INDEX    RSS    ADMIN

Glee S5-#17 「Opening Night」

いよいよレイチェル主演の「ファニー・ガール」の初日。
あのステージ大好きなレイチェルが、珍しく弱気になっています。
みんな気を使ってレイチェルにネットやSNSでのステージ評を見せないようにしているんですが
応援に駆け付けたティナがちょっと余計なことを言い
ウィルに言い含められて、初めてNYへ出てきたスーが爆弾を落としたために
レイチェルは完全に怯え、落ち込んでしまいました。
批評家は言いたい放題だし、つい悪口の方が目に入りますからね。

そんなレイチェルを救ったのがサンタナ。
バーブラ・ストライサンド本人の初日レビューをレイチェルに教えてあげ
自信を持たせてくれました。
バーブラだって最初は苦労していたんです。

いよいよ初日。
ウィルはこの日を楽しみにしていたけど、エマから破水したとの連絡があって
舞台を見ずに帰ることになってしまいます。
スーは入り口でチケットを売りつけようとしていましたが
目が合った男性に惹かれてそのまま劇場へ。
舞台が始まってしばらくしたら、つまらないと席を立ってしまったスーでしたが
気になった男性も一緒に席を立ち、二人は劇場の外に出ます。
相手の男性マリオは、スーを自身のイタリアレストランに連れて行ってくれ
美味しいパスタをごちそうしてくれました。
二人はすっかり意気投合します。

レイチェルは堂々と歌い上げます。
脳裏にフィンの姿が浮かび、フィンもこの時を待っていたんだよね。
レイチェルもお客さんたちも大満足。
だと思うけど翌朝のニューヨークタイムズのレビューが心配です。
とりあえずクラブへ出かけてみんなで大騒ぎ。

そしてアパートに帰ったら、知らない男がカートのガウンを着ていてびっくり。
さらに一緒にスーが出てきてますますびっくり。
こんなところでマリオとスーは楽しんでいましたか。
レイチェル達は朝刊を買いに行き
素晴らしいレビューに拍手喝さいします。
ウィルからは息子誕生のニュースを聞いてさらに感激が倍増です。

マリオとの束の間の恋は
スーが帰らなければならないことで終わりとなります。
マリオはNYを離れられないし。
スーのいつもとは違った一面がたくさん見られました。

レイチェルは夢の実現に一歩踏み入れたけど
他の人たちはどうかな?
レイチェルだけでなく、みんなの活躍を観たいな。
この先に期待しています。
スポンサーサイト

7月のドラマ視聴計画

最近あまり無茶せず、適量にドラマが観られるようになってきたかな?
とはいえ油断すると溜めこみますが。

☆NHK BSプレミアム
Good Wife S4

Good Wifeは毎週楽しみながら視聴中。
それより早くNHK総合でダウントンの続きが観たい!!
かなりハマりました。

☆WOWOW
CSI S13
(Emily Owens M.D.)
Suits S3
The Following S2
Strike Back S2

恋するインターンが終わってしまうのが残念。
そしていよいよ復活のFollowing、
相変わらずのテンションの高さはさすが。
また画面にくぎ付けになりそうです。残虐だけど。
Kevin Baconかっこいいな!と今シーズン注目のオヤジかな。
Strike Backは本当はS3に当たるんですよね。
本当のS1を観そびれてるので、再放送してくれないかな。
さらにWOWOWプレミアムの「凍てつく楽園」も視聴予定です。
今度はスウェーデンなんだね。

☆Dlife
Revenge S3
The Client List S2
Intelligence

Intelligece キャストが豪華なので興味深いんですけど
近未来スパイアクションというところがちょっと引っかかる。
現実離れしちゃうとどうも苦手なので
1話観てからどうするか考えます。

☆Imagica BS
(Maison Close S2)
House of Cards S2
House of Cards, To Play the King,The Final Cut

House of CardsのS2が始まったと思ったら
まさかのゾーイ降板。驚きました。
さらにBSイマジカでは、オリジナルのイギリス版House of Carsdを
S1~S3までまとめて「野望の階段」で完全放送するじゃないですか。
これは見応えありそう。
しかも原作をブックオフで見つけたので(ラッキー!)
原作と照らし合わせながら、夏休みのお楽しみにしようかなと思っています。

☆FOX
(Glee S5)
Major Crimes S2
Da Vinci's Damons S2

やっぱりMind Gamesは苦手でした。
結局普通の犯罪捜査ドラマが好きなんです。
Major CrimesにNYPD Blueのジョンがラスティのカウンセラー役で出てきて
こういう穏やかな役どころがぴったりだよね。
次シーズンで再び登場予定がありそうなので楽しみです。
Gleeもシーズンフィナーレですね。しみじみ。

☆FOX CRIME
Law&Order SVU S15
Crisis
Gang Related

SVUはベンソン辛いね。
他のメンバーたちもあれこれありそうだし。
Gang Relatedは得意な世界かも(笑)
しかしまたTerry O'Quinnですか。
おっさん頑張りますね♪

☆Super!DramaTV
Breaking Bad S1 S2
The Mentalist S5

スパドラが地味になってきた…
早くL&Oシリーズの別物やってくれないかな。

☆AXN
Persons of Interest S3
Hawaii Five-O S4
Almost Human

Intelligence同様、Almost Humanも
話についていけるか謎。
オヤジの魅力でどこまで引っ張れるかに期待しましょう。

☆AXN Mystery
(Foyle's War S2)

フォイルが終わってしまったらしばらくお休み。
でも何か見つけて観はじめるかも。

以前に比べれば本当に落ち着いてきました。
気に入った作品をじっくり楽しませてもらいます。

Law&Order SVU S15-#10 「Psycho/Therapist」

ベンソンはカウンセリングを受けていて、夢について語っているうちに迫ってきたカウンセラーのリンドストロムとキスをする。その背後にルイスの姿が見える。全てはベンソンの悪夢だった。
公判を明日に控えたベンソンは、バーバと事件当日の出来事を陪審員に話す練習をする。ルイスは審問を開き、ベンソンの誘拐、メイヤー夫人のレイプ、サフォーク郡の警官殺害の3件の公判を分けるよう希望してきていた。ベンソンは法廷のエレベーターで、ルイスと顔を会わせてしまう。帰宅したベンソンは物音に反応してとっさに銃を構える。入ってきたのはキャシディだった。キャシディはベンソンの銃を下ろさせて抱きしめる。
SVUのメンバーはベンソンの心配をしているが、冷静な対応を求められる。特にクレイゲンは仲間同士のもめ事を憂慮し、ロリンズはアマーロに謝る。
高位裁判所はルイスの主張を認め、サフォーク郡の事件は管轄外だとして除外されることになる。ルイスはベンソンに殴られて左耳が聞こえないとして、補聴器を付けて出廷することを確認する。
ルイスの弁護士はバーバに取引きを持ちかける。ルイスが複数のレイプ、複数の強制わいせつを認め、証言するという内容だった。ルイスは一生刑務所から出られないし、ベンソンは証言台に立たずに済むことになる。だがベンソンはルイスにレイプされていないから、証言させないと断言する。ルイスにはレイプする度胸はなかったからだ。しかしバーバは、ベンソンが過剰防衛で起訴されることを恐れる。ベンソンはルイスの動きを止めるため、ルイスを殴ったと主張するつもりだったバーバはベンソンの大陪審での証言を確認するよう求める。もし矛盾したことを言えば、信頼性が薄れて付けいられ、ルイスは無罪放免となってしまうからだ。
陪審員が決まるとルイスは、取引きを持ちかけたが弁護士が検察を説得できなかったとして、自分の弁護士の変更を願い出る。そして自身で弁護したいと頼み、認められる。
法廷でまずフィン、ロリンズ、アマーロが証言する。ルイスは証拠が汚染されたラボで扱われたこtとや、ベンソンの挑発を指摘、アマーロは挑発は捜査上のテクニックだと反論する。ルイスが尋問するとなると、メイヤー夫人は出頭しない。閉廷してからSVUのメンバーが集まって食事しているとバーバが嫌がり、ベンソンにビバとルイサとは何者か尋ねる。この二人をルイスは目撃者に加えていた。ベンソンは別荘に来たメイドと子供で、二人とも安全のために帰したと打ち明ける。

法廷でビバはベンソンが二人の身を案じて逃がしてくれたことを証言する。しかしベンソンがルイスを殴り、拘束状態だったことも確認される。またルイスの全身に及ぶ怪我について、担当医が証言。顔に傷を負い歩行が困難で、肺の状態もよくないことをルイスは主張し、過剰暴行を訴える。そして長時間の法廷に立つのは無理だとしてその日の休廷を求め、受理される。ベンソンはカウンセリングを受け、嘘はすぐにばれると思い悩む。ルイスはベンソンの本性を見抜いていて、ベンソンが殴り始めるまで挑発を続けていた。そしてベンソンが殴り出すと止まらなくなり、彼と同じ行動をしてしまった。ベンソンが悔いているとリンドストロムはあの状況では仕方なかった。奴を放免にしたら自分を許せるかと問いかける。
ルイスによるベンソンへの尋問が始まると、ルイスは二人だけが知っていることだとしながら、4日間の出来事について全てベンソンの不利になるように主張してくる。ベンソンはレイプはセックスではないと反論、動きが取れなかったと言い続ける。ルイスは拘束された状態で殴られたと訴え、証言は全て嘘だと叫ぶ。バーバはルイスを負かせる完璧な質問をするつもりだったが、ルイスは最終弁論へ進むことを要求する。
最終弁論でルイスは、ベンソンが今まで逮捕した相手と性的関係を持ちたかった。性倒錯者的願望を見せていたとしながらベンソンの凶暴性を主張した。そして判決ではルイスの殺人未遂とレイプに関しては無罪、警官への暴行と誘拐に関しては有罪となる。バーバは25年から終身刑を求めるとし、ベンソンの戦いは終わる。ベンソンは非常階段で嗚咽する。
4か月後、刑務所内でルイスが心臓発作を起こし倒れる。だがルイスは担当の女性医を盗み見ていた。

