FC2ブログ

Crossing Jordan S3-#9 「All the News Fit to Print」

Crossing JordanはS3になってジョーダンが不在のエピがこれで2回目。
今回はナイジェルもいなかったけれど
他のレギュラー陣や見習い検死官マグワイアの活躍で楽しむことが出来ました。
でも主人公がいないけど楽しかった・・・でいいのかな?

記者がレポートした女性の殺人事件はホイトとバグのコンビが捜査。
意外な取り合わせですが、なかなか息が合っていました。
ナイジェル不在でもバグが十分穴埋めしていたし。
ホイトがバグにどうしてバグと呼ばれるのかと聞くと
バグは「虫が好きだから。」と単純に答えていましたが
バグの本名ってMahesh 'Bug' Vijayaraghavensatanaryanamurthy と言うんですね。
なんと読むのか想像もつきません。

一方ギャレットとピーターは検死に行く途中交通事故現場に出くわし
倒れている男をギャレットが蘇生し、そのまま救急車に引き渡します。
ところが男はERで死亡、遺体が検死局に運ばれてきました。
ギャレットは蘇生したときの様子からそんなに簡単に死ぬなんて考えられないと
ERのミスを疑って、ERドクターのラッセルに説明を求めに行きます。
だがラッセルは決してミスを認めようとせず
おまけに男の遺族はギャレットが殺したように勘違いし、ギャレットは訴えられてしまいます。
それは許せないとギャレットは徹底的にERの治療記録を検証。
仕事がしたくてたまらないマグワイアも手伝い
ERでは過去に犯罪歴を持つ患者が搬送されると死亡するケースが多いことを突き止めます。
病院は患者の命を救うことが任務ですが、救えないときは保険が出るようで
犯罪者を殺害して保険をせしめていたことが明らかになります。
それは当たり前のようにラッセルが言っていたことがショック。
某ERのドクターたちはまさかそんな・・・と心配になってきました。
今回の男も検死結果から塩化カリウムを打たれていることが判明。
でもラッセルは殺していないと断言します。

では誰が?
犯人は救命士のミッシェルでした。
おまけにミッシェルはBonesのテンペランス・ブレナンだったのでびっくり!
ブレナンは骨を調べる前は救急車に乗ってたんだ!
そして本当に救急車を必要としている人より
犯罪者などが先に救急車で搬送されている事に憤りを感じていました。
それで男に塩化カリウムを打って殺してしまったようです。
逮捕の際にものすごい形相で、
救命のあり方について食って掛かるブレナンが恐ろしかった。
そしてこんな悪徳救命士も初めて見たかも。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
rosedale  
No title

プラクティスのベルト放送が終わったので、溜め込んでいたドラマを片付けようと思い、CJをまとめ見しました。ひどい救命士でしたね、ボーンズ。今回ボーンズが殺した人は善人だったのに。人違いで善人を殺しちゃうなんて、あんまりだ。

CJのS3は13話しかないみたいで、あと3話で終わりなんですね。終わったらまた再放送かな・・・・年明けて何か新作が始まるといいんですけど。CRIME見れる人が羨ましい(^^;)。

2007/11/19 (Mon) 16:01 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
ビックリです!

CJは意外な人がゲスト出演していて、それを発見するのも楽しみの一つですが。
ボーンズが救命士で面白い!と思ったらとんでもない救命士でショックでした。TWに出てこなくてよかった(苦笑)

あと3話でおしまいはスケジュール的には楽になるけど、ちょっと寂しいです。
CRIMEの番組をそのまま持ってきてくれるだけで、一向に構わないんですけどね。

2007/11/19 (Mon) 20:05 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