INDEX    RSS    ADMIN

マッコイさんがやってきた!

LO dvd

L&O ニューシリーズ4のBOX到着。
つまりS18BOXということで、ルポカタの登場です。
とりあえずルポカタ出演分ニューシリーズ4~6は買うつもりでいるのですが
問題はパッケージだよね。
まだ4は巨大なマッコイさんがこっちを向いてるからいいんですけど
5と6は何の面白みもない箱で、はっきり言って意味がないかな。
でも念願のL&Oを観られたということで、ありがたく購入しますか。

それにしても、マッコイさんだらけでしょ。
出演時間は一番短い?はずなのに、このでかさは一体??
今までの功績が認められたなら、ヴァン・ビューレンだってでっかくしてあげてください。
ルポカタが並んでいるのはいいけど、カッターさん小さすぎ。
存在感ないんだよね…やれやれ。

今は日々のL&Oに追われているので、これはS14まで全ての放映が終わってから
じっくりルポカタを拝むのに使わせてもらおうと思っています。

そういえばS11について語っていなかった。
やっぱりクリフハンガーは見事にスルーされてました。
予想どおりです。
そして偉大なるシフは、ホロコーストに関する仕事で
ウィーンに行ってしまったとかで
暫定的に地方検事のポストに就いたのがルーウィン
ジュリアーニ市長ご本人(びっくり!)が検察局に連れてきちゃいましたから
信頼されている人なのでしょう。
自分の考えはずばずば言ってるようで
まだマッコイさんは遠慮がちにも見えます。

それよりシフがウィーン!!
ってことはきっとウィーン警察にも行く機会があって
レックスとご対面?!
レックスに語りかけるシフの姿とか、是非観てみたかったなぁ♪
スポンサーサイト

Dark Blue S1-#2 「任務の代償」

いよいよ本格的にDark Blue。
ドラマの雰囲気が分かってきました。
カーター率いる潜入捜査組の任務は
とりあえず短期の潜入をしているみたい。
刑事ドラマの中の一部で潜入捜査が取り入れられる場合は
潜る刑事は別枠でじっくりのパターンが多いですが
こちらは一話完結で潜入してもらわないと
ドラマに動きがなくなっちゃいますからね。

このパターンのお手本はマイアミのバーネットとクーパーですが(笑)
あれだけ潜入しまくっても誰にもばれないところが
Miami Viceの謎でした。
さすがに正体がばれる件についてはこちらではかなり気を使っていて
顔を知られている奴にはさりげなく消えてもらうなどの配慮は
チームワークでうまくカバーしています。

しかし潜入中は別人になりきるは潜入捜査の基本でしょ。
なのに武器の不正取引を摘発するために売人に接触したタイは
奥さんのメリッサの誕生日だったので潜入先のホテルをこっそり抜け出して
自宅に帰ってしまいました。
それを売人側が尾行して見つけてしまったからさあ大変。
独身のはずがいったい何しに行ったんだ?と早速ツッコミが入ります。
さすが潜入のプロのタイは落ち着いて人妻と浮気中だと答え
うまく脅しを交わしていきます。
だが取引きの時間が早まってしまい、タイはピンチに陥ります。

カーターは署に取引用の金を要求に行きますが
もともといない人間だと相手にしてもらえません。
だったらいないんだから何てもやってやる!と
ここからのチームの動きがすごすぎる。
ディーンの情報で今取引きで潤っている売人の存在がわかったら
突然そこを襲って金を強奪してきます。
どうせ悪党だから構わないんだそうで。
そりゃそうだけど、正式な手続きを踏んでおかないと
あとで裁判になった時どうするんだ?
今は犯人逮捕よりその後の裁判が楽しくてたまらないので
中途半端な展開はマッコイさんに申し訳ない気がします。

それでもお金が足りないと
ディーンは自宅の床下に隠してある金を持ち出して来て補てん。
これがどういう金なのかは内緒です。
その間タイは脅しに耐えていましたが
メリッサの命が危うくなってきます。
売人が聞いている電話でのタイとカーターのやり取りで
うまく必要な情報は伝えていたのでカーターたちも準備ができましたが
本当に危うい状況でした。
ジェイミーはまだノウハウを飲みこんでないし。
最後はタイもメリッサも無事で、悪党は逮捕されましたが
潜入捜査は基本ルールを守り、チームワークを守らないと墓穴を掘りますね。

でもこのヒヤヒヤ感がドラマの魅力なのかな?

Glee S4-#3 「華麗なる変身」

今回はNYの方が楽しかったかな?

カートはヴォーグのアシスタントの面接を受けに行くと
担当のイザベルはカートをとても気に入ってくれます。
こうしてNYにSATCのキャリーが帰ってくるわけですが(笑)
やっぱり一人だとどこか寂しいな。
残りの3人やMrビッグを探したくなってしまいます。
Mrビッグもとみに老けましたが、キャリーも仕方ないね。
SATCは10年以上前のドラマでした。

お洒落なカートのファッションセンスがますます磨かれ
目を楽しませてくれます。
カートは自然にお洒落ができるのに、どうしてレイチェルはダメなんだ?
カートが夜中にヴォーグのオフィスへレイチェルを連れて行って
華麗なる変身をさせますが
レイチェルの場合、ただケバくなってる気がする。
むしろ今までのようにシンプルな方が素敵な気がするんですけど。
レイチェルとブロディが急接近するのは当然の成り行きで
しかしお見事なタイミングでフィンが戻ってきましたね。
メールの一つでも入れなさい。
こういう展開になるのは自分が悪いと思うよ。
この後どうなるのかは次回のお楽しみです。

遠距離恋愛が難しいのはブレインも一緒。
カートにNYに行くように促したのはブレインだったけど
NYへ行ったカートは新たな人生を踏み出しています。
ブレインの話を聞いてあげる時間もないくらい。
そもそもマッキンリーに転校してきたのはカートがいたからだったのに
そのカートがいなくなってしまので、ここにいる意味さえわからなくなってしまいます。
そこでブレインはブリトニーに対抗して学年委員長に立候補
副委員長にサムを従えて、ブリトニーとアーティのコンビと戦いますが
討論会で予想通りブリトニーは無茶なことを述べてしまい
ブレインが学年委員長に選ばれます。
でもカートに喜びを伝えられず…

目標を達成して抜け殻状態のウィル。
グリー部の生徒たちへの課題も提示できず
これじゃ駄目だと芸術委員会の仕事にチャレンジすることにしました。
これが決まるとしばらくマッキンレーを離れることになるのですが
グリー部もウィルも大丈夫なのかな。

今回の音楽のツボは
ブレインがオープニングに歌ったTears for FearsのEverybody Wants to Rule the World
この間WOWOWでTears for Fearsのサマソニライブをオンエアしていて
まだ現役だったんだ!と驚きながらも懐かしく観てしまいました。
Shoutと共に流行ったよね。いい曲です。
CDを持ってた気がするんだけど、どこへ行っちゃったんだろう…汗

3月のドラマ視聴計画

ついにユニバーサルチャンネルそのものとお別れ。
他にも年度末ということで終わるドラマが多そうです。
L&O祭りはまだまだ続くので、欲張らずに頑張りましょう。


☆NHK BSプレミアム
(Good Wife S3)

もうおしまいなんですね…残念。

☆WOWOW
CSI:NY S8
Criminal Minds S7
Boardwalk Empire S2
Nurse Jackie S4

ほっさんとお別れし、NY一本なのはちょっと寂しいですが
2日にマッコイさん出演、4月スタートのThe Newsroomの先行放送が観られるのが楽しみです。
ついでに4月からはボルジア家も始まるんだね。ワクワク♪
Nurse Jackie、ボビーのために頑張ってますが面白い!!

☆Dlife
Revenge S2

月末スタートなので忘れないようにしないと!
どんな展開が待ち受けているのか気になります。

☆IMAGICA BS
XIII S1

また新作カナダドラマ登場。
記憶を失った特殊工作員が主人公のドラマだそうですが
演じているのがNight StalkerのStuart Townsendなので
かなり期待しています。
それにどこかで観ているカナダ人が多数出てきそうだし。

☆FOX
House M.D.S7
Glee S4

GleeのNYと高校2本立ては
今のところ高校生バージョンの方が面白いかな。
卒業生たちがこれから積極的に顔を出してくれれば
きっと変わってくるかなと思うけど。

☆FOX CRIME
Law&Order SVU S12
Law&Order CI S9
Dexter S7

Dexterはデクスターの秘密がデボラに知られてしまって
この先どうなるんでしょう。
SVUは相変わらず重すぎ。
CIは独自の世界を進んでますね。

☆Super!DramaTV
Law&Order S11 S12
(Chuck S4)
Dark Blue

L&OはついにS11ですよ。本当にものすごい勢いで進んでいます。
そして月末にはS12ですから。
Dark Blueも本放送開始。
こちらも暗くて重そうだけど、潜入捜査を味わっていきたいです。

☆AXN
La Femme Nikita S5
(The Shadow Line)
Necessary Roughness S1

旧ニキータはいよいよファイナルシーズン。
ぼろぼろマイケルを観るのが辛いなぁと今から怯えモード入ってます(苦笑)
Shadow Lineはじわじわ面白いんですけどサクセスセラピーがどうもねぇ。
あまりピンとこないので適当にリタイアかも。

☆AXN Mystery
Il commissario Rex S1
Il Commissario Montalbano

レックスイタリア版がスタート
オリジナルタイトルが変わるのでIMDbで調べるときに要注意です。
日本ではREX9となりますが。
なんとレックスはウィーンからローマに連れて行かれてしまうようで
第1話ではクンツが出てくるようなので嬉しいです。
8話分一挙放送がありますが、レギュラー放送枠でのんびり視聴予定。
もう一本、モンタルバーノ シチリアの人情刑事にもチャレンジ。
シチリアの風景やちょい悪(というよりもっと悪?)なオヤジたちに興味津々だし。
でもこのドラマって1シーズン2話ずつで進んでいるんですね。
ということはモンタルバーノのオヤジ化はどんどん進むのでしょうか。

☆Universal
(In Plain Sight S3)

IPSを観終えたら本当にお別れ。
この続きが観られるチャンスはあるのかな?

☆LaLa TV
The Closer S7

最近バズの存在感が大きくなってきて興味深いです。
それから月末にオンエアされるグリム童話特集。
オリジナルに忠実ならエログロ度強そうだけど
子供も楽しめてしまうんならつまらないかな。
ちょっと気になります。

HuluのNYPD BlueはS5に進んでいます。
もっぱら外で移動中にiPhone視聴ですが
それでも楽しめるのでやっぱりいいドラマですね。

Law&Order S10-#24 「正義の行方」

アパートの階段で老人が死亡。
その生活に疲れているような老人の死が
まさか国家間の関係を揺るがしかねない騒動に発展していくとは。

殺されたホイットマンは、息子ジェイソンがチリで殺害された事件の真相を追っていたんですが
親にとっては優しい息子で
サンティアゴでもラジオ局で働いていたってことでも
当局にとってはゲバラに傾倒した危険分子
処刑の対象となっていたのでしょう。
今NYで事件の真相が暴かれることになり
マッコイさんが信念をかけてどんどん突っ込んでいきますから
関係していたパントーヤ大佐は口をつぐみたくなることが多々あり
結局証言は無視されて有罪に。
するとマッコイさんたちはDCに呼び出されてしまいました。

ここで失敗するとシフが責任を取ることになるのでしょうか。
マッコイさんは全ての人が持つ生きる権利を主張。
だからどんな立場に置かれていても殺人は罪だとはっきりと唱え
そのための法の順守を力説します。
マッコイさんの力強い言葉に感動させられたフィナーレでしたが
それでどうなったのか分からずにおしまい。
クリフハンガーにされてしまいました。
L&Oのことだからきっと次シーズンこの件については
一言触れるかどうか位なんだろうな。
シフ引退はわかっているので何か説明はあると思うけど。

そんなわけで偉大なるアダム・シフ
10シーズンご苦労様でした。
最後の最後まで伝説の人物でしたからね。
次の地方検事ルーウィンってあまり印象に残っていないのですが
マッコイさんとの絡みを楽しみにしています。