とんでもないご迷惑男ルイスにすっかり振り回されてしまうベンソン。
フィンの捨て台詞じゃないけど、殺しておけばそれで終わっていたのに…と思ってしまいました。
確かに最後にベンソンの怒りが爆発。
ルイスを手錠で拘束したまま、ぼこぼこに殴りまくっていたのは事実です。
だがベンソンはその件はひたすら無言。
向こうが卑怯な手で攻めてくるなら応戦するしかないですよね。
とても辛い駆け引きでした。

だいたい自分が誘拐したことは棚に上げて
自分で弁護ってそんなの許されるんですかね?
ルイスのお見事な話術とブチ切れ具合に
陪審員共々圧倒されてしまいましたが
今回のエピではバーバがルイスに尋問するシーンや
バーバの最終弁論を観ていないので
詳細がわからないまま終わってしまったのもどうも腑に落ちず。
しかしラストシーンによると、またルイスは悪さを働き
ベンソンが再び振り回され、嘘をついたことも裏目に出るんでしょうね。
やれやれ。

ともあれ今ベンソンの隣にキャシディがいてくれることが本当にありがたい。
この重圧に一人で耐えていくのは大変ですよ。
頑張れベンソン&キャシディ!

第5回ドラ活~海外ドラマ上映交流会

恒例となってきたドラ活に参加してきました。
前回会場のオープンが7時だったので、7時に間に合えばいいやと思って行ったら
なんと6時からオープンしていたんですね。
でも7時が限界だったので仕方ない。
いきなり受付で座るテーブルを案内されてまたびっくり。
テーブル指定も初めてです。
それがなんとステージの目の前。
前回も斜め前で美味しいところどりしてたけど
ますます近づいてしまいました(苦笑)
さらにびっくりしたのが、テーブルに食べ物が届いてる!
ビュッフェ式ではなく、8人のテーブル席に食事がサーブされてたようです。
でもぎりぎりで行ったので残りはあまりなく
しかもいきなりドラマ始まっちゃうし、焦りました。

今回は2本立てだから、スケジュールも慌しかったのかも。
いきなりStrike Back S2のスタートです。
吹替えで観るの初めてで戸惑いつつ、それよりお腹が空いたので
とりあえず目の前の食事にありつきながら
あまり落ち着かないうちに観ることになってしまいました。
そうしたらお得意の銃撃戦が。
ドラ活でご飯食べながら銃撃戦ってちょっと向かないかも?なんて
ちょっと不安になってきました。
でも1話(正確には前後編で2話分か)完結だから、とっつきやすいドラマではあるけど。
ストーリーの方も気がかりな展開になってきました。

次回にご期待!となったところで休む暇もなく
The Following S2
こちらはとんでもないクリフハンガーの続きだったので
あの恐怖の瞬間が蘇りましたが
クリフハンガーのお得意の途中省略形で来たので
ずるい!とまずブータレました。
でも平和が続くわけがなく、またジョー・キャロルの再来?
のらりくらりしていたライアンも動き出すことになり
再びハラハラドキドキの第2章が待ち受けているようです。
しかしこの緊張感がシーズンを続いて持ちこたえられるのかな?
Kevinが素敵なので観続けてるけど、先の展開は不安です。

ドラマの後はゲスト登場で
今回はThe Followingのライアンの声の山路和弘さんと、
エマの声の佐古真弓さんが登場。
山路さん、渋くて素敵でしたよ。
しかも靴下の色が注目されてました。
dorakatu5-1.jpg dorakatu5-2.jpg
dorakatu5-3.jpg
そして恒例のクイズタイム。
絶対Followingだと思っていたらStrike Backからの出題で
答えがわからず困りました。
その後の正解チームのアテレコ対決は前回と一緒ですね。
こっちはFollowingのアテレコで、
生の山路さんと佐古さんのアテレコも楽しめてよかった。
で終わったとたん司会者が感想をとマイクを持ってきたので
考える暇もなく、山路さんと佐古さんへの感謝と感激の言葉を伝えました。

いつも1本だったのに、今回は2本で忙しかったですが
会場側もそれなりに工夫をしてくれて
飲み物を取りに行く以外は立つこともなく、集中して楽しめました。
恒例のケーキもテーブルに届いたし。

そしてドラ活の楽しみは、多くの海ドラファンの方と交流できること。
Twitterのフォロワーさんと初めて顔を合わせて話をしたり
同じテーブルの人たちと話をしながら情報交換したり
かつては細々とやっていた海ドラファンですが
今はこうしてどんどん輪を広げていけることが嬉しいです。

でも中にはあまりドラマに関心がなく参加している人がいるのかな?
視聴中の私語が多く、しかもかなり大声で気になっていたら
Followingの前に静かに観るようにアナウンスがあってほっとしました。
それでもおしゃべりはあまり減らなかったけどね。
以前のように観ているときに食べ物が出てきたら
みんな席を立つような現象が回避されただけに
視聴中の私語は本当に残念。
ツイートするためにスマホの電源を入れてしまうのも
ちょっと申し訳ない気がしますが
やはりみんなで楽しむドラ活なんだから
視聴マナーも意識して欲しいと思いました。

Il Commissario Rex S10-#4 「名家のスキャンダル」

うーん、かなり無茶してる感が…

舞台は町はずれ(だよね)の伯爵家。
さすが歴史のあるローマ。
伯爵のお城も健在のようです。
一瞬ダウントン・アビーを観ているる気分になりましたが、
伯爵が自室で切腹自殺をしているのを
親族が発見します。
ドアが開かないからいきなり斧を持ってきてドアを壊し始めたので
お城でこんなことしていいんかい?とツッコミたくなったんですが
伯爵はどうやら親日家だったようで
しかもモリーニがやたらとサムライ事情に詳しい。
日本語の発音が正しいのは、イタリア人はローマ字表記が読みやすい?と
単純に納得してしまいましたが(笑)
どうやらマンガで学んでいたようです。なるほどね。
でも切腹なら腹を左から右に切るだろう。
伯爵は右から左に切ってるぞ。
それって伯爵は左利きだった?とツッコミたくなったら
ロレンツォは他殺だと断言。そうですか。

こうしてなかなか手の込んだ密室殺人劇の謎が暴かれて行くんですが
2時間枠イギリスものを観慣れてしまうと
1時間で事件解決は正直きついです。
もちろんロレンツォの推理力はなかなか的を得てるとは思いますが
そこで続けざまに3人人が死ぬのは多過ぎでしょ。
さらに一族のキャラクターがよくわからないままに事件解決が。
犯人の動きは相当強引でしたよ。
しかも犯人逮捕にレックスを利用しなければならないし。

レックスの見せ場は馬で逃げたイケメンの息子を
同じく馬で追うロレンツォのために追いこむこと。
これは得意技でしたが、美味しいとこはロレンツォに持っていかれました。
そして犯人がナイフを持って居直った時
これまた得意の敷物引っ張り作戦で隙をつくったこと。
これだけですか。

ロレンツォが本格はミステリーに憧れてる?のかもしれないけど
これはREXなんだから、事件の中身はしょぼくても
もっとレックスに活躍させようよ。
やや欲求不満になりました。

本放送は8月から。
この続きが観られるのは9月になるのかな…
気長に待っています。

Glee S5-#16 「Tested」

サムとメルセデス、カートとブレイン、アーティと女の子たちの関係は?

愛しているなら一線を越えたいサムに
メルセデスは自分はバージンであることを告白。
サムの気持ちは分かっているけど
結婚するまでその決意は揺るがない。
メルセデスは強い信念を持っています。
メルセデスはレイチェルに相談。
レイチェルが別れていた時も
気持ちはフィンと繋がっていたと話し
またじわりとさせられました。
Lea自身の思いでもあるんだろうな。
あのいかにも軽そうなサムが
メルセデスの信念を尊重。
そのときが来るのを待つことにします。
それは結婚のときなのか、それとも…
サムがこんなにロマンチックな男に変われるとは!!
驚きました。

ブレインにとってNYは美味しいものばかり
ついあれこれ食べすぎて、体重が増えてきてしまいました。
ところがカートはすっかり引き締まり
マジでかっこいいです!
後からNYに来たブレインは当然カートに後れを取っているし
カートはゲイバッシングに戦った後ヒーロー状態
ますます輝いています。
その溝がブレインには耐えられず
せめて美味しいものでカートの気持ちをとらえようとしますが
カートには高カロリーは敵。
また二人の気持ちはすれ違ってしまいます。
でもこの二人の素敵なところは、本音で語れるところ。
高校生の時は転校してきたカートを助けてあげたい
そんな気持ちが恋に発展したブレインでしたが
今は立場が逆転。それがブレインには許せなかったのです。
ブレインが正直に話すとカートは理解してくれ
気持ちが変わっていないことも確かめられました。
この先もいろいろ障害はあると思うけど
今の調子なら大丈夫、きっと乗り越えられるでしょう。

アーティはNYに来て急に大胆に!
二人の女の子と関係を持ちながら
一緒に映画を製作しているジュリーもいいなぁなんて思っています。
ブレインやカートには当然なSTD検査を
サムとアーティも受けることになり
サムはメルセデスに自分が病気でない証明書として見せ
(結局効果はなかったけど)
アーティにはクラミジアの陽性反応が見つかりました。
薬を飲めば治療できるけど、関係した女の子にも知らせなけれダメだとブレインに言われ
片方の子はアーティを嫌悪、もう一人の子はあっさり自分も検査を受けると言い出します。
すると無視されていたジュリーにデートに誘われ
しばらくは深い関係にならない約束をしてアーティはジュリーとデートします。
でも結局正直にクラミジアのことを話してしまったので
ジュリーとの関係はそれ以上発展しませんでした。

