主演のスピンオフ「Stockinger」もちらっと観ることができました。
こちらは舞台が山間部?でしたがシュトッキーのキャラは変わっていないみたい。

それからイタリアのチャンネルで吹替え版REXも観てしまいました。
こちらはS5の「なりすまし」をオンエアしてましたが
アレックスもベックもクンツもイタリア語を話すのが変!
しかも身近で観ていた景色が何故イタリア経由で観なきゃいけないのか
違和感ありまくりでした。

そしてDVDを購入。
モーザー時代のBOX1(S3収録)とアレックス登場までのBOX2(S3後半から日本版でのS5まで)を
ゲットしてきました。
ジャケットはBOX2のものです。
しかしどうしてBOX1がS3からなのか不明。
他にパイロットも入ってるようなので確認してみます。

wien6.jpg

こちらはS7「誕生日の事件」でレックスが犯人を見つけたカフェ・ツェントラル。
ドラマそのままの雰囲気でした。
ちなみに事件の起きた家具屋さんもすぐそばでした。

wien7.jpg

「ザッハー」で食べた元祖ザッハートルテ。
有名カフェでは箱入りザッハートルテを売っています。
これならレックスが振り回しても壊れないかも。

wien9.jpg

中央墓地へ行ってベートーベンの墓を探してきました。
S1「楽聖ベートーベン」で墓の存在を知ったのでしたが…

wien8.jpg

アンカー時計
クンツがこの時計の音から事件現場を特定してましたが
今は隣のビルが工事中で見づらくなってました。

さて、HDDの中にはまだ観てないエピが残っているし
明日は待望のベストエピソードの発表。
見慣れた景色を楽しみながら、またしばしREXに浸りたいと思います。