Law&Order SVU S12-#12 「Possessed」

ラリッサと連絡が取れないため恋人のパトリックが探しに来ると、ラリッサは下着姿で椅子に縛られ、部屋にはビデオカメラが設置されていた。パトリックがラリッサを助けようとすると、巨大な男が「俺のブランディだ!」と言ってパトリックを殴って倒す。
ラリックは睡眠薬を飲まされ、意識不明のままだった。膣に傷があったが精液は未検出で、全身12か所以上切り傷があり、犯人が体毛を剃ったため付けられた傷だった。パトリックはラリッサと知り合って2年になるが、ラリッサは里子に出されていてそのことを語りたがらず、ブランディの名前を嫌っていたと話す。
去年別の州で10歳児2名が同じ手口で襲われていた。二人の少女はおさげ髪にされ剃毛されてブランディと呼ばれていた。被害者の一人ケリーは、犯人はとても気味悪く太っていた。ブランディという子と同じヘアスタイルにされ、同じ痣を肩に描かれ乱暴されたと説明する。もう一人のポーラは犯人が枕の下に置いていった脅迫状をステーブラーに見せる。犯人は子供たちのことをコベントリーと呼んで脅し、女子対象の小児性愛者が使うハートマークを掲げていた。
現場に残された指紋から、犯人は2006年に児童わいせつ行為で有罪となったエルドン・ベイログだと判明する。SVUがベイログの自宅からラリッサを襲った時のビデオを押収、その時ベイログのPCに入院中のラリッサの写真が送られていることがわかり、ベンソンはただちに病院でラリッサを探すが、ラリッサはベイログと思われる男と姿を消していた。
ステーブラーは空き部屋にラリッサを連れ込んで襲っていたベイログを見つけ殴りかかる。ラリッサは病院は信用できないと怒るが、ベンソンに子供のころビデオを撮られたことや、自分は永遠にブランディであることなどを話し始める。ラリッサはいつも見られている気がしていて、殺された方がましだとさえ思っていた。
ベイログはステーブラーの尋問に対し、「自分はラリッサのファンで家まで尾行して窓から押し入った。声を上げるから薬を飲ませ、毛を剃ったらブランディに戻った。俺の人生最高の日だ。」と興奮しながら説明する。ポーラとケリーへのレイプも、彼女たちにブランディを演じてもらっての行為だった。そして「幸福なじいさんに嫉妬した。殺す気はなかった。」と殺人をほのめかす。ベイログが襲ったのは幼いころのブランディを知っているアンダーウッドという男だった。
アンダーウッドの自宅を捜索に行くと、アンダーウッドは殴られ大量の血を流して倒れていた。アンダーウッドはベイログに殺すと脅され、ラリッサの名前を教えたのだった。アンダーウッドはブランディの創作者だった。
ラリッサはかくれんぼをしていて道に駐車していた車の後ろに隠れたところ、男に手をつかまれ、顔を押さえつけられ薬を飲まされた。男に捕らえられると毎日薬を飲まされ、ビデオに録画されていたと辛い思い出を話し始める。ラリッサの里親は他に7人もの子供を抱えていたため、通報していなかった。ラリッサは一緒にビデオを撮られていたダニエルに助けられてアンダーウッドの所から脱出できたのだった。ラリッサは半年後、公園で遊んでいるとアンダーウッドのしていたベルトを見つけて思い出して叫び、アンダーウッドは逮捕される。アンダーウッドは誘拐罪、未成年のレイプ、児童ポルノ製造販売の罪で逮捕されるが、10歳のラリッサは証言の際アンダーウッドの顔を特定できず、証拠不十分で不起訴になっていた。
アンダーウッドは裁判の後、冤罪と戦う弁護士となった。しかしベイログのビデオに映っていた枕カバーはアンダーウッドの家のものだった。さらにベイログの持っていた写真に、アンダーウッドの精液が付いていたことも確認される。アンダーウッドはベイログの家を訪ねて一緒に酒を飲み、ベイログが席を立った隙にトイレで自慰を行い精液が飛んだと言い逃れする。ジリアンは写真のDNAだけでは不十分だとして起訴を諦める。
ベイログが他の受刑者にレイプを自慢して撲殺される。アンダーウッドは釈放されるが、法廷の外でタクシーに乗り込もうとしてラリッサと鉢合わせする。アンダーウッドはラリッサに「美しさは今も健在だ。」と声をかける。

ラリッサは16年ぶりにアンダーウッドを見てショックを隠せません。SVUはアンダーウッドの自宅から新たな証拠を見つけ、起訴に持ち込みたいと考えます。ダニエルを探し告訴してもらう方法もありますが、ラリッサが覚えているのは別れたときの彼の笑顔だけでした。ラリッサは記憶の壁を乗り越えるため、昔のビデオを観る決意を固めます。
ラリッサは当時薬を飲まされぼんやりした状態でしたが、ピーナッツバターの瓶のことは覚えていました。ダニエルは空になったピーナッツバターの瓶に両親への手紙を入れて、希望の瓶と呼んで庭に埋めていました。ラリッサは脱出の際ダニエルのリストバンドをもらい、腕にはめて逃げたことを思い出します。そしてまたダニエルと会えるようにと願いを込め、瓶に入れて里親の家の庭に埋めておきました。SVUは瓶を掘り出してリストバンドの皮膚細胞を採取、ダニエルが95年に12歳で失踪者登録されていたダニエル・ブルックスであることを確認します。だがダニエルは万引きや窃盗の罪で3回逮捕され、住所はローワー・マンハッタンの廃工場になっていました。
SVUがダニエルを探すと、ダニエルは男女の子供二人を監禁し、男の子マイケルを連れて逃げようとします。ステーブラーがダニエルを説得、ダニエルはマイケルを階段から落とそうとさえしますが、彼を救え、今がチャンスだ!と言われて思いとどまります。尋問に対しダニエルはアンダーウッドを知らないと否定しますが、子供のころの自分の写真を見せられ、もう俺じゃない、今は抜け殻だ。昔は被害者だったが今は違うと告白します。Drファンはダニエルは幼児期に受けた虐待によって人生観が左右され、加害者になることで人生の辻褄を合せてきたと分析します。
アンダーウッドの家の地下室から「美しき小児性愛」「ブランディを追って」「ブランディの作り方」といった著書が見つかります。これらはネットに投稿されていました。「ブランディの作り方」を読むと、ベイログは小説の通りラリッサを操ったことが判明します。
正式事実審理前尋問で、ジリアンは本を証拠として提出しアンダーウッドとベイログの共謀を唱えますが、アンダーウッドは本は憲法で守られた創造物だとして反論、本に従ったとされるベイログは死亡しており、ブランディとラリッサを同一人物とする証拠もないと棄却を訴えます。マードック判事は共犯者が故人で犯行の合意を証明する手段はないため、共謀の理論は成り立たないとして本件を棄却します。
ラリッサはダニエルに証言してもらうため話をさせてほしいと頼み、ステーブラーたちとライカーズへ行きます。ダニエルはラリッサに見捨てられたと嘆き、奴を罰したところで何が変わるのかと問いかけます。
アンダーウッドの家から通報が入ります。ラリッサが銃を手にして押し入ったことがわかり、SVUが向かうと中から銃声が聞こえます。ラリッサはアンダーウッドを撃っていました。ダニエルからアンダーウッドが虐待を続けていると教わったラリッサは、少女を救いに来たのでした。バスルームに監禁されていた少女クリスティーナは無事に救出されます。

SVUの重さは別格
今回のラリッサもダニエルも辛すぎます。
そして堂々と法の網をかいくぐって生きて行く性犯罪者のアンダーウッド。
マッコイさんならさっさとやっつけられたかもしれないのに
ジリアンは弱すぎますよね。
マッコイさんはすでに偉くなっているので
カッターさんの手を借りればいいのに…
まだS12ではカッターさんは助けてくれないのでした。残念。

アンダーウッドから漂ってくる嫌なオヤジモード。
演じているDavid Patrick KellyはTWS6-#11「正義の名のもとに」にも出演していましたが
やっぱり「The Warriors」でのウォリアーズの天敵ローグスのリーダーのルーサーでしょう。
あんなにインパクトの強い悪役も滅多にいない?
大好きな映画で何度も見ているだけに、ルーサーのイメージが頭から離れなくて
今回の役も敵任だと思いました。

La Femme Nikita S4-#21 「逃亡者」

ここまでぶっ飛んでしまうとファンタジーの世界ですね。
いくら科学が進歩しようとあり得ない方向に入り込んでる。
でもラスト5分が大好きなので許します。

姿を消したニキータを誰も見つけられず
マイケルも本当に知らなかったんですかね。
この無表情マイケルから本心を探るのがとても難しくて
でもクインとマイケルが妙に絡むのが怪しげです。
クインの質問へのマイケルの答えがまたよそよそしくて。

ここでマイケルがクインを自分の部屋に呼んで
何やら意味深な行為に出たところで突然の種明かし。
これってジェイソンが眼鏡をかけたらバーコフになったのレベルと違いすぎますよ。
ニキータが整形手術したらクインになった。
って顔だけじゃなく体型も変わってるでしょうが(爆!)
シールをはがすと声も変わっちゃうなんて、ドラえもんを見てる気分になってきましたよ。
こうして姿はクインだけど中身はニキータが
なんとセクション内に堂々といたことが明らかになります。
セクションも長官以下偉そうなそぶりを見せているのに、大したことないよね。

クインなニキータはマイケルと一緒に逃亡準備を開始。
二人で任務に出て行ったところで通信を切って雲隠れモードに入ります。
気付いたマデリーンらは二人を捕らえるように命じ
ダベンポートは二人が乗った車の前に立ちふさがったのですが…

二人はさっさとダベンポートを轢き殺して走り去っていきました。
ダベンポートあんまりだ!!
それなりにセミレギュラー的位置にいたし
まともな仕事をしていたのに。
どうしてここで轢き殺されなきゃならないんでしょう。
話の展開がいかに収拾がつけられなくなってきたのか呆れてしまいます。

そしてマイケルとニキータはボートに乗って旅立ち。
どこかの島に上陸し、二人だけの幸せな時間を過ごします。
このシーンが大好きで
こんなに穏やかな表情のマイケルを観たことがなかったし
2ショットがどれも絵になるんだよね。
以前HPにこのお気に入り2ショットをアップしていたことを思い出しました。
今観ても心洗われます。
そんなわけで再度ブログにアップ!

nikita4-21-1.jpg

nikita4-21-2.jpg

nikita4-21-3.jpg

nikita4-21-4.jpg

これだけ観てるとまさに理想的カップル♪ですよね。
(4枚目のマイケルの本の持ち方は老眼?ですか…気になります…笑)

これでドラマが終わりだったらどんなによかったことでしょう。
本当に束の間の幸せでした。

Chuck S4-#21 「チャックVSウェディング・プランナー」

毎週楽しく見せてもらっていますが
今週も大爆笑でした。

サラは父親ジャックを結婚式の招待者リストに入れていません。
どうせ来るわけがないからと、全くあてにしていなかったからでした。
そして食事やらケーキやら、結婚式の計画がすべて整い
サラはウェディングプランナーのダフネに前払いなら40%引きといわれて
代金を先払いします。
するとダフネは雲隠れしてしまいました。
サラはダフネが詐欺師だと知って大ショック。
なにしろ子供時代にジャックに詐欺の手口を徹底的に仕込まれたサラですから
自分が引っかかるなんてあり得ないことでした。

なんとかしてダフネを捕まえたいと思ったサラは
チャックにインターセクトで情報が見えたふりをしてもらい
ダフネがとんでもない悪党であるかのように将軍に偽情報を提供してしまいます。
するとただちにダフネ捕獲作戦が遂行されてしまったので
チャックとサラは自分たちで何とかしようと動きますが
結局はケイシーの手を借りることとなり
チャックとサラは将軍にひどく怒られクビにされてしまいます。
チャックは他の詐欺の被害者のことをチェックしていて
その中に本物の悪党がもつ機密情報を見つけました。
これを取り返せば名誉挽回できるんですが
一度嘘をついてしまったチャックは、将軍に信じてもらえません。
CIAに助けてもらえないので
サラはジャックに相談に行きます。
結婚式のことは伏せておきながら。

でもジャックはちゃっかりサラの留守中に家に来て
お見事お兄さんと話しながらサラとチャックが結婚することを知ってしまいます。
そしてサラたちに名誉挽回のために協力することにします。
それは悪党3三兄弟が招待されている結婚式を行うこと。
そのパーティーの席でお目当てのものを戴こうと言う計画です。
モーガン、ケイシーにジャックが加わり見事なチームプレー。
実は3兄弟は囮だったことにもサラは気がつき
無事に目的を遂行し、将軍に認めてもらえました。
チャックはジャックに結婚式に出てほしいと頼みますが
ジャックは断り、いつの間にか姿を消してしまいます。
サラは諦めていましたが、子供のころジャックと貯めていた
冒険旅行用のお金を入れていた豚の貯金箱をジャックは置いていってくれました。
中にはジャックが追加してくれたお金がたっぷり入っていて
やっぱり父親は娘が可愛いんだよね。

その頃モーガンとアレックスは
ケイシーをアレックス母のキャスリーンに再会させる計画を立てていました。
でもケイシーは尻ごみしています。
しかしケイシーの姿に気づいたキャスリーンはケイシーを尾行し
結婚式でガードマンの任務を行っていたケイシーを見つけます。
任務の途中でケイシーの態度はつれなくてキャスリーンはショックを受けますが
後でケイシー大佐の功績を知り感激します。
これでケイシーは家庭を取り戻すことができるのかな。
そしてチャックとサラの結婚、本当に大丈夫なの?