今回は音楽が楽しかった。
アーティが妄想にふけっていたときの曲が
Robert Palmerの"Addicted to Love"
PVで楽器を演奏している(ふりをする)セクシーお姉さんたちを
そのままパロったのが笑えました。

メルセデスが歌うForeignerの"I Want to Know What Love Is"は
ゴスペル化して正解だね。かっこよかったです。
個人的にはForeignerは初期の方が好きで
売れ線になってからは無視してましたが(汗)

そしてPat Benatarの"Love is a Battlefield"
今週のNHKBSの笑う洋楽展の「気の強い女」特集にPat Benatarが出てきたところで
これも思わず笑ってしまいました。
でも古代戦士の演技のためのバトルシーンにこの曲は
なかなかナイスじゃないですか。
バトルはかっこよかったですよ♪

Foyle's War S2-#2 「エースパイロット」

ようやく刑事フォイルS2の2話目を観ました。

石油を積んだトラックが軍の施設を強行突破
偶然居合わせたフォイルとサムが追っていくとトラックは横転して
運転手は死亡します。
運転手は強盗犯だと判明、フォイルは配給制になっている石油の流れを追うことにしますが
サムがバネットが経営する石油貯蔵所への潜入を申し出ます。
サムはやる気は十分なんだけど、探り過ぎて失敗するんだよね…
とわかっていても他の案もないので、フォイルは潜入を許可します。

戦時下の人手不足で、女性ドライバーも大歓迎。
サムはコニーと組んで仕事を始めます。
ところが貯蔵所にアンドリューが配達チケットを持ってきたのでびっくり。
もう少しで正体がばれそうになりましたが
アンドリューの元カノということにしてごまかします。
アンドリューはエースパイロットになって大活躍。
幼馴染のレックスと共に飛んでいますが
レックスはコニーと付き合っていて
さらにアンドリューはコニーのルームメイトのヴァイオレットと付き合っていて
世の中狭すぎです。

ヴァイオレットはアンドリューと結婚するつもりで
早く家に呼んでほしいと思っていますが
アンドリューにはその気がなくて
(あの父ちゃんに会わせるのは面倒だよね)
適当にごまかしています。
さらに未練はないと言いつつも
元カノのサムが出てきたら、ヴァイオレットは穏やかじゃないよね。

彼らがたむろしているバーのフラミンゴで
サムは怪しい男ショーンに探りを入れますが
また聞き過ぎて逆に疑われてしまいます。
ピンチを救ったのがアンドリュー。
一発お見舞いしたことからバトルが始まり、レックスも加勢。
警察が介入することになります。

フォイルとミルナーは関係者を事情聴取し
フォイルの前で何も知らずに恋人アンドリューの事を吹聴するヴァイオレットに苦笑。
フォイルは自分が父親だと明かします。
ヴァイオレットは意外な形で恋人の父と対面してしまいました。

サムはコニーと石油を運んでいるときに
タンクにまだ残っていることを不審に思いますが
コニーにトラックから降ろされ、謎を解明できません。
チケットを預かるバネット夫人が答えを知っていそうに思えました。
コニーは体調が悪く、病院で診察を受けると
妊娠4カ月であることがわかります。

フラミンゴに酔っぱらったコニーが現れ
秘密を暴露すると騒ぎだします。
アンドリューが家に連れて帰りますが
その晩、コニーは階段から落ちて死亡します。
事故かとも思われましたが、手首につかまれた跡がありました。
最後にコニーの姿を見ていたのはアンドリュー。
父は息子を容疑者にせざるを得ませんが
コニーは日記に病院に行ったことを記していました。
さらにアンドリューの写真がはさまっていて
フォイルは写真を押収します。

コニーの妊娠が明らかにされ
レックスは驚きながら、自分の子供だと主張します。
だが実際には4か月前、レックスは入院中で
コニーは別の男と関係を持っていたのでした。
さらにコニーは石油の横流しに協力していたようで
サムはバネット夫妻が留守の間に
夫人の動きを見て覚えた番号を使って金庫を開け
取引きのチケットを盗みだします。
ところがその時何者かが時限爆弾をセットしに来たのでさあ大変。
サムは事務所に閉じ込められてしまいました。
サムは必死でフォイルに助けを求めます。

幸い爆弾が不発に終わって、サムは命拾いします。
爆弾を仕掛けたのはショーンで
夫人が行っていた石油の横流しも解明できました。
だがコニーの死の原因は?

ここからが辛いよね。
コニーの持っていたアンドリューの写真は
殴り合いのときアンドリューを助けようとレックスが上着を脱いだ時
財布から落ちた写真をコニーが拾って持っていたのでした。
コニーはレックスが自分ではなく、アンドリューを愛していることに気付きます。
だから彼は自分に触れようとしないのです。
でもゲイであることが知られたら、即刻軍から追い出されてしまいます。
現在だって軍ではゲイであることを隠さなければならないんだから(先週のSVU)
戦前ではありえないでしょ。
コニーはレックスが空軍にいるための隠れ蓑でした。

全てを悟ったフォイルがレックスを問いただすと
レックスはコニー殺害を自供します。
殺意はなく、事故だったと付けくわえながら。
そして今、エースパイロットとして戦わなければならないとき
逮捕されては困ることも伝えます。
フォイルはレックスの願いを聞き入れます。

レックスとアンドリューは戦闘に挑み
レックスは敵を次々に倒しながら自らも犠牲となります。
目の前で親友を失ったアンドリューは帰宅してフォイルに報告
この先どうすればいいのかとしょげていると
フォイルはレックスのために戦うよう促します。

レックスの本当の思いを知ってるのはお父ちゃんだけ。
息子が知ってしまったら…それもそれでショックだよね。
これでよかったのかもしれません。
ついでにアンドリューとヴァイオレットも破局。
もともとアンドリューにその気はなかったみたいだし。
しかしアンドリューの魔性の男っぷりはお見事。
男性も女性も虜にしてしまう…しかも本人は気付いてないし。
お父ちゃんがさらに苦労しそうだな。
悩みは事件だけで十分だと思うんですけど。

Law&Order SVU S15-#9 「Rapist Anonymous」

ベンソンはホームパーティーを開いてSVUのメンバーを招待し、自分は巡査部長に昇進、キャシディは刑事に復帰し、内務監査部に勤務することを伝える。
その頃ロリンズは断酒会に参加、その後自分のスポンサーになってくれたネイトの店で、断酒会で親しくなったレナとジーンの4人で食事した。ロリンズはレナたちと別れ、ネイトを家に招くと、レナがジーンに送ってもらった後レイプされたと訴えてくる。レナは初めは酒臭かったジーンがキスして興奮し始め、変態的プレイを行った。髪をつかまれたので拒否したがダメだったと説明するが、その前に合意の上で玄関で短時間のセックスをしたと付け加える。ロリンズはレナを病院へ連れて行く。
ジーンはベビー用品を扱う企業の弁護士で、メリッサと婚約しているが、メリッサはハイチの難民キャンプで働いていた。アマーロらがジーンに尋ねると、レナが騒いでいるだけで、合意の上での関係だ。セックスについてもレナとメールのやり取りがあり、レナが望んだことだと答える。レナは病院でロリンズを姉と呼んでおり、断酒会のことを話したがらなかった。これだけではジーンとレナの関係がどこまで合意だったかはっきりせず、レイプの立証は難しい。バーバに起訴は諦めるように言われたことを、ロリンズはレナに説明する。
レナのアパートで、ジーンが屋上から落ちたと通報が入る。レナは酒が飲みたくなってジーンに電話したら、人生を壊されたと責められた。ジーンを家に呼んでいないと話す。だが検視結果ではジーンは衝撃で即死、屋上にもう一人おり、その相手とオーラルセックスを行った直後に死亡したことが判明する。再度レナを追及すると、ジーンは来ないでと言ったのに家に来た。2~3分だけ玄関先で話した後屋上で借りを返せと言われた。屋上でのセックスは彼の好みで、オーラルセックスをしたら彼が暴れ出して、怖くなって突き落としたと釈明する。ロリンズはネイトにレナについて尋ねると、ネイトはレナのスポンサーをしていたが、レナとジーンには関わらないようにしていた。レナは父親の暴力に苦しんでいたと話す。
SVUにメリッサが現れ、ジーンが伝言を残していたことを伝える。「レナが何をするかわからない。話をつけてくる。僕に何かあれば警察に連絡を。」という内容だった。レナがジーンとメリッサを脅していて、ジーンがレナとの関係を断とうとしたらレイプを訴えてきたとも考えられる。さらにアパートの管理人がバーバに、レナがアパートの屋上の警報の解除方法を聞いてきたと知らせる。二人は屋上でセックスしていたが、そのとき警報装置のバッテリーが切られていた。SVUはレナをジーン殺害容疑で逮捕する。

