FC2ブログ

Ghost Whisperer S2-#20 「コレクター」 #21「第5のしるし」

シーズンファイナルに向けて不気味さ倍増。

メリンダがデリアに付き合って葬儀に参列したら
他の葬儀の場所に霊能者がきていました。
ガブリエルというその男にメリンダは親しみを覚えますが
彼は霊たちを自分のところに留まらせておき
生きている人間に嫌がらせをさせている、とんでもない奴でした。
しかもメリンダのストーカー。怖すぎます。
そんなときペインの亡き妻が霊となって登場。
過去の過ちを許してくれって言ってきますが
余計なお世話でした。

今シーズンは彷徨える霊がようやく昇天しても
メリンダの後をこそっとつけてくるストーカーの霊がいたり
不気味な印が残されていたり
怖かったのがジムの背中の文字の「愛する者の死」ですが
これがようやく現実味を帯びてきます。
メリンダは大惨事のヴィジョンを見て恐れおののきます。
船が沈没するj事故では家の中が水浸し。
なぜか海草が流れ着いてるんだよね。
橋げたが落ちる事故では、空から車が降ってきます。
あまりにも唐突で怖すぎ。
でもこれらのとんでもない事故は
4年前の5月11日から連続して毎年同じ日に
ロンドン、モスクワ、ローマで起こっていました。
去年の飛行機事故も同じ日。
この偶然性は何故なんでしょう。
赤いフードをかぶった霊も不気味だし。
そして事故で生き残った子供たちが
それぞれ同じものを作り続けながら
何らかのメッセージを送っていました。

デリアはネッドに掘り出し物のレコードプレーヤーをプレゼント。
これってポータブル?と思っちゃいましたが
一応ちゃんとしたステレオみたいです。
ティムがプレーヤーにお薦めのLPをゲットするってことで
持ってきたのがZEPの「Ⅳ」とPink Floydの「炎」でした。
なかなかいい趣味じゃないですか!
デリアはアナログのよさを強調。
でもネッドは知らないんですよね。そういう世代なんだ。
もう一枚ネッドのお気に入りアーティストのLPを用意
(名前を覚えてないのは、私がジムじゃなくてティムと同世代ってこと・・・苦笑)
聞いていたら不思議な声が聞こえてきたので
もう一度聞こうとネッドが針を動かすけど
その動かし方が超乱暴。
そりゃ盤が傷つくぞと説明したくなったら、案の定針飛びを始めました。
ここまでは普通だけど、デリアがプレーヤーのアームを上げようとしたら
いきなり感電。そのまま病院送りです。
もしかしたら「愛する者の死」ってデリアに関わることってヒヤヒヤしたら
それは違うようでした。
そしてジムが姿を消したみたい・・・どこ行った?

と謎だらけのままシーズンファイナル。
あと1話でおしまいです。
ちなみにアメリカでは、シーズンファイナルは
本当に5月11日に放映されてました。
この日付に深い意味があったんですね(笑)
やっと週2話のGW呪縛から逃れられる。
楽しめるんだけど2話まとめては多すぎでした。
最後の1話を観たら、しばしメリンダのことは忘れましょう。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
merlin  

毎週楽しく観ていたはずのGWですけど、週2話になってからだんだん憎しみが(苦笑)。この苦しみからも今日で解放されるんですね。でも明日からWeeds、あさってはBostonLegalも2話連続。FOXめっ!

S1のように悲しい結末にならないといいですね…。とりあえず変なクリフハンガーで終わらないことだけを祈ります。

2008/07/09 (Wed) 14:15 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

今夜観てめでたくGW呪縛から逃れる予定ですが
ジムは無事なのかな・・・気になります。
Weeds2話連続は1話だとあっけなく終わっちゃうので大歓迎なんですけど
Boston Legal2話連続はキビシすぎる・・・
FOX、何を焦っているのでしょう。

2008/07/09 (Wed) 18:51 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