Criminal Minds S7-#7 「ストームチェイサー」

カンザスで竜巻の後、二人の少年の遺体が発見される。
竜巻の犠牲になったのではなく、その前に頭部を鈍器で殴られ
脚や腕がなくなっていたという事件。

カンザスで竜巻と言えばオズの魔法使いですが
自然災害だけでも勘弁して欲しいのに、ぞっとする話です。
しかも切断された腕とかリアルに見せてくれるし
シーズンを増すごとに猟奇的殺人がエスカレート化してくる気がして
一人殺害されただけでじっくりと1時間にお付き合いのL&Oに慣れてしまうと
クリマイは重すぎます。
今回の犯人は自分が幼い頃に受けた辛すぎるショックから
竜巻が命を蘇らせると信じ込み
少年たちのボディーパーツを合わせて
兄さんの代わりを作ろうとしてしまった。
その思いは分からなくはないけれど
辛い体験の後のフォローがしっかりできていたら
こんな事態にはならなかったのかな。
それよりよく犯人自身竜巻で飛ばされなかったなと
単純にそちらを不思議に感じていました。

ロッシが別れた最初の奥さんと再会した後
彼女から病気でもう先が長くないことを告げられ
彼女のために精一杯尽くしています。
ロッシのプライベートだけでなく、今回はJJも。
久々にJJダンナが出てきましたが
ますますお疲れの様子。
TWのブレンダン時代から元気キャラには見えませんでしたが…
ダンナが刑事だったっけ?子育てが大変なのはわかります。
なんとか協力し合って頑張って!
ところでママの電話でお休み前のお話を聞かせてもらっていたヘンリー君。
JJの本物の息子なんですね。可愛かった!!
ドラマで成長の様子を見ていくこともできるなら素敵です。

Glee S4-#2 「ブリトニー・スピアーズ2.0」

ブリトニーはテストでFマイナスを取り
さすがにスーもチア部を追い出すと言い始めました。
ユニフォームは禁止だし、ポニーテールも禁止。
ブリトニーはすっかりやる気をなくしてしまいます。

ブリトニーを励ますためにウィルが出したテーマは
ブリトニーを歌う2回目。
正直なところブリトニー・スピアーズには関心がないため
曲も全然知らないんだよね。
唯一ツボだったのがAerosmithのCrazyをマッシュで使っていたことかな。
でもみんなのパフォーマンスは楽しかった。
高校場面ではみんなのいろいろな歌が楽しめたし。

せっかくみんなが励ましてくれたのに
ブリトニーは全くやる気を見せません。
そして新学期の集いでニー・ディレクションズをお披露目することになっても
せっかくのソロパートをブリトニーは口パクでごまかすことにします。
だがこれがばれてしまってウィルが怒り爆発。
心を入れ替えたブリトニーは勉強を頑張り
まだ生徒会長のポストにいることを利用し
チア部への復活を願い出ます。

相変わらず校内で反抗的な態度を取っているジェイクですが
マーリーには優しい一面を見せてくれます。
マーリーはジェイクに惹かれていきますが
さすがパックの弟ジェイクですから
女の子たちに端から手を出してるみたい。
早速キティの邪魔が入ってしまいました。
一方ジェイクの前にはパックが現れ
態度を改めるよう諭していきます。
せっかくパック登場なのに歌はなしでもったいない!
ジェイクはグリー部に参加することにしました。

NYではタンゴのレッスンのとき
レイチェルはセクシーじゃないとカサンドラに無視されてしまいます。
レイチェルはカサンドラに怒りをぶつけますが
カサンドラ自身、過去に苦い経験がありました。
プロとしての心構えがいかに大切か
レイチェルはカサンドラから学びます。

プレッシャーに押しつぶされそうなレイチェルですが
ルームメイトのカートは元気づけてくれるし
ブラディはいつもレイチェルのことを見守ってくれます。
レイチェルはフィンへの思いが断ち切れませんが
フィンからは連絡がないし、ブラディに迫られて困惑気味。
長距離恋愛は難しいよね。
この先どうなるのかも気がかりです。

ほっさん、お疲れ様でした!!

マイアミファイナル
今シーズンはすっかり飽きてしまってダラダラ観てましたが
最後ももう一つ盛り上がりに欠けたかな。
いつの間にかラボにいたサマンサがトラブルの元凶になり
これまたいつの間にか姿を現したチャックのお見事デボンが
これまたとんでもない州検事補で
いつもウルフは痛い目に遭い
ほっさんの決め台詞や決めポーズもなんだか地味。
このあたりが潮時だなと実感しました。

それより面白かったのが番組の最後にくっついていた
WOWOW独自編集のほっさん10年の軌跡。
さすがCSIマイアミじゃなくてCSIほっさん。
べガスやNYではたった一人奉りあげられるなんてありえないでしょ。
やはりマイアミは別格なのでした。

始まったころのほっさんはヘアスタイルが違ったんだね。
髪が立ってましたよ。
S8のプレミアだっけ、若づくりほっさんが見られましたが
ヘアスタイルも考慮して欲しかったです。
スピードルが去ったのは寂しかった。
でもその前にメーガン=NYPDブルーのラッセルもいたんだよね。
すっかり忘れられてるけど。
そして昔のデルコはよく水の中にいました(笑)

ウルフって始めはどうもなじめなかったな。
ナタリアだってTWのブルックだから
ウザくて仕方なかったし
そして今はルビローサにしか見えないマリソルは
心底嫌ってたっけ(苦笑)
苦手キャラが多い中でS8のジミーちゃん登場は本当に嬉しかったんだけど
1シーズンでお別れはもったいなさ過ぎました。
今もジミーちゃん=ジェシーが出ていたら
もっと愛をこめて観てましたよ。

ほっさんの決めポーズ&決め台詞は
たっぷり堪能させてもらいました。
一番爆笑したのは車の爆発を放置しておいて
「燃えちまえ。」宣言したときかな。
これで爆弾処理が専門だったとは!
そのうち白衣を着てラボにいるだけで拍手をもらい
どこが科学捜査班のチーフなんだかわからなくなってきました。
死んだふりは得意だし。
個人的にツッコミ満載はS5プレミアのRioです。
今回のほっさん特集でもバトルシーンを見せてもらいましたが
コルコバードとポン・ジ・アスーカルの距離感がめちゃくちゃで
とりあえずリオらしいものを寄せ集めたらこうなっちゃったんだけど
どう考えてもあり得なかったです。

石塚さんのほっさん吹替え声が素晴らしくて
絶対吹替版でしか観たくなかったのもマイアミでした。
字幕で観たら魅力半減なんだもん。
この後またDavid Carusoの姿を観る機会はあると思いますが
ほっさんとは別人!な切り替えがうまくできるかな。
ともあれ10年間楽しませてくれたほっさんに感謝です。

ところで4月からWOWOWでスタートのNewsroom
マッコイさんがレギュラー出演するので楽しみです。
でも字幕マッコイさんに慣れ親しんでいるので
これは字幕でないと見られないかな?

Law&Order SVU S12-#11 「Pop」

遊園地で倒れている子供が発見される。死後1時間が経過し、腹部に治りかけの痣が見つかった。子供は2時間前タクシーで遊園地に来ており、運転手のジョーに尋ねると、甥のイーサンを乗せてきたと答える。イーサンは胸を殴られ緊張性気胸を起こしていた。イーサンの父親はテロの後粉塵が原因で死亡し、母親は夜勤をしているのでジョーが預かっていた。ジョーはイーサンは胸が痛いと言っていたが、誕生会に行きたがったので遊園地に乗せてきたと説明する。
イーサンは2週間前顔に痣を作って帰ってきたが、イーサンを殴った同級生のブレークに話を聞くと、実際にはイーサンがブレークを殴っていて、イーサンは喧嘩の仕方をジョーから教わったと説明していた。ステーブラーとフィンはジョーのタクシーを見つけて尾行すると、ジョーは公園で男に金を渡していた。近くでは子供たちが喧嘩をしている。ステーブラーらは喧嘩をしていたニッキーとアンソニー、そして金を受け取っていたニッキーの父のハンクを逮捕する。
ハンクはニッキーの母サンドラの再婚相手で、子供たちの喧嘩「ファイトクラブ」の段取りをつけていた。サンドラがニッキーを迎えに来て、ニッキー、アンソニーとも釈放される。ジリアンは賭博の奨励だけで強制でなければ違法ではないと指摘、ハンクはジョーに車の修理代を貸していたとごまかす。しかしハンクはDVで3回通報されていた。ステーブラーは息子を殴らせるとは何て奴だとハンクにつかみかかり、クレイゲンに阻止される。ジョーはイーサンはファイトクラブでニッキーにボコボコにされた。止めようとしたらハンクが邪魔をした。振り向いたときイーサンは倒れていたと自白する。ジョーは過失致死罪に問われるが、ハンクは釈放される。ステーブラーはニッキーの手に名刺を渡す。
ステーブラーは下校中のニッキーに会いに中学へ行く。ニッキーは腕にけがをしていた。ハンクがステーブラーの名刺を見つけて殴ったとニッキーは伝える。二人が自宅に着くと、サンドラとタッカーが姿を現す。サンドラはステーブラーがハンクを殴ったと指摘、タッカーの車には鼻血を出したハンクが乗っていた。
ステーブラーはハンクに指一本触れていないと主張、ハンクはクレイゲンにニッキーを学校に送って行ったらステーブラーに投げ飛ばされたと訴え、サンドラはフィンにステーブラーが俺を侮辱した罪だと言って玄関で夫の顔を蹴ったと説明する。するとニッキーがハンクに殴られたとシャツをめくって腹部を見せる。ハンクはステーブラーのせいにするためサンドラに自分を殴らせていた。
ニッキーはファイトクラブのことをサンドラに黙っていた。去年ハンクに公園に連れられて参加したのが始まりで、ルールなしで相手の子を殴り倒した。勝てばハンクに褒められるが、負けると怪我したところを何度も殴られた。ファイトの相手のイーサンは幼かったのでハンクに不公平だと文句を言ったが、男になれと言われたので軽く殴ったらイーサンは立ち上がった。最初は手加減していたが、イーサンが立ち上がりハンクにやっつけろと言われて殴り続けた。そのうち気分がよくなって止まらなくなってきた。するとイーサンは倒れてそのまま動かなくなった。ニッキーはあの子を殺してしまったと嘆く。
サンドラはハンクが2歳のとき彼の父親と別れていた。ハンクは自分を愛してくれているが2年前に仕事を解雇され、タクシー運転手になったが嫌がっていたと話す。サンドラはハンクは自分を愛してくれているし妊娠中だと訴えるが、クレイゲンはDV男は誰もが同じことを言うと、ハンクから離れるよう指示する。
ハンクは罪状認否で第2級暴行罪、過失致死罪、児童福祉法違反に問われ保釈金5万ドルとサンドラとニッキーへの接近禁止令を言い渡される。クレイゲンとステーブラーがサンドラの家のパトロールに行くと銃声が聞こえた。二人が踏み込むと、ハンクが撃たれ、怪我をしたサンドラが座り込み、ニッキーが銃を持って茫然と立っていた。