ロリンズはレナについて、彼女に呼ばれて友達として話しに行った。彼女は苦労を経験していたと答える。
法廷で証言を求められたベンソンは、被害者は暴行の証言について嘘をつくことがあり、その中にはレイプで訴え暴行のパターンを確立する場合もあると話す。だがロリンズは、レナの場合はPTSDだと弁明する。アマーロはレナの出ていた断酒会に潜り込み、ネイトの様子を観察する。
次はメリッサが証言し、ジーンは酒やセックスから抜け出そうとしていたが怯えていた。レナからは「彼は私のもの」とベッドで二人でいる写真やメールが送られてきて、レナは2人を別れさせよとしたが失敗し、今度はレイプで訴えてきた。自分はジーンの一面しか知らなかったと答える。
ロリンズはアマーロが断酒会に潜入したことを怒る。するとアマーロがネイトが断酒会に来る女たちを食い物にしていると反論してきたので、ロリンズはアマーロは皆に嫉妬していて惨めだと非難する。
続いてロリンズが証言することになり、レナの話を信頼できると思ったと話すが、ジーンとのメールのことをロリンズに隠していたのは信じてもらえないからだと確認される。
レナは証言台で、ジーンの機嫌を損ねたくなかった。彼を幸せにすれば優しくしてくれると説明するが、バーバはレナが警察に何度も嘘をついていることを指摘、レイプを訴えたことも、彼を殺し正当防衛を主張するためではと疑う。
ロリンズはアマーロに反対されるものの、ネイトの証言に立ち会う。ネイトはレナに、自分を尊重しろ、暴力をふるわれる前に離れろとアドバイスしていた。するとバーバはネイトに君はセラピストか?と尋ね、レナとネイトが関係を持っていたこと、続いてネイトがロリンズと関係を持ったことを暴露し始める。ロリンズは刑事で妹がDV被害者だ。ネイトはロリンズがレナに同情してくれると伝え、ロリンズを断酒会に呼んでいた。そしてレナがジーン殺害の理由を虐待として正当化するよう印象付けたのではと問いただすと、ネイトはレナとの共謀については否定、レナの意図は知らないと答える。
ロリンズはネイトに怒りをぶつけるが、更生を諦めるなと言われる。バーバはロリンズを利用したことを謝る。
レナは第一級殺人罪で有罪となる。ロリンズは依存症の会に出ると言って出て行くが、行った先はカジノだった。

ロリンズがすっかり振り回されてたけど、相手のネイトはNeswroomのドンなので
なんだか納得できてしまいました。
レナも相当の悪女だけど、それよりジーンに呆れた!
婚約者がいるのに、レナとの変態プレイが止められない。
しかも見た目が全然イケてないし。
どこがいいんだ?この男。
泣きごとを言ってくるジーンを心配していたメリッサが
気の毒になってしまいました。
でもこんなダメ男を切れないメリッサも救いがないか?
ここまで被害者たちに同情できないと
事件についても、醒めた目で観てしまいます。

それより、ベンソンの昇進おめでとう!
Sergeant Bensonですよ。かっこいい♪
ついでにキャシディも刑事復帰。
それが内務監査部っていうことはかなり微妙なんですけど。
(まさかタッカーがお仲間?)
そして突然登場したアイリーンって何者?
クレイゲンと親しそうでしたが。
Mel Harrisは大好きな女優さんなので嬉しかったけど
もう少し解説が欲しかったです。

Emily Owens M.D. #10 「恋の臨床試験」

「恋するインターン」ここまで楽しみながら観てきました。
医療ドラマに恋愛感情が入り込んでくると苦手なんですけど
不思議とこのドラマは大丈夫。
エミリーに共感できるからなんでしょう。
恋愛に関してはなかなかうまくいかないし
インターンとしての役割は、努力が実のりつつあるのかな。
全然スーパースターじゃない、普通の女子の部分が理解できるし
応援してあげたくなってくるんだと思います。

そして病院のスタッフたちも好感が持てます。
エミリーの天敵のカサンドラだって
とてもわかりやすい性格で、ある意味天然なのかな。
露骨に嫌な顔をしてくれる方がすっきりしてていいじゃないですか。
タイラはエミリーの味方になってくれる頼もしい存在だし
エミリー、うまく世渡りしてると思いますよ。
バンダーリ先生は冷酷な鬼みたいに感じてたけど
だんだん本音が見えてきたかな。
エミリーには信じられなかったまさかなダンナ様とは
実は離婚寸前状態だし。
バンダーリが追い出したけど復活したアキノは
バンダーリと過去に何かあった??かなり意味深です。

エミリーを取り巻く男性たちは他のドラマの印象が強すぎるんですが
ここではいい人たちばかり。
Revengeはとんでもない母親に振り回されて
かなり性格が歪み始めてる?パトリックが
ウィルに代わるとナイスな同僚だよね。
(どうでもいいけどパトリックの実の父がBrett Cullenで
パトリックともみ合ってるうちにあっという間に死んじゃったのががっかりでした。
もう少し活躍場面をつくってほしかった!)
NOと言えない性格がかわいらしいし。
そしてMentalistではとんでもない最期を迎えていた事を思い出したマイカですが
自分の気持ちに素直になっていくとエミリーに思いを寄せていることに気付き
報われない三角関係ですかね。
エミリーもモテるじゃないですか。
でも残り3話で収拾がつくのか?
きっと中途半端に悩まされるんだろうな。

診断、手術など医療場面での活動や
患者との交流などは
じっくり見せてもらっています。
エミリーの成長をもっと観続けていきたいのに
残りわずかなのは残念。
もうひと頑張り、応援していきましょう。

新しい海外ドラマムックが創刊されます!


海外ドラマTVガイド WATCH Vol.1 2014 SUMMER海外ドラマTVガイド WATCH Vol.1 2014 SUMMER
(2014/07/02)
不明

商品詳細を見る


7月2日発売なので、まだ内容はわからないのですが
商品詳細をクリックして内容紹介を見てもらうと
なかなか面白そうでしょ!
大いに期待しています。

海外ドラマムックは「日経エンタテインメント 海外ドラマスペシャル」が季刊で出されていますが
今回TVガイドでおなじみの東京ニュース通信社から
海外ドラマムックが創刊されることになりました。
海外ドラマスペシャルのようにかっちりとしてなくて
もう少し女性好みの読みやすい内容を目指しているそうです。
海ドラのお部屋、ロケ地、料理のレシピなどなど
とっても気になりますよね!

と、このムックをの宣伝活動に発売前から力を入れているのは
実は「海外ドラマファン座談会」の部分を担当しまして
本当に好き勝手なことを喋らせてもらいました。
ある意味、今までのブログの集大成(なんて偉そうなことは言ってないけど)で
自分の思いを伝えることはできたのかなと感じています。
だから是非手に取っていただければと願っています。
7月2日発売ですので、よろしくお願いいたします!

Il Commissario Rex S10-#3 「捕らわれの教室」

小学校に不審者が侵入。
日本では考えられない開けっぱなしの学校にまずびっくりさせられますが
不審者は目的があって侵入したんだから、不審ではなかったのかも。
その男が探していたのはマリア先生でした。
マリア先生はこの小学校に移動してきたばかりですが
今日はお休み。
代わりの先生がクラスの子供たちの人形劇を一緒に楽しんでいたら
不審な男は銃を構えて入ってきます。
男はその前に校務員を撃っていました。

男は教室の子供たちと先生を人質にとります。
そして「マリア先生を呼んできたら子供たちを解放する。」という
誘拐事件にしてはかなり変わっている要求をしてきます。
しかし警察側は誘拐事件の対応マニュアル通りに行動。
ロレンツォは誘拐事件解決にはかなり自信を持っています。
で周りを固めてから犯人と交渉を始めますが
犯人もなかなか賢く、男の子たち二人を窓側に座らせ
窓から狙えないようにしてしまいます。

その間モリーニはマリア先生を探しますが
家は留守で携帯持つながらず、行方不明状態です。
犯人は約束の時間までに連れてこないと
子供たちを一人ずつ撃ち殺すと脅してきます。

男の子たち二人は窓からメモを落とすことを計画。
犯人の名前をお菓子の紙に書いて落とし
レックスがうまくキャッチしました。
これでロレンツォは交渉上一歩リードします。

女の子が喘息の発作を起こして苦しみ始めます。
さすがに犯人は女の子に同情し、彼女を解放してあげようとさえしてきます。
これは突入のチャンスだったのに、ロレンツォが追い払ったはずのカメラマンが入り込んだために失敗。

マリア先生はカフェに入ってテレビのニュースで人質事件を知り
学校に戻ってきます。
そして犯人の息子を2年前教えていて
自分は体育を担当していなかったんだけど
息子が体育館で老朽化した遊具に上っていたらそれが外れて落下。
そのまま死亡してしまったのでした。
彼女の過失ではなかったので裁判では無罪でしたが
父親はマリア先生を恨み続けていたのでした。
怒りの矛先になってしまったんですね。
そして今日は息子の命日。
マリア先生はその子の墓参りに行ってたようですが
自分のクラスの方が大事だと思うんですけど。

先生が中に入り、子供たちは解放されます。
それと同時に通気口からレックスを入れるための作戦を開始。
まずロボットが通気口に入って金網を切断(ハイテクになったね)
そしてレックスがタイミングよく通気口から飛び降りて
犯人を押えこんだのでした。
時間はかかったけど、一件落着。

Crisisの展開と比べるとあまりにもユルすぎる誘拐事件でしたが
これがレックスらしさだよね。
ついでにレックスはモリーニが連れてきた金魚とお友達になったようです。

Glee S5-#15 「Bash」

NY編第2話。
今回はGleeらしいテーマだったけど
もう少しエンターテインメント性がある方が楽しいかな?

