INDEX    RSS    ADMIN

WOWOW 第一回 ドラ活~海外ドラマ上映交流会~ 

WOWOWが提供する海外ドラマの上映交流会「ドラ活」に当選したので
参加してきました。
視聴するのはNewsroomのS2 第1話
3月1日に先行放送もありますが、やはり試写会で観るのは雰囲気も違うしと
楽しみにしていました。

でも今回の趣旨が
「ドラ活~海外ドラマ上映交流会~」は、世界トップクラスのクオリティー
と評価される人気の海外ドラマを、日常を忘れたちょっぴり贅沢なシチュエーションで、
放送を楽しんでもらうという交流会。
初めてとなる今回は、リムジン送迎にウェルカムドリンク、美味しいビュッフェなど
沢山のプチ贅沢ポイントを用意させていただきました!
ということなので、普段行き慣れてる試写会とは違うんだろうなとは予想していました。

集合場所の銀座四丁目に白いリムジンがお出迎え。
dorakatu1.jpg
はっきり言って周囲の人たちに迷惑でした。しかも雨だし。

でも滅多に乗る機会もないし、ワクワク乗車。
参加者は50人ほどのはずですが、とりあえず6人乗せて発車。
で行先はくるりと回ってプランタンの前まで。
まあセレブな雰囲気が大切ってことなのでしょう。
何故かリムジンの中にTedまでいました。
dorakatu2.jpg

パーティー会場についてお土産を受け取ります。
WOWOWカレンダーは嬉しかった。
セレブのトレンド雑誌はいかにもだよね。
dorakatu3.jpg

後で使いますってことで心理アンケートに答えたり
軽く飲み物、食べ物などいただいたりしていよいよ試写会。
まずS1のおさらい映像を観ましたが
Newsroomをこうしてまとめてもらっても、正直難しいなというのが実感。
今回初めて視聴する人には意味不明でしょう。
dorakatu4.jpg
こんな感じで観ていました。

そういえばシャンペンタワーなんて企画もありましたね。
どこがNewsroomと一致するのかかなり謎でしたが。

その後ゲストに今祥枝さんをお迎えして、ドラマの見どころを解説。
そしていよいよ本編、吹替版での視聴です。
dorakatu5.jpg
ネタばれは今回は止めておきますが
オープニング映像が変わった!
相変わらずマシンガントーク炸裂。
人間関係もごちゃごちゃ。
事件はどんどん起きるし、局内はハプニングの連続だし。
マッコイさんじゃなくてチャーリーの蝶ネクタイは健在でした。
ラストのウィルとマックが語る(怒鳴る?)The Whoの「You Better You Bet」の解釈がすごく面白くて
またThe Whoで楽しませてもらいました。

その後心理カウンセラーの晴香葉子さんもお迎えして
ドラマのシーンを観てのキャストの心理分析や
アンケート結果を分析してキャストの誰とタイプが似ているかなどを教えてもらったんですが
そのとき食べ物第二弾が出てきたため、みんな突如食べ物の方に群がり
せっかくのトークを聞いている人が少なく残念でした。
もっと落ち着いてお話を聞きたかったのに。

それから高級ケーキもずらりと並んでいて、それはとってもおいしかったんですが
暖かい紅茶とかコーヒーとか飲みたかった!
そういう配慮ってないんだよね…どうして?

と細かい部分ではツッコミどころも多々ありましたが
いろいろ美味しくいただいてまいりました。
しかし本当にNewsroomでよかったんですかね。
しかもいきなりS2でしょ。
実はS1は日経新聞社内で行われた試写会で見せてもらい
まさに情報現場にいる方々の生の声や解説をうかがって
本当に面白かったし、ためになりました。
しかし今回はシャンパンにケーキで、ちょっと違うよね。
女子系ドラマの試写会ならば、これでも実りがあった気がしますが。

そうしたらなんと3月27日に
第二回ドラ活が行われるんだそうで
今度試写するのは「恋するインターン」
多少はドラ活向きかも。

今回は宿題はなく(でも自主的に毒吐いてます)
TwitterやFacebookでドラ活の様子を画像付きでつぶやき
最優秀画像をアップした人はごほうびがもらえるんだそうで。
だから試写会中も撮りまくり、つぶやきまくりができたのは楽でした。
さらにフリータイムのときに今さんとお話できてよかった!
いつかお礼を言いたいと思っていたので大感激でした。
以上ドラ活レポートでした。
スポンサーサイト

Smash S2-#17 「トニー賞授賞式」

終わりよければすべてよし!完璧なフィナーレでしたね。

トニー賞の結果はまあ予想通り。
主演女優賞はアイヴィーに取ってもらいたかったので納得です。
彼女はよく頑張ったもん。
母のリー・コンロイに捧げるスピーチ。素晴らしかった!!

デレクも最後に自分の間違いを正すために助演女優賞を取ったデイジーを下ろし
アナを迎えて「ヒット・リスト」のメンバーでパフォーマンスを行うように仕向け
これも素晴らしかった。
歌のシーンはどれも大満足でした。

ジミーが抱えていた秘密。
殺人未遂を犯し、名前を変えて別人になって逃げていたんですね。
未遂に終わったことが確認され、ついに自首して更生の道を選び
こちらもカレンときっとうまくやっていけるでしょう。

そしてデレクとアイヴィーも。
デレクも心を入れ替えて、父親として落ち着いてもらわなくては。

ハッピーな気分で迎えられたファイナルでしたが
一番気になっていたトムとパトリックの関係は?
トムとジュリアが受賞したのをパトリックは喜び
二人を自分が制作する映画のスタッフに迎え入れたいと誘ってきます。
パトリックが去っていくのをジュリアがトムに追いかけろとアドバイス。
トムはパトリックを食事に誘い、その勢いでキスしてしまいます。
そりゃだれもがパトリックをゲイだと思ってますから!
この業界はゲイの割合が多いし、なんといってもスコッティだもん♪
(そういえばソールがプレゼンターで出てきてびっくりしました。)
スコッティはトムのキスを驚きつつ受け入れてくれて
でも自分はストレートだと宣言。
ウソでしょ!またびっくりさせられました。
大丈夫、きっとトムの魅力でパトリックはバイの道を歩みますから(ホントか?)

と余計な妄想も含めて、とても楽しい2シーズンでした。
ブロードウェイの世界を堪能させてくれて感謝。
またこんなドラマが見られたらいいな。

Graceland S1-#8 「真実という重荷」

大きなバッグを持って麻薬依存症の更生会に参加していたブリッグス。
マイクが尾行していたことを知って自分の過去を明かします。
ブリッグス自身も潜入中に正体がばれかけ
ヘロインを打たされるはめになっていました。
それが続いて中毒症状に。
潜入捜査官の追うリスクの重さです。

チャーリーはヘロイン抜きに成功したようですが
そのことを秘密にしておくのに耐えられず
チームの前で明かしてしまいます。
チャーリーはすっきりしたようだけど
それがよかったことなのか、ブリッグスには微妙。

潜入捜査中は恋愛もできない。
マイクはアビーとの関係を深めていきたいと感じていますが
そもそもが嘘で固められた自分を演じていることに耐えられなくなってきます。
だったら恋愛するなと非難され
成り行き上アビーと撮った2ショットがスマホに残されていたので
写真を消すのが不自然だとなってスマホごと水没させることにします。
マイクが悩んでいるとデイルはあまり気にしていない様子。
ブリッグスにとってはグレイスランドは城だけど
デイルにはただの家。
一生こうしているわけではないし、恋愛したければそれもよし。
ただし嘘をつき通せという考えです。
でもデイルには妻子がいるようで
妻はデイルに息子と合わせようとしません。
これは本当の夫婦だったのか、成り行き上の夫婦なのか…
とにかく複雑。

マイクはブリッグスを見張るもう一つの任務の方を
彼は自分を助けてくれたし問題もないと報告して
さっさと東海岸に買える魂胆のようですが
そんなに簡単に事が運ぶのか。
一方ブリッグスは麻薬売買に関してのベロとの接触で
チームには内緒のまま姿を現さないオディーンに自らなりきって
話を進めてしまいます。
ブリッグスの考えに失敗はないように思うけど
本当に大丈夫なのかな。