ニッキーはステーブラーに保護され、サンドラがハンクを家に入れたとたんサンドラを殴り始めた。殺すしかなかった。あんな奴は死んで当然。僕が銃を頭に付きつけたと自白しますが、ステーブラーは弁護士が来るまで事件のことをしゃべるなと阻止します。
発砲のあった地下室の現場検証が始まり、CSUは銃は棚の下に置かれていて、立っていたハンクの背後からニッキーが撃ったとしたらニッキーの身長では届かないと指摘します。病院へ送られたサンドラは、ハンクが裏口に現れ懇願したので家に入れたら殴りかかってきた。ニッキーが悲鳴を聞いて駆け付けたがハンクに投げ飛ばされた。ニッキーが発砲するところは見ていないと話します。ニッキーの正当防衛とするには決定的な証拠がなく、ジリアンはステーブラーとニッキーの会話の内容を知りたがります。ステーブラーはニッキーを守ろうとしますが、ジリアンはニッキーを第2級謀殺で起訴することにします。そのときベンソンが知恵を貸し、ニッキーの逮捕をサンドラに立ち会わせ、ニッキーには弁護士のデビーが付くことになります。
法廷でステーブラーはニッキーはハンクを撃った後怯えていた。ハンクに殴られている母を助けるために撃つしかなかった。ハンクは死んで当然だとニッキーが語ったことを証言します。そしてサンドラにニッキーのために証言するよう促します。サンドラはハンクがニッキーを殴っても自分は見ているだけだった。ハンクが稼いで全てを管理してくれていたと嘆くと、ステーブラーはこれからは自分で管理しろ、ニッキーを守れと指摘します。
証言台でサンドラは息子に無実の罪を着せられない。私がハンクを殺したと突如言いだし、ニッキーが否定します。サンドラはハンクに殺されると思い、彼の銃を取ってきて背後から近づき頭を撃ちぬいたと証言、僕が殺したんだと叫ぶニッキーと対立します。
CSUはサンドラが撃った可能性もあると確認、どちらでもあり得るため二人とも嘘をついたとして本件は不起訴になります。ジリアンが起訴しないから真実を話してほしいと頼むと、二人は自分が殺したとお互い譲らす釈放されました。

子供たちを利用したファイトクラブで起きた殺人事件。
関係者の父親のDVが問題視されます。
サンドラはデス妻アンジー。
デス妻でも危険な夫に振り回されていました。
まだちらっとしか見ていないSons of Anarchyでも十分巻き込まれてる感じだし。
こういう運命なのかもしれません。

父親が息子を虐待するなんてありえないと怒り爆発のステーブラー。
ついムキになってハンクにつかみかかってしまいました。
すると早速タッカー登場。
OZのケラーvsテイラーから続く永遠の天敵ですよね。
このしつこさ、素晴らし過ぎます!
そして帰宅して寝ているジュニアを見つめる涙目ステーブラー。
涙目は時には嘘なのがばれてしまいましたが
これは絶対本物なのでしょう。

ベンソンが別件で留守にしていたし
マンチもお休み中?
ステーブラーとクレイゲンという豪華なコンビでのパトロールが新鮮でした。
クレイゲンお元気です。

La Femme Nikita S4-#20 「秘めた決意」 

S4も終盤に入り、話がどんどん荒唐無稽になってきますが
その先を知っているので、今はなるほどと思いながら観られます。
でも初めて観たときはかなり意味不明でした。
そしてこれでおしまい??と呆気にとられたS4ファイナルがあり
これじゃ困るとぶつぶつ言ってたらS5が始まったのは本当にありがたかったんだけど
あのぶよぶよマイケルをもう一度観るのはちょっときついかも(苦笑)

突然セクションから抜け出そうとするニキータ。
データを全て消去し、整形手術を施し
急にどうしてここまでって感じですが
その前のマイケルとの絡みは素敵。
ミックがニキータの家を覗きに来た時は寝ていたし
(寝てるというより転がってる状態だったけど)
ニキータがチュニジア任務で撃たれた時
自宅療養中のニキータを見舞ってディナーを差し入れ。
より親密度が増してるかなと思ったら
ニキータの企みがマイケルにばれ
続いてマイケルがワインを飲んでぶっ倒れ
ニキータの思うつぼに。

今までのマイケルを知っていたら
こんな間抜けなマイケルはあり得ないでしょ。
あり得ないんですよ。まあそれはいいとして。
ニキータが殺害する予定だったレッドセルのボスのモーリスが
マイケルの虹彩を認証に使いたくて
意識を失っているマイケルの虹彩をコピーさせてもらいます。
その後縛られ水攻めから電気ショックと
マイケル痛めつけ大サービス状態でしたが
突然マイケルリカバリー、これでいいんですよ(笑)

そして何をどう分析してシュミレーションしているのかわからないけど
ニキータが逃亡した後マイケルと接触するとして
どんな事態が生じるかを考えたシュミレーションが変過ぎる!
笑っちゃいましたよ。
ついでにバーコフになり済ますために眼鏡を掛けたら
本当にバーコフになっちゃったジェイソンも可笑し過ぎ(当たり前だけど)
どうしてこんなめちゃくちゃな(というより子供騙しな)展開を思いつけるのか
制作陣に恐れ入ります。

nikita4-20.jpg

まだまだ美しいマイケルです♪

Combat Hospital #13 「旅立ち」

サイモンの部屋へ行ったレベッカはお互いの思いを確認。
するとサイモンに呼び出しがかかります。
統合失調症の弟が自殺未遂を図ったということで
サイモンは急遽ロンドンへ帰ることに。

レベッカやペダーセン、スージーなど女性医師や看護師たちは
地元の女性クリニックに診察に行きますが
突然男性が入ってきて銃を乱射
立ち向かったスージーが撃たれて即死
ペダーセンも腕を撃たれます。
レベッカはとっさに応戦し男性を撃ち
男性も脊髄近くに銃創を負います。
その後負傷者たちはロール3病院へ運ばれます。
男は通訳の女性を狙っていたようでした。

仲間を殺し傷を負わせた男でも
治療しなくてはならないのは医者の務め。
本当なら殺したいくらいな憤りを感じても
レベッカもボビーも冷静に対処します。
一方急患の呼び戻しを受けたサイモンは手術室に入りますが
男の手術をマックスに譲り
酒を飲んでいることを素直に認めます。

手術が終わった後レベッカは大佐に
男を殺すつもりで撃ったことや
ヒポクラテスの誓いを破ったことを打ち明けます。
すると大佐はレベッカの行為に対し
医師だが軍人でもあるとして
正しかったと認めます。

ペダーセンはみんなに見送られて帰国。
ボビーはスージーとの関係を真剣に考えていなかったことを悔やんでいました。
レベッカは後悔しないように
戦地を離れロンドンへ向かおうとしているサイモンを追いかけ
自分の思いを伝えます。

スージーの葬儀が行われ仲間たちが別れをつげるやいなや
みんなのポケベルが鳴りだします。
次の負傷者が到着しました。
彼らの任務はまだまだ続きます。

最初の2話を見忘れてしまったこともあり
あっという間の13話でしたが
とても興味深く見られました。
戦地の国籍を超えた医療チームの
危険な環境での救命活動には学びも多く
感動させられました。
戦争が続いて欲しくないから
ドラマもこれでおしまいでいいと思います。
貴重な経験に感謝します。

In Plain Sight S3-#9 「マフィアの娘」

メアリーが担当したのはマフィアの生活に嫌気がさしていたミア。
ミアは家族での食事中悪態をついたことから従兄弟に命を狙われますが
逆に従兄弟を射殺してしまいます。
そして一族の悪事をばらすと証人プログラムを適用してもらうことになるのですが
ミアは家族にも内緒にしていたステージ4の脳腫瘍で
もう先が長くないことがわかっていました。

ミアの証言の決意は固かったのですが
検察はミアの健康状態から裁判が長引けば無理だし
今の時点でも確かな証言が得らると思えないと却下してしまいます。
ミアの思いが理解できたメアリーはミアの保護だけでもと考え
安全な生活を保障することにします。
ところがメアリーの態度に憐れみを感じたミアは
逆にメアリーを突っぱねてしまいます。
そのときミアの病状はかなり悪化していました。

ミアはメアリーに大事に思っている姪に会いたいと頼みます。
もう今しかチャンスはないとわかっていたメアリーは
一族の集まりの中にミアを連れて行きます。
そして姪との時間を確保してあげると
ミアは姪にここから逃げ出して自由に生きるようにと諭します。
その後ミアは息を引き取ります。
メアリーは大切な朋を失ったと落胆します。

マーシャルが担当していたパトリックはプログラムが終了することになり
マーシャルは最後の小切手を渡しに行きます。
すると部屋に高価な絵が飾ってあるのを見つけ
マーシャルは不審に思います。
再度フィリップの家に行くと、そこにはビルという男性が来ていました。
マーシャルはパトリックの通話記録などを調べて行くうちに
ビルがフィリップの恋人であることに気付きます。
他人を連れてくることは危険なのに。
マーシャルは二人で別の州に越すことを提案しますが
ビルはOKでもフィリップはカミングアウトできずにいます。
マーシャルはまずビルに素直に自分の気持ちが打ち明けられるようにと勧め
フィリップはちょうど通りかかった隣人に
ビルを愛していると伝えることができました。
フィリップは一歩前進、これでビルと幸せに暮らせることでしょう。

ジンクスはブランディが連れてきた腹違いの弟スコットに会い複雑気分。
最初は元夫への怒りを強めていましたが
スコットを受け入れることができました。
メアリーとジンクスは家族のありがたみをかみしめます。

Glee S4-#1 「舞台はニューヨークへ!」

いよいよS4
メインキャストの半分が卒業してしまって
どのようにGleeが存続していくのか気になっていましたが
NYADAへ入学したレイチェルのNYパートと
在校生たちが次のレイチェルの座を狙うマッキンリーパートが
同時進行していくようです。

NYの方はKate Hudson演じるカサンドラの鬼コーチぶりには圧倒されましたが
ブロードウェイを目指すレイチェルの試練の始まりになんだか新鮮さが感じられないのは
毎週Smashを観ているせいですね。
本当にレイチェルには申し訳ないけど
Smashの方が当然レベルが高いし、見応えあるんだもん。
でもシャワーでSister Christianが聞こえてきたときは
フィンの登場の再現か?とワクワクしちゃいましたよ。
こういう懐かしのロックでしみじみできるのがGleeのよさですから。
歌ってたNYADAの先輩のブロディ。
レイチェルとどう絡んでいくのかな。

地元でバイトしながらうだうだしていたカートは
ブレインにアドバイスされNYへ出ることを決意します。
バートもカートを応援。いい父親だよね。
寂しさに耐えかねていたレイチェルは
カートが来てくれたことで元気百倍です。

でも他の卒業生たちはクレジットのみで顔は見られず。
確かにバラバラになった彼らを追うのは無理な話だし
この先に再会シーンがあるようですが
インパクトの強かった人たちだけに
いないのは寂しいです。

逆に在校生たちは存在感が薄くなってる感じですが
ユニークが残っていたのは感動的。
まさに第二のメルセデスですよね。
女装も基本だし、大いに期待できます。
ジョーもまだいたのにはちょっとびっくりでした。
もっと目立ってもいいのに。
プロジェクトの他の人たちはもう出ないのかな?