タイトル通りバッシングの話。
ゲイであるために暴行に遭った男性をしのんでの冒頭。
被害者は殺されたのかと思いましたが、大丈夫だったんですね。
今週のSVUでも沿岸警備隊の兵士がゲイであることを隠していたら
ばれたときにバッシングに遭ったという事件を扱っていました。
マイノリティへの理解も高そうなNYですが
差別による犯罪も決して少なくない。
だからNYPDは忙しいんだし。

カートはそんなゲイバッシングを許せず
その現場を見かけ、自ら飛び込んでいって被害に遭ってしまいます。
正義感の強さは立派だけど、危険すぎる。
だれかSVUの存在を教えてやってください。
ベンソンならきっと力になってくれます。

メルセデスとサムが寄りを戻すか否かは
人種間の問題。
メルセデスがメジャーデビューすると
黒人シンガーの恋人が白人男性では格好つかないだろうと
確かにあまりない事例です。
でもそこで差別や偏見を乗り越えてきたのがGleeの仲間たち。
新たな事例を作っても全く問題ないでしょう。
堂々と交際宣言スタート。これでいいと思います。

レイチェルは舞台が忙しくて
NYADAでの勉強がおろそかになり、成績も低迷しています。
カルメンに指摘されたのに、部隊優先を宣言するレイチェル。
さすがな自己チューぶりは全く変わっていません。
さらにNYADAを辞めると言い出します。
今でこそ学ぶときだと思うんだけど
後で後悔しないのかな?
というか後悔しないと気付かないのかも。
カートは着実に頑張っているのに
レイチェルのこの態度が気がかりです。

Law&Order SVU S15-#8 「Military Justice」

沿岸警備隊の少尉アメリア・アルバースが飲酒運転の現行犯で第3分署に連行される。アメリアは一方通行を逆走し警官に抵抗したが、怪我をしていた。ベンソンが誰に襲われたか尋ねると、アメリアは「私が悪い。基地の人に知られたくない。」と詳細を語ろうとしない。
アメリアは複数にレイプされており、手首にも痣ができていた。アメリアは、「相手は知らない、飲み過ぎた。」と言ってごまかそうとする。アメリアはダウンタウンに、新人募集のための宣伝活動に来ていた。その後兵士たちとバーに行き、一人店に残り厨房でメキシコ人のコックと踊ったようだが、定かではない。アメリアの父ヴィンセントは沿岸警備隊の大将をしている。
SVUは基地に出向き、アメリアと一緒にいた兵士たちに話を聞く。アメリアはシーホースで相当飲んでいて、男を誘っていた様子だった。上官のタバーツ少佐は、「アメリアは門限を破った落後者だが、父親がいるので娘のことを話しにくい。」と説明する。タバーツはヴィンセントの元部下で、ヴィンセントを尊敬していた。次にシーホースに行って話を聞くと、コックは逃げ出すがすぐに捕まり、「レイプはしていない。彼女は厨房で胸を見せた。他の兵士もいた。」と話す。アメリアは写真での面通しでメキシコ人コックの二人を確認するが、顔をよく覚えていないと言い始める。
兵士たちがアメリアを酔わせて襲ったのではと問い詰めると、アメリアはリピットとウットンの二人が迫ってきたのを認める。だがアメリアは、不名誉除隊になり父が悲しむことを恐れていた。
アメリアを酔わせて高架下に連れて行き、レイプして放置したのはリピット、ウットンとグレーバーの3人だと思われたが、DNA鑑定ができない。3人のDNA提出を求めに基地に行くと、3人は訓練でソマリアへ行ったと拒否される。
3人を呼び戻し再び事情聴取すると、リピットとウットンはアメリアとの関係を認める。だがアメリアは、軍から逮捕状を突きつけられる。アメリアは軍規定違反、迷惑行為、姦通の罪に問われていた。独身女性に姦通の罪はおかしいとベンソンが追及すると、リビットが既婚者なので姦通が認められると答えが返ってきた。軍法会議の後大陪審が開かれることになる。
DNA検査の結果が出て、アメリアの体内から検出されたのは、ウットンともう一人、4人目の男性のものであることがわかる。
マリアに週末ザラを預かってほしいと頼まれたアマーロは、ザラを引き受けた際国防総省で広報活動中のマリアに、アメリアの事件の情報がないか相談する。
ヴィンセントが拘留中のアメリアに会いに来て、ベンソンらと共に4人目の容疑者の名前を告げるよう求める。アメリアは拒否し続けるが、タバーツ少佐だと明かす。

アメリアはタバーツに赴任直後から言い寄られていた。出世には彼の後ろ盾が必要だった。上官の命令は、特に女性に対しては絶対服従だった。
法廷でバーバはアメリアに、レイプされたときノーと言わなかったことを確認する。軍ではレイプされた時抵抗してはならないと訓練されていたのだった。入隊時のパンフレットにも「抵抗するより従う方が賢明」と書かれていることをバーバは示す。しかし被告4人の弁護士は、アメリアが酒を飲んでいたことや被告と踊ったことなどを持ち出し、アメリアの素行を非難する。何を言っても被告側の方が有利だった。するとアマーロがマリアから受け取った軍のファイルを持ってくる。これを使えば4人を有罪に持ち込めるとアマーロは思ったが、バーバはそれは証拠として認められない。もし自分が見たら担当から外され、審理無効になると警告する。アマーロは捜査から外れることになるが、再度グレーバーに話を聞くよう促す。
レイプしていないと訴えるグレーバーに、ベンソンはひどい目に遭っても抵抗できないとしたらとアメリアの立場に立って考えるように話し、彼の手の震えの原因を聞き出そうとする。グレーバーは辛い体験をしていた。グレーバーは意を決し、自分はゲイだと話し始める。グレーバーはゲイであることを隠していたが、1年前バーで酔っていた時、基地の仲間の3人に罵声を浴びせられ、外に連れ出されて暴行を受け、目覚めたときは病院だった。上官に訴えたが軍隊では男らしくしていくべきだと悟った。その時の上官がタバーツだったのだ。
グレーバーは法廷で証言する。「酔っている彼女を高架下に運ぶと、タバーツ少佐が立っていた。全て彼の計画だった。アルバース少尉に上官を敬うことを教え込むと言うと、リピットとウットンがアメリアの服をはぎ、タバーツがレイプ、その後もアバズレと言いながら3人で交替でレイプした。自分はアメリアの手を押さえつけていたが、拒めばゲイであることをばらされてしまう。ゲイであることは表向きはOKだけど、軍隊で生きていけない。」
ヴィンセントの姿を見つけたタバーツは、アメリアは兵士には不適切だと文句を言うが、すかさずヴィンセントに殴られる。
リピット、ウットン、タバーツは第一級レイプ罪で有罪判決を言い渡される。軍はアメリアへの訴えを散り下げ、アメリアは普通除隊する。
アマーロはマリアから受け取ったファイルの件で、誰かにハメられたと感じたアマーロは、マリアに注意するよう伝える。

軍で大勢の男性たちに混ざって任務を遂行する女性は
本当に大変ですね。
たくましくなければやっていけない。
華奢なアメリアは相当苦労したことでしょう。
確かに父親のバックアップに助けられていたかもしれないけれど。
だからってレイプされ泣き寝入りではいけません。
平気でレイプがまかり通ってしまう軍隊が大いに問題です。

アメリアは結局除隊したけど
カミングアウトしてしまったグレーバーはどうするんでしょう。
やはりこの先軍隊にいるのはきついよね。
だけどゲイだから辞めざるを得ないというのもおかしな話だし。
グレーバーがますます辛い思いをしないで済むように願います。

マリアとアマーロがハメられかけた話。
マリアも苦労しているのかな。
この先心配です。

アメリアはRoswellのリズでしたね。
ずいぶん時がたったのに、あまり雰囲気が変わっていませんでした。

The Blacklist S1-#20 「キングメイカー」

トムの正体がばれたことが明らかになり
トムはエリザベスの前から姿を消します。
さらにエリザベスの父はレッドによって殺されたことも判明。
エリザベスには最悪の事態が降りかかってきましたが…

それはあっちへ置いといて、お待たせしました。
キングメイカーの登場。
久々のカッターさん祭りですよ。うきうき。
しかも今回のレッドのブラックリスト入りを果たしているんだから
相当の悪党らしい。
いきなりレッド御用達のプラハの議員が
運転手のふりをしたキングメイカーに捕らえられてしまいます。
イギリス英語をしゃべってる所は正しいLinusだとしても
ロン毛をなでつけひげ面はあんまりでしょ。
悪党らしくイメチェンしたつもりにしては
全然イケてなくて悲しいです。

まもなくキングメイカーはアメリカに出没。
議員を操り、必要ならばあっさりと葬り去るのが
キングメイカーの仕事のようです。
次の餌食になるのは、なんとオハロラン!
本家と分家つながりか?
そしてオハロランが議員に出世??
OZのアダム・ガンゼル時代は若々しかったのに
すっかり立派なオヤジになってしまいました。
カッターさんはオハロランじゃなくてパトリックの出世の手助けを裏で行うことになり
パトリックと家族が乗った車が、橋の上で対向車にぶつかるよう細工します。
車は川に落ちたけど、家族を救うために必死なパトリックは一躍ヒーローに。
そんなに手を込んだ計画を立てないと出世できないのかな。

エリザベスとレスラーはキングメイカーが潜んでいるホテルを見つけ
次のターゲットの家の詳細を表すデータに驚きます。
ハイテク機器を屈指しているようなカッターさんに仰天。
ついこの間まではホワイトボードにマーカーでごちゃごちゃ書いていただけだったのに(笑)

カッターさんはオハロラン出世のために
邪魔になる議員を消そうと企んでいたのでした。
議員の家にうまく忍び込み、議員を処分!
アサシンなカッターさんってあんまり似合ってないなぁなんて思っていたら
エリザベスたちが到着。
エリザベスはキングメイカーに捕まって首を絞められそうになりましたが
あっさり背後からレスラーに撃たれてお陀仏。
後頭部を撃たれておしまいなんてあまりに情けないでしょ。
相変わらずいかにもヘタレなカッターさんだったのでした。

ドラマ終了後のLinus紹介は丁寧でよかったけど
せっかく「司祭」を紹介したんだから
スパドラで是非オンエアを!
切に希望です。

blacklist1.jpg
この目線はカッターさんらしいかな。
偉そうに喋り出すと、法廷の弁論状態になるのがさすがカッターさんです。
blacklist2.jpg
赤いコートなんて、検察時代はありえませんでしたね。
お洒落オヤジな演出を狙ったのかもしれないけど
なんか勘違いしてる?
しかもオハロランが青かったから、まるで信号でした(爆!)

blacklist3.jpg
なんと襟元には蝶ネクタイ!
チャーリーになって蝶ネクタイ愛用中のマッコイさんに感化されたに違いありません。
そこまでマッコイさんを真似しなくてもいいのに。

次にカッターさん祭りができるのは、いつの日のことかな?

