FC2ブログ
Top Page › Brothers&Sisters › Brothers&Sisters S1-#10 「ともしび」

2008 · 01 · 22 (Tue) 20:55

Brothers&Sisters S1-#10 「ともしび」

感謝祭の後はクリスマス。
ペイジはクリスマスツリーに飾るために
学校で作ったユダヤの星を持ち帰り
自分はユダヤ人なのにどうしてハヌーカを祝わないのか疑問に思います。
(ついでにヒロシ君はブッダの飾りを作ったんだそうですが
仏像を飾りたがる日本人なんて絶対にありえない!と思うんですけど)
ウォーカー家はユダヤ人であっても、
今までハヌーカを祝う習慣はありませんでした。
しかしノラはペイジに質問され
我が家でもハヌーカを祝おうと決意します。
するとどうしても本格的に取り込みたくなるノラ。
まずペイジにユダヤ教のお勉強をさせますが、すでにペイジはうんざり。
そして8日間祝うハヌーカの、最初のろうそくを灯すお祝いをします。

ハヌーカについてはThe O.C;で学ばせてもらいました。
コーエン家では「クリスマカー」として
うまくクリスマスとハヌーカを融合させていましたが
ハヌーカ初体験のウォーカー家は
まずハヌーカ、そしてクリスマスと二本立てで行く事にします。
ハヌーカのお祭りの日、大人たちは楽しんでいますが
ペイジはすっかり消沈状態。
ペイジの願いは、神様に糖尿病を治してもらうことでした。
キリスト教がダメならユダヤ教に・・・
しかしそれは無理な話。
ソールが挨拶でユダヤの教えを話し
強い心を持つようにとペイジを励ましました。
ソール伯父さん、素敵でした♪
その後ウォーカー家は、今度はクリスマスを祝います。

その他の出来事
・ウィリアムが買っていたネバダ州の土地を売るのに
所有権がホリーにもあることがわかり
サラ、トミー、ソールはホリーに土地を売ってもらえるよう頼みます。
ホリーは渋るものの、ノラが親身になって頼みに行ったこともあり
土地の売却を許可しますが、代わりに会社の株主になりたいと言い出します。
ホリーがどんどん頭角を現してくるようで・・・
上手く仲間になれればいいのですが。

・ジャスティンの出頭に三ヶ月の猶予をと願い
ケヴィンは裁判を起こします。
厳しい戦いの末訴えは退けられてしまいますが
ジャスティンの思いは法廷に伝わりました。
法廷を出た後ジャスティンにクリスマスの奇跡が訪れます。

・TVで全てをさらけ出してしまったキティは辞職を覚悟していましたが
プロデューサーはキティの力を買い、
代わりにウォーレンを辞めさせようとします。
しかしキティは番組はウォーレンのものと言って
プロデューサーの考えを辞退します。

今回もほっとしながら終わりました。
ジャスティンには与えられた6ヶ月を有意義に使ってもらいたいです。
ケヴィンの弁護する姿がかっこよかった!
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

私も「クリスマカー」を思い出してました。
あれはあれでセスらしい発想でしたが、これはこれで
ノラらしい展開でしたね(笑)
今回はソール伯父さんやケヴィンなど、いつも誰かが
家族に対してグッとくる動きをしてくれるのが良いです♪
あ、SVUのS2がやっと始まってくれました~。
2008-01-22-21:56
suubi [ 返信 * 編集 ]

六ヶ月

6ヶ月あると戦局の変化もあるかもしれないから(現実には悪いほうに変化するものですが(^^;))行かなくても済むのかなぁと。何しろドラマなので。ケビンにはもっと最終弁論的なのをやってほしいです。
このドラマに限った話ではありませんが、クリスマスに半袖着てる、コート要らない土地って憧れだなぁ…。
2008-01-23-00:01
atsumi [ 返信 * 編集 ]

Garotoさん、こんにちは。
ペイジの願いが切なくて、それをかなえてあげられない
大人たちの苦悩とやさしさを感じさせられたエピでした。
やり方はいろいろあったけど、それぞれが彼女を
支えたいと思っているのが素敵だなと。
もちろん素敵の筆頭はソールおじさんですが♪
ジャスティンもうまくいってよかったです。
TBさせていただきます。
2008-01-23-08:17
Anne [ 返信 * 編集 ]

Garotoさん、こんにちは。
前回 見逃してしまって残念でした。
ハヌカの話は、実は私はよく知らなくて興味深かったです。
ユダヤ人というのは、確かに一般的なWASPの人たちが違った目で見ているのは感じていましたが、具体的にハヌカを祝っていたユダヤ人ファミリーは知りません。
(ユダヤ人の家庭にホームステイしたこともあります)

v-154のatsumiさんの話ですが、私がいたのは、ニューヨークの山の中で、すごい雪が降る地域でしたが、家の中や学校では半袖Tシャツ1枚の人が多かったです。

アメリカのドラマや映画は、いろいろそういったところも見ていておもしろいですね。

ブラザーズ&シスターズは、 「LOST」や「24」に比べて最初は地味なストーリー、と思ってしまいましたが、だんだんおもしろくなってきました!

Garotoさん、ブログをリンクさせていただきたいです。
宜しくお願いします!
2008-01-23-08:44
ローズマリー [ 返信 * 編集 ]

ドラマからアメリカの文化を知ることができるのが興味深いです。

>suubiさん
ノラの頑張りはついやり過ぎになっちゃうけど、結果的には家族にとっていい方向に進んでいってますね。
ソール伯父さんが実に素敵でした。
ケヴィンも家族を思う気持ちをしっかりと伝える弁護がよかったです。
SVU、時間の余裕があればアメリカ版同時視聴するんですが・・・今は忙しくて無理(泣)
本家に来てくれるといいんですけどね。

>atsumiさん
6ヵ月後にはイラクに衛生兵は用済みになってることを願います。
ケヴィンの弁護士姿はもっと観ていたいなと思いましたが、それではドラマが変わっちゃうかな?
南半球に住んでいたとき夏のクリスマスを体験してますが、それでもサンタさんは厚着をしなければならず気の毒でした。
でもクリスマスは間違いなく北半球のイベントだと思います。

>Anneさん
ペイジがずっと病気を背負っていかなくてはならないのはかわいそうなことですが、家族の支えがあるからきっと強く生きていけると信じています。
ドラマだから仕方ないけど、本当に波乱万丈の家族ですよね・・・
でも次の問題もきっとうまく解決できるでしょう。
TBありがとうございます。

>ローズマリーさん
ユダヤ人といっても生き方はそれぞれで、ハヌカを祝うか祝わないかもその家の考え方があるのでしょうね。
ブラジルに住んでいたとき、アパートの隣にユダヤ系の人たちが住んでいて、クリスマスのときもドアに「Happy Hanuka」と書いてあるプレートをぶら下げていました。
どんなお祝いをしていたかは知りませんが。
B&Sはアメリカ人の生活の様子を覗けるのが面白いです。
ブログのリンク、ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
2008-01-23-19:31
Garoto [ 返信 * 編集 ]

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブラザーズ&シスターズ 第10話 ともしび
Brothers & Sisters #10 Light the Lights  Brothers & Sisters: Complete First Season (6pc) キティの告白のせいで、番組の視聴率はうなぎのぼり。ウォーレンは首を心配するが、 彼女一人をホストとしての新しい番組を作らないかと言うオファーをキティは受ける。 サ... …
2008/01/23 12:08 Comedy Show