Glee部は新メンバーのオーディションを行います。
圧倒的な歌唱力を持つ転校生のマーリーは
太った母が学食の厨房で働いていて
みんなに馬鹿にされているのが気になってたまりません。
そしてついに母のことを白状するのですが
常に弱者の味方になれるのがGlee部の強み。
マーリーは無事仲間入りできそうです。

一方歌がうまいのに態度が悪いジェイクは
パックの義理の弟であることが判明。
しかしパックより数倍扱いにくそうです。
素直に集団行動できるようになるのかな。
チア部のキティはかつてのクインを見ているようで
でもそのうちGleeのカラーに染まるのかな?

この先あまり突飛な展開にならず
かといってマンネリもせず
素晴らしいパフォーマンスを見せてもらえれば嬉しいかな。
彼らの青春を一緒に楽しませてもらいましょう。

Law&Order S10-#15 「恋の代償」

前回はSVUとのクロスオーバーでしたが
今回はSVUのお手伝い。
SVUが始まった時は本家の人たちがちらちら顔を出していたし
スコダやロジャースは仕事を兼任しているので
SVUの本家モードはかなり強かったんですが
本家でSVUの人たちを紹介したから、さらに親密度を増したくなったのか
ステーブラーの出番が少なかったので増やしてあげたかったのか…
ベンソンとステーブラーがゲスト出演しています。

取り壊される予定のビルに少女2名の遺体発見。
二人ともドラッグを使用しレイプされていました。
身元が分かったのは体に付着していた粘土。
記念のマグカップを作っていたので確認できたのですが
一人はフィラデルフィアから来たジェニーで
もう一人はスウェーデン人のアネカ。
ジェニーの両親に確認すると
アネカは留学生でジェニーの所にホームステイしていました。
そして二人はジェニーの姉のローラとNY観光に来ていたのですが
ローラの姿が見当たりません。

ローラを探すために、同類の性犯罪がないかを調べる必要があり
ヴァン・ビューレンはSVUにコンタクトを取ります。
助っ人に来たのがベンソンとステーブラー。
ナッソーで同様の手口でのレイプ殺人があり
容疑者としてピーターの名前が挙がります。
ピーターは無関係を装っていましたが
その後顔を殴られ傷を負ったローラが見つかります。
ここから驚愕の事実が…

ローラの状態を見ていると
ピーターがジェニーたちをレイプして殺害し、ローラにも傷を負わせたように思われますが
ローラはピーターを愛していると言い出します。
NYでピーターと出会ったローラは
ピーターを満足させるために処女のジェニーを差し出した。
ジョニーにドラッグを与えてレイプさせたところ
ジェニーが嘔吐物を詰まらせて死んだために遺体を放置。
一緒にいたアネカは殺されてしまいます。

ローラはピーターが恐ろしくて従った。
ピーターはローラが促したと二人の証言が法廷で割れますが
マッコイさんが取引きをうまく利用してローラの罪を重くします。
大体妹が死ぬ過程を淡々と話す姿は普通じゃないでしょ。
SVUでも滅多にありそうにない、残虐な事件でした。

ローラを演じているのがこれが2度目の登場のGrey's Anatomyのメレディス。
前回もとんでもない娘でしたが、グレードアップしましたね。
やっぱりメレディスは苦手です。
さらにローラの弁護士がOZのブスマリスでしたから。
彼は弁護より穴掘りの方が向いてるんですけど(笑)
ベンソンとステーブラーは途中までお手伝いして姿を消してしまいましたが
できれば法廷にまで顔を出してほしかったな。
向こうが忙しくてそれは無理かもしれないけど。

CSI:NY S8-#5 「コートに描く夢」

マイアミの方はいつの間にか次回がファイナル。
チャックのお見事お兄さんがどうしてここにいるんだ?なんて悩んでるうちに
とんでもない終結を迎えそうで。
ほっさんのぶっ飛び度に期待するのみですが…

NYの方はダニーが何事もなかったようにラボにいました。
だったら巡査部長になる必要はなかったのに(しつこい)
バスケット選手で将来の活躍を期待される弟と
かつては選手を目指していたのに怪我で挫折
ドラッグに溺れる兄のお話。
出所した兄の恋人が殺され
当然兄に殺人の疑いが掛けられます。

不幸な兄はKnight Rider NEXTのマイケル。
ナイト2000に乗ってないと情けない役が多いよね。
Ringerでも気付いたら殺されてたし。
今回もまさか犯人?でしたが
しっかりハメられていただけで
最後は兄弟で仲良くバスケをしていてめでたしめでたしでした。

事件の根底にある兄弟の絆を見ていて
ドンちゃんは妹のことが気になります。
リハビリ更生中の妹ですが
履歴書に正直に記入するとどこも雇ってくれません。
だから嘘を書いていることを知ったドンちゃんが怒ります。
ジャーナリストの道を諦めるな。
妹はエリートコースを歩くドンちゃんに反発しまくりますが
ドンちゃんは事件解決後、NYPDキャップを持って妹に会いに行きます。
妹にNYPDの広報担当の職を見つけてあげました。
NYPDは逮捕歴があっても、警察関係者なら雇ってくれるようです(ホントに?)
縁故就職大歓迎なのはBlue Bloodsを見てればわかりますが。
これでしっかり更生できることでしょう。
L&O一族を緊張しながら観ていると、CSIはユルいなぁと感じる今日この頃です。

Law&Order S10-#14 「疑惑の財閥令嬢 Part2」

やっとSVUとのクロスオーバー後半を視聴。
かつて前半を観たとき、この先どうなるのかなとは気になったものの
どうせ観られないし…といつの間にかエピソードそのものを忘れていました。
そんな状態で観はじめたら全くの意味不明。
というわけでまずSVU部分を再視聴。
それから後半を観たらなるほど!面白かったです。

以前観たときの感想(HPにアップしたもの)
当時英語版での視聴だったのでずいぶん簡単です。

朝、公園に止められた車の中で、男性が後頭部を44口径の銃で撃たれて死亡していた。男性は前の晩に有力者の娘、ステファニー・マローニーと一緒にバーで飲んでいたことが明らかになる。SVUはステファニーに話を聞くと、白人でバディ・ホリーのようなサングラスを掛けた男が男性を撃ったと証言する。だが証言が曖昧なために、クレイゲンはステファニーを逮捕する。
ところが手口も状況もよく似た殺人事件が再発、やはり現場にいた女性から、同様の犯人像が浮かび上がる。容疑者はかつてブリスコーらが挙げていた男だった。取調べにはブリスコー、グリーンも加わり男が容疑を認めたために、クレイゲンはステファニーに誤認逮捕を謝罪にいく。だがマンチは、最初の殺人事件の容疑者はステファニーだと強調する。

「Law&Order」とのクロスオーバーエピソードの前半。事件の真相はL&O S10 でオンエアされた「Entitled Pt.2 」で明らかになります。L&Oからはブリスコー、グリーンの刑事組のほか、クレイゲンと打ち合わせ法廷に出るために、マッコイ、シフ、カーマイケルらの検察組も顔を出しています。このころのSVUには担当検事補が詰めていないために、本格的な裁判のシーンになると本家の手助けを得なければなりませんでした。また法廷シーンは後半でじっくり観てもらうようにと本家とクロスオーバーの形を取るスタイルは、この先のエピソードでも出てきます。
新たな殺人の容疑者として挙がってきた眼鏡の男アーサーを尋問するシーンで、マンチがかなり熱くなっています。ブリスコーやステーブラーの冷静さと対照的。そして事件は解決したかに思えたが、マンチは納得していません。マンチの熱意が後半にどのように関わっていくのかが気になりますが、後半は観られないのが残念です。後半にはSVUからはベンソン、ステーブラー、クレイゲン、マンチが出演しています。
殺人の容疑を掛けられたステファニーを演じたNoelle Beckは「Rescue Me」でトミーやジョニーの異母妹として現れたマリエルを演じていました。


13年近くたってやっと結末が見えました。
まずマンチの疑問は的を得ていましたね。
今回改めてSVUのS1を観ると、当然ながらみんな若い。
そしてマンチがやたらと元気です。
昔はこんなに饒舌だったんだ…しみじみしてしまいました。
クレイゲンのテンションも高い。
偉大なるシフに食ってかかる姿は
さすが本家出身だと大いに納得させられました。
さらに立派なのが検死官ロジャースです。
彼女はクロスオーバーだからじゃなくて
この頃は本家とSVUを普通に掛け持ちしてましたからね。

後半ではせっかくのクロスオーバーを生かして
ブリスコーとマンチの仲良しオヤジ組と
グリーンとベンソン組に別れて捜査をしていました。
ステーブラーは初めだけの登場。
もう少し仕事させてもらえてもよかったのに。

一度はマローニー家に頭を下げたクレイゲンですが
ステファニーの起こした事件をもみ消すために
弁護士ラムジーが仕組んだ殺人を暴いていきます。
真実が明らかになれば黙っていないのがマッコイさん。
容赦なくマローニー家をたたいてきます。
政界に大きな影響力を与えているレジーナ・マローニーは
シフともかなり親しげな様子だったし
シフは微妙な立場で様子を見守っていましたね。

ウッドラフにレイプされかけたステファニーは
ウッドラフを殴って気絶させ
娘の厄介事を片付けるために
ラムジーはギャングを雇ってウッドラフを始末。
でもステファニーが容疑者になったために
また金を積んで次の殺人事件を起こし
かつて27分署が追っていたバディ・ホリー風眼鏡男による
連続殺人事件に仕立て上げていたのでした。
名家を守るためにはここまでやってしまうんですね。
金の力が物を言うし。

結局ステファニーの偽証罪は有罪となりますが
私は関係ないと突っぱね続けたレジーナは無罪放免。
これだけ図太くないと金持ちにはなれないってことなのかな?

Law&Order SVU S12-#10 「Rescue」

ジルが自宅で開いていたパーティで、酔い潰れていたケイトリンの顔に、みんながペンで落書きをする。ジルはみんなを帰しケイトリンを起こそうとすると、ケイトリンは頭皮から出血していた。犯人はケイトリンの頭を鏡にぶつけ、ソファに突き飛ばしたようだ。SVUの事情聴取に対し、ジルはケイトリンはパーティに招待されておらず、みんな彼女を恨んでいたと話す。
ケイトリンは病院に搬送されるが死亡する。死因は硬膜下血腫で、脳出血の後呼吸停止した。レイプの痕跡があり、青い物質が検出される。
ケイトリンは3年間に自分が寝た15人の男性の情報をパワーポイントにまとめ友人に見せるつもりだったが、それがネット上に流出したため嫌がらせメールを受け取ったり、広告会社を辞めさせられたりしていた。被害者の男性たちはそれなりに不満を持っていたが、中でも唯一恋人のいるアッシュは、浮気をばらされたことを怒っていた。アッシュの恋人がジルで、ジルはケイトリンのせいでアッシュとの仲がこじれたと彼女の死を喜んでいた。ジルがケイトリンをパーティに招待していたメールも見つかる。SVUに追求されたジルは、ケイトリンを殺す気はなく恥をかかせたかった。ケイトリンと口論になった時、彼女がつかみかかったので突き飛ばしたら鏡にぶつかった。ケイトリンが血を流していたのでパニックになってソファに放置したと白状する。しかしレイプ犯は別人だった。
レイプ検査の結果、ケイトリンの体内から除細動器専用ジェルと医療用手袋のパウダーが検出される。ケイトリンをレイプしたのは救命士らしい。
ケイトリンを搬送したのはベテラン救命士のオドゥールと若いティンタだった。オドゥールは何度も表彰を受けていたが、ティンタはかつて恋人がレイプされたと通報してきたり、患者を搬送中のわいせつ行為で訴えられたことがあった。ベンソンとステーブラーはオドゥールたちにケイトリンの搬送の確認表を見せるように問うと、二人は出動してしまう。オドゥールはティンタをかばっているようだ。二人が救急活動を行った近くで、盗難事件が頻繁に起きていたことも確認された。二人は秘密を共有していると思われた。
自宅の内覧会を行っていたドノホは、不安発作を起こしてオドゥールたちの救急車で搬送された。その直後ドノホ夫人の指輪が紛失するが、夫人は内覧者の誰かが盗んだと思っていた。ステーブラーらはオドゥールを事情聴取し、オドゥールが救命活動中にドノホ宅のトイレを借り、指輪を盗んだことを自白させる。オドゥールは生活に金がかかるため盗みを働いていたことを認め、ティンタの起訴への協力を約束する。
フィンとステーブラーが張り込んでいると、オドゥールとティンタはカフェに入る。オドゥールは昨日ティンタをかばってやったことを確かめた後、ティンタが過去に救急車でレイプした女性のことを話すように仕向ける。ステーブラー達が踏み込んだときティンタはオドゥールのワイヤーを見つけ、カフェから飛び出すと救急車に閉じこもる。そして薬を首に注射して自殺する。

