FC2ブログ

SFU「関係」

OZが終わってやっとSFUに集中できると思ったらとんでもない!!
本エピこそ初めて観たときからずっと気になっていたSFUのBK登場エピなのでした。


問題のシーンはデイヴィッドとキースがテイクアウトの中華を食べながらテレビを観ているところ。いきなりケラーのアップにどきりとするんですが、どうもケラーの声がいつもと違うしセリフも聞いたことがない。同じ東北新社が製作してても、OZの吹替え版をそのままSFUで使えないんですね…と新たな発見をして、ではこれはいったいどの場面なのか。英語で聞いたらわかりました。S4-a #25 「乱射」の一場面です。
S3ファイナルで新年の穏やかなキスを交わした後の安定している二人。ビーチャーはアンドリューの死に責任を感じ、あんなに恨んでいるシリンガーに対し、ハンクを見つけるために手を貸そうと考えています。ビーチャーの「自分がやってきたことをすべて消し去りたい。愛する人を傷つけた言葉もだ。俺のために傷ついてる人を見るのももう嫌だ。もしかしたらこうすることで俺の望みがかなうかもしれないんだ。」という言葉にケラーは「ティンカーベルのつもりか?星にお願いか?」と茶化します。
その後ビーチャーがアンドリューの死に償いをすべきだとの意見に対するケラーのセリフ「お前をホモにしたのはOZじゃない。そう生まれたんだ。」とビーチャーの答え「ああ、そうか。」の部分がテレビに映っていました。ちなみにOZではホモと訳していた言葉bitchをSFUではあばずれと訳しています。
カメラはデイヴィッドとキースの食事シーンを映すためにその後のBKは映りませんが、直後ビーチャーが怒って監房を出て行こうとするとケラーが引きとめ、ビーチャーが殴りかかり二人はつかみ合いの喧嘩を始めます。デイヴィッドとキースは笑いながら観ていましたが、ビーチャーは「俺は誰のものでもない!」と叫びながら懲罰房に送られます。


BKの緊張感漂うかなり危険なシーン。それはしっかりDKの方にも引き継がれていました。教会の助祭を引き受けることになったデイヴィッドは、ネイトに対してはキースを紹介しカミングアウトしたものの、教会に対しては自分の本来の姿をさらす事ができません。せっかくキースが誘ってくれたゲイの仲間のパーティーもキャンセルしてしまいます。「だったらこれで終わりにしよう。」と怒って飛び出すキース。しっかりBKがお手本になってるように思えました。


ついでにクレアのためにルースが借りてきたビデオが「プリティ・ブライド」実は兄弟そろってメローニを観てたんですよね。恐るべし!


sfubk2.jpg


sfubk3.jpg

スポンサーサイト



コメント 7件

コメントはまだありません
Ayano  

いきなりTVの中に見たことある顔が…
DK2人でOZ観てたんですね~♪
所長が刺されたと思ったら翌週のWATに元気に出てきたし、放送終了したと思ったら翌週のSFUにと、あまりの放映タイミングに驚かされっぱなしで、これもOZの魔力なのか!?とあらためてOZのすごさを感じました。

母とクレアの関係がちょっと近付いたのは良かったですね。
一方で教会の助祭を引き受けてますますキースとの関係が危うくなったデイヴィッド……なぜ自分の首を絞めるようなことをしてしまうんでしょう??(泣)

2005/07/30 (Sat) 15:28 | 編集 | 返信 |   
ETHAN  

こんばんわ。アンテナに入れていただき、光栄です! さっそく遊びに来ました♪
『6feet under』の『OZ』シーンは、いっきょ放送のとき見て、あれっ? と思ってました。
オーラスの、TV画面が消えるロゴ(うまく説明できませんが・・)が同じなので、ああ同じ配給会社のドラマだからか、と思ってました。
ところで、なぜデイヴィット&キースは、あの場面を見て笑ったんでしょう? しかも中華、食べながらなんて。
私が『OZ』見るときは、食事しながら見る気にはとてもなれず、かといって満腹でも気持わるくなりそうで、ほどほどに喰べてから見るようにしてたのを思い出しました。
また、遊びにまいります♪