Foyle's War S2-#1 「50隻の軍艦」

AXNミステリーの試写会で第1話を見せてもらってから
その後も順調に視聴を続けています。
実はバーナビー警部も名探偵ポアロも観たことがなく
アンソニー・ホロヴィッツ初挑戦だったんですが
警視正フォイルの人柄にすっかり惚れこんでしまいました。
決して目立つことはなく落ち着いていて実直で
でもきちんと筋を通す姿がかっこいい。
普通のオヤジっぷりの安定感が魅力なんですね。
空軍パイロットの息子との関係も素敵だし。

妻を失い男やもめなフォイルですが
今回のエピで元恋人のエリザベスが出てきて
フォイルにこんな過去があったんだと驚かされました。
エリザベスは未練たらたらでしたが
今はシングルなフォイルの方がよろめいてもいいものの
そんなことも決してなく
イギリス紳士はいかにもジェントルマンです。

それは部下のミルナーもしかり。
奥さんとの関係が微妙な感じもしましたが
空襲で下宿を失ったサムを泊めてあげ
急に距離が縮まったようにも見えたけどそんなこともなく
本当に彼らは真面目です。

第2次世界大戦下のイギリス南部のヘイスティングス。
ロンドンに比べれば、まだ戦争被害も少ないようです。
でも事件には少なからず戦争が関与。
逃げてきたドイツ人、戦争に大きく絡んでいきそうなアメリカ人。
国際色豊かです。
Generation Warのドイツの立場とは真逆で
しかも多少距離を置きながら戦争をとらえているのが興味深い。
メインの事件とうまく関わらせています。

S2の時代が1940年で
ドラマは今でも続いているようです。
今はいったいいつの時代をオンエアしているんでしょう。
AXNミステリーでしっかりフォローしていってもらいたいです。

イギリスドラマの魅力を堪能。
もっともっと観たいけど、さすがに余裕がないですね。
アメリカドラマを削って観るのも辛いし。
でも時間が許す限りチャレンジしていきたいです。

The Borgias S3-#10 「君主」

ボルジア家終了。
何故Save The Borgias運動が今も続いているのかよくわかりました。
このままでは困ってしまいます。
クリフハンガーのハラハラドキドキ感も多少はありますが
ボルジア家の場合は史実だから、中途半端に終わられても…
しかもNiel Jordanは絶対こんな終わり方にはしたくなかったはず。
S4を計画し、それがボツになって映画で終わらせるという話も出てたらしいのに
結局は全てが立ち消えになってしまって
ファンは納得できず。
本当にそう思います。

チェーザレは打倒カテリーナでフォルリ陥落に向けて兵を送ることにします。
そのときの作戦が教皇軍とフランス軍のダブルシフト。
カテリーナは教皇軍の方しかチェックしていなかったから
まさかそんな近くにフランス軍が来ていると思っておらずあたふたします。
チェーザレの動きにロドリゴは、息子に天下統一の願いを託します。
教皇を世襲制にしつつ、王としても君臨できるように
ボルジアの繁栄には不可欠ですが、ロドリゴは可能だと思ってたんですかね?

チェーザレは慕ってくるルクレツィアとの間には少し距離を置くことに。
アルフォンソは二人の関係を知って荒れています。
そしてチェーザレはヴァノッツアの前で弱気になっています。
自分が最も信頼できる男、ミケロットを失ったことは、大きな痛手でした。
ミケロットは自分の気持ちを汲み取って行動してくれる。
失って初めてわかるありがたみだったんだね。

こうしてチェーザレはフォルリを攻めて行ったんですが
城壁が頑丈過ぎて崩せない。
チェーザレは手こずります。
そんなチェーザレが一人うたた寝していると、目の前に男の気配が。
慌ててチェーザレが剣を抜くと、あのミケロットが戻っていたのでした。
borgias3-10-1.jpg
ミケロットは神を見たわけではなく
あくまでもチェーザレを救うためにやってきたのです。
フォルリ出身のミケロットは城壁のもろい部分を理解し
地下の採掘場を崩せば、城は落ちると
そのポイントを地図で示します。
チェーザレはミケロットと再び共に行動できるかと期待しますが
ミケロットは自分は死人だと言って、チェーザレに別れを告げ出て行ってしまいます。
チェーザレはミケロットの助言通りにフォルリ城攻めを実行。
最初はとんでもない所に砲弾が飛んでくるので、敵は嘲笑っていましたが
突如城は崩れ落ち、カテリーナやルフィオたちはチェーザレの捕虜になります。
トラに見立てて黄色と黒の縞のドレスを着せられ、檻に入れられて
カテリーナはローマに移送されます。

チェーザレの次の計画はナポリ奪還。
そのためにアルフォンソを片付けようと
今までならミケロットに頼んでいた役割を
チェーザレは捕虜のルフィオにやらせてみようと考えます。
ところが酔ったアルフォンソがチェーザレに絡んできて
決闘を余儀なくされず、しかもチェーザレがアルフォンソを刺してしまいます。
これは事故だった…でうまく片付くチャンスは訪れたのに
ルクレツィアが激怒したのは想定外でした。
ルクレツィアは必死でアルフォンソを助けようとし
さらにボルジア家ならではの毒を用意すると
自分にも毒を盛り??

というところで終わってしまってこの先は不明。
もう一つのボルジアはS3に続き
打ち切りがなければ1507年、チェーザレの死まで見せてくれるようなので
この中途半端な思いは少しは緩和されそうですが
でも向こうはミケロットがつまんないんだよね。顔見えないし。

こちらのミケロットは本当に素敵でした♪
久々にドラマのオヤジにどっぷりハマれたし。
ゲイの刺客という設定がツボだったよね。
チェーザレへの半端ない忠誠心がかっこよかったし。
特にS3後半は泣かされましたよ。
ラストでもチェーザレのために姿を現し
チェーザレの手を取り胸に当てるシーン。
これでミケロットも思い残すことはない?
ミケロット萌えで観続けてきてよかった。
borgias3-10-2.jpg borgias3-10-3.jpg

もちろんSean Harrisの演技力のなせる業だよね。
また一人、素晴らしいイギリスオヤジに出会えたことに感謝!!
もしファンの願いが叶って、ボルジア家が復活したら
もちろんミケロットも遠慮せずに、死人復活でチェーザレをまた助けてもらいたいです。

あとはS3DVDBOX発売を楽しみにします。

Il Commissario Rex S10-#2 「悲しみのイルカ」

ツッコミどころ満載のRex S10第2話。

いきなり「悲しみのイルカ」ですよ。
「イルカの悲しみ」の方が文法的に合ってるんではと思うんですが
まあそれはいいとして。
ローマの水族館でイルカが悲しんでいる理由は
夜間警備を担当しているモニカという女性が死んだから。
普通イルカは調教師の指示に従い懐くようになるのではと思ったら
このモニカは相当イルカを愛してたみたいです。
本当は調教師になりたかったけど、なることができる夜間警備の担当に。
でもイルカたちとかなり濃い関係になっていたんですね。
関係ないけどイルカは片目をつぶって脳の半分を休ませて眠るんで
もう片方の目でモニカを見ていたのかな?

そんなイルカが大好きなモニカがイルカのプールに水死体で浮いていたので大騒ぎ。
しかも頭部に殴られた跡があり
検視の結果体内から精液が検出されます。
男性関係のもつれか、モニカに恨みのある者の犯行か?

最初は物々しく事件がスタート。
DNA鑑定もしっかり行われるようになったし
大分ハイテクになってきたなあと感心していたら
髪にジェルを付けるのをやめてイメチェンしたモリーニが出てきたあたりから
やっぱりなんだかおかしくなってきました。
水族館では腕時計やペンダント類がなくなる事件が続出。
じゃあ時計にGPS装置を仕掛けて追跡しましょうと
これまたハイテク捜査が始まったのに
何故か犯人じゃなくて犯オウムは、GPS装置を入れなかった
モリーニのオランダ製懐中時計(なんでそんな物を現場に持ってくるんだ)を盗み
モリーニが追いかけたおかげで事件解決。
お騒がせしました。

そしてモニカの方ですが
よくよく調べて行くとモニカは偽名。
実はルーマニアからの不法滞在者で
偽名で水族館に就職していたのでした。
モニカは偽IDを作ってもらった男と関係を持ち
(レイプかというと微妙な感じだったけど)
それを水族館の警備の責任者が覗いていたという
これまた普通じゃないでしょってことがあって
結局は責任者による衝動的殺人(殴ったら死んじゃったんだから故殺か。)
モニカは気の毒でしたが、多少は彼女にも罪があるのではと
冷やかに観てしまいました。

それよりロレンツォダサ過ぎる。
責任者のオヤジの前であっさり銃を置いて手錠をかけられるなんて。
レックスを呼ぶための演出なんてしなくていいんですよ。
もっと刑事らしくふるまってください!

そして怪我から回復中のレックスは?
早速イルカたちと仲良しになり、イルカを悲しみから救ってくれました。
ラストシーンでは餌づけまでしてましたからね。
もちろんドジなロレンツォに代わって犯人逮捕。
しっかり働いております。
ついでにファブリ家はサン・ピエトロ大聖堂が見えるお家にお引っ越し。
テラスも広いし、素敵な環境です。
一体家賃はどのくらいするのでしょう。
レックスはお家で昼メロを観るのがお気に入り。
泥沼ストーリーをどこまで理解するのかな?