ベンソンがカルビンにランチを渡して見送ろうとすると、カルビンは美術の時間に描いた絵をベンソンに渡します。絵はベンソンの姿が描かれ、Calvin Bensonと署名されていました。ベンソンはカルビンにビビアンや父親を探していると話すと、カルビンは父の名はデビッドで、ママが追いだしたと伝えます。
ベンソンはカルビンの父親を探すために、カルビンのDNAサンプルをラボに送るつもりでしたが、デスクの中に入れっぱなしにしていました。ステーブラーが見つけてラボに送ります。
ドノホ家を捜索中に、室内にビビアンと友人のサラの指紋が見つかります。ビビアンはNYを出ておらず、内覧会で盗みを働いていたと考えられます。ベンソンはビビアンを見つけようとしますが、クレイゲンはベンソンは息子の養育者だから捜査から外れるように命じます。ジリアンも10年以上ベンソンと組んできたステーブラーに、事件から手を引くよう促します。フィンとマンチがドノホ家へ行き、ビビアンがクレアと名乗って内覧会に来ていたことを確かめますが、ベンソンはカルビンの学校に行くふりをして、一人でビビアンを探します。
ベンソンに発見されたビビアンは、ベンソンが自分の家に踏み込んできて全てを壊したと怒り、サラと一緒にいる自分は幸せだと話します。バーロック殺害について尋ねると、バーロックの家に招かれたビビアンは、キッチンで見つけたフライパンで彼の頭を殴って殺し、すっきりしたと自白します。だがベンソンとステーブラーはビビアンを尋問したことでクレイゲンに叱責されます。
そこへサラが、バーロックはビビアンではなく自分が殺したと出頭してきます。ビビアンはサラを愛していて、サラは自分のためにバーロックを殺してくれたと話し始めます。ビビアンはサラとリハビリ中に出会い、運命の相手だと感じました。だが二人ともクスリに逃げ、ビビアンが父の姿を知った時、サラはビビアンを救おうとしてバーロックを殺害したのでした。
罪状認否でサラは殺人罪、ビビアンは窃盗罪に問われます。その直後法廷から車に乗ったサラは何者かに撃たれて死亡します。サラがバーロックを殺したため、バーロックに操られていたギャンブルが復讐のためにサラを殺したと疑われますが、ギャンブルは現場を見ており、男がサラに近づいて3発撃ち、サラの顔につばを吐いたと供述します。
顔に付いた唾液のDNAはカルビンのDNAと部分的に一致、カルビンの父親のデビッド・ドラッガーのものでした。デビッドはサラを撃ったことを認めます。デビッドはビビアンにリハビリを勧め立ち直らせようとしましたが、サラと出会ったビビアンはまた依存症になり、カルビンを連れてサラの所へ行ってしまいました。デビッドが戻ってきてほしいと思っても叶わず、妻と息子を奪ったサラをデビッドは撃ち殺したのでした。
児童保護局がベンソンに、カルビンの法定後見人の権利を取り消す書類を渡します。デビッドが自分の両親を、カルビンの後見人に選んでいました。カルビンはベンソンと離れたくないと叫びますが、ベンソンにはどうすることもできませんでした。

恋人の浮気相手を殺害した事件に
救命士に因るレイプ事件のおまけつき。
救命士ファンとしては悲しいです。
ドラマには悪徳警官も出てくるから
犯罪救命士がいても仕方ないけど…
これって青い瞳のトビーが発見してくれたら
どんな説得をして逮捕にこぎつけたのかな。
同業者なら違うアプローチがあり
ティンタがさっさと自殺せずに、きっちり供述が取れたかも
法廷に持ち込めない展開は不満が残ります。

でも救命士が患者にわいせつ行為で訴える話って
TWカルロスも被害に遭いましたね。
あれは全くの誤解だったんですが、カルロスは相当へこんでたっけ。
救命士の仕事って一刻を争うし、大変なんだから。
だからって犯罪に走ってほしくなかったな。

後半はビビアンの事件のその後。
バーロックを殺害したのがビビアンの恋人サラだとわかったら
今度はビビアンの夫がサラを殺害します。
これって今週のL&Oでトム・べレンジャーの出演エピ「不実の犠牲」と
途中の流れが似てたかも。
本家の方は本当に妻の恋人を恨んでいたのは娘でしたが
妻が浮気した相手が女性だと、夫は相当堪えるんだろうな。
ベンソンがカルビンをずっと育てるのは難しいと思うので
これでよかったのかも。

The Young Riders: The Complete Third Season


Young Riders Complete Season Three [DVD] [Import]Young Riders Complete Season Three [DVD] [Import]
(2013/01/29)
Young Riders

商品詳細を見る


本日到着しました。
予定より早かったのはありがたいし、値段は1604円でしたから
さらなる感激。
1シーズンでこの値段なんて、本当に申し訳ないくらいです。

だから許してあげるけど、ツッコミたい部分は多々あり。

まず、このジャケットですよ。
S3なのにどうしてS1の姿かな。
ちなみにかつて買ったS1の箱はこちら。


Young Riders: Complete First Season [DVD] [Import]Young Riders: Complete First Season [DVD] [Import]
(2006/03/21)
Stephen Baldwin、Josh Brolin 他

商品詳細を見る


同じ日の別のアングルから撮った写真でしょ。
それでS3は巨大マッコイさんよりひどいと思います(笑)

さらに箱の上部に書いてあるキャスト名にびっくり。
拡大するとこんな感じです。

IMG_0962.jpg

何故ここにサムがいるんだ??
Brett Cullenファンの皆様。
間違ってもS3は買わないでください。一瞬たりとも出てきませんから。
ついでにエマの名前も載っていて、かわりにノアは無視されています。
あんまりでしょ。

BOXのふたは上に開くので取り出しやすく
マラソン箱よりは便利です。
中に同じジャケットのケースが2つ入っていて
ディスクは計5枚。
でもこれは手抜きでしょ。

IMG_0963.jpg

マラソン箱のディスクの方が愛がこもっていました。
なんだかいろいろ微妙だけど
まずはまだノーカット版を観る機会がなかった大好きなエピ
The Blood of Others (逃亡の果て)からでも
楽しんでみようかなと思っています。

In Plain Sight S3-#8 「マーシャルの父」

ついに噂?のマーシャル父のセスが登場。
ファルコン作戦とかで合同捜査に当たることになりますが
セスは密かに息子マーシャルの査定に来たようです。
マーシャルはすごくやりにくそう。
だってあまりにも雰囲気が違いすぎるんだもん。
父親は直球勝負って感じで、ウンチクを垂れる様子もなさそうだし。

メアリーはこの親子の関係が興味津々で
3人で捜査を開始するとあれこれ聞き出そうとしますが
ますます険悪な雰囲気になってしまいます。
追っていた容疑者のアジトを見つけたとき
3人の容疑者のそれぞれを3人が追いますが
メアリーは捕まえたものの、
セスは若者を追うには体力が足らず
マーシャルは出てきた車に乗っていた青年の姿に戸惑ってしまいました。
彼はかつてメキシコからの麻薬の密輸に関わり
証人保護の対象になっていたビリーでした。
マーシャルはビリーに高校生としての再出発の手助けをします。
「一事が万事」であることの大切さを伝えながら。

セスは事件にマーシャルが担当している人物が関わっていることが不満。
やりにくくてたまらないマーシャルはメアリーとともに
別に捜査を続けようとします。
現場から金を持って逃げ出したアンバーがビリーとかかわりを持ち
ビリーはマーシャルを信じ、マーシャルに助けを求めています。
マーシャルはビリーを救おうとしますがセスの邪魔が入り
セスはさっさとアンバーを逮捕してしまいました。

おっかないオヤジに尋問されてもアンバーは黙ったまま。
そこでマーシャルが変わると、アンバーは事情を話し始めます。
アンバーは真犯人のリアムを呼び出すことに協力しますが
それとは別にビリーがリアムにコンタクトを取ったため
リアムは警察の動きを知ってしまいます。
お互いが銃を構える中で、リアムに狙われていたセスを救ったのがメアリーでした。

ビリーがアンバーに語った一事が万事は
セスがマーシャルに教えた言葉でした。
そしてセスはマーシャルが子どものときに描いた絵を
ずっと大切に持っていました。
父は息子を理解していないようで
ちゃんと気にかけていてくれたのです。
メアリーの蒸発した父とは対照的。
ピーターから借金をして姿を消したブランディが連れてきた男性が
メアリーとブランディの腹違いの弟なんだそうで
ますます複雑なことになっています。

Law&Order S18~S20BOX発売


LAW&ORDER/ロー・アンド・オーダー〈ニューシリーズ4〉DVD-BOXLAW&ORDER/ロー・アンド・オーダー〈ニューシリーズ4〉DVD-BOX
(2013/02/27)
ジェシー・L・マーティン、S・エパサ・マーカーソン 他

商品詳細を見る



LAW&ORDER/ロー・アンド・オーダー〈ニューシリーズ5〉DVD-BOXLAW&ORDER/ロー・アンド・オーダー〈ニューシリーズ5〉DVD-BOX
(2013/03/27)
S・エパサ・マーカーソン、ジェレミー・シスト 他

商品詳細を見る



LAW&ORDER/ロー・アンド・オーダー〈ニューシリーズ6〉DVD-BOXLAW&ORDER/ロー・アンド・オーダー〈ニューシリーズ6〉DVD-BOX
(2013/04/24)
S・エパサ・マーカーソン、ジェレミー・シスト 他

商品詳細を見る


よくわからないけどニューシリーズの後半(だよね)が
ようやく発売となります。
これでルポカタボックスが手に入る!と
とりあえず喜んでみますが
箱4、マッコイさんでかすぎ。
偉いからいいとしても、これは極端でしょ。
そしてカッターさん小さすぎ。
ドラマで占める割合はマッコイさんより大きいのに。

そして箱5と箱6
こんなにつまらない箱なんですか?
仮の姿だと思いたいです。

とりあえず箱4を予約しました。
ゲットしたらまた感想を述べたいと思います。

Law&Order S10-#11 「最後の約束」

公園で女性の悲鳴が聞こえたと隣人が通報。
公園を調べに行くとと血の付いた服と眼鏡が発見されます。
眼鏡はカレンのものでしたが、一人暮らしの彼女は統合失調症を患っていました。
そのうちカレンの遺体が、海の近くのコンテナの中から発見されます。
カレンはレイプされ首を絞められたと思われましたが
遺体には服が掛けられていました。

残された証拠や周囲の者の証言から
容疑者として挙げられた男がライカーズから出所してきたハーベイ。
彼は双極性障害と診断されライカーズを出入りしていました。
ハーベイの逮捕に際しては本人を脅かさないようにと両親の確認を取り
主治医も呼んでヴァン・ビューレンは細心の注意を払ったのに
よくわかってない制服警官が発砲して焦りました。
かすり傷でよかったけど。

統合失調症の女性を殺したのは双極性障害の男。
取り調べがとても難しくなってきます。
ハーベイが話していることがどこまで真意なのかわからず
マッコイさんは死刑を宣告したくても精神障害で片付けられてしまったら
なすすべがありません。
スコダはハーベイを診察して責任能力を持っていることを確認。
すると弁護士のメルニックは(彼女は時々出てきますね)
ハーベイの投薬をストップさせてしまいます。
薬を飲んでいればきちんと話ができても
薬を断ってしまったら不可能になってしまいます。
それこそ責任能力がなくなりますが
これは本末転倒と判事も判断してくれて
投薬は再開されました。

