FC2ブログ

Law&Order SVU S2-#16 「Runaway」

麻薬課の巡査部長フォスターの娘のジルが家出し失踪。フォスターは家出した若者たちについて調べている記者を人質に取り、娘を返せと脅していた。フォスターとはアカデミー時代からの友人のクレイゲンは、事件を穏便に解決させようとしてフォスターに向けて発砲せず、ジルの失踪がドラッグや売春がらみであるとしてSVUで担当することにする。
フォスターに拘束されていた記者のティトは、隠しカメラを忍ばせてレイブパーティーに潜入したり、若者たちにインタビューしたりしていた。ステーブラーらはティトの力を借りてレイブパーティーの主催者カニックに近づこうとするが、カニックは姿を見せない。だが公園でたむろしている少年から、ジルは多分殺されたという情報を得る。現場へ行くと死んでいたのは別の少女で、体毛を剃られオーバードーズ状態だった。この少女も家出してきてドラッグを常用し、ポルノビデオのモデルにされていた。
マンチとフィンはカニックに近づくため、カニックの弁護士のボルジャーにディーラーのふりをして会いに行く。続いてドラッグ中毒の若者たちを集めてビデオを撮っていたフランクルを逮捕。若者たちを署に連行する。するとすかさずボルジャーが弁護にやってきた。
カニックの主催するレイブパーティーの日時がわかり、SVUは会場に潜入する。そこでジルの姿を見かけたステーブラーは必死でジルを追うが逃げられてしまう。その後署にティトの遺体が発見されたと連絡が入り、現場へ向かうとティトが死の直前録画していたビデオが残っていた。ティトはジルに話を聞き、説得を試みようとしていたが、カニックに見つかり殺害されたのだった。
SVUはカニックを捕らえ、アレックスがジルの居場所を教えるなら刑を軽減すると取り引きを持ちかける。ジルは発見されるがオーバードーズですでに呼吸が止まっていた。

フォスターの娘ジルと、SVUに協力したティトの二人を犠牲にしてしまった事件。IABはSVUの捜査は失敗だったとメンバーを個々に尋問します。その尋問と事件の経過が交互に示され、事件の内容が明らかになるという展開になっています。
クレイゲンにとってフォスターは同僚であり大切な友人。彼の性格を知っているから、人質事件のときもフォスターが発砲することはありえないとクレイゲンは信じて対応しましたが、それが規則に反するとIABは指摘をはじめ、以下各メンバーにクレイゲンの指示について、それが妥当だったか追及してきます。皆クレイゲンと自分を信じ、正しいと思ったことをやったと主張しますが、結局クレイゲンは5日間の停職を命ぜられてしまいました。
クレイゲンは風紀課に転属していたジェフリーズを呼び出し、尋問等の協力を頼みます。S1で降板したMichelle Hurdが本エピに特別出演。オープニングクレジットにも顔を並べます。マンチとフィンは潜入捜査を担当。ボルジャーの事務所を訪ねたときに、フィンがマンチを「ユダヤ人の相棒」と紹介した事にマンチは後で文句を言っていました。
ボルジャーを演じるDarrell HammondはSNLのレギュラーを長く務め、クリントン元大統領の物真似などで知られています。
長く麻薬課に勤務していたフォスターは、自分の娘がドラッグに溺れていた事実に衝撃を隠せません。ジャンキーを取り締まることより、自分の娘を助ける事ができなかったのは何故か、フォスターはジルをジャンキー呼ばわりしたことを悔やみます。一方ドラッグに溺れていくジルは父に知られることが恐ろしく、しかしドラッグを買うためには金が必要で、仕方なく体を提供せざるを得ません。父と娘が過ちを認め和解することなく終わってしまった事件。情報提供者のティトの努力も虚しく、重たい幕切れでした。

SVUにつっかかってくる?IABは本当にしつこいですね。
警官の公正さを保つためにはここまですべきなのでしょうが
クレイゲンがフォスターを守るために独自の捜査を行ったことが
よっぽどお気に召さなかったようで。
ジルとティトの死は避けたかったけど
SVUだってみんな彼らなりに頑張って捜査してたはず。
そんなに目の仇にしなくても・・・

ジェフリーズは風紀課に異動してたんですね。
知りませんでした。
でも今回のゲスト出演で彼女の出番は本当におしまいだと思います。
どうせならキャシティにも復活してもらいたかったな。

レイブパーティーに潜入するSVU。
彼らなりにファッションの工夫をしてたみたいですが
オヤジはどうにもなりません。
ベンソンとジェフリーズはとりあえず今風を装ってたけど
年齢的に浮いてたかも。
ついでjに怪しげな男を演じさせるとフィンはぴったりですね。
ユダヤ人の相棒なマンチも全然問題なし!だと思うけど(笑)

スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