Law&Order SVU S12-#16 「Funny Valentine」

19歳のシンガー、ミシャ・グリーンが人気ヒップホップシンガーのケイレブ・ブライアントとレコーディングを行う。ミシャとケイレブはプライベートでも交際していたが、レコーディング終了後、ケイレブがバックコーラスの女性と絡んでいるのを見て咎めると、ケイレブは突如キレてミシャを殴ったり首を絞めたりする。SVUが捜査に入ると、ミシャはケイレブに暴力をふるわれたことを認める。
プロデューサーのブラスは、ミシャを9歳のとき発掘し、娘同様に育ててきた。ケイレブの暴力行為はあり得るだろうと話す。スタジオにはバックコーラスのメンバーやエンジニアがいたはずだが、彼らは口をつぐむ。アマーロとフィンは、バックコーラスの女性と一緒にクラブにいたケイレブを逮捕する。
取調室でケイレブは手の甲の傷の写真を撮られる。弁護士のコーエンは裁判を起こす資金もあり、数多くのファンを持つ人気者のケイレブについて強気の態度に出るが、ネットでは「ケイレブの素行の悪さが暴かれた」と叩かれる。
事件の目撃者はSVUの事情聴取に対し、自分のキャリアに響くことを心配しながらも、ケイレブの暴行の様子を話し始める。ミシャにも落ち度があったと話す者もいた。ハドソンスクエアホテルで休んでいたミシャは、ツイッターで自分が非難されていると嘆く。バーバはケイレブの起訴を決める。
罪状認否でケイレブは第1級性的虐待、第2級暴行罪、第1級絞殺未遂を問われるが、コーエンは恋人同士の喧嘩にすぎず、来週のライブに穴をあけてしまうと訴え、ケイレブは保釈金50万ドルで保釈される。バーバはミシャの周囲1kmに近づかないよう保護命令を要求し認められる。
コーエンはヒップホップシンガーをギャング扱いしているとNYPDを非難し、ケイレブは俺は博愛主義者だとコメントする。ネット上には「ミシャ・グリーンの魅力は美声とナイスなボディ、醜く変貌した顔だ」と事件の直後撮影したミシャの顔写真がアップされていた。ミシャはアルバムの発売やCMの契約などが控えていたが、化粧品のCMにこの顔では起用できない。ベンソンはケイレブとのデュエットではミシャだけが損をするとミシャに証言を求めようとするが、ようやく夢が叶えられ始めたミシャには判断ができなかった。ミシャは被害者扱いはうんざりだと証言を拒否する。ベンソンはまた暴行されることを恐れる。
マスコミはミシャが告訴を取り下げ、二人は当人同士で関係修復を図っていると伝える。バーバはミシャ抜きでの裁判を考え、取引を持ちかけたりケイレブに謝罪を要求したりする。
「美女を暴行」とタブロイド紙に掲げられたケイレブは執行猶予5年と社会奉仕で取引に応じ、記者会見で「ミシャを殴ったのは本当の俺じゃない。後悔してる。」と語り、謝罪を証明するために今後のツアーとライブを中止し、ミシャに「いつかはめてほしい。」と指輪を贈ることを約束する。
しかしケイレブはツイッターで「俺の女はセックス好き。」とつぶやき、ミシャの部屋のシーツの写真をアップする。SVUは保護命令は有効だとしてミシャのベッドにいたケイレブを逮捕、ケイレブはミシャが許したと反抗する。人権団体はケイレブの暴力行為に抗議する。

ケイレブは罪状認否で「ミシャが命令を破棄できると思っていた。」と自分の誤解を認め、30日間の執行猶予を受け入れます。しかし法廷から出てきたケイレブは反省の色がなく、銃を手にしているように見えたためにアマーロは再度ケイレブを逮捕します。だが持っていたのは少量のマリファナだけで、コーエンはすぐに保釈を要求します。ケイレブはツイッターで「愛は犯罪じゃないと法廷で演説した。」と強調します。ケイレブは危険だが、ケイレブとの接近を禁じるほど、ミシャは燃える恐れがあると、フィンはブラスに力を借りることにします。ケイレブは客引きの父を見て育ってきたため、女性を軽視している。ミシャの家族は金をせびるだけの存在で、ミシャは頑固になっている。そんな二人の行動をブラスは監視してきました。
ミシャの新曲発表のパーティーが開かれ、ミシャはケイレブにもらった指輪をはめ、「過去は水に流した。ケイレブは保護命令のせいでパーティーに出席できない。」と話します。しかし裏口からケイレブが入ってきたため、ブラスはフィンに電話で伝えますが、ケイレブに気付かれ電話が切れます。危険を察知したSVUがすぐにクラブに行くと発砲があり、ブラスが胸を撃たれて死亡していました。目撃者は姿を消しています。
ミシャは「警察のせいでブラスは死んだ。誰が撃ったか見ていない。」とベンソンに話します。ケイレブによる偽証の強要が考えられます。一方ケイレブは裁判所命令にそむけないので、クラブに行っていない。家でTVを見ていたと証言、ブラスを撃った銃は6年前に盗まれたもので、指紋は残っていませんでした。
SVUを訪れたブラスの妻のジェンは、ミシャに夫が殺された真相が知りたいと問いかけますが、ミシャは本当に何も見ていないと答えます。しかしベンソンが、ブラスがミシャにしてくれたことを語っていくうちに、ミシャは真相を話し始めます。「ケイレブとは出会った時から心が通い合っていて、王子様だった。以前ケイレブにメールが届いたとき、誰から来たのか尋ねたら蹴り続けられ肋骨が折れたけど、翌日泣きながら謝ってくれた。昨夜もケイレブは私に会うためにパーティーに来てくれたが、ブラスにここに来たらマズいと言われて逆上、俺に指図するなとキレて抵抗するブラスに銃を突きつけ胸を撃った。」バーバはミシャに明日の法廷での証言を約束します。
しかし法廷ではミシャはケイレブがパーティーに来たことを否定、バーバがケイレブを悪者にしろと強要したと、偽証罪に問われても証言を拒否します。そしてケイレブと共にプライベート機でバミューダに飛び休暇を過ごします。「信頼しあえば愛は全てを超える。」と言っていた二人でしたが、ミシャの遺体がバミューダで発見されます。死因は不明、二人の口論する姿が目撃されていました。

シンデレラガールとスーパースターの恋。
しかしスーパースターは狼の一面も持っていました。
いつしかシンデレラガールは狼の餌食となってしまいます。
いかにもありがちな展開でしたが
仮面をかぶった狼を見抜く力は大切ですね。

ところで、今年スパドラでTBJとUKのオンエアが決定。
これでL&Oシリーズ完全制覇できそうです。バンザイ!
TBJは全13話であっという間に終わりそうだし
UKは今まで45話オンエアされてますが
まあ本家のようにガンガンは進まないでしょう。
しかしUKの場合は本家の元ネタをリメイクしているので
絶対比べて観たくなるだろうし
スパドラの方でも是非本家元ネタとセットでオンエアしてもらいたい。
そういえばTBJにも本家とのクロスオーバーありましたよね。
これもセットで実現可能ですか。
こうなるとCRIMEでオンエア中のSVUとTBJのクロスオーバーのセットオンエアがネックになるかな。
このエピはLAのモラレスが犯人役で
かなり怪しげで面白いんですけど!!

まだまだ楽しみがいっぱい!
本当にうれしいです。
ちなみにSVUの方は次週キャシディが復活。
これもとっても楽しみです♪

Borgia S2-#7 「三位一体」

ジャンキーなロドリゴはもうぼろぼろ。
幻覚に悩まされ、ついには素っ裸で公衆の面前に姿を見せてしまいました。
そこでようやく礬油断ちをして「三位一体」の教えに立ち戻ろうとします。
だけど今度は禁断症状が半端なくて…
のたうちまわるオヤジボルジア、本当に痛々しいです。
そしてロドリゴはジュリアを呼び戻そうとしますが、ファルネーゼ家はあっさり従うわけがなく
アレッサンドロは宮殿の中での力を増していきます。

ロドリゴがぼろぼろなうちに、サブな立場を約束させてしまったリアーリオは
アレッサンドロが提案した「ひげがある奴は金持ちだから金を取れ」政策について
ロドリゴ不在の会議を仕切ることになります。
するとローヴェレが激しく反発。
リアーリオが教皇側に着くので、ここで二人は決裂か?と思えたけれど
そんなはずがない!
お互いに敵対するようにみせかけて、ボルジアの地位を乗っ取るつもりのようです。
しかし場を仕切るシリルちゃんが見られるなんて素敵!!
もうすぐSVUにはライアン復活だし
オライリー兄弟じゃなくてWinters兄弟、大活躍ですね。

夫は放置して愛人(アルフォンソだっけ?でもダンナもアルフォンソだよね)と密会を続けるルクレツィアですが
愛人の怪我は完治してしまい、ローマにとどまる理由がなくなります。
するとルクレツィアはぼろぼろロドリゴに愛人の仕事を要求。
愛人は書庫の整理を任されます。
こうして書庫はルクレツィアの浮気の場所となりました。
ときにはダンナと愛人が出くわす場面もあるけど、平然としているルクレツィア。
ご立派です。

チェーザレはこれまたナポリ王女のカルロッタを愛してると信じ込み
カルロッタは多少迷惑そうなそぶりも示していたけどお構いなし
カルロッタがフランス王シャルル8世のいとこと婚約しているのを知ると
カルロッタと結婚させてくれとフランスまで申し出に行きます。
シャルル8世はチェーザレの話に多少は関心を示すものの
妻のアンリは全く聞く耳を持たず。
するとシャルル8世はアンリがいないところで
テニスの勝負いかんで、いとこに声かけをしてくれるような提案を持ちかけてきます。
チェーザレは右手が不自由なシャルル8世が勝てはしないだろうとその提案を受け入れますが
なぜかラケットを持ったシャルル8世はしゃんとしてるんですよね。
どうなってるんだ。

この当時のテニスは室内で行い、卓球のラケットの大型版のようなものを持ち
動きはスカッシュみたい。
でもコートは分かれていて、ゴールみたいなところにポイントするといいのかな。
不思議なテニスです。
そしてチェーザレもシャルル8世も上手。
僅差でチェーザレが勝ち、シャルル8世に要求を受け入れてもらうことにしたところで
シャルル8世は鴨居に頭をぶつけます。
そのまま倒れて意識不明になり死亡。
この部分はウィキに書いてあったから本当なんでしょう。
そんなに強くぶつけたようにも思えなかったけど。
というわけでチェーザレの目の前で
フランスの王位はルイ12世に継承されます。
これでもまたチェーザレは強引にナポリ乗っ取り作戦に出るのでしょうか。

英国男子


英国男子  [雑誌]EYESCREAM2014年3月号増刊英国男子 [雑誌]EYESCREAM2014年3月号増刊
(2014/01/31)
不明

商品詳細を見る


タイトルにつられてふらふらと購入。

英国男子というより英国オヤジが大好きで
それもアメリカドラマで堂々とアメリカ人のふりをしているオヤジが気になって仕方なく(笑)
それにしても山ほどいる美麗英国男子(オヤジ)を
一冊の本にまとめようなんて無茶だなぁと思いながらページをめくってみました。

