FC2ブログ

Six Feet Under S5-#11 「雑音」

ネイトの死から6週間が立ったけれど・・・

デイヴィッドは不安定な状態が続いています。
自分の顔が取れそうになる夢を見て怯えたり
突如興奮するかと思えば身体が硬直したり。
自分の将来のことを考えると先行き不安なフェデリコは
フィッシャー&ディアスの今後について話し合いたいとデイヴィッドに申し出ますが
デイヴィッドには全く余裕なし。
葬儀社のキーを投げつけて、お前にくれてやる!と投げ出してしまいました。
遺体の処置中には遺体に脅され
寂しくなって子供たちを早々に学校から連れ戻すと
今度は子供たちがジェイクに襲われる幻覚に取り付かれます。
せっかく素直になった子供たちなのに
デイヴィッドの豹変振りについていけず。
ついにキースはデイヴィッドに
子供たちからしばらく離れるようにと諭します。
今までじっとデイヴィッドを優しく見守ってきたキースだけど
子供たちのことを思い、もう限界を感じたのでしょうね。
デイヴィッドにとっても大切な子供たちなのだから
デイヴィッドもなんとか頑張って立ち直ってもらいたいです。

クレアは酔っ払った状態で出社。
会社でも散々悪態をつき、テッドに支えられながら出て行きます。
テッドは家に連れ帰ったクレアをなんとか落ち着かせようとするけど
クレアは怒りを爆発させ、テッドを追い出してしまいます。
クレアはそのままキャデラックを飛ばし、ネイトの墓へ向かいます。
墓の前でネイトの死を嘆き、亡霊のネイトと語っていたら
不気味な物陰が
慌てて逃げ車を飛ばしているうちに飛び出してきた鹿を轢いたのか
車が横転してしまいます。
クレアはやっとの思いで助けを呼び
鉄くず同然になってしまったキャデラックを売り飛ばします。
クレアにとっては思い出深い霊柩車のキャデラック。
この車と別れを告げるということは、ドラマも終わりなんだなと
しみじみしてしまいました。

ブレンダはルースに預けていたマヤを引き取ろうとしますが
ルースはジョージと一緒にマヤを育てるつもりになっていました。
ルースは今自分にはマヤしかいないと思い込んでいます。
いつの間にかルースを支えているジョージも合意してくれました。
ブレンダはビリーと生活するうちに落ち着きを取り戻してきましたが
今度はビリーと姉弟愛が恋愛に変わっていきそうになり
その妄想を払いのけ、ビリーに家から出て行くよう頼みます。
そして再度ルースにマヤを返して欲しいと訴えに行き
譲らないルースに、ネイトが死ぬ前マギーと寝たことを暴露します。
ルースは信じようとしなかったけれど。
そのときブレンダは破水。
ルースは慌ててブレンダを病院へ連れて行きます。

今週の死者は戦地で手足を失った兵士。
生き疲れた彼は姉に頼んで毒を入手、注射し自殺を図るのですが
母親は彼に手足をつけて元の姿で送りたいと思っています。
ところがデイヴィッドは遺体処置が終わらないのに姿を消し
フェデリコはヴァネッサを呼び出し、遺族の相手をしてもらいました。
ヴァネッサは自分が役立ったことに満足。
フェデリコは売りに出ている葬儀社を見に行くことにします。
フェデリコもついに独立の道が開けるのかな。

そしてどこにでも現れるネイトの亡霊。
言い残した事が本当にたくさんあるようで
真剣にメリンダを呼んで
きちんと家族と別れの言葉を交し合った方がいいのかも(苦笑)
いろいろなことがありすぎたマギーは、ジョージの家から出て行くことにします。

次回はいよいよファイナル。
「未来」のタイトルどおり彼らの未来を垣間見る事ができるのでしょうか。
スポンサーサイト



コメント 6件

コメントはまだありません
mcglow  

クレアの車の横転にはビビリました。
今回の葬儀の青年が悲惨過ぎます。イラクで手足をなくして22歳で自殺ですよ…ノッケから救いようがない絶望感を感じました。
ネイトは…今は正直あんまり出てきて欲しくないです。死んだのにでしゃばり過ぎてるというか…特にジェイクに扮してダレルを刺すところでそう思いました。「コイツもネイトなの?」って…。
為になる深みのある発言もしてないし。逆に火に油注いでる発言が多いような…。

最後ブレンダの出産にルースが立ち会うのは、来週感動の最終回に繫がっていきそうな展開でしたね。

2008/07/19 (Sat) 18:47 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

みんなネイトの亡霊に悩まされていてお気の毒。
最終回でネイトが無事に向こうの世界に旅立って、ようやくネイト呪縛から逃れられる・・・という展開なのかなとちらっと思ってしまいました。
ブレンダとルースのマヤの取り合いは嫌な空気が漂ってましたが、いざとなるとルースはブレンダの味方でよかった。そしてジョージも結局家族の一員になってますね。
感動の最終回、とても楽しみにしています。

2008/07/20 (Sun) 10:50 | 編集 | 返信 |   
夢野  

クレアがキャデラックを走らせているシーンは、なんとなくああやって人生は続いて行くものだな、と思ってました。その車は廃車になってしまっても、人生は続いて行くわけですが。死がテーマのドラマの中の生きるということを象徴していたように思います。

次回の予告を見ると、皆幸せを感じられたようですが。どう締めくくるのか楽しみです。

2008/07/21 (Mon) 23:20 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

ネイトは逝ってしまってもみんなの人生は続いていくのだし。クレアのキャデラックはここで縁が切れてしまいましたが、クレアは前へ進んで欲しいですね。
そして次回はきっと感動のファイナルが待っている!と信じています。
TBありがとうございます。

2008/07/22 (Tue) 19:05 | 編集 | 返信 |   
カクテキ  

>この車と別れを告げるということは、ドラマも終わりなんだなと
ここでしみじみしてしまいました。
荒れまくっていたフィッシャー家ですが、それぞれが何かを見つけられるファイナルを迎えて欲しいなと思いますね。
みんながネイトへの心を整理できたらもうネイトはあんなひどいことは言わないのだろうな。

2008/07/23 (Wed) 12:30 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

ネイトがもう一度みんなと心を通い合わせ、みんなもネイトを送ってあげる準備が出来たらこのドラマの終わりなのかなという気がしています。
終わってしまうのは寂しいけれど、素敵なハッピーエンディングが見られればそれでいいかな。
フィッシャー家にはとても楽しませてもらったし。

2008/07/23 (Wed) 18:38 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