FC2ブログ

Der Clown 「地獄の道化師」「カナガスの刺客」

WOWOWはテニス&サッカーモードのため海外ドラマが1週間お休み。
その間WOWOW2でDer Clownシリーズが集中放送されていました。
期せずしてドイツのドラマに出会えたのが嬉しくて。
実はブラジルに住んでいるとき向こうのAXNで吹替え版がオンエアされていて
たまにちらっと観てたんですが、ドイツ人がポルトガル語を話すのが納得できず
おまけに主人公が何故ピエロの仮面をかぶってるのかもよくわからず
なんだか不思議なアクションドラマのイメージしかありませんでした。

今回パイロットがしっかり観られる他
多分シーズンプレミアだと思う前後編合わせて90分の作品が3本と
シーズン終了後に作られた映画版の合わせて5本がオンエア。
CSの録画との兼ね合いで「ハイタワー・ジャック」だけは録画できなかったんですが
他はきっちり録画いたしました。
また7月にオンエアされるので、そのときに再挑戦することにして♪

Cobra 11やREXと比べると多少地味ですが
1998年から2001年にかけて計46話が放映されています。
主人公マックス・ザンダーを演じるのはSven Martinek。
でかくてごつい俳優さんなので、ゼミルともコニーともまた違うんですけど
じわじわとカリスマ性を発揮していきます。

マックスはWIPAで働いていましたが、ドイツ警察に戻り
犯再組織の偵察を命じられます。
だが古くからの友人でパートナーのレオを任務中に失い
自分も女性ライダーのクラウディアに命を救われます。
マックスは身の危険を感じてクラウディアの家にかくまってもらいますが
彼女の家の納屋に置かれていた荷物の中から
たくさんのピエロの仮面が出てきました。
クラウディアの母の話では、道化師をしていた人を泊めてやったら
その人は亡くなり、荷物だけが置き去りにされていたんだそうで。
マックスは友人でヘリコプターをチャーターする仕事をしているダブスと
クラウディアにバックアップしてもらいながら
ピエロの仮面を身につけ、悪党と戦っていきます。

というのがパイロット「地獄の道化師」
ここでマックスは九死に一生を得ますが、
上司のルドフスキーの計らいで自分は死んだことにしてもらい
過去を抹殺した正体不明のクラウンとして、
警察とは別の立場から悪と戦うことを選びます。
こうしてシリーズが進んでいくようです。
「カナガスの刺客」はS3の1話めのようですが
ルドフスキーが弁護士になってました、
まあ何か事情があったのでしょう。
マックスの初恋の女性サラが現れ、クラウディアが激しく嫉妬しますが
マックスとクラウディアは友人以上恋人未満の関係?微妙です。

何故マックスがクラウンなのか?
その疑問がようやく解決しましたが、
結構くだらない?理由でちょっとがっかりしました。
幼少時代にピエロに助けてもらったとかそういう話だと思ったのに・・・
仮面をつけるとキャラクターが変わるのが
正義の味方のお約束の一つですが
マックスの場合はクラウンにならなくても必要ならば闘ってしまうし
クラウンになって姿を現しても、あっさり仮面を脱いで正体をばらしてしまいます。
かなりいい加減・・・(苦笑)
それにあの風貌なら仮面をつけてても正体バレバレでしょう。
でもそういう部分を突っ込んじゃいけません。
仮面はたくさんあるようで(なくなったら調達してる?)
事件現場に平気で放置したり、敵に奪われたりしています。
どうも仮面そのものにありがたみはないみたい。
どうってことないピエロのお面なんだし。

Dre Clown、製作チームがCobra 11と一緒のようで
アクションシーンはとにかく派手。
車もどんどんぶっ潰してくれます。
Cobra 11ファンにはお薦めです。
ただゼミルともう一人っていうコンビネーションではなく
あくまでも主役はマックスで
クラウディアとダブスが脇を固めてるって感じかな。
多分ゼミルとマックスがコンビを組んだら
最強の凸凹コンビができあがるでしょう。
それもいいかも!
と思ったらSvenは2話ほど、Cobra 11にゲスト出演してました。
悪役だったら相当強そうだな。