表紙のカンバッチ(じゃなくてカンバーバッチだよね)氏は
あまりにもポピュラーになり過ぎちゃった感がありますが
実はSherlockしか観てないので詳細を語れず。
ホームズはものすごくインパクトが強くよかったと思うけど
他はどうなんでしょう。

もう一人、ビッグ2のベン・ウィンショー
パヒュームって観たことある…くらいの記憶しか残らず。ごめんなさい。

その他英国男子がジャンルごとに紹介されているので
それぞれにコメントを。

(PRINCE)
マカヴォイさんは素敵だけど
他の人はよくわかんない(汗)
映画を観てない(観る暇がない)から仕方ないんだけど。

(BOY)
興味ないのでごめんなさい。
だってお子様なんだもん。

(SEXY)
このジャンルは得意かも(苦笑)
Tudorsのヘンリー8世とかCamelotのアーサー王とか
やはりセクシーさが光ってました。
英国歴史ドラマに不可欠です。

(KNIGHT)
だんだん知ってるオヤジが増えてきた。
実はBOBに出ていた人たちが多いんだなと改めて認識。
戦争ドラマって素顔がよく見えないし
BOBはやたらと出てくる人が多かったし
でもすごいドラマでした。

(GENTLEMAN)
ここまで来ると納得です。
その昔追いかけた?人たちです。
Downton Abbeyは近々見られるようになるので
ダン・スティーヴンスも追えるよ。

でも一番面白いと思ったのが最後のまとめ。
自分にとっても英国男子チェックの先駆けが
「イギリスの貴公子」でしたから!

イギリスの貴公子たち―誇り高き魔性の麗人 (デラックスカラーシネアルバム)イギリスの貴公子たち―誇り高き魔性の麗人 (デラックスカラーシネアルバム)
(1988/09)
大森 さわこ

商品詳細を見る

未だに愛読書だったりします(苦笑)
このころの美青年たちが、今はいい感じにオヤジですからね。

そしてカーライル様がちょっと話題になっていてよかった。
ついでにカッターさんも!ってマイナー過ぎてダメですね。
一応英国オヤジなんですけど♪

Hart of Dixie S2-#11 「南部の開拓祭」

このところHart of Dixieを語っていなかったので、最近の感想をまとめて!

毎回イベント続きで、この町の人たちがどうやって生計を成り立てているのかとか
もう少し日常生活が見てみたい気がします。
ゾーイ&ブリックの診療所日記的な医療ドラマで全然問題ないんだけど
このところ病人も怪我人もほとんど出てこなくてやや不満。

人間関係のごたごたは永遠に続きそうですが
なぜか不思議とドロドロしないんだよね。
それがあっさり楽しめる理由かもしれないけれど。

ラヴォンがプロポーズするまでに至った(でも失敗)ローズは
あれだけ騒ぎを起こしつつもブルーベルを出て行ってしまいました。
その結果ラヴォンとレモンはぎくしゃくしたまま。
最近ツキに見放されたレモンが気の毒に思えます。
S1ではかなりウザイ存在だったのに…立場が変わってきました。

一方のびのびしちゃってるのがジョージ。
ここに来てウェイドの元妻のタンジーと急接近です。
なかなかいい感じかも。
さらにジョージにアドバイスしていたシェルビーが
突如ブリックと付き合い始め
急にお盛んなブリック、どうしちゃったんでしょう。

そして単純に体の関係だけだったはずのゾーイとウェイドに少しずつ変化が。
サンタ役のハルに休暇を与えてしまったゾーイが
仕方なく元サンタのアールにサンタ役を頼んだらこれがなかなか大変で
しかしウェイドの父アールへの優しい言葉掛けによって
無事にアールは任務を全うしました。
これでゾーイはウェイドに惚れ直し、いよいよ恋人モードに入っていきます。
でも南部の開拓祭のイベントの始まりの宴で、ゾーイとウェイドは創立者夫婦の役を任命され
町に伝わる夫人への教えに乗っ取って
ゾーイはウェイドのどんな態度にも文句を言わないようにしようと努力します。
ゾーイは頑張るものの、ウェイドにはゾーイがレモン化してきているように思えて不気味。
そしてついに宴の最中にブチ切れ激しく言い争いますが
これが本来の二人の姿でした。
こうして愛情が深まっていく?
なんてわけにいかないんでしょうね。
常に人間関係ごたごた中だし、
他に悩みのない?ブルーベルですから、みんなこんなにほっこりしてるんだね。
めでたしめでたし。

Smash S2-#16 「ノミネート発表」

吹替版ではもうファイナルを迎えてしまいましたが
字幕版で視聴しているため、まだ16話の感想です。
S2で打ち切りが早々に決まっていたんでしょうか。
ファイナルに向けてうまく収束しているように感じられました。

いよいよエミー賞ノミネートの時期を迎え
「ボムシェル」と「ヒット・リスト」のデッドヒートが始まります。
前半戦は「ヒット・リスト」に有利。
でもジュリアは「ヒット・リスト」の脚本に協力したことが明かされたり
ジュリア自身も一人で「ボムシェル」を書いていなかったことが暴露され
お互いにギスギスしてきます。
デレクと肉体関係を持ったことでディーバ役をアナから奪ったデイジーが活躍。
するとアナはデレクが不当解雇したと訴え
デレクが次の仕事を根回ししたらそれにも気づいて、事実を暴露すると言ってきます。
アイヴィーは妊娠したことをデレクに伝えるきっかけを失います。

トムはトニー賞選考委員の中にパトリックがいるのを見つけ
好印象を与えようと頑張ります。
パトリック役がようやく出てきてくれた♪スコッティ!ことLuke Macfarlane。
いかにもスコッティにぴったりな役じゃないですか。
早速ゲイを疑うトムは鋭い!!
でトムはワインを送っていいとこを見せようとしますが
選考委員の買収はもってのほか。
注意を受けたトムはワインを取り返しに行って
ちょうど受け取りに来たパトリックと引っ張り合いになってしまいます。
運悪くボトルが落ちて割れ、ワインがパトリックにかかってしまって最悪の結末でした。

でもその後のOCCアワードの受賞者のスピーチで
「ボムシェル」の演出賞に輝いたトムは
「ヒット・リスト」で受賞したデレクを称え
賞の半分はデレクのものと断言します。
そのスピーチにパトリックは感動し、二人は和解します。
ということはファイナルでさらなる展開が期待できる??

smash1.jpg
相変わらずかっこいいな♪
一曲歌ってくれたら理想的なんだけど。

冒頭、憂鬱なアイヴィーが歌っていたのがTrafficの「Feelin' Alright」
意外に渋い曲も歌ってくれるんだなと感激しました。

トニー賞のノミネートはまずまず予想通り。
しかしデレクは真実を暴露するようで、受賞にどう影響するのかな。

ドラマなつぶやき

大雪の後で外に出る気力がなく
じーっとテレビの前に座っていました。
おかげさまでずいぶん録画を消化。
オリンピックはニュース映像でしか観ないので
それほどドラマ視聴のさまたげになっていませんが
WOWOWで音楽ものをかなり録画しているので
そっちがHDDを圧迫してるんだよね。
The BeatlesのEd Sullivan Show出演50周年のトリビュート。
PaulとRingoの夢の共演が楽しかった!!
その前にやっていた「ビートルズと私」というドキュメンタリー映画も興味深く視聴。
どんな有名人でもBeatlesの話題になると
突然ただのファンに変わってしまう。
やっぱりThe Beatlesは特別なんだな!と実感しました。
もちろん自分にとっても大切なFab4なんですけど♪

SuitsのS2連続放送も6話目まで消化。
刑事裁判ではない法廷ものや弁護士メインのストーリーはそれほど興味がないんですけど
このドラマはさらりと観てしまいます。
ゲストオヤジへの期待大ってところですか。
久々にEric Closeの姿も観たし。
そして#6「オール・イン」
ERのモリスとかRe:Ganesisのサンドストロム博士などと共に
Des Barres君登場♪
ルイスがバレエ鑑賞に行って担当することになった訴訟の相手側のロシア人?ですか。
セルゲイなんて名前を名乗ってましたが、彼も本当はイギリス人ですからね。
今はLAを本拠地にしてライブ活動とラジオショーのパーソナリティなどを行いながら
ときどきドラマにもゲスト出演しています。
相変わらず怪しげな役どころがお似合いでした!

