FC2ブログ

Six Feet Under S5-#10 「一人」

ネイトの葬儀がしめやかに行われます。

まず本日の死者がいて、葬儀がエピソードのどこかに含まれるSFU。
ドラマの一部としてごく当たり前のこととして葬儀のシーンを観ていましたが
今回はネイトの葬儀の一部始終に1時間じっくりとお付き合いさせてもらいました。

ルースは案の定打ちひしがれています。
意外にも取り乱してはいなかったけど
ネイトの術後の容態などについてどうも納得いかないようで
デイヴィッドにしつこく質問するから、「僕が殺したんだ。」と
ネイトが逆ギレします。

フェデリコとデイヴィッドは葬儀の準備に取り掛かります。
二人にとっては手馴れたもののはずですが
あまりにも近しい者の死で、多少勝手が違います。
ネイトはデイヴィッドに樹木葬を依頼していました。
自然に帰るために遺体は棺に入れず、防腐処置も行いません。
また臓器提供にも同意していたので
身体にはメスが入り、眼球も失われていました。
デイヴィッドがネイトの遺体を清めていると、ルースが文句をつけに来ますが
ルースも手伝いながらネイトに別れを告げます。

寝る間も惜しんで動き回るデイヴィッド。
落ち着いて寝てもいられないのでしょう。
しかも赤いフードをかぶった男(恐怖の誘拐犯復活!)が
ネイトの目を持って脅してくる悪夢を見てしまいます。
男はその後もちらちらとデイヴィッドの目の前に現れ
デイヴィッドを脅します。

クレアもまた落ち着きません。
家にいるのが苦痛でテッドを呼び出し
車に乗せてもらうとただドライブしてもらいます。
ネイトとのいい思い出がたいしてあるわけじゃないけど
でも思い出したらますます落ち込んでしまいました。
テッドに励まされ、ようやくクレアは家へ戻ります。

ブレンダはネイトを探しているマヤに
彼の死を伝えられずにいます。
マーガレットがブレンダの喪服を用意しながら
遠まわしにネイトの死を伝えようとしたら
ブレンダはそのままずばりと話し始めてしまいました。
なんとなくマヤにも伝わったかな。
マギーがキッシュを持って尋ねに来たら
ブレンダは思い切り悪態をついてマギーを追い払ってしまいました。
その後でお漏らししちゃったマヤを、ブレンダは叱り飛ばします。

キースは子供たちを葬儀に連れて行くことにしますが
途中でロジャーの家に寄ったら、生意気な俳優を送るよう命ぜられ
代わりにロジャーが二人を連れてきてくれました。
ズボンのすそも直してくれたし、i-Podも買ってくれたし
ロジャーは子供たちに大サービスです。
キースは生意気俳優に、ロジャーとのポルノビデオについて指摘され
(そんなもの撮ってたのかい?)
怒って俳優を放置し葬儀に向かいます。

葬儀が始まり、フェデリコ、デイヴィッドが追悼の言葉を述べますが
デイヴィッドはまたフードの男が目の前をちらつき、倒れそうになります。
そのあとジョージがその場を締めてくれますが
ジョージは婚約者と別れてしまったみたい。

その後樹木葬を行う林へ。
みんなが車に分乗しているのに
ブレンダは自分の真っ赤な車を一人で運転していきます。
林に着くと、またデイヴィッドは男の霊に脅され
車から降りられなくなってしまいます。
ここでルースが母親ならではの力を発揮。
デイヴィッドを引っ張って、遺体の前に連れてきてしまいました。
サラが詩を読むと、マギーはルースに寄り添って泣き崩れ
ブレンダは座ってふてくされています。
やがてみんなは遺体に土を被せ、ネイトは土の中に埋められました。
帰りの車の中で、ネイトの霊がブレンダに不平をぶちまけます。

デイヴィッドはついに家でダウン。
子供たちがスープを作って持ってきてくれ
ダレルが自分のi-Podにジャズを入れて貸してくれます。
親を気遣う子供たちの姿に、さらに親子関係前進の様子が感じられました。

ブレンダはマヤを連れてフィッシャー家を訪ね
ルースにマヤを預けていきます。
それから帰宅すると、ビリーが戻ってきていました。
ビリーの姿を観て、ついにブレンダは泣き崩れます。

ネイトの死はそれぞれに大きな影響を与えました。
受け入れるのは大変でも、葬儀を通して一段落したのでしょうか。
だけど精神面でのダメージは大きそうです。
意地を張っていたブレンダも弱みを見せ
デイヴィッドも相当ボロボロになってました。
デイヴィッドにはキースのほかに
子供たちという味方も出来てよかったけど。
ジョージがしっかりして、ルースを支えてくれそうなのがありがたいです。
テッドもクレアの支えになれるのかな。
でも次週はトラブル続出って感じで不安です。
スポンサーサイト



コメント 6件

コメントはまだありません
mcglow  

なんでこんなときにデービットに誘拐犯の生霊が現れるのかちょっと理解できませんでした。

自分の身内の遺体を拭いて布に包んで、葬式の段取りして、フィッシャー家ってホントにすごいと思います。普通の家族なら自分達でなんてとてもできないですよね…。

ジョージの弔辞が泣けました。ネイトの性格を簡潔かつ正確に語っていたと思います。人生を良くしようともがいていたっていうのがグッときました…。

2008/07/13 (Sun) 19:17 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

自分たちの本職だから落ち着いてネイトの葬儀を滞りなく行えたんだと思いますが、さすがにデイヴィッドがダウン。神経磨り減ってたから、誘拐犯が見えちゃったのでしょうか?
ジョージが落ち着いたら頼りがいのある紳士に見えてきました。人生を良くしようともがいていたネイト。もう少し成果が出せればよかったけど。

2008/07/14 (Mon) 19:48 | 編集 | 返信 |   
カクテキ  

葬儀でのジョージは立派でした。
追い出されるような形でフィッシャー家を後にしたのに。
頓着ないような顔してましたが義理の息子のことをそこまで見抜いていたのだなと思うと泣けてきます。
不安定になって誘拐暴行犯を見てしまったデイヴィッドですが、今度はキース一人じゃないし、自分が守らなければならない人がいるということが助けになるといいなと思います。

2008/07/16 (Wed) 13:36 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

すっかり安定したジョージを観ていると、もう少しルースが頑張っていればとも思ってしまいますが、新たな生活を始めたからすっきりしたのでしょうか。
とにかくジョージの的を得た弔辞はお見事でした。
デイヴィッドはキースや子供たちが支えてくれる。だから誘拐犯の霊の恐怖も乗り越えてもらいたいです。

2008/07/16 (Wed) 19:29 | 編集 | 返信 |   
夢野  

こちらからもリンクさせてもらいました!
これからもよろしくお願いします。

それぞれに、力になってくれる人がいていいなと思いました。ヴァネッサもフェデリコに母親のように、付き添ってましたし、ディビッドにはキースはもちろん子供たちも優しい子でしたし。
もうすぐ終わってしまうなんて、寂しいです。

2008/07/17 (Thu) 23:21 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

夢野さん、リンクをありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

フェデリコを支えるヴァネッサ。この夫婦は猛大丈夫かな。そしてデイヴィッドとキース、子供たちの家族はどんどん本物になってきている気がします。
さて、これから今週分を観てきます・・・
TBありがとうございます。

2008/07/19 (Sat) 12:25 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