FC2ブログ
Top Page › Everwood › Everwood S2- #2 「壁」

2008 · 07 · 13 (Sun) 11:49

Everwood S2- #2 「壁」

エフラムやエイミーは新学年になって
大学受験の準備を始めることになりました。
といっても始めているのはDrアボット。
進学フェスで資料集めに大忙しです。
それに触発されてアンドリューも勉強し始めますが
子供たちには関係ない世界みたい。

エイミーはすっかり無気力状態です。
ベッドの中でボーっとテレビを観ているし
受験準備コースでもうわの空。
アボットはエイミーをプリンストン大学に入れたくて
大学関係者がEverwoodに寄ることをいち早く聞きつけ
自宅でお茶に招待。
でもエイミーは家に帰ってきませんでした。
ローズはエイミーをきつく叱りますが
アボットは今は放っておけとエイミーの自由にさせます。

ところが進学の心配を真剣にしなければならないのはブライトでした。
ブライトはフットボールに精を出していれば
奨学金をもらって大学にあっさり進めるはず・・・だったんですが
数学で赤点をもらって補習を受けたものの、また赤点。
学校の決まりで部活に参加できなくなり
試合に出られなければ進学の道も断たれます。
コーチはコリンの死で落ち込み勉強が手につかなかったと訴えれば
救いの道が開けるかもしれないと知恵を貸しますが
ブライトは自分の落第をコリンのせいにはしたくありませんでした。

赤点のことを両親に切り出せないブライトでしたが
ローズが外で聞いてきて、また両親の悩みの種が増えてしまいました。
Drアボットは何が何でもブライトをフットボール奨学生として進学させるつもり。
それが無理なら勉強して進学するとブライトが反論すると
お前はバカだから無理だとアボットに釘を刺されてしまいました。
さすがにアボットも言ってからしまった!と思ったようだけど
ブライトは自分もエイミーのように、ちょっとは心配してもらいたかったようです。

アンドリューはエフラムのために
受験に向けての年間プログラムを立ててくれます。
学校の成績はもちろん部活やらボランティアなどへの参加状況も
名門校進学の重要ポイントのようで
だからってエフラムが科学クラブに?エフラムは嫌がっています。
ところがエフラムは、学校でジュリアード音楽院の先生が
演奏を聴いてくれる機会に恵まれます。
課題をもらって必死で練習するエフラム。
アンドリューは音楽院以外の道もあると伝えようとしますが
エフラムにはアンドリューのプログラムはどうでもよくなってしまいました。

先生の前でエフラムが課題曲を弾くと
先生は「楽譜を見ていない。」と指摘します。
演奏家にはよい耳やテクニックだけでなくよい目も必要。
それを持たなければ町のピアノ弾き位にしかなれないと
エフラムはあっさりけなされてしまいます。
今から頑張ればと反論すると
その力は8歳くらいまでのレッスンで形成されてしまうんだそうで
一流になるのは大変なこと。
エフラムは音楽院の道を諦め、受験勉強を始めます。

チアリーダーのステーシーが転んで腕を痛め
アンドリューに治療してもらいます。
そのとき付き添った母が、娘の胸のインプラントの調子が悪いと洩らしたため
アンドリューはステーシーの胸を診察。
生理食塩水が漏れ出していることがわかりました。
まだ17歳で整形手術は早すぎるし
取り出してしばらく立ってから入れればとアンドリューが促すと
ステーシーはアンドリューの診察を信用したくないという態度を取ります。
アンドリューは他の医者の診察を薦めます。

アボットはステーシーがアンドリューのところからこっちに来た事を知り
さっさと診察を拒否します。
そしてアンドリューが弱気なことを攻め
以前のように自分の考えを押し通せと指摘します。
アボット流の励ましが医者として、友人として素敵でした。
アンドリューは再びステーシーを呼び出して
今度ははっきりと手術の必要性を話します。