Graceland #7 「毒には毒を」
麻薬売買にかかわる潜入捜査では
自らがジャンキーになりうる可能性はとても強く
今はチャーリーがピンチです。
売人たちも当然囮捜査官を恐れているから
偽物でなければ打ってみろと迫ってくるし
もちろんそんな時に備えてドラッグの代替品を持ち歩き
うまくごまかす手はずは整えているんですが
今回チャーリーにはそんな余裕がなくてヘロインを打つことに。
その後チャーリーは禁断症状に苦しみますが
FBIから呼び出しが来たためにシラフに見せなければならず
するとブリッグスはもう一度ヘロインを打つことを勧めます。
一定量を超えなければ中毒にならないし、あとで解毒すればいいと
でもこれが大変そう。
今回のミスをジョニーがかばってくれたこともあり
チャーリーは何とかピンチを切り抜けます。

一方マイクは海底に沈められた魚雷に隠されたドラッグを回収するために
ジョニーと共に引き揚げ作業をカルテルのベロに提案。
ジョニーが潜っている間に裏でブリッグスたちが待機していたんですが
マイクは作戦の詳細を知らされてなくて、海中で爆破が起きたときジョニーが吹っ飛んだと思うし
ベロには命を狙われるしで散々な思いをして作戦を追えます。
あとで騙されていたことを知ってマイクはブチ切れますが
これも潜入捜査の難しさですね。
そしてどこかに消えて行くブリッグスをマイクが追っていくと
ブリッグスのたどり着いたところは麻薬依存症の更生会でした。
マイクのもう一つの任務であるブリッグスを追い詰めることは
どこまで進むのでしょうか。

Law&Order SVU S14-#15 「Deadly Ambition」

ロリンズが帰宅するとドアが開いていて、キムが来ていた。キムは前回来た時こっそり合鍵を作っていた。キムは妊娠したことをロリンズに伝えたが、顔にはジェフに殴られてできた痣がある。キムはジェフとよりを戻したものの、ジェフがかっとなって手を出したため、別れようと言ってNYに出てきたのだった。キムはジェフが追ってくる事を恐れていた。SVUはキムとジェフの関わりを心配する。
ケビンのバーでジェフが飲んでいるのをアマーロとフィンが見つけ、キムに近づくなと脅す。しかしジェフは、キムが会いに来てと電話してきたと反論する。
ロリンズとキムが店でベビー服を見ていると、ジェフが追ってくる。キムがネットで居場所を明らかにしたようだ。ロリンズはジェフを店から追い出す。ロリンズはキムからジェフを遠ざけさせるために、接近禁止命令を要求しようと書類を作成し、痣の残るキムの顔写真を撮る。そして書類を判事に提出、YMCAに泊まっていたジェフに、ベンソンとフィンがキムへの一時的接近禁止命令を渡す。
ロリンズがギャンブル依存症の更生会に出ているとき、キムがSVUを訪ねてくる。キムはアマーロに小銭をねだり、アマーロは中華をごちそうする。ロリンズが戻ってくると連続レイプ事件の通報が入り、ロリンズはそのまま現場へ行く。
ロリンズが帰宅すると、キムの上にジェフがのしかかり、キムは叫び声をあげていた。キムが「銃!」と叫んだのを聞いて、ロリンズは発砲、ジェフを射殺する。アマンダは発砲は正当だったと主張、IABのタッカーが捜査に入る。代理人のデンツラーは、ロリンズに精神科医のところへ行くよう促す。ロリンズは規則に従い、落ち着いて見えるとベンソンは判断する。
キムは病院に運ばれるが、血を浴びただけで大丈夫だと言ってレイプ検査を拒む。
ロリンズはオリヴェットのカウンセリングを受ける。ロリンズは「落ち込んでもいないし、後悔もしていない。ジェフへの罪悪感もない。自殺願望もなく、ただ苛立つだけ。ジェフは自業自得だし、キムは自分を巻き込んでイラつかされ、腹が立つ。」とオリヴェットに話す。そして職場への復帰を望む。
ジェフの持っていた銃は2年前にネットで購入されたが、無登録だった。発砲時の状況の説明を、タッカーは納得しない。自分も処分されかけたベンソンは、タッカーはSVUを憎んでいると憂慮する。
タッカーの事情聴取に対しキムは「ドアを開けたらジェフが無理矢理押し入った。ジェフが俺の女を取り戻すと脅しているとロリンズが帰ってきて、2.3発銃声がした。ロリンズはジェフを押さえつけ、キムに通報するよう言った。」と答える。一方ロリンズは「ジェフがキムにのしかかりレイプしようとしていて、キムが抵抗して叫んだため「手を挙げろ」と言って撃った。」と説明する。
フィンはキムに部屋を貸す。キムは一人でタッカーに会いに行き、姐さんを裏切りたくないと言いながら証言を変える。

ロリンズはタッカーに呼び出され、ジェフとの関係を細かく質問されます。ロリンズとジェフとの出会いは復活祭にキムが家に連れてきたときで、会っても何とも思わなかった。半年後アトランタで会った時ジェフを逮捕すると脅したのは、キムに暴力を振るったから。そして4か月前、アパートで「すぐ出て行かないと撃つ。」「次は警告なしで撃つ。」と言ったのは、ジェフが本当にキムを襲っていたからだとロリンズは説明します。
帰宅したロリンズはキムに、何故半年前のことまで聞かれるのかと文句を言います。そしてタッカーの誤解を解いてくるよう命じます。するとキムは「ジェフに生命保険を掛けていた。受取人はキムとロリンズの2人だが、事故でなければ保険は下りず、犯罪行為ではダメだ。」と言い始めます。キムは2か月前、妊娠が分かった時保険を掛けていました。
ロリンズはタッカーに、「キムはロリンズのサインを偽造して保険の契約をした。彼女は衝動を抑えられない。」と真実を話しに行きます。タッカーはロリンズの潔白を信じたくても、彼女がギャンブル依存症で更生会に参加していることや、クレイゲンに打ち明けたときギャンブルの元締めとボスに2万ドルの負債があり、彼らが刑務所にいるためまだ返済していないことを追及してきます。保険の受取人にロリンズの名前があるのも問題でした。
キムの行方がわからずロリンズは心配しますが、そのときキムはタッカーに会って生命保険は姉のアイディアだと主張。ジェフにレイプされかけたという証言を撤回し、ジェフに姉妹二人で生命保険を掛けたが、犯罪行為では免責になることなどを話していました。キムは覆面パトカーに乗せられたようです。タッカーはロリンズを、ジェフの殺害容疑で逮捕します。
ロリンズの弁護はホロウィッツが担当。逮捕の理由は保険契約なので、サインの偽造を証明する必要があります。キムはNYに出てきてジェフに4回電話していました。最後の電話はジェフが殺される2時間前で、キムがジェフをアパートに呼び出し、襲わせた可能性も考えられます。
罪状認否で、ロリンズは保釈金25万ドルで釈放されます。ロリンズがキムと連絡を取ると証人を買収したと疑われるため、ロリンズは身動きが取れなくなりますが、真相を確かめようとしてキムに会います。キムはロリンズをだましてジェフを殺させた。妊娠も嘘で、お姉さんの悪いところはいつも傲慢なところだとロリンズを非難します。
ロリンズはオリヴェットに再び会い、妹にはめられ、殺人の疑いをかけられたと胸の内を語ります。一方キムは、アマーロに助けを求めます。タッカーに話を捻じ曲げられ、皆相手にしてくれないと嘆くキムをアマーロは食事に誘い、キムがジェフに生命保険をかけた経緯を話すのを録音しました。キムがジェフを消すのが目的だったと録音から確認されたため、タッカーはキムを殺人罪で逮捕することにします。ロリンズはまだキムをかばおうとしますが、キムの姿はどこにもなく、キムはロリンズのアパートの荷物を物色して持ち出した後でした。

S14の6話目に登場したロリンズのトラブルメイカーの妹キム。
前回はお金を盗み、ドラッグに溺れ状態で終わっていましたが
ついに姉を犯罪に巻き込んでしまいます。
冒頭のSVUの訓練シーンでロリンズが銃の腕前No1であることを証明するのも
今回の事件の伏線となっていました。
銃が下手だったら、ジェフも生きていたのかもしれないし。

この訓練シーン。
SVUのワイルド・ビル・ヒコックは誰だ?とクレイゲンが探してるのがおかしかった!
ヒコックだったら二挺拳銃でしょう。

姉を陥れる悪女キム。
アマーロの甘えっぷりがまたお見事で。
リリーの妹に失敗している?ヴァレンズだけについヒヤヒヤしてしまいますが
さすがアマーロはお父ちゃんだけあって落ち着いて反応。
キムの自白を引き出させるために、うまく甘えさせていました。

久々に登場のIABのタッカー。
ベンソンの言うとおり、タッカーはSVUを恨んでいます。
正確にはステーブラーを恨んでた?
なにしろOZ時代からの天敵ですから!!
ステーブラーがいなくなってからもSVUを痛めつけるタッカーは
本当にご立派です。

もう一人久々に登場は本家の精神科医オリヴェット
SVUにはDrファンがいたからあまり出番がありませんでしたが
とてつもなく長いキャリアに恐れ入ります。
(でもクレイゲンとはデビュー当初からのお付き合いですね)
昔とあまり雰囲気も変わらず若々しいです!
本家が終わっても、こうして本家の人が顔を出してくれるのは歓迎。
またカッターさんが復活してもいいんですけど!!

Borgia S2-#6 「精霊の降臨」

予想通りロドリゴとジュリアはヤク中に。
彼らが浴びるように飲んでいる礬油ってなんだ?と思って調べたら
硫酸だとわかってびっくり。
硫酸を飲んじゃって大丈夫なんですか?
二人とも相当のトランス状態でしたよね。
枢機卿たちはぶっ飛んでるロドリゴの様子を黙って見ているしかなく
(でも裏で策略は巡らせますが)
アレッサンドロはジュリアを助けなければと分かっているものの
印刷機を導入して聖書を印刷することで
自分を認めてもらおうとしているために必死。
二人の様子はどんどんひどくなっていきます。
おかげ様で?シリルちゃんなリアーリオはガセットに取り行って
自分の地位向上を約束させてしまいます。
これはライアンの得意パターンだなと
いつの間にか策士なシリルちゃんにちょっと感激。
さらにチェーザレの偽の出生証明書も奪われてしまいました。

そういえばホアンはアヘン中毒だったけど
礬油とアヘンはどっちが危険なんだろう。
ヤク中親子であることは確かだが
ボルジア家のロドリゴとジュリアはもう少し節操があるよね。
毎回比べては疑問が大きくなっていきます。

チェーザレによるルクレツィアの息子ジョバンニ奪還作戦はお見事でした。
ロドリゴはまたしても一族の若者をスペインから呼び出し
(しかも名前がロドリゴ…だからEl Pequeño=ちっこいロドリゴなんだね)
息子を探してくるようお達しを出します。
なかなかイケメンなロドリゴだななんて思ってたら
中の人はスペインのロックバンドThe Monomesのドラマーなんだそうで
You Tubeで演奏も見られます。