Glee S5-#14 「New New York」

ブレイン、サム、アーティはニューヨークに移動。
新しい生活が始まります。

ブレインはようやくカートと一緒に暮らすことができて幸せなんですが
学校でも家でも一緒に過ごしていると
だんだん息苦しくなってきます。
そしてお互い不満をぶちまけることに。
ブレインはカートがエリオット(スターチャイルド)と親しくしていることにもジェラシーを感じ
思いきってエリオットの家に怒鳴りこみに行きます。
そこでエリオットからカートの気持ちを聞かされアドバイスをもらい
カートとブレインは一人の時間を大切にしつつ
再出発することにします。
エリオットがいい奴だ!
そしてこの調子なら、この先カートとブレインは大丈夫だね。

モデルの仕事が見つからないサムは、カートたちの家に居候状態。
ブレインに叩き出され、髪を切って補正下着のモデルに選ばれます。
モデルたちの寮があると知って移り住むことにしますが
彼らが薬漬け状態なのに気づき戻ってきてしまいます。
そこにLAからメルセデスがNYを拠点に活動を始めるためにやってきて
サムと一緒に住むことを決めます。
今のところ友達状態でのスタートだけど
二人の関係も変わってくるのかな。

車椅子生活のアーティにはNYのテンポの速さはちょっとキツイ?
地下鉄に乗ったら松葉杖の男に
PCの入ったリュックを盗まれてしまいます。
自分は苦労してるのに、レイチェルは運転手つきリムジン生活。
(ショートストレッチだけどね。レイチェルはタウンカーと呼んでたけど)
一方レイチェルは車の移動では街を感じられないと気付き
車を降りてアーティと一緒に地下鉄に乗ることにします。
そして松葉杖泥棒を見つけて防犯スプレーで撃退。
PCを取り返すことに成功しました。

普段犯罪都市NYばかり観ているから
強盗はいたけど?
タイムズスクエアで大合唱できるドラマで幸せ気分に浸れます。
SMASHもそれが魅力だったんだよね。
そしてまたNYに行きたくなってきました♪

Law&Order SVU S15-#7 「 Dissonant Voices」

オーディション番組「アメリカン・ディーバ」の第一週目、ニュージャージーから来た14歳のグレースは緊張しながら歌い始め、大喝采を浴びる。歌い終わった後グレースは一緒に来ていたボーカルコーチのジャッキーに感謝の言葉を述べるが、テレビを見ていた4歳のジョナ・アレンは、ミュージックスクールでジャッキー先生にお医者さんごっこをさせられると嫌な顔をする。
母親がSVUに連絡しベンソンが話を聞くと、ジョナはジャッキーがトイレについてくると言い始める。ジョナの両親は別居中で、SVUに駆け付けた父親は、母親の姿を見ると怒鳴りだす。姉のブルックは、ジョナが2週間前、ジャッキー先生に紫の魔法の卵で触られたと言っていたと説明する。紫の卵はリズム楽器の箱に入っていて、ジャッキーはジョナを青い鳥と花の絵がある特別なトイレへ連れて行ったようだ。
ジャッキーはオフブロードウェイでも名の売れた人気の高いボーカルコーチで、ジョナが通う私立幼稚園の音楽講師も行っていた。ベンソンとロリンズが幼稚園のトイレや音楽室を調べると、楽器ケースの中に紫の卵の形をしたバイブレーターが入っていた。ジャッキーは自分のものではないと否定、ジョナと二人でトイレに入ったこともない、ジョナが嘘をついていると断言する。だがベンソンらの追及に、ついに弁護士を要求する。しかし未就学児が証人になるのは不可能だ。ロリンズは起訴することに難色を示す。
ベンソンらはやはりジャッキーのレッスンを受けていた4歳のクーパーに話を聞くことにする。クーパーもジョナ同様に、ジャッキー先生は鳥と花の絵のあるトイレで悪いことをしてくる。紫の魔法の卵でくすぐられたと言い出す。クーパーはお腹が痛いと言ってスクールを休んだり、下着なしで帰宅したりしたことがあった。しかしクーパーの話によるとトイレのバスタブの上に窓があり、幼稚園のトイレとは様子が違っていた。
バイブレーターを調べると、ジョナの唾液と大腸菌が検出される。他の人物のDNAも残っていた。ベンソンはジャッキーの性的虐待を信じて疑わない様子だが、ロリンズはベンソンが強引に思えた。
罪状認否でジャッキーは未成年者への性的虐待に問われ、保釈金100万ドルが言い渡される。ジャッキーは払う金がないと落胆する。
ベンソンはカウンセリングで、犯罪者を取り締まることはモグラ叩きと同じ。叩いても次が出てくるが、一人でも救えたらと思って仕事をしていると話す。

他の生徒たちもジャッキーの虐待について訴えてくるが、バーバは証人が幼すぎるから告訴は無理だと諦める。だがジョナの姉のブルックは15歳で、以前ジャッキーに教わっていた。ブルックはジョナを守れなかったと自分を責めていた。
アレン家に行くとブルックは、母親に話していたらジョナを救えたかもと言って、ジャッキーと自分の秘密を語り出す。ブルックも4歳の時からジャッキーに触られていた。楽器だと思っていたバイブレーターを中に入れろと言われ、ジャッキーは自分の股間を触っていた。ブルックは両親に言わないでくれとくぎを刺す。
クーパーの姉のレイチェルもジャッキーのレッスンを受けており、ジャッキーがバイブレーターを用いて触ってきたことを話す。ロリンズはレイチェルの家で話を聞いているとき、家のバスタブがクーパーの証言と一致していることに気付く。クーパーはブルックに話を覚えるように命ぜられたのだが、幼稚園のトイレと家のトイレを混乱していたのだった。
クーパーとジョナは嘘をついている。ブルックとレイチェルが虐待を打ち明けたのは、ジャッキーを陥れるためかもしれない。ベンソンとロリンズはライカーズに収監されているジャッキーに事情を聴くと、二人はジャッキーのボイストレーニングを辞めさせられていた。ジャッキーはアメリカン・ディーバにグレースを出演させるために特訓を行うことになり、才能のないブルックとレイチェルは無駄に期待をさせないように辞めさせたのだった。ブルックとレイチェルはその報復としてジャッキーを陥れることを計画し、自分でバイブレーターを用意した。レッスンを辞めさせられてブチ切れたとブルックは答える。
棄却審問が開かれ、ジャッキーへの訴えは取り下げられ、ジャッキーは釈放される。SVUが非を詫びると、ジャッキーは怒りをぶつける。無罪が証明されても、新聞の一面に載ってしまっては仕事は続けられない。ブルックとレイチェルがお互いをかばい合い、司法取引で1年間の保護観察となったのもジャッキーには納得できなかった。

冒頭のシーンはまるでアメアイ。
審査員もアメアイの人たちだし、そして歌うグレースはX FactorのS2の準優勝者だし
本当にオーディション番組を見ている感じでした。
ついでに訴えられたジャッキーもブロードウェイで歌ってるんですね。

最初は幼児たちが音楽講師のジャッキーに虐待されたという話から始まり
ベンソンは真に受け調べ始めますが、ロリンズは子供たちをあまり信用していない様子でした。
話ができすぎてるもん。
さらに姉が出てきて虐待を訴えると、そりゃウソでしょ?
性犯罪者が幼児の男の子と女の子に対し
同等に興味を持つかな?
作り話だとわかってくると、確かにティーンエイジャーが考えるレベルです。
自分たちもアイドルになりたいのに、コーチが一人だけを可愛がり
自分たちは抹消される。
それは面白くないからリベンジしたい。
その気もちもよくわかります。
そして一人に入れ込み過ぎたジャッキーも
彼の考えはわかるにしても
他の生徒たちの切り捨て方に問題あり。
陥れられても仕方ないのかな…
自業自得かなとも思えます。

ということはティーンエイジャーに過度の期待を持たせておいて落胆させた
オーディション番組が悪いってことか。
なんでもエスカレートすると、どこか歪んできますね。
ついでにちらっと歌うロリンズが
いつもと違う一面が観られて面白かったです。

Generation War

ドイツ制作の第二次世界大戦を描いたミニシリーズ。
今日はノルマンディー上陸作戦からちょうど70年に当たりますが
70年前にベルリンに住む若者5人が、それぞれ戦禍に巻き込まれていきます。

BOBやThe Pacificで第二次世界大戦を壮大なスケールで描いた作品を観て
登場人物に共感しながら戦争の恐ろしさを感じとってきましたが
これらの作品はアメリカの視点だから、ドイツや日本はやはり敵国。
立場の違いはどうしても否めません。
しかし今回はドイツが舞台で、ドイツの若者たちがどう戦争と関わっていったのか
その過程がよくわかるし、
負けていることがわかっていても戦わなければならない
その辛さ、虚しさが強く伝わってきました。
でもどうにもならないのが現実です。

ヴィルヘルムとフリードヘルムの兄弟は
将校の兄は戦地で威厳を持って戦っているけど
文学青年だった弟は戦争に懐疑的
最初はおどおどしていましたが、ソ連での戦争が長期化していくうちに
機械的に敵を撃ち殺していくようになっていきます。
そして兄が死んだと思い一旦はベルリンに戻るものの
また出兵し、最期は自ら戦火の中に飛び込んでいきます。
一方兄は敗戦が分かってくると連隊の中から抜け出して
一般人のふりをするもののバレて連れ戻され
戦地の後始末をする部隊に放り込まれます。
そこで威張る上司を始末しますが
兄と弟の立場が逆転するのが衝撃的でした。