カレンがレイプされたかどうか
本人から確認することはできず
ハーベイが同意の上だといえばレイプを実証できません。
難しい局面を迎える中で、カレンの家の壁にハーベイの写真が貼ってあるのが見つかりました。
二人は近くの施設に入っていたことがあり知り合いだった。
そしてハーベイの話では二人は愛し合っていて
しかしカレンは自分の将来を憂い、死にたいと考え
ハーベイがそれを手助けしたのでした。
純粋な愛ゆえの行動だったのかもしれないけれど、悲し過ぎます。
カレンもハーベイも両親がいるのに放置状態で
病気と闘っていかなければならなかった。
環境が異なっていたら不幸は生じなかったのかな。
いつもながら難しい問題です。

Law&Order S10-#10 「親という魔物」

高校生のクリスが首を切り裂かれ、ポリ袋に入れて捨てられていました。
ゴミの回収の人たちがポケモンカードが60ドルで取引されると言ってましたが
ポケモンが海外で爆発的人気となった頃ですね。

殺害されたクリスはウェイトリフティング部に所属し
寄付金集めのためにチョコレートを売っていたことが確認されましたが
生徒たちの話を聞いていると、クリスはいじめられていた模様。
強くなりたくてウェイトリフティングを始めることにしたようですが
効果は現れませんでした。
いじめには「フリークス」と呼ばれるグループが関わっていたことがわかり
メンバーのジョンが容疑者として挙がりますが、決定的な証拠が見つかりません。
それでも教師に話を聞いたり、ジョンの部屋を調べているうちに
ジョンは殺戮ゲームにのめり込んでいたことが判明。
これは人気ソフトでマッコイさんの甥もハマっていて
やらせてもらったマッコイさんも夢中になってしまったようで
またマッコイさんの隠された一面が見えてしまいました(笑)
さらに自宅には鍵のかかった秘密の部屋があり
ゲームを実体験できる武器などが置かれていました。
そこにはクリスを切ったと思われる鎌もありました。
鎌はKamaなんですね。なるほど。

マッコイさんはジョンを殺人罪で挙げたいのですが
父親のガードが固くて困難な状態です。
父親ロバートを演じているのが、OZの良心マーフィー。
今はどっかりと立派なオヤジになってしまいましたが
ちょうどOZの時代のL&Oなのでそのままマーフィーが来た感じです。
でも息子を守る姿勢を崩しません。
するとシフがマッコイさんに
ロバートを殺人罪で起訴するように促します。
息子に武器を買い与えたのは親の責任。
確かにその通りだと思います。
さすがシフ、筋が通ってる!

法廷でロバートと弁護士は子育てに干渉するなと突っぱねますが
母親サンドラの叫びが一変させてしまいます。
サンドラは今まで我慢し続けていましたが
ジョンの弟まで同じように育てられるのかと思うととても耐えられなくなってしまいました。
サンドラの説得でジョンはクリスを殺したことを認めます。

いじめの問題は後を絶たず
そんな中でシフの判断は正しいと思います。
未成年の子供たちをまっすぐに育てていくのは親の責任でしょう。
親は真剣に子供と向き合うこと。
でもそれができない現実もL&Oの世界では描かれているのが辛いところですが…

CSI:NY S8-#4 「疑惑の銃弾」

せっかくメッサー巡査部長の活躍が期待できると思ったのに…

ダニーが部下たちが飲んでいるバーに行き酒をおごっていたら
相当酔っている男がクーパーに絡んできます。
このときダニーは飲んでいませんが
警官ではなく一般人として男を外に連れ出します。
それからしばらくたってダニーたちが帰ろうとしたら
外で男が仲間二人と待ち伏せていました。
酔っているのにそこまでリベンジする気があるのが意外なんですけど
とにかく男がダニーを酒瓶で殴ってダニーは倒れて意識を失い
その後男がクーパーに向けて銃を撃ってきたため
クーパーはダニーの銃を持って撃ち返したら男に命中し
男は即死してしまいます。
このとき銃を持っていたのはダニーだけだったので
クーパーはとっさにダニーの銃を手にしました。

このままの筋書きではクーパーの正当防衛が通りそうですが
ダニーは気を失っていて、目撃者は部下のフォーリーとケイツだけ。
さらに撃った男ピートの銃が現場に残っていません。
銃が見つからなければ正当防衛も通りません。
早速CSIは細かい証拠を探して現場を検証。
ダニーたちはIABのアドラーの内務調査を受けることになります。

そのうち男たちがアブサンを飲んで酩酊していたことや
銃を撃ったのはピートではなく別の男であることなどが明らかになってきます。
男が撃った銃弾は回収できましたが、
同じ銃でペイントボールの標的になって稼いでいた男が撃たれて死亡します。
犯人はまだ銃を持っていて、次の犠牲者が出るかもしれません。
ほどなくしてピートと犯人と一緒にいたもう一人の男が
撃たれて病院に行き銃弾を摘出されます。
撃たれた男はクーパーがピートを撃った後、犯人に突如撃たれたのでした。
撃った男トラヴィスの素性がわかります。

さらに現場に落ちていた羽がバーレスククラブとつながり
トラヴィスと別れた恋人がクラブで踊っていました。
そこにトラヴィスが現れ銃を構えたところを
マックとドンちゃんが捕らえます。
事件は一件落着なんですが…

ダニーは何も間違ったことをしていないし
証言も確かでした。
しかしクーパーが最初ピートが撃ってきたから撃ち返したという証言は嘘で
さらにダニーに言われて嘘の証言をしたと、新たな嘘をついてしまいます。
嘘の上塗りを激しく叱責したのはリンジー。
アドラーの言うとおり、組合の弁護士よりよっぽどリンジーの方が役立ちそうです。

IABが嫌みたっぷりなのは当然のことで
あくまでも公正な立場での事件の調査が
警官を守ることに繋がってくるので
相当の仕打ちも覚悟しなければなりません。
しかし新米巡査部長のダニーにはキツかったね。
部下を指導できなかった責任は問われても仕方ないけど
だから降格では巡査部長の地位って何なの?とツッコミたくなってしまいます。
ダニー自ら降格を決意したようですが
みんなでそれをよしとしてCSIに受け入れてしまうのではなく
やはりもう一度仕切り直しで巡査部長にトライして欲しかった。
散々嫌味を言われ非難されても
自分に自信を持って警部補の仕事を全うしているヴァン・ビューレンの姿などを見ていると
ダニーは甘いぞ!というかCSIが特殊な存在でありすぎるのかも。

どうもNYPDに対する思い入れが強すぎて(汗)
とにかくもっとダニーに巡査部長をやっていて欲しかった。
というか意味ない昇進だったよね・・・がっかりです。

しかし内務調査でのやり取り等は面白くて楽しんでいたら
監督がTWサリーだったんですね。
L&Oではあの「デンジャラス・ウーマン」でIABもやってました。
さすがNYPDを知り尽くしてる!
ちらっと顔を見せてくれてもよかったのに…

La Femme Nikita S4-#18 「地下室の悪夢」

IMG_0954.jpg

久々にニキータです。
S4後半バーコフが死亡、でもその前に都合よく双子のジェイソンの存在が明らかになり
バーコフの仕事をジェイソンが引き継いでいます。
さらにクインという新人お姉ちゃんが
セクション内で幅を聞かせ始めています。
クインは気がついたらレギュラー入りしてましたね。
ニキータとマイケルの関係はそれなりに安定。
相変わらず世界中でテロリストたちは悪さをしているようです(苦笑)

今回もテロリストが持っているデータを奪いに行くという
ハイテクなんだかローテクなんだかよくわからない任務に皆さん駆りだされ
ニキータが敵に撃たれて建物から落ちてしまいます。
その時近くを通ったのは傷ついた動物たちを捕まえてきては治療している
自称ドクターのヘンリー。
ニキータを連れて帰り手当てを始めましたが
ニキータを地下室のベッドに縛り付けて監禁状態にしてしまいました。

超マザコンでお母さん以外の女性は知らないと言い切る
とんでもなく怪しいヘンリーですが
演じているのはあのティー様!Robert Knepperです。
L&Oゲスト出演時のバイカーも相当怪しげでしたが
今回のヘンリーって、まさにティー様うってつけな変態チック。
というかティー様だからこそできる役?
以前観たときはティー様を知らなかったから
たぶん不気味なオヤジくらいにしか感じなかったと思いますが
今観ると本当にお見事なハマリ役でした。

ヘンリーはケーキを持ってきてお祝いしてくれるかと思うと
水は飲ませてくれず
でもニキータは隙を見て鎖を解き
塗り固められた窓を見つけて壊して脱出しようとします。
ところがあっさりヘンリーに見つかりまた繋がれてしまいました。

点滴を打たれ。気がついたらウェディングドレスを着たまま繋がれていたニキータ。
逃げ出すためには鎖を解いてもらわねばなりません。
ニキータはヘンリーに正式にプロポーズして欲しいと
身動きが取れるように願い出ますがヘンリーは動じません。
ニキータが逃げ出すチャンスを見つけても今度は母親に封じられるし。

IMG_0953.jpg

結局地下室の母親のもとでヘンリーとニキータの結婚式が行われることになり
ヘンリーが喜んでいたらデータを持っているニキータを見つけたテロリストがやってきて
ヘンリーは簡単に撃たれてしまいました。
それもおでこに一発!狙われ具合もティー様らしかった。
今度はテロリストにとらわれるニキータですが
ようやくマイケルがやってきて
ウェディングドレス姿のニキータを救い出してくれます。
長官に休暇申請をして一人で勝手にニキータ探しをしていたマイケルは
「ニキータなしには生きている意味がない。」ととんでもなくクサい決め台詞を発してましたが
マイケルがつぶやくとなんでも正しく聞こえるから不思議です。
そして二人はしばし幸せなときを過ごしたのでした。

やっぱりティー様ってご迷惑キャラだよね。
でもこれでさらにニキータとマイケルの愛が深まったんだから
少しは感謝されるかも(笑)