チェーザレはそのちっこいロドリゴに
ルクレツィアのもとにいるジョバンニをあえて渡し
でっかいロドリゴに報告させるようにします。
前回実際にジョバンニを運んできた謎の覆面男がまた登場。
最初は胡散臭くてチェーザレに叩きのめされていましたが
次にチェーザレの前に現れたときは忠誠の誓いを交わしていて
もしや?と思ったらやっぱりこれがミケロットでした。
どんなに痛い目にあってもびくともせず
(向こうのミケロットの背中は傷だらけだったし)
チェーザレを決して裏切らないミケロットが
ここでようやく任務開始ということですか。
でも顔が見えない!!つまらん…
今まで存在に全く気付いていませんでしたが
S1ではホアンの部下?として姿を見せていたようです。
覚えてないぞ。
別にミケロットにイケメン度は期待してないし
それなりのオヤジで結構なんですけど
でも男色路線はキープしていて頂きたい!と個人的願望。

ともあれジョバンニはちっこいロドリゴに渡されて
でっかいロドリゴのもとにやってきます。
ここでチェーザレはジョバンニをかつて捨てた自分の息子と公言し
息子の世話をルクレツィアに託します。
これでルクレツィアは堂々と自分の息子と一緒にいられるではないですか。
めでたしめでたし。
感謝するルクレツィアのチェーザレへの過大な愛情表現はいい感じでしたが
チェーザレはちょっと困ってた?
これでルクレツィアが子育てに専念し始めると
狩り好きで野蛮な夫アルフォンソの存在が面倒くさくなるのかな。

Cadfael (修道士カドフェル) S1-#4 「修道士の頭巾」

修道士カドフェルをNHKでオンエアしていた時
夢中になって観ていました。
ストーリー展開が面白いし、
カドフェルの植物や医療の知識に学ぶことが多く
そしてカドフェルの温かく誠実な人柄にひかれました。
法の執行官べリンガーとのコンビも見事で
12世紀のイングランド、シュールズベリを舞台に
CSIとL&Oが合体したようなドラマを楽しむことができました。

でも当時は録画保存しておらず、DVDも購入していなかったので
AXNミステリーでの放映がありがたく
とりあえずS1の4話だけ録画して、時間のある時にでも観ようと思っていたら
いつの間にか放置状態になっていて…

ようやく4話分観終えました。

もちろんカドフェルは尊敬すべき修道士で別格だけど
何故か3回も変わったべリンガーのうち(しかも似てないよね!)
初代べリンガーのSean Pertweeのファンだったので
彼が出ている4話分を観たのですが
悪は絶対許さない!べリンガーのきっぱりした態度がかっこいいな。
そしてどのエピにも気になるイケメンな若者がいるんだよね。
その若者が事件に巻き込まれ、不幸を背負う運命に。
3話目の「死への婚礼」では
強制的に結婚させられようとしていた花嫁の恋人が
花婿殺害の犯人としてお尋ね者になっていましたが
この恋人を演じていたのが
これまた大好きだったドラマCovington Crossで
リチャードを演じていたJonathan Firth
Colin Firthの弟なので、確かにどこか似ているかも。
こんなところでまた出会えたと喜んでいたら
4話目で見つけたのがこの人。

cadfael1-4.jpg

荘園主をトリカブトの毒で殺害したと疑われ
お尋ね者となるエディを演じていたのが
Elementaryのシャーロック・ホームズでした。
演じているJonny Lee MillerはDexter、Eli Stoneとアメリカドラマに出演していますが
彼を有名にしたのはTrainspottingのシックボーイ役。
でもその前にもさまざまなドラマやTV映画に出演していたようで
Cadfaelもその一つでした。
もう20年近く前の若々しい!姿です。

今はすっかり有名人の別の顔を見つけるのも面白い。
5話目以降は録画していなかったので、今回の再放送を機会に
またぼちぼち楽しんでいこうと思います。

CSI:NY S9-#5 「汚名」

20年前に失踪した少年の事件。
若きマックが捜査に参加していましたが
唯一の容疑者として挙げられていたキースについても
逮捕されたものの彼を犯人と断定する証拠がなく釈放。
キースはNYから離れ、事件はCold Case化していました。
ところがそのキースがNYに戻ってきた途端、何者かに殺害されます。

まるでSVUのような事件展開。
長年続いているドラマの方が、インターバルが感じられてリアルだけど
さすがにCSI:NYに20年前はありませんでした…
それより失踪した少年トミーの父親が
べガスのヴァルタン刑事じゃないですか。
スーツ着てない普通のオヤジ?なヴァルタンもいい味出してるけど
ここはCSIシリーズなんだし、準レギュラーのヴァルタンを別人で出すのはもったいない。
やっぱりべガスから出張してきてほしかったな。
しかもヴァルタン妻がクリマイホッチ妻でしょ!
もう少し工夫があってもよかったのに。

ともあれ容疑者キースとバーで目が合ってしまったヴァルタン(本当はネイサンです)は
キースを外に連れ出しパンチ炸裂。
なかなかすっきりしましたよ。
その後は気づいたら墓地でひっくり返っていて
単に酔っ払いオヤジと化していました。
べガスじゃ派目を外せないから、たまにはよかったのかな。

キースを殺害した真犯人は
キースの遺体の首の傷の残留物から確認。
近所のデリのオーナーのミッチでした。
トミーが失踪した日、ミッチはトミーに飴を渡したことを証言していましたが
地下室に連れ込んで虐待
トミーが騒いだので殺害して、遺体を地下室内に隠していたのでした。
当時キースはミッチがトミーを連れ込むのを見ていたけれど
ヤク中だったので証言もできず
しかしクリーンになって戻ってきたキースを見て
ミッチは真相がばれると考え、犯行に及んだのでした。
やっぱりSVUの担当事件だったんだよね。
ヴァルタン&ホッチ妻にもマックにも
Case Closedだけど悲しい結末でした。

事件とは全く関係ないドンちゃんの休日番外編。
ワンコにエッグ・ベネディクトを作ってあげるドンちゃんのエプロン姿を見て
この人大丈夫??と心配になってきましたよ。
レックスを溺愛していたアレックスでも
ここまで大サービスはしてなかったでしょ。
その後はサマンサと一緒におばあちゃんちに呼ばれて
父親の遺品を渡されます。
そういえばドンちゃんは警官一家のサラブレッドでした(今は死語)
ドンちゃんは父の野球コレクションを譲り受け喜んでいましたが
サマンサには父とのいい思い出がなくて不機嫌。
でもドンちゃんが後で父の二人へのメッセージを読み
父の思いの実現させることを提案すると
サマンサも同意します。
それはヤンキース・スタジアムで父の遺灰を持って走ることでした。
すっかりはしゃいでたドンちゃんでした。

マックの失語症をジョーが気にし始め
クリスティーンを巻き込んで心配を始めます。
それをかたくなに拒絶するマック。
プライドの高い頑固オヤジを動かすのは難しいね。

The Listener S4-#13 「Fatal Vision」

S4ファイナル。

前回のラストで銃を突きつけられたトビーは
ミシェルを守るために発砲してしまいます。
相手は死亡。
例えベテラン刑事でも、発砲した結果相手が死亡した場合
内務調査が入ったり、カウンセリングを行ったり
それなりの手続きがありますが
トビーは専門の訓練を受けた捜査官ではないし
しかもその自分に撃たれる相手の心が読めてしまったという
ありえない体験をしたために
相当のショックを起こします。
普段は淡々としているトビーにもこれは堪えました。
もうこの仕事を辞めようとさえ思います。

トビーはクラインが紹介したカウンセラーに会いに行きますが
最初はカウンセリングに乗り気ではありません。
なるほど、今まで救命士として人の死の場面に遭遇してきたけど
その時は命を救おうとしていたのに
今回は自ら命を奪ってしまった。
今までのトビーにはありえないことです。
自分の能力が犯罪を防ぐことの繋がるとIIBに加わったのに
その能力の使い方にも疑問を感じてしまいます。

だったら救命士に戻ろうよ!と
S1の救命士トビーが大好きだったので
つい悪魔のささやきを伝えたくなってしまいましたが
結局再度のカウンセリングでトビーはチームのために
能力を生かす決意を固め、現場に復帰します。

やっぱりもう救命士トビーはあり得ないんだ…とちょっとがっかり。
さらにティアとの関係も急遽持ち直し
めでたくハッピーエンドじゃないですか。
次シーズンへのクリフハンガーよりは安心して観終えたけど
もうちょっとはらはらさせてくれてもよかったな。
ついでにこのまま犯罪捜査路線で行くなら
IIBのチーム強化をしてもらいたい。
今のメンバー4人で、大掛かりな犯罪組織を挙げるのって
いくらトビーの能力があったとしても無茶な気がするんだもん。

