FC2ブログ
Top Page › CSI, CSI:Miami, CSI:NY › CSI:Miami S5-#20 「セレブのヒミツ」

2008 · 02 · 24 (Sun) 18:51

CSI:Miami S5-#20 「セレブのヒミツ」

セレブって大変!!

冒頭の激しいアクションは絶対映画撮影だろうと思って観てたら大当たり。
でも炎上した車のトランクに俳優ブロディの遺体が入っていたのは
もちろん想定外でした。

スタントってアクションシーンを全部撮っちゃうんですね。
それで本人の演技とどう差し替えていくんだろう?
なんて気にする事もできず、本人は死んでしまったので。

人気俳優の突然の死ということでマスコミは大騒ぎ。
CSIの方は検死から絞殺の前にもがいた跡を見つけ
殺人事件として調べていきます。
するとスタントの証言から
ブロディは依存症のためのリハビリ施設に入っていたことが明らかになります。
この施設がまたセレブ御用達で
しかもブロディが新進女優とベッドでよろしくヤッてる写真が
雑誌にパパラッチされてました。
一体誰がカメラを?と調べていたら犯人は施設の所長。
部屋に隠しカメラをつけ、撮ったゴシップ写真を流して儲けていたようです。
そして相手の女優の毛髪を検査したら薬物は見つからず
彼女は依存症ではなく、次回作の役作りのために入所。
ブロディと寝たのも名前を売るためだと答えます。
セレブになるのも大変。
他にブロディの部屋に何度も出入りする男の存在があり
もしかしたらブロディはその男とも?という疑惑がもたれますが
男はゲイではなく、ブロディの持ち物をくすねてはオークションに掛けてました。
セレブでいるのも大変。

ブロディは自分の部屋で首を吊っていたのですが
そのロープが発見されます。
ロープはデンタルフロスから作られていました。
作ったのはジョリーンという長期収容中の女の子。
もう出所の許可は出ているんですが
社会復帰に自信がなく、まだここにいました。
彼女は自殺用にせっせとデンタルフロスでロープを編んでいたようです。
これって刑務所でも見られる手作りグッズらしいですが
OZではさすがに気長に編んでる囚人はいませんでしたね・・・残念。

ジョリーンのロープが殺人用に盗まれたことがわかりますが
ジョリーンはブロディが殺人を犯したと告白したと
デルコに証言します。
そこからのデルコが、いつものホレイショ役を買って出て
ジョリーンを勇気付けますが
自分の死にかけた体験をプラスにとらえ
励ましてる姿は立派でした。
これでデルコは自らもトラウマ克服ってことでしょうか。
そうだといいんですけど。

もう一度ブロディの遺体を調べていたら
彼が交通事故に遭ってていたことがわかり
車に同情していたのがマネージャーのエディの姉でした。
ブロディがセラピーの一環で罪を告白した事からエディが激情。
ブロディを突き倒したら息をしてなかったので
首吊り自殺を偽装したという展開。
エディもバカだよね。
ブロディを殺したって姉は戻ってこないのに。

ホレイショは地味に脅してるだけでしたが
デルコの見せ場があったからよかったかな。
宇宙人も戻ってきて自分の仕事をやってました。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

Garotoさん、こんにちは。
デンタルフロスであんなに立派なロープができるなんて、
びっくりでした。しかもたったの2ヶ月で。
でも首にワックスがつきそうですけど…。
新人女優の人もそうでしたが、なんだかちょっと
狂ってきてるなと思いました。そしてデルコですが、
彼でなければできない説得だったと思います。
これから完全復帰かな?
2008-02-25-08:37
Anne [ 返信 * 編集 ]

刑務所のように他にすることがなければ、囚人もせっせとデンタルフロスでロープを作るかもしれませんが、この施設はわりと自由が利く感じだし、ジョリーンの努力ってすごいと思いました。
しかしもっと楽な方法があるんじゃないの?
実践しなくてよかったけど。
新人女優さんはこの先がなんだか心配です。
デルコはこの先は順調に仕事してもらいたいです。
2008-02-25-19:57
Garoto [ 返信 * 編集 ]