さらに意外な展開に驚いたのが
スターを目指すグレタと恋人で家業の仕立屋を継ぐヴィクトル
グレタはユダヤ人のヴィクトルを国外に逃がすために
少佐に体を許して偽パスポートを用意してもらいますが
それは全く役に立たずヴィクトルは捕まり
アウシュビッツ送りになります。
ユダヤ人が強制収容所に送られるドラマの悲惨なストーリーは何度も観ていますが
今回の衝撃はヴィクトルが一緒に列車に乗り合わせた女性と脱出したこと。
この後も強運が味方したのか、ユダヤ人であることを隠してパルチザンに紛れ込み
ドイツ軍と戦うことになります。
そのときフリードヘルムと再会するのがまたドラマなんですけど。
一方レコードを録音しスターの道を踏み出したグレタは
兵士の慰安のため戦地周りをさせられ
戦場でヴィルヘルムたちに再会します。
しかし将校にたてついたことでナチスの刑務所に入れられ
最期は処刑させられます。
ユダヤ人のヴィクトルがまず処刑されるのだと思っていたら
これも想像を絶する展開でした。

もう一人、野戦病院の看護師となったシャーロットは
ヴィルヘルムへの思いを伝えられずにいます。
実はヴィルヘルムもシャーロットを愛していたのに
二人ともお互いを気遣いすぎていました。
ヴィルヘルムが死んだと聞かされたシャーロットは
医師と関係を持ってしまいます。
その後生きているヴィルヘルムと再会できたのに
そのことを恨むシャーロットが可哀そうでした。
敗戦間近になり、病院にロシア軍が攻めてきたとき
仲間を探していたシャーロットは逃げ遅れ
兵士にレイプされてしまいます。
これも戦争の悲劇です。

結局ベルリンに帰れたのは5人の仲間のうち3人だけでした。
多くの罪なき人を犠牲にした戦争。
戦うように命じられたから、戦わざるを得なかった兵士たち。
ユダヤ人だから収容所に送られた人々。
尊い命を奪うことになってしまった戦争は
あってはならないことです。
こういった戦争を描いた作品を観ることの大切さを
再確認させられました。

The Borgias S3-#9 「父と子」

冒頭からいきなりミケロットとパスカルの悲し過ぎる別れのシーン。
今までに数々の悲哀を観てきたけれど、これは最高級に匹敵しますね。

パスカルが床にGod Bless Youと記すと
いよいよミケロットがパスカルの命を奪います。
ミケロットが選んだ方法は、パスカルの腕を切り、出血死させること。
まず右腕を傷つけ、パスカルが抱いて欲しいとすがると
続いて左手にも切れ目を入れます。
その方が早く血液は流れ出すから。
borgias3-9-1.jpg borgias3-9-2.jpg
するとパスカルは意識が遠のき、色が見えると言い出します。
ミケロットはそれを魂が離れるときだと説明します。
そして二人はしっかりと抱き合います。
ミケロットはパスカルを永遠に離さないと約束。
パスカルが腕を伸ばしたため、彼の血がミケロットの頬を流れます。
パスカルの指がミケロットの顔に触れ
ミケロットはまさに血の涙を流します。
今までに大勢を殺してきたのだろうとパスカルが尋ねると
ミケロットはこんな気持ちは初めてだと答えます。
borgias3-9-3.jpg borgias3-9-4.jpg borgias3-9-5.jpg
ミケロットがいないのでチェーザレ達が探しに来ると
二人の愛の巣にはパスカルが倒れているだけで
床にはパスカルの血でGood Byeと書かれていました。
ミケロットは黙って姿を消します。

ミケロットはどこへ行ってしまったのか?
チェーザレはあえて探そうとしません。
その代わり、オルシーニにミケロットの代役を務めさせます。

ルクレツィアは宴会を開き
アルフォンソ以外に眠り薬入りワインを飲ませて寝かせてしまうと
ジョバンニを抱きアルフォンソと共にローマにもどってきます。
ルクレツィアを迎えに行ったチェーザレに会うと二人は熱い抱擁を交わし
その熱すぎる様子にアルフォンソは二人の禁断の関係を察知し
チェーザレに怒りをぶつけます。

ロドリゴはユダヤの商人マタイがトルコ艦隊を油作戦で退治したことに感激し
今度はマタイに硫黄の買占めを命じます。
硫黄がなければ火薬が作れず、火薬がなければカテリーナは攻めてこない。
でも硫黄がなければチェーザレも戦闘の準備ができません。
カテリーナもチェーザレも、誰が硫黄を独り占めしているのか気にします。
チェーザレは硫黄の隠し場所を探させますが
独り占めしていたのがロドリゴだと知ってショックを起こします。
そして激しい父子バトルが!

でも親子なので仲直り。
いよいよ打倒カテリーナとして動き始めます。
戦闘となればやっぱりミケロットに帰ってきてもらいたい。
ミケロットを信じましょう。

Il Commissario Rex S10-#1 「命の危機」

REX復活!!

S10の#1~#4先行放送を録画。
まずクリフハンガーの続きになる1話目をチェックしました。
S9ファイナルのおさらいも丁寧に描かれていて何が起きていたのかもよくわかり
気になる撃たれたレックスのその後です。

ロレンツォが撃ったバーバラは重体。
レックスも腹部を撃たれて苦しんでいます。
レックスはすぐに救急車で動物病院へ搬送。
バーバラと同格扱いです。
レックスの手術が行われ、血だらけのシャツのままロレンツォは待機。
モリーニやカティアや上司もレックスの容体が気がかりです。
その頃バーバラも一命を取り留め
内務調査がロレンツォに事情聴取に来ていました。
このあたりはイタリア警察、しっかりしてるかも。

手錠を掛けられたアキーレは仲間を迎えによこしてうまく逃亡。
髪を切って染め、別人になり済まし逃亡計画を立てます。
しかしバーバラの入院先が分からず、そのうちニュースで彼女の死亡が報道され
アキーレはロレンツォへのリベンジを計画し始めます。

手術の成功したレックスの回復力はすさまじく
やっぱりこの犬は只者ではありません。
ロレンツォのシャツの着替えをモリーニが持ってきてくれて
またロレンツォは病院で無駄脱ぎを披露(すでにお約束?)
アキーレが姿を消し、彼が捕まる直前に電話で話していた男にはアリバイがあり
アキーレのリベンジを恐れた警察はロレンツォを心配します。
自宅に帰るのも危険なので、ロレンツォはカティアの家に泊まることにしますが
早速レックスが嫉妬心むき出し。
具合が悪いのにこれですから、ロレンツォの外泊は至難の業かも(笑)
もちろんロレンツォもレックスに従って?お泊まりで余計なことはしませんでしたよ。

アキーレは助けてくれた仲間を始末し
ロレンツォについて調べていたPCも破壊します。
そしてモリーニの動きを追っているうちに、ロレンツォが動物病院にいることを突き止めます。
動物病院ではモルヒネが盗まれる事件が起きて困っていました。
ところがまだやっとやっと歩いているのに、
レックスは夜中に薬品庫に忍び込む怪しい男を見つけて吠えていました。
事件を見つけたら、具合が悪くても働いちゃうんだね。さすがレックス!
そのモルヒネ男を見つけたアキーレは、モルヒネ男を始末すると
彼の白衣と鍵を戴いて病院へ忍び込みます。
そして朝ロレンツォと別れ、出勤しようとするカティアを人質に。

CSI職員が人質に取られてもそれなりに戦ってしまうのが某CSIですが
カティアは丸腰だし、おとなしくしていました。
そしてアキーレに言われた通り、ロレンツォに電話します。
ロレンツォはカティアが人質になっていることに気づいて即救出に行くと
レックスもよたよたとついていきます。
ロレンツォがアキーレと交渉している間は目立たないように身を潜め
二人が動いたところで早速援護。
アキーレに飛びついて噛みついていました。
こうして一件落着。
次回からはまたロレンツォとレックスのコンビを
存分に楽しめそうです。

Glee S5-#13 「New Directions」

グリー部解散

本当にきれいに片づけてしまいました。
学校なんだから卒業して巣立っていくのは当然。
いつまでもしがみついていくわけにはいかないけれど
シーズン途中で大胆だな。
卒業生たちや先輩の活躍は楽しめたけど
在校生たちはこれでおしまい?
となると寂しいです。
もっと活躍を見たかったのに。

この先は舞台がNYに移るようですね。
NYADAに合格したブレインを始め
卒業生たちもNYに移動するみたいだけど
ブラウン大の進学が決まったティナはお別れですね。
リーダーとして頑張っていたのに、残念。

音楽室でのパフォーマンスは素晴らしかった。
ブリトニーはサンタナを追ってNYへ行くことを決意し
サンタナはレイチェルと仲直り。
クインはパックとの交際を宣言し
アーティ、ティナ、ブレイン、サム、べッキー、そしてブリトニーは
マッキンリーを卒業していきます。
そして最後はウィルに向けての生徒からの感謝の歌
講堂で披露されるDon't Stop Believin'は
何回目のテイクになるんだろう?
フィンのパートをカートが歌ったのがちょっと寂しかったけど
今回も素敵な演出でした。
そしてこんなプレゼントを受け取ったウィル。
教師冥利に尽きますね!

ウィルのグリー部顧問の仕事は終了してしまいましたが
スーはカーメル校で面接ができるからと声をかけてくれます。
ボーカル・アドレナリンの顧問になるのかどうかはともかく
そんなスーの心遣いがいいんだよね。

ここまでのGleeがとても楽しかったので
この先の展開がちょっと不安。
SMASHとは別の路線を歩むとは思うけど
Gleeらしさを大切にして欲しいです。