シーズン途中にミシェルがバッサリ髪を切って
でもショートヘアがとても似合っていて素敵でした。

Law&Order SVU S14-#14 「Secrets Exhumed」

Cold Caseを手伝っていたマンチが戻ってきて、1987年のレイプ事件で残されたDNAと、マイアミで麻薬所持で逮捕され、明日釈放されるブライアン・トレモアがと一致すると報告する。ベンソンとアマーロはブライアンの引き渡しを求めにマイアミに行くと、FBI捜査官のダナ・ルイスが待ち受けていた。ダナはブライアンは他のレイプ事件の容疑者でもあるとして、共同捜査を願い出る。ブライアンはNYに連れて行かれる。
ブライアンは1988年4月のバスの事故で脊髄を損傷して下半身不随になり、車椅子生活を送っていた。それはブライアンが容疑者である最後の事件から3カ月後のことだった。事件はどれも手口が同じで、女性をレイプした後ゴム手袋で口をふさぎ、粘着テープを使って絞殺していた。ブライアンは86年から88年にかけてバスケットのチームの用具係として働いていたが、遠征日や休日が犯行日と一致していた。
被害者の一人ジーナの元ルームメイトは、ジーナはスポーツバーでブライアンに声を掛けられていたと話す。尋問に対しブライアンは初めはジーナを覚えていないと言っていたが、そのうちぼんやり覚えているかもと供述を変える。だが殺人については否定する。
5人目の被害者で幼稚園の先生だったキーラの両親が、犯人の確認をするためにSVUに来る。犯人の写真に見覚えはなく、キーラはスポーツが嫌いだし、婚約者のノアと愛し合っていた。バーで知り合った男に殺されることなどあり得ないと連続レイプ犯にによる犯行を否定する。
ブライアンはベンソンに追求されるうちに、サクラメントのテレサ、フィラデルフィアのマーリーン、ワシントンのダイアナ、NYのジーナの殺害を認める。しかし5人目のキーラについては、この女は知らないし赤毛はタイプじゃないと殺害を否定する。
キーラはヨークビルの自室でレイプされ絞殺、指紋も血液も精液も確認できなかった。マンチは再度Cold Caseに出向き、キーラの証拠品を調べるが、10年前にオライリー刑事がテープと手袋を持ち出していたままで、証拠品の箱はもう一箱あるはずだった。
ダナはベンソンに、キーラは当時妊娠してたと打ち明ける。そしてベンソンとアマーロが行っているブライアンへの尋問を代わってほしいとクレイゲンに頼む。二人に代わって取調室に入ったダナは、やんわりとブライアンに自白を迫っていく。
キーラの証拠品は、10年前にFBIの指示で無関係の刑事が持ち出していた。
キーラの婚約者だったノアがSVUに現れ、ダナと再会する。ダナはノアとは大学時代からの知り合いだと説明する。ノアはアマーロに犯人の写真を見せられると、見たこともないと確認。キーラはスポーツは嫌いだし、初対面の男を家に入れたなんて信じていないとブライアンの手口を否定する。ノアは事件の晩は、デューク大で教科書を売っていた。またダナとは時々デートしていて、事件の直後にも連絡を取っていたが、キーラが妊娠してダナと別れた。運命の相手はダナではないと説明した。ダナは捜査で知った犯行の手口を、ノアに話したのかもしれない。しかしノアにはアリバイがあった。当時事件を担当したハワード刑事は、ノアはアリバイがあったし悲しんでいた。ダナが現場を仕切っていたと振り返る。

アマーロに5人目の女性は妊娠していたと聞かされたブライアンは、何故バーで酒を飲んでいたんだと不審がります。そして他の4人のことは覚えているが、ジーナのことは記憶にないと強調します。
ダナは今度こそブライアンを落とすと意気込み、取調室にカメラの設置を要求します。SVUはブライアンの入室を遅らせ、ベンソンがダナを問い詰めます。ノアと親しかったのに、ダナは担当を外れなかった。ブライアンは無関係だし、ノアにはアリバイがある。もう一つの証拠品の箱は見つからず、見つかった箱にもゴム手袋は入っていなかった。キーラの爪に血液が付着していたことも分かっていて、DNAを調べれば犯人は挙がります。
アマーロはノアに、ダナとの関係を尋ねます。「ノアはダナとなんとなく離れていった。ダナに結婚したいと言われたけどまだ早いと感じていた。その数カ月後キーラにプロポーズしたことをダナに話すと、ダナは動揺して震えていた。」一方ベンソンはダナからノアとの関係を聞き出します。ダナはノアの子を妊娠していましたが、中絶します。6~7年も付き合っていてノアを愛していたのに、ダナの中絶の2カ月後、ノアはキーラと婚約します。私は平気でも、キーラはノアとじゃないと生きていけない。そう強がるものの、ダナは傷ついていました。そして婚約の1週間後、キーラは殺害されます。
ベンソンはダナに「あなたは立派な捜査官だけど、一つの疑念がわいてくるのを止められない。あなたの献身はたった一つの過ちを全て償うためだったの?長い間の潜入捜査は忌まわしい過去を封印し、自分自身から逃れるため?」と問い詰めます。
ようやくダナは真相を告白します。「ダナはノアは私のことも、キーラのことも愛しているのではなく利用しているだけだと教えたくて、キーラの家に行った。キーラはダナに同情して謝ったが、ノアは運命の相手だと妊娠を伝え、幸せそうだった。その後のことは覚えておらず、気づいたら足元にキーラの遺体があった。」そしてダナは自分を守るためにブライアンの犯行の手口を真似て、現場を偽装します。ダナは殺人容疑で逮捕、事件から25年が過ぎていました。

ダナ・ルイスの4度目の登場で何と殺人犯に。
しかも潜入捜査官としてステーブラーやベンソンに出会う前から
殺人を隠したまま働いていたのでした。
この忌まわしい一瞬の過去を消すために、ダナはがむしゃらに働いてきた。
それで納得もできますが
なにもここでダナをわざわざ悪者にしなくても…という気もします。
それよりノアがとんでもない男ですよね。
ダナとキーラを不幸の道にいざなった魔性の男。
でもThe Shieldのダッチなので、ちっとも魔性感がないんですけど(苦笑)

いきなりOZのオーガスタス・ヒルが車椅子で現れて大感激!!
また刑務所に入ってたんですか?
ヘアスタイルは変わっちゃったし、オヤジ化は進んだけど
やっぱりヒルは車椅子がしっくりきます。
LOSTで歩いてた時違和感だったもん。
ついでに語り部をやってくれてもよかったのに。
ここにステーブラーがいたら感動の再会ができたのになんて喜んでいたら
Cold Caseの証拠品をかっさらったのがオライリー刑事だって??
また爆笑です。
もしかしてキャシディが偽名を使っていたのかも。
とOZファンには楽し過ぎるエピです。

アマーロが参加してからずっと身近な存在になったCold Caseですが(笑)
何故か担当はマンチなんですね。
しかもNYPDのCold Caseは整理整頓が行き届いていない!
アマーロが入ったら文句を言いかねないので
あえてマンチを送っていたのかも!!

Borgia S2-#5 「カンタレラ」


サヴォナローラを処刑し、ローマに戻ってきたチェーザレはますますパワーアップ。
S2に入ってのチェーザレの存在感、いきなり増してきましたね。
ヴァノッツアの前では息子らしくふるまっていたけど
ロドリゴのことはどうでもよくて、我が道を突き進んじゃってます。
ボルジア家のチェーザレの方がもう少し親子関係よかったのでは?
そしてロドリゴは相変わらず怪しげな薬を飲まないと動けず
ジュリアも薬の味を知って一緒にヤク中状態。
さらにロドリゴに色仕掛けを忘れず。
ロドリゴのデレデレぶりが情けないです。
しかしジュリアの努力に反して?
せっかくロドリゴの側近で働くことになったのに
事務職に就かされたアレッサンドロはブツブツ言ってます。

チェーザレは自らの野望の実現のために
枢機卿を辞めると言い出します。
シリルちゃん扮するリアーリオは、そんな前例はないから許さん!と反対。
もちろんデッラ・ローヴェレも反対します。
ロドリゴは辞めるなら全員一致の賛成票を集めろと命じ
チェーザレはその気になります。
そしてリアーリオと密談。
リアーリオはかなり強気に出るんですが、しっかりチェーザレと彼の従兄弟たちに弱みを握られ
賛成票を投じる約束をさせられます。
同様にデッラ・ローヴェレも男色を暴露すると脅され
仕方なくチェーザレに従います。
こうして枢機卿の満場一致で
チェーザレは赤いマントと帽子を脱ぐことになります。

ルクレツィアはまたもや政略結婚の犠牲になり
しかも初夜の営みを監視されて文句をつけられたので
突如開き直って大胆になります。
さすがボルジアだ!
でもチェーザレはもっとルクレツィアをいたわってほしいんだよね。
この兄妹の近親相姦ぶりもボルジアの重要事項なのに
こっちのチェーザレはルクレツィアに「愛してる。」と言ってるわりにはそっけなさすぎ。
もう少し兄妹の絡みも見せてもらいたいものです。

ところでこっちのボルジアはややこしい名前の人が多く
そのわりにHPの解説もあまり親切じゃないし
ボルジアの従兄弟まで出てきちゃってすっかり混乱してましたが
ここで「チェーザレ」ガイドブックがかなり役立っています。
惣領さんのイラスト付きの詳しい人物紹介が
頭をすっきりさせてくれました。
シリルちゃんのリアーリオも載ってるし(顔は似ても似つかないけど)
ボルジア鑑賞の必需品だと思います。

チェーザレ・ボルジアを知っていますか?チェーザレ・ボルジアを知っていますか?
(2013/08/29)
惣領 冬実、 他

商品詳細を見る

Entourage S8-#8 「さらば 愛しき男たち」

Entourageがフィナーレ。
コメディを最後まで観続けられたのは
自分としては珍しい?
でも本当に最後まで楽しめました。

そしてとても気持ちいいエンディング。
ヴィンスはソフィアとパリで電撃結婚。
仲間たちにも来てほしいと頼みます。
そんなときエリックはスローンの妊娠を知り
話がややこしくなってきます。
さらにアリは奥さんとの離婚騒動の真っただ中。

でもみんなうまくいくんだよね。
ラストが結婚式か葬式はよくあるパターンですが
みんなハッピーで終われたらいい余韻も残ります。
しかも会社をバーバラに明け渡すと宣言して出てきたアリは
家族の絆を取り戻したことの他に、さらに成功の道まで開けてしまいました。
めでたしめでたし。
4人組の方はエリックとスローンも寄りを戻し、旅立っていきます。
結局は故郷のNYに戻ることになるのかな。
その旅立ちシーンで流れていたのがLed ZeppelinのGoing to California
「カリフォルニアへ行こう!」そう意気込んでやってきた4人が
山あり谷あり、本当にいろいろなことがあったけど充実した日々を過ごせた。
そんな思いが伝わってきました。

このドラマは豪華ゲストも楽しみでした。
Five-Oのダニーがそのまま偉そうな態度を見せてるし
Crossing Linesと同時進行で生き生きしているカールを見ているのも
なんだか不思議でした。
ハリウッドでそのまま制作しているドラマだから
ゲストたちも簡単に顔を出すことができたのかな。

Entourageの後はThe Crazy Onesですが
やっぱりコメディはあまり得意ではないので
とりあえず見合わせておきます。
評判が良ければチラ見してみようかな。

DlifeではL&O SVUのS3が始まってます!