2005/07/30 (Sat) 20:25 | 編集 | 返信 |   
ETHAN  

またまた、すみません。かんじんなことを書き忘れてました。私のブログから、トラバ飛ばさせていただきました。
「海外ドラマ・バトン」「理想の囚人バトン」は、やったことないので、やりかたを読んでから、ぜひ参加したいと思います。ヨロシク♪

2005/08/01 (Mon) 01:16 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

テレビの中のテレビで観るBK、貴重な体験だけに嬉しかったです。SFUでは他にもTV画面が映りますが、OZは何気にHBOの宣伝も兼ねて効果的でした。
デイヴィドとキースはOZのファンで(とうのがS2のエピでわかります)OZは楽しみにしてるようです。二人で和気藹々と観るのが好きなのかな。
私もOZは食事しながら観た事ないですね。CSIやNIP/TUCKは平気で食事しながら観てるけど、OZはあまりにも画面に集中してしまうので、絶対ほかのことが出来ませんでした。
で二人の笑いなんですが、会話の後の画面には映ってない喧嘩のシーンで笑ったんじゃないかな?笑いながらお互い思い当たる部分もあったのかも。


ETHANさん、バトンはお気軽にチャレンジしてみてください。次に繋がなくても全然OKですし。

2005/08/02 (Tue) 00:07 | 編集 | 返信 |   
marsa  

がろとさん、TB&コメントありがとうございました。
OZが終わって寂しいと思っていた矢先、まさかSFUで二人の絡みが観られるとは、小躍りしそうになりました(笑)キースとデイビッドがあそこで笑っていたのは何故なのか・・・私には理解不能でした・・・。

遅くなってしまいましたが、海外ドラマファンに100の質問、無事リニューアルに間に合いUPさせて頂きました。がろとさん、提供元様ありがとうございました。

2005/08/02 (Tue) 19:01 | 編集 | 返信 |   
ジンジャー  
間違えました!

SFUにOZ登場のエピ、やっと放送されましたね。私は日本語だけで見て、
セリフの"あばずれ"だけを頼りに、OZのどのエピなのか探したので、
しっかり間違えてしまいました!(汗)
まだまだBKに対する愛情が足りなかったと反省しています・・・よ~く見たら、
ビーチャーの髪型が違いますよね!(ケラーはあまり変わりないけれど・・・爆)
「プリティ・ブライド」のこともすっかり見落としてました!
もしかしてフィッシャー家はメローニ好き!?

2005/08/03 (Wed) 01:05 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

私は英語版をかなりしつこく観てたので、メローニのオリジナルセリフで探り当てられました。吹替えも一緒だったらわかりやすかったのに。
ビーチャーのヘアスタイルはシーズン途中でもころっと変わるので要注意です。
ケラーはちょっと額が広がるだけですが(苦笑)

「プリティ・ブライド」には爆笑。
どうせならこっちでも親子でメローニを観て笑って欲しかったのに。
フィッシャー家は間違いなくメローニファンです♪

marsaさん、「100の質問」使っていただきありがとうございました!
またゆっくりと拝見させていただきます。

2005/08/03 (Wed) 09:32 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ

トラックバック 1件

クリックしてトラックバック記事を書く(FC2ユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  第5話 関係 An Open Book
  • 第5話 関係 An Open Book今回のフィッシャー家で葬儀を行ったのは元ポルノ女優のジーン・ルイーズ・マッカーサー芸名「ヴィヴェカ・セント・ジョン」享年43歳デイヴィッドは教会の助祭になることを勧められるが、突然のことで当惑する。しかし仕事のためにもいいのではない
  • 2005.08.02 (Tue) 18:56 | Marsa's Journal