アメリカの大学受験も大変ですね。
しかも親が相当真剣。
親と子供の思いが食い違うのもいかにもありがちです。
子供たちは目の前の壁をどうよじ登っていくのかな。
エイミーは自分がまず吹っ切れないとダメですね。
ブライトはどこまで自力で頑張れるのか。
せっかく勉強を頑張ろうと思えたんだから
無理かもしれないけどトライするのは大切でしょう。
そしてエフラムは、やっぱり音楽の道を目指してもらいたいです。
せっかく家族も応援してくれるんだし。

Veronica Marsのヴェロニカの胸はインプラントでしたか!
見た目だけが気になる生意気娘になってたヴェロニカは
Everwoodでは今回のみのゲスト出演のようです。
そして次回からはデス妻ブリーまたはMPキンバリーの登場。
どう考えても悪女しか思いつかないので
彼女が癒し系キャラだったらどうしよう。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

ヴェロニカマーズの子クリスティンベルってゲスト出演だったんですね。デス妻マリシアが来週なんですね…楽しみ。

しかし、進学大学の名前が超難関の有名どころばっかでしたよね、タフツにプリンストン、それにジュリアード(まぁエフラムは特別だけど)…9000人足らずの町の高校にどんだけ優等生がいるんだか…。

エフラムってピアノ得意だけあって手先が綺麗です…。久々弾いてる姿観ました。


2008-07-14-01:24
mcglow [ 返信 * 編集 ]

エフラムのピアノは是非その才能を行かしていってほしい!
ジュリアードに進む云々より、彼自身が目指す音楽の道が開かれるといいなぁと思います。
Everwoodは優秀なお子様が多いのでしょうか?
デス妻ブリーはしばらくレギュラーみたいですね。どんなキャラなのか楽しみです。といってもブリーかキンバリーのイメージしかわかないですが(苦笑)
2008-07-14-19:56
Garoto [ 返信 * 編集 ]

ヴェロニカは一話のみでしたか

いや~オヤジドクターズを堪能しちゃいました
Dr.ブラウンの車の窓を叩くシーンで
Dr.アボットが彼なりに励ましたと思ったら
たそがれオヤジドクターズ。でDr.ブラウンが励ます番
でもそれ以上に、ブライトが大人で素敵でした(* ̄m ̄*)
2008-07-14-20:26
まめ [ 返信 * 編集 ]

たそがれオヤジドクターズ。
二人の友情にほっとさせられます。
まさに癒しのドラマだよね。
真剣なブライト君もかっこよかった。
ヴェロニカの胸がインプラントに思えちゃうのが辛いかな(苦笑)
2008-07-14-20:40
Garoto [ 返信 * 編集 ]

アボット邸に招いたプリンストン大学関係者は、「コロラドスプリングスにシャイアンを見に来た」というのがツボでした。クラウドダンシングの模型でもあるのでしょうか。私も訪れてみたいです。
2008-07-16-22:13
夢野 [ 返信 * 編集 ]

クラウド・ダンシングの模型っていいかも♪
隣に偽シャイアンのサリーがいたらさらに素敵ですね。
DQとEverwoodの舞台は近くだったんですね。
時代が違ってもどこかにマイク先生とアンドリューの共通点を感じます。
2008-07-17-20:11
Garoto [ 返信 * 編集 ]

シーズン2の平日連続放送が始まったので観ました。

まだ1話と2話だけですが、今シーズンはドクターブラウンとアボットの仲がちょっと良さそうな気がします(笑)。
コリンのことについては同じドクターだから気持がわかるんでしょうか。

エバーウッドにもヴェロニカが出てきて笑いました。
なんとも嫌なキャラですが1話のみなんですね。
それでよかったかも(笑)。

シーズン2も楽しみます!
2008-12-23-22:18
いち [ 返信 * 編集 ]

今シーズンのEverwood、途中次々に出てくる新キャラたちに
本当にイライラさせられましたが
終盤は正しいEverwoodになって幕を閉じてくれてほっとしました。
ヴェロニカは一度だけの登場でしたがインパクトありましたよね。
アボットとアンドリューはときどき仲たがいするけど名コンビです。
是非楽しんでご覧下さい!
2008-12-24-19:36
Garoto [ 返信 * 編集 ]