FOX CRIMEの観られない環境の人や
S3を見逃している、もう一度観たいという人には嬉しい
DlifeでのS3スタート。
番宣を観て懐かしんでいますが、HPを観ていたら
どうしてもツッコミたくなってしまって…

というわけでDlifeのHPを読んでの感想を。
ちなみにFOX CRIMEのHPはオープン当時ツッコミ倒しました。
だってベンソンもステーブラーも「探偵」になってましたからね。
その時に比べれば随分改善されたとは思いますが
相変わらずエピガイを書くときも一切読んでいません。
だいたい自分の更新の方が早いときが多いし。

ストーリーというよりドラマの概要については
なかなか親切丁寧に書かれているじゃないですか。
しかしステイブラー刑事とオリビア刑事って??
エリオットとオリビアか、ステイブラーとベンソンにそろえてください。
基本はベンソンでいいはずなんですけど。
さらに刑事たち、そんなにレイプや虐待を受けてましたか?
ベンソンはその後辛い思いをしますが
むしろ自分たちの身内にいろいろ抱えているように思えます。

Meloniの紹介、いいねぇ♪
ケラーはバイセクシャルのシリアルキラーなんだって。
そんなに簡単に語ってもらいたくないんですけど。
で星形が埋め込まれたって何ですか??

ベンソンにERの過去を書いてもらいたいなと
これはFOXの方では記されていますが
クレイゲンのL&O本家やマンチのHomicideは
FOXでもスルー状態なんですね。
ケラーよりよっぽど大事なポイントなんですけど。

そしてSVUに相関図が必要か??
刑事ドラマですから警部と刑事は上司と部下だし
刑事たちはパートナーを組んで動くし
でも事情によってはパートナーが変わることもあるし
常識の範囲でしょ。
で彼らの関係は「信頼」です。
正統派刑事ドラマなら当然。
でも最近不信感漂うドラマなんかもありましたね。
それより笑っちゃったのがキャボットの「協力」
検事補は市警に協力してたんだ!!
L&Oは協力のドラマだったんだ??
そりゃ協力して有罪判決を勝ち取るわけだけど
「法」とか「秩序」よりも「信頼」や「協力」がメインに出てきて
本家なんてどうなるのさ。
とルポカタを協力の線でつないでいいものか
ふと考えてしまいました。

Smash S2-#14 「炎の消える夜」

字幕版で観ているため、吹替版より一週遅れているのであしからず。

その前のエピのラストで、アパートを出て行くカイルが歌う
Jeff BuckleyのThe Last Goodbyeが素晴らしくて
もともとオリジナル曲が大好きなこともあるんですが
あの難しい曲をカイルなりにうまく歌いこなしていて大感激していたら
その後がまさかの悲劇に。

だからThe Last Goodbyeだったんですね。
突然皆の目の前から去ってしまったカイルですが
それぞれの思い出の一幕として登場していたのがせめてもの救いでした。
でもトムとの会話が切なすぎたけど。
地道にパワーアップしてきた「ヒット・リスト」
ぼろぼろになったジミーに続いてカイルを失い
きっとここからまた這い上がっていくんでしょうね。
「ボムシェル」がマンネリ化してきているだけに
「ヒット・リスト」の完成が楽しみでした。
そして2大ミュージカルの対決でフィナーレってことなのかな。
残り3話ですから。

それにしてもここにきてカレンの悪女ぶりにイラツキ度が増してます。
自分的にはS1ラストでデヴと別れてしまったところで悪女レッテルが貼られて気がしますが
(せっかくデヴが素敵だったのに…)
S1ではアイヴィーの方がお高くとまっていて
カレンの方に初々しさが残っていていいなぁって感じてましたが
S2になったら立場が逆転しちゃったかな。
苦労しつつボムシェルに返り咲いたアイヴィーの方が共感できるかも。
カレンも別に意地悪してるわけじゃないんだけど
彼女の場合って天然の魔性の女?
関わる男たちを迷わせ、混乱させている気がします。
デレクが軽すぎるのも問題ですけど。

残り3話、カイルの遺志を大切にしつつ
余りイライラせずに観終えたいと思うんですが
もしあったらいいなと思うとてつもない願望を!

①ボムシェルとヒットリストの完全版が観たい!
だっていつも細切れ状態だし
どんな舞台なのか、じっくり見せてもらいたいです。
完成作品を楽しまなきゃ。

②スコットに一曲歌ってもらいたい。
いつもRENTのポスターを見せられちゃ、気になって仕方ないです。
グリーン刑事に歌えっていうのは無茶でも
スコットなら可能でしょ。
(と思っていたらもう出番がないんですね…がっくり)

その代わりかどうかわからないけど
ラスト2話にB&Sのスコッティが登場するようでとっても楽しみ。
B&Sでも歌声を聞かせてくれてたし、大いに期待しいます。
残り少なくなってしまいましたが、ファイナルに向けて盛り上がってもらいたいです。

CSI:NY S9-#4 「静かなる銃声」

原題は「Unspoken」
タイトル通り前半はキャストのセリフが全くなし。
それでも何が起きているのかしっかりと伝わってくるのがすごかった!

ダニーとリンジーがルーシーを連れて(ずいぶん大きくなったね)を連れて
ハミルトン上院議員の選挙集会に参加していたら
突如男性が上院議員に向かって発砲。
弾はそれたけど、ルーシーを守ろうとして倒れたリジーが負傷。
頭蓋骨にひびが入って病院に運ばれました。
犯人は使用した銃をごみ箱に捨てたら
そばで遊んでいた男の子が銃を拾い出し
薬きょうは抜いて遊んでいたはずなのに暴発して
一緒にいた女の子に命中、女の子は死亡します。

使用された銃を調べていたらハミルトン本人のもので
ハミルトンは盗まれたと主張。
それは本当に偶然のことでした。
犯人が狙ったのはハミルトンではなく、
応援に来ていた公立校の指導主事のマッコードでした。
(公務員が選挙集会に応援は日本ではありえないけど)
犯人は倒れたリンジーと目を合わせていて
リンジーが運ばれた病院を知り、ダニーたちが帰った後の病室に忍び込みます。
そして窓ガラスにI'm Sorryと書いてリンジーを狙おうとしますが
ルーシーの書いたママを励ます絵を見て思いとどまります。

セリフはハミルトンへの尋問からスタートしますが
そこまでの経緯がよくわかりました。
犯人の男性が教室で何か書いていたのが初めはピンとこなかったけど
それは後半の流れで判明。
Green DayのBGMもうまくマッチしてたし。

犯人は小学校教師のエヴァン。
怪我をした少女を気遣いハグしていたら
その場を校長だったマッコードに不適切な行為だと注意され
一時的に解雇されてしまいます。
それを恨んだエヴァンがマッコードに仕返しする機会を狙っていました。

そりゃエヴァンのやってることが問題なのは本人がわかっていなければマズいし
ベンソンやアマーロの指導が必要だったかも。
でも保護者に訴えられてもいないのに解雇っていうのもやり過ぎだよね。
しかも公立校で校長に権限があるのかな?と細かい疑問が。
エヴァンが子どもを愛しているのはよくわかったけど
先生が銃でリベンジは、これまた問題です。
何か他の方法で訴えられなかったのかな。
しかも自分が犯した罪で、愛すべき子供の命が犠牲になってしまった。
エヴァンにとってはさらに大きな苦しみがのしかかってしまいましたが
平気で銃を拾って遊んでいる子供がいるという実情も大いに問題です。
とさまざまな問題が見えてきた事件でした。

Unspokenはマックの失語症とも関連していましたね。
一人で抱え込まないで、仲間たちに助けてもらった方が
ずっと気持ちも楽になると思うけれど。
やはりプライドが許さないのかな。

ラファエル前派展

森アーツセンターギャラリーで開催中の
「ラファエル前派展」に行ってきました。

ラファエル前派に興味を持ったのは2011年の7月にLaLaTVでオンエアされた
「Desperate Romantics」(SEXとアートと美しい男たち)にハマったからで
ドラマを観はじめたときはラファエル前派(P.R.B.)のことが全然わかってなくて
そこからいろいろ調べ、ドラマを観終えたときにようやくP.R.B.を知ったという感じでした。
それにしてもなんとまあスキャンダラスな人たちだこと!と
ドラマはとても面白かったんですが。

