FC2ブログ

Dirt S1-#3 「ダート・ナウ 創刊」

いよいよNowとDirtが合併、Dirt Nowの創刊準備が始まります。
歴史と信頼のあるNowの編集に関わって来た者は
ルーシーがあくまでもスクープ第一で突っ走ろうとする考えに納得できません。
そこで意見しようとすると、ルーシーからあっさりクビを宣告。
Dirt Nowは高級タブロイド誌でなくてはならないのです。

創刊号の内容にふさわしいスクープは?
記者たちはアイディアを出し合いますがもう一つ。
そのときクリスチャン・シンガーのコニー・クリスが
突如姿を消したという話題が持ち上がります。
いかにも真面目なコニーに何があったのか
記者たちはコニーの身辺を探りに行きます。
するとコニーは入院している事がわかりますが
背後にドラッグが絡んでいるようです。

ウィラはコニーにドラッグを売ったと思われるディーラーに近づきますが
ディーラーにコニーの友人と偽り、ドラッグを買いに来たふりをするので
その場でドラッグを試さなければならず、
社に戻ったとたん倒れてしまいました。
麻薬課の囮捜査間がディーラーと懇意になるために
ドラッグを試しているうちに自分が中毒になってしまう話はよくありますが
タブロイド誌の記者までお試しドラッグで身を持ち崩す?
なんていうことは勘弁してもらいたいです。

しかし体を張ったウィラの努力も結果には繋がらず
ここでドンが頑張ります。
あの手この手を使ってコニーが入院している病院に忍び込むものの
結局はコニーに近づけず。
そこで最終手段を決行するドン。
病院に荷物を搬送するトラックが着いたとき
運転手のいない隙に荷台を動かして小指を挟み
スパッと小指を切り落としてしまいました。
そこまで体を張るか??
まあ用意周到に氷水を持っていて、すぐに切れた指を入れたけどね。
そして指をつけてもらうために堂々と病院に入り
患者仲間としてコニーに近づき事情聴取。
清純派コニーはドラッグを試そうとして
スプーンだけじゃなく自分の顔まで焼いてしまいました。
それで火傷して入院中だったわけです。
ドンは同情しながら隠しカメラでコニーを写し
創刊号の表紙も出来上がりました。
芸能人にプライバシーなんてありえないんですね。恐れ入りました。

仕事に復帰したジュリアは背中が痛くて本調子ではなく
台詞もろくに喋れません。
気を遣ってくれていたマネージャーも
もう少し休養を取ってからと言い出し
ますますジュリアは落ち込みます。
薬の量は増えていくし、側にいるホルトも相当参っています。

ホルトが主演?かものアクション映画話にジャック・ドーソンというライバル登場。
ドーソンはMPのジェイクでした。
髪をすっかり短くして、Point PleasantやBeautiful Peopleで観たときより
精悍な感じがしましたが。
彼は妻子ある落ち着いたスターだと思ったら・・

どうやらルーシーの弟レオとお互い一目惚れしちゃったようで
いきなりキスを!
なんとジェイクは隠れゲイでしたか・・・
なんてMPを観ているときは想像もつかなかったけど。
マットが泣くぞ!
なんて思いながら、なかなかクールなオヤジジェイクを楽しみたいと思います。

スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
Nicky  
ルーシーの弟

ルーシーの弟がゲイで、売れっ子ジャック・ドーソンといい感じになっちゃうなんて、このネタもルーシーが黙っちゃいないってことになりそうですね。

2008/05/26 (Mon) 21:34 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

お気に入りオヤジの一人Grant Showがドーソン役で登場したと思ったら
いきなりルーシーの弟とできちゃった?な展開にビックリしました。
ルーシーにとっては絶交のスキャンダルだけど、真坂身内を?一体どうするんでしょうね。、

2008/05/27 (Tue) 19:20 | 編集 | 返信 |   
denyu  

ドンの指切り落としには職人魂を感じました。だけど、ルーシーもギリギリになってドンに頼まなくても…。

ドーソンっていきなり下半身攻めてたからよっぽどオトコ好きなんでしょうね…。

余談ですが、ルーシーのベッドでの自慰行為(ホルトが訪ねてきて止めたけど)さすがにヒきました…。

2008/05/28 (Wed) 01:56 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

さすがFX、ドンのお尻もばっちり見えちゃうし
ルーシーの大胆な演出も・・・
FXのドラマ、大好きです(笑)
自分が入院すればOKだと気づいたドンはさすがですが
まさか指を切るとは、よくそこまでできるよね。
ドーソンの裏の顔にかなり期待してるんですが
どんな展開が待ち受けているのでしょう。

2008/05/28 (Wed) 19:14 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