Der Clownを楽しんだ後はいよいよGSG-9。
すっかりドイツドラマに魅せられています。
スポンサーサイト



コメント 6件

コメントはまだありません
Anne  
No title

Garotoさん、こんにちは。
このドラマ、そんなに本数が作られてるんですね。
びっくりしました。わたしも1話だけ(どれだったかは不明)母が見ているのの横で見たのですが、ちょっと甘い…? でも結構おもしろかったです。
しかしブラジルでも放送ってことは、かなり人気のシリーズなんですね~。ちゃんと見たら、また感想が変わるのかしら。

2008/06/10 (Tue) 08:10 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
No title

Clown、ご覧になられていて嬉しいです。
これぞ正しいドイツアクションドラマって感じで、ツッコミどころ満載なんですが、とにかくアクションが派手ならOK。
毎回車は激しくつぶれるし、爆発も半端じゃないし・・・でも主人公はちょっとかすり傷ぐらいなのがすごいんですよね。
ドイツ人は相当身体が丈夫なんだと思います。
これに比べたらGSG-9はアクション地味かも。
また是非ご感想をお聞かせください。

2008/06/10 (Tue) 19:48 | 編集 | 返信 |   
bluegene  
Cobra11

Garotoさん、こんにちは。
やっとCATV生活に復帰できました。でもまだ、毎日ドラマを見るペースが戻りません。家の中はカオスだし (--;

テレビがフルハイビジョンになったのはいいんですが、AXNなどは画質の粗が目立ってしまい、逆にWOWOWはきれいだけど流血シーンがリアルすぎて orz

ところで、こちらで名前を見かけたCobra11のDVDがリリースされていたので、仮住まい中に見てみました。ゼミル可愛いですね~(笑)まだS1の三枚しか出てないですが、続きも見たいと思います。

2008/06/11 (Wed) 09:50 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
No title

CATV生活復帰おめでとうございます。
これから徐々にペースを取り戻してくださいませ。
うちもTVをフルハイビジョンにしたら今度はDVDレコーダーを買い換えたくなり・・・それでレコーダーも新しくしたんですけど、多分高画質で録画すれば相当綺麗に見えるんだと思いますが、もったいないのでLP録画しかしてないからあまり効果が出ていません。
でもHDとそうでないものの違いは歴然ですね。

Cpbra11は単純だけど楽しいです。展開わかりやすいし。
ゼミルと相棒の凸凹振りも楽しくて、私は歴代相棒の中ではやっぱりクリスが好き♪ってことで次シーズンも日本上陸してもらいたいです。

2008/06/11 (Wed) 18:41 | 編集 | 返信 |   
適当谷損気  
クラウディアカワユス

ルドフスキーは連ドラ化された際のTVムービー「5000万ドル奪還指令」(日本ではVHSしか出てません)で、マックスの考え(警察にいては思うように活動できない)に同調して警察を辞めたみたいです。
そして表向きは弁護士として「ナイトライダー」でいうデボンのような役割になったと。

VHS版は最近何本か入手したんですが、クラウディアがハイジャックに巻き込まれる話がお気に入りですね。
たまたま乗り合わせた年配の婦人と仲良くなって、緊急時には一緒に飛行機操縦までしてしまいます(笑)
クラウディアって、あー見えてお年寄りから好かれるタイプなのか?と思ってしまったり。

乱文失礼いたしました。

2018/08/30 (Thu) 19:18 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

こんなドラマもありましたね・・・すっかり忘れてました(汗)
でもピエロのお面だけはなんとなく覚えています。
ドイツドラマもそれなりに上陸していたのに、最近は少ないかな。
ネトフリではチェックしていないものもあるので、もう少し開拓したいと思います。
 

2018/08/31 (Fri) 19:56 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