そして今回ドラマで話題になった作品の数々が見られるということで
早速見てきました。
ロセッティ、ミレイ、ハントだけではなくブラウン、バーン・ジョーンズ他
テート・ブリテンに所蔵されるらP.R.B.の作品がごっそり来ています。
やはり心を撃たれたのはミレイの「オフィーリア」
ドラマでは第2話に制作秘話が描かれていて
モデルを務めたリジーがバスタブにずっと漬かっていたら肺炎になってしまったことなど印象深かったです。
草花が実に細かく描かれていて、緑が美しく、本当に素敵な作品でした。
リジーも含めてロセッティの宿命の女たちも登場。
さらにリジー自身の作品もあり、またドラマの場面が蘇ってきました。

作品の解説もわかりやすかったですが
興味深かったのが会場に展示されていたP.R.B.の人物相関図。
まるでドラマみたいでしょ(笑)
三角関係があちこちで勃発してるし
だからドラマに描かれたわけですが。

もう一度ドラマを観たいなと思ったものの録画保存していなくて
持っていたのが日経エンタテインメントのムック2011年夏号の付録の第1話だけ。
仕方なくアメリカ版DVDを購入しました。
これでもう一度展示作品に出会えます。

そしてとりあえず日本語字幕の付いてる第1話だけもう一度見返しましたが
リアルに描き過ぎてディケンズにけなされたミレイの「両親の家のキリスト」や
ロセッティがまだ制作途中を見せていた「受胎告知」の本物を見てきたことを発見。
ドラマとリンクさせて見ると本当に面白いと思います。
せっかく作品が多数上陸してるんだから、LaLaで再放送してくれればいいのに
そんな配慮はないんですよね…残念。

グッズも多数販売され
オフィーリアグッズが山ほど手に入ります。
それから「美術手帳」3月号増刊の「ラファエル前派」を買いましたが
とてもわかりやすくまとめられていて便利。
ドラマのことも紹介されていました。


Desperate Romantics [DVD] [Import]Desperate Romantics [DVD] [Import]
(2010/07/20)
Samuel Barnett、Sam Crane 他

商品詳細を見る



美術手帖3月号増刊 ラファエル前派 19世紀イギリスの美術革命美術手帖3月号増刊 ラファエル前派 19世紀イギリスの美術革命
(2014/01/23)
美術手帖編集部

商品詳細を見る

Law&Order SVU S14-#13 「Monster's Legacy」

男子体操チームの個人指導を行っているコーチのベリヤコフが、指導を終えて駐車場でトランクに荷物を入れようとしていると、背後から来た男に性器を刺されて大量出血する。ベリヤコフに恨みを持つものがいないか探っていくと、最近ベリヤコフに才能がないと言われやめさせられたエディが浮かんだ。エディはコーチのことを語りたがらなかったが、性的なことはなかったとは断言する。だがエディの父親は、作業服を着た痩せた若い男に、コーチに近づかない方がいいと言われていた。
男はジョニー・ドブチェクで犯罪歴があったが、5年間はトラブルがなく本人も更生した様子だった。しかしジムの清掃員のジョニーはベリヤコフと毎日会っていたようだ。ジョニーはSVUの尋問に対し、ベリヤコフは自分には何もしていないが、生徒を虐待していると説明する。一方ベリヤコフは虐待を否定し、少年たちのレッスンの撮影をしているのは指導のためで、ストレッチの補助をしている映像も、訴えられた時の言い訳になると反論する。ベリヤコフの指導を受けていた元生徒たちは、虐待はないと口をそろえる。
ジョニーは護送中に他の囚人の首を絞めて取り押さえられる。ジョニーが首を絞めた相手は性犯罪者で、あの囚人と一緒は嫌だとジョニーは騒ぐ。罪状認否でジョニーは3日間で2件の暴行罪を働き、ライカーズに収監された。ジョニーの母親に事情を聴くと、ジョニーは10歳のとき父親が死亡、数年後近くに越してきた男がキャンプのコーチをしており、ジョニーに興味を持って夏キャンプに連れて行ってくれたが、戻ってきたジョニーは喜んでおらず、以来キャンプに行くことを嫌がっていたとのことだった。ジョニーの過剰反応は、過去の虐待が影響しているのかもしれない。そしてコーチが少年にストレッチを行うことでPTSDが発症し、小児性愛者への恨みが蘇ったのではと考えられた。
キャンプのコーチのシュルツは、もう50年間も夏のキャンプで貧しい子の世話を世話をして来ていた。ベンソンやアマーロの質問に対し、ジョニーのことを思い出したシュルツは、ジョニーがからかわれていたことや、虐待は断じて許さないと言ったことを話す。ベンソンはシュルツの話す様子から、彼は社会病質者で、慎重に答えを用意しているような話し方だと分析する。
シュルツのキャンプに行っていた者の多くが、レイプや殺人などの犯罪者になっていた。虐待されたことを恥じてトラウマになり、第二の虐待者に変わったのかもしれない。これらの犯罪者の中に、20年前の殺人で死刑判決を受け、10日後に執行予定のレジー・ローズという囚人がいた。彼なら証言を期待できるかもしれない。ベンソンはチリコシー刑務所に収監されているレジーに話を聞きに行くが、レジーはジョニーを知っていると答えるものの、シュルツにも他の連中にも関わりたくないと証言を拒否し、ベンソンたちを突き返す。ベンソンはエリスに相談することにする。

エリスはレジーが強盗殺人を犯したとされた現場写真を確認し、現場が荒らされていないことを確かめます。殺されたダンフォースという男性は黒人男性2名を買春していましたが、法廷では問題にされず、レジーは9日で死刑が確定していました。エリスはレジーに会って、陪審員はレジーの過去の虐待を知るべきだとして、仮釈放委員会に訴えることを約束します。そしてベンソンと共にクリーブランドへ行ってレジーの弁護人に会いますが、レジーは3人の子の父親を殺害したとして陪審員は40分で評決を出しており、虐待は恩赦の理由にはならないと見解を示します。
エリスは再度レジーに会って、彼の過去に受けた虐待を探ります。最初は6歳のとき叔父に虐待され、続いて母親の恋人、10歳で学校の先生にと被害は続きます。そしてシュルツに3年にわたって虐待を受けたレジーは、クリーブランドに引っ越してきます。事件のあったとき、レジーは金をもらってダンフォースの相手をしていましたが、彼との事が終わった後3人の男が現れレジーをレイプしたので、翌日レジーはダンフォースを殺害したのでした。レジーの姉のカサンドラは、自分が先に叔父にレイプされたと被害を裏付けます。
エリスは当時の検事補レイスロップに裁判を確認、レイスロップはダンフォースは売春の前科があったが弁護士は取り上げなかった事を認めます。レジーに恩赦は難しくなってきます。
レジーの死刑執行に関して仮釈放委員会が開かれます。カサンドラはレジーが13歳のときキャンプから帰ってきたら、彼の下着に血がついていたことを証言します。弁護士に話をしますが、レジーがゲイだと陪審員に伝える必要はないと言われていました。
レジーの死刑執行を誤審とする採決は、賛成4、反対5と分かれます。エリスはレジーの弁護人は重大な過失を犯したと主張します。死刑執行を指示した4人は元刑事や刑務官で、5人目は社会福祉団体のトップのハリソン検事の妻で、レジーの裁判の際にレイスロップを指導していました。
エリスは意図的に証拠を無視したとして検察側の違法行為を主張しようとしますが、今までレジーを20年間放置していたのに悪あがきだと相手にされません。
死刑の執行猶予を得るためには、証拠が必要です。エリスとベンソンは再度犯罪現場の写真を確認し、床に落ちていた証拠品が消されていることを突き止めます。それはレジーが男たちに撮られた写真で、レジーはダンフォースから写真を奪い取ろうとして、その写真が床に散らばりました。レジーは、シュルツに撮られたビデオがトラウマになっていて、ダンフォースに写真とビデオをばら撒くと脅され、犯行に及びます。
ジョニーはシュルツが地下室でビデオ撮影をしていて、話せば映像を皆に見せると脅していたことを話し始めます。コーチを襲ったのもそのトラウマが原因でした。
レジーの死刑執行の3日前、エリスは検察の違法行為の申し立てを行います。レイスロップはレジーの虐待について弁護士に伝えておらず、強盗殺人で死刑に持ち込みましたが、ハリソンに弁護士に内緒で、レジーのセックス写真を封筒に入れて送っていました。レイスロップが事実を認めたため、レジーの死刑執行は延期となり、裁判のやり直しが決定します。またシュルツが世話していたパブロが、シュルツに証拠品のテープを燃やすよう命ぜられていましたが、まだ燃やしていないものをSVUに渡します。シュルツは逮捕されます。

少年への個人レッスンが性的虐待に発展する話は
今までにも何度もSVUで取り上げられていたと思います。
ずっと続いているのは実際に被害者が多いからなのか
その被害者たちが辛い体験を訴えることができず
そのままトラウマとして残り、自分自身が犯罪者となってしまう
二次的被害が後を絶たないのも辛い話です。
辛い思いをしても、堂々と打ち明けられるようにしていこう
そんな環境づくりにもSVUは貢献しているのかもしれません。

今回は体操コーチには問題はなく
誤解していた清掃員が過去にキャンプのコーチに虐待を受けていて
その事実を明らかにさせるために同じく虐待の被害者で
殺人事件で死刑判決を受け、もうすぐ執行予定のレジーから真実を聞き出そうとすることになります。
リジーを演じているのがマイク・タイソンで
俳優として活躍していたんですね。
迫力がありました。
当時の有罪判決に関しては検察の不正があり
久々に登場のエリスが見事に暴いてくれましたが
20年前は男性同士の性的虐待はさほど重要視されていなかったのかな。
ともあれレジーは公正な裁判を受けられることになってよかったです。
ところで着飾っていたベンソンのデートの相手は?
最近やたらと意味深だよね。