Law&Order SVU S12-#9 「Gray」

ハドソン大でレイプ被害について訴える集会が行われ、ステーブラーがキャスリーンに頼まれ招待講演者としてステージに上がったところ、べサニーがチャック・ミルズにレイプされたと叫びながら逃げてくる。ステーブラーは誤解だと言いながら追いかけてきたチャックを逮捕する。
べサニーの供述では、5月頃飲み過ぎたべサニーが歩けなくなったとき、初対面のチャックが介抱し自宅に泊めてくれたが、べサニーが気がついたらチャックにレイプされていた。一方チャックは床に寝ていたらべサニーに誘われたと反論する。べサニーはチャックはレイプ犯だとするサイトを作って訴えたが、チャックはその内容はでたらめだと非難する。SVUではべサニーがレイプされたかどうか議論するが、レイプの立証は難しかった。
べサニーは大学にレイプされたと報告し、チャックは懲罰委員会に掛けられたが、委員会の資料は極秘扱いで、SVUは犯罪の実態も把握できなかった。しかし週2回ものレイプ事件が起きているという事実に対し、大学ではペア制度を提案、飲んでいる学生が堕落しないように監視役を設けるようにさせていた。キャスリーンはべサニーにペア役を頼まれ一緒に図書館のパーティーに行ったが、べサニーとチャックが話していた時キャスリーンは大好きな人と話しこんでしまい、気付いたら二人はいなくなっていた。
ベンソンとステーブラーが図書館のパーティーに行くと、女の子たちと話しているチャックにフェリシアがビールを浴びせ、チャックは逮捕される。チャックはべサニーの話は作り話だと主張、証言に来るはずのフェリシアが2時間待っても来ないため、チャックは釈放される。
キャスリーンがステーブラーに書類を渡す。それはキャスリーンの好きな人が学部長の部屋から盗んできたチャックの懲戒記録だった。キャスリーンはべサニーのために何かしたいと思い、自分の独断で記録を入手したので警察の証拠として伝えるとステーブラーに話す。
ステーブラーが書類に目を通すと、レイプの被害者が他にもいた。フェリシアが「チャックは人殺し」と書いていたため詳細を聞くと、チャックはカーラの赤ちゃんを殺していた。カーラは入学直後チャックに口説かれて妊娠し流産する。その時チャックは自分の問題事が片付いたと自慢していた。
ステーブラーらがカーラに話を聞くと、カーラは子供を産んでチャックと育てたかったと答える。カーラは妊娠8週目に流産したが、その前日チャックはLove Potion #9という媚薬を持ってきてセックスしていた。チャックは第2級堕胎罪で逮捕される。
チャックは媚薬をワセリンとミソプロストールを混ぜて自分で作っていた。ミソプロストールは胃潰瘍の薬だが子宮収縮作用があるため、流産を促進することができる。チャックはミソプロストールの使用を認めたが、弁護士のマドックスは薬物の使用と流産の関連は説明できないと訴え、さらにミソプロストールはバイアグラの代用品として使用したことを裏付けるため、チャックの勃起障害の診断書を付け加える。ただし勃起障害は飲んだ時に限られていた。
ステーブラーらが詳細をカーラに尋ねると、カーラは口をつぐんでしまうが、ようやくチャックは初めての人ではなく、高校時代にも妊娠、中絶していたことを打ち明ける。するとマドックスはカーラの過去や、ステーブラーと懲戒委員会の書類の件を追求してくる。
パクストンはステーブラーに懲戒委員会の書類は匿名の情報提供者がファイルを届けたとすることを約束し、罪状認否でパクストンはチャックを第2級堕胎罪と第1級暴行罪で訴える。するとマドックスが判事クインを非難、クインは利益損犯の恐れがあると自ら担当を外れ、代わりにパクストンを更生施設に送ったルディガー判事が担当することになる。クインに説得されたカーラは証言を決意するが、法廷に現れない。ベンソンらがカーラの自宅へ行くと、カーラはバスルームで倒れていた。死因は毒素性ショック症候群で、胎児が子宮内から排出されず感染症を起こしていたのだった。チャックは第2級故殺罪で逮捕される。

ジリアン不在でパクストンがレイプ事件の担当となります。パクストンはリハビリを終え、仮の復帰を果たしました。ステーブラーは事件の内容やキャスリーンの話を聞き、自分とキャシーの出会いを思い出します。26年前に二人が出会った時、シラフだったら何もなかったのかもしれない。キャスリーンが懲戒委員会の書類を持ち出したことにステーブラーは当惑しますが、警察は関与していないということで書類からチャックのレイプの証拠を探り、カーラに行きあたります。
カーラの妊娠と流産、チャックの対応はチャックのレイプを裏付ける証拠となりますが、チャックの弁護士マードックはしつこく食い下がり、カーラが恐れていた通り彼女が中絶した過去を調べていたり、ステーブラーが懲戒委員会の書類を入手していたことを指摘してきます。パクストンはステーブラーがキャスリーンに書類を盗ませたと非難するとステーブラーが否定、怒鳴り合いになりますが、キャスリーンを証言させるようパクストンが要求するとステーブラーは断わります。キャスリーンが証言したら大学を退学しなければなりません。ステーブラーはパクストンが転落を味わったことを指摘し、娘に同じ思いをさせたくないと頼みます。パクストンは匿名の情報提供者として扱うことにします。
罪状認否で判事クインが突如担当を離れます。代わりに担当となったルディガーはパクストンを敵視し、パクストンは窮地に立たされます。しかしクインは自らの体験をカーラに話し、説得を試みます。クインは40年前ダンサーを目指していましたが、飲みに行ったとき3人の男に部屋まで送ってもらい、彼らに次々にレイプされ薬を飲まされてしまいました。警察に訴えても相手にされず、犯人を探す気配もありませんでした。クインはダンスを辞めます。正義を勝ち取るためには立ち上がらなくてはダメだというクインの励ましを聞き、カーラは法廷で証言する意欲を持ちましたが、流産はカーラの命をも奪ってしまったのでした。

ステーブラーの前に交替で現れるやっかいなおばさん!!
今度は酔っ払いパクストンの復活です。
リハビリを終了しシラフになったと、確かにその通りのようでしたが
法廷でヒールが引っかかり躓いたときは、心配になりました。

久々にキャシーやキャスリーンが登場。
ステーブラー家も落ち着いたようでなによりです。

レイプされる女子大生はもちろん被害者なんですけど
なんでそんなに正体不明になるまで飲むかな?
意識がしっかりしていれば被害にも遭わないだろうし
ペアにお願いするより、まず自分で自分の身を守れと
根本が違うような気がしてしまいました。
飲み過ぎないキャスリーンが正しいです!

Brett Cullen祭り Legacy part1

YRのサムについてまだまだ語りたいのですが、もう一度YRを観る余裕がなくて(汗)
仕方なくすでに閉鎖中のHPにまとめてあったLegacyについてコピペで紹介させていただきます。
Legacyの存在はUPNでオンエアが始まった時から知っていて是非観たい!と思っていたら
幸いにもラテンアメリカでもオンエアが始まり観ることができました。
美しい農園の風景と見事なサラブレッドたち。そしてローガン家の人々にすっかり魅了され
しかも一家の主はBrett演じるネッドで、本当に素敵なドラマでした。
しかし18話打ち切りのためDVD等も存在せず、その一部をYouTubeでかろうじて観ることができるだけです。
部分的では理解も難しいので、
ドラマの概要やキャスト、簡単なエピソードガイドなどをアップしたいと思います。
HPの内容をそのままコピペしたため、10年以上前に書いた文章なのでご了承ください。


1.Legacyとは

Legacy(1998~1999) 1シーズン18話

1880年代のアメリカ・ケンタッキー。アイルランドからの移民であるローガン一族の父ネッドは、祖父の代から受け継がれているタバコ農園と競走馬を育てる牧場、そして美しい屋敷を持っています。彼は妻を亡くしましたが、2人の息子と2人の娘をもち、ローガン家の家名を汚さないよう子どもたちを教育 しています。
長男ショーンは同郷の名家、ウィンターズ家の娘ヴィヴィアンと婚約していますがどうもその気になれずにいます。一方ネッドはニューヨークから養子を受け入れることにしますが、少年だと思って会ってみると実は17歳でなおかつ盗癖が・・
ショーンの婚約破棄をきっかけに、ローガン家とウィンターズ家の諍いは激しくなっていくのですが、ローガン家は大切な遺産を守り続けて行くことができるのでしょうか?

クリス・アボット製作のドラマ「Legacy」は98年にUPNで放映されました。(私が見たのはHallmarkという、家族向け映画を中心に放映するチャンネルでです。)美しい自然と毛並みのいい馬達、豪華な屋敷と優雅な生活、一つ一つのショットの美しさは目を見張るものがあります。
主人公ネッドを演じるのはYRの保安官サムのブレット・カレン。YR時代より貫禄が出て、父の役割を立派に果たしています。 そして、YRファンにとって嬉しいのは、ブレットがメリッサ・レオと再会するのです。メリッサの役名は今回もエマ。ローガン家に養子に来たジェレミーの母という役柄です。
さすがにネッドとエマは恋人にはなりませんでしたが、エマを抱きかかえるネッドを見て、YRの再現かと胸が熱くなりました。YR第1シーズンで幸せな門出を果たした彼らに、こんな形で出会えるとは思ってもみませんでした。

このすてきなドラマを是非日本の海外ドラマファンに見ていただきたいのですが,実現は難しいかも。というのもこれは結論がないドラマだからです。一応の最終話は第18話ですが、父が騙されている事に気づいた息子達は、何とかして父に知らせたいと知恵を絞るところで話が終わっています。ドラマが打ち切りになってしまったのは仕方ないとはいえ、あまりにも半端な終わり方なので納得ができません。
とにかく結論は自分で想像するしかないドラマですが、日本上陸を期待しましょう。


2.キャスト

Ned Logan (Brett Cullen)
ローガン家の主人、祖父の代から引き継いだケンタッキーの地でタバコを栽培し、名馬を育ててローガンの家名を汚さないように努めている。妻を10年前に亡くし、男手一つで4人の子どもたちを育ててきた。養子を含め子どもたちには手こずらされるが、父として彼らを信頼している。ウィンターズ家との間の諍いでは苦労が耐えない。
Brettは1980年代から数多くの映画やTVドラマに出演している。YRの保安官サム・ケイン役では、第1シーズンのみの出演だが鮮烈な印象を残した。

Sean Logan (Grayson McCouch)
ローガン家の長男、タバコ栽培に力を注ぎ、やがて自分の会社を設立することに。お隣のウィンターズ家の娘ヴィヴィアンと婚約をするが、自分はマリタを愛していることに気づき婚約を破棄、その結果ウィンターズ家からさまざまな嫌がらせを受けることになる。長男としての責任感が強く、兄弟には頼もしい存在。
Graysonは「アルマゲドン」他、いくつかの映画やTVドラマに出演している。

Clay Logan (Jeremy Garrett)
ローガン家の次男、馬の買い付けや世話、一流の騎手を目指してトレーニングに余念がない。養子に来たジェレミーが信用できずにいたが、火事をきっかけに心を許すようになった。ついカッとなりやすい性格だが、女性に優しい一面ももつ。
Jeremyは青春ドラマ「Sweet Varrey High」でToddの役名でレギュラー出演していた。最近では「Jack&Jill」にゲスト出演も。

Alice Logan (Lea Moreno Young)
ローガン家の長女。母亡き後、母の変わりに家事の面での責任を負っている。婚礼期が近づき、パーティーにも進んで出席するように言われるが気が進まない。突然現れたジェレミーの存在が気にかかっている。自分の意志を強く持ち、女性の地位向上に一役買うことも。
LeaはLea Moreno名義でいくつかのTVドラマに出演している。

Lexy Logan (Sarah Freeman)
ローガン家の末娘。生まれたときに母が亡くなったので母の顔を知らない。自分の性で母が死んだと思い悩むこともある。家族全員に温かく見守られながら成長してきた。ジェレミーとはいち早くうち解けることができた。馬術の腕は大人にも引けを取らず、父に頼み込んで大会にも出場した。
Sarahは「ER」でのゲスト出演ほか、数々のTVドラマに出演している。

Jeremy Bradford (Ron Melendez)
ローガン家に養子にもらわれたニューヨーク出身の孤児(実は母がいた)。引き取られたときは17歳の盗癖がある問題児だった。違う社会で生活を始め、自分が迷惑を掛けていることに気づいて家出をしようとするが、火事を目撃して思いとどまる。ギャンブルの腕は一流で、一家の危機を救った。
Ronは、いくつかのホラー映画に出演。BrettとはTVドラマ「Parfect Body」でも共演している。

Marita (Sharon Leal)
父アイザックがネッドと親しく、馬の世話を任されているため、ローガン家に住み込み秘書として働く聡明な女性。人種や身分の差を感じながらもショーンを愛している。アリスのよき相談相手でもある。
Sharonはドラマ「Boston Public」に出演している。


Vivian Winters (Lisa Sheridan)
ウインターズ家の娘で、ショーンと婚約をしていたが一方的に破棄される。ウィンターズ一族がローガン家に恨みを持ち嫌がらせを繰り返す中で、公正な立場を取りローガン家に理解を示すこともある。
Lisaは「Freaky Links」というドラマに主演している。


キャストの中ではもちろんネッドに注目していましたが、
もらわれっ子ジェレミーがお気に入りでした。
キャラクターがユニークで、つい夢中になって応援していました。
ジェレミーを演じるRon Melendezは今も多くのドラマにゲスト出演中。
最近ではCSI:Miami S10-#13 「100人の我が子」で
スカイダイビングで墜落させられた100人の父親!を演じていました。
ジェレミーがすっかりオヤジ化してしまったことがかなりショックでした。

エピソードはまた後ほど。
第1話オープニング映像を貼っておきます。