FC2ブログ

Alarm for Cobra 11 S11-#1 「新コンビ・最初の事件」

いよいよレギュラー放送がスタート。
クリスがゼミルの新しいパートナーとなり、オープニング映像も変わりました。

ゼミルが出勤中に目の前でひき逃げ事件発生。
轢かれたのは高速道路の建設現場で働く男性でした。
ゼミルとクリスは建築現場に向かい、死んだ男のことを聞き出しますが
現場監督は表ざたに出来ない隠し事をしていました。

死んだ男が借金をしていた、その相手をクリスはよく知ってました。
潜入捜査をしていたときに付き合いがあったからですが
その男の家へ行ったときのクリスの脅しがすごい!
平気で暴力を振るい自供させようとするので
ゼミルはビビってしまいます。
こちらはThe Shieldのヴィックなど見慣れているので
この程度の乱暴さはなんとも思わないけど
アウトバーンコップにとってクリスは異端者だったのかな。
男を署に引っ張ってきてからのクリスの尋問にも
ゼミルは呆気に取られたまま。
さすがに隊長がクリスにストップをかけ
自らやんわりと自供できるように仕向けます。

ゼミルにとってクリスは理解に苦しむ相棒。
とにかく一人で勝手に行動してしまいます。
相棒の存在なんて見えてない。
そりゃ当然だよね、クリスは今まで一人で潜入捜査してたんだから
頼れるのは自分だけ。
当然自分で判断し動かなければなりません。
相棒の考えを聞く前に、体が動いてしまうのも仕方ないでしょう。
ゼミルは奥さんにもその点を指摘されてましたが
どうもクリスの動きに慣れないようです。

ゼミルが帰宅してからも署に残っていたクリスは
手がかりを見つけると単独行動を開始。
現場監督の元恋人と息子のいる家に行って
監督との関係を聞き出してきます。
そのときにクリスは、自分にも男の子と女の子がいるけど
別れた妻と一緒だと話します。
そういえばクリスの部屋に子供たちの写真がありました。
奥さんと離婚しちゃったのも納得。
潜入捜査官じゃ家に帰ることもままなりませんからね。
潜入捜査って大変なんだなと実感させられました。

この後クリスが殺人犯を追いますが、これがまたすごい!
ものすごい勢いで走って追いかけます。
潜入捜査官はタフでなきゃやってられない。
ゼミルはクリスの肩の銃創の跡を見つけて、また驚いていました。
クリスはただものじゃなさそうです。

いやぁ、クリスがかっこよくて参りました♪
とにかく渋くてパワフル。仕事ができるし。
でも一つ気になるのがヘビースモーカーなこと。
これも潜入捜査上の役作りだったのか、とにかくタバコが手放せないようです。
ゼミルは全く吸ってないので対照的でした。
アメリカのドラマはほとんど禁煙。
RMで罰金制度を設けながら禁煙しようとしていたシーンが珍しいくらいですが
ドイツはまだタバコ刑事もOKなんですかね?
それともゼミルがクリスに禁煙を勧めるのか、この先が気になります。

スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