FC2ブログ

CSI S7-#13 「罠」

ケプラーってどうなんでしょ?

グリッソム不在で、穴埋めにやってきた早番担当のケプラー主任。
ボルティモアから移動、その前はフィラデルフィアにいたのかな?
とにかくベガス流になじんでいないようで
前回は科学捜査よりプロファイリングがお好きって感じだったし
今回もグリッソムではありえない手法にチャレンジ。
The WireのメンバーならOKかもしれないけど
ベガスの人たちは面食らってしまいました。

S6でブラス警部受難の「銃弾のカオス」で息子が殺されたザメスカ議員
あの後麻薬撲滅運動に力を入れていたようですが
麻薬組織のボスのサイモンに殺されてしまいます。
せっかくA Martinez復活を喜んでたらいきなり遺体ですか。
ちょっとがっかり。

サイモンが姿をくらましちゃったので
副保安官マッキーンはお怒り。
ということでスポ校長も復活です。
彼が出てくるとろくなことがないんですが・・・
マッキーンとブラス、ケプラー、キャサリンで朝食をとりながら
今後の対策を練っていると
ケプラーが提案したのが、逆行捜査。
本命の犯人をおびき寄せるために、偽の犯行現場を作って
偽の犯人を逮捕、事件は解決!のように見せる手口です。
ボルティモアではありがちっていうのはなんだかわかる気がしましたが
証拠が全てのグリッソムじゃ、偽の証拠なんて許せないでしょう。
正義感の強いマックも絶対OKしないだろうな。
ホレイショも嘘がつけずに本音が出そうできっと無理。
なんてちょっと考えただけでもありえない捜査の展開に
もちろんキャサリンは難色を示します。
「うちのチームは騙せない。」
でも騙さざるを得なくなり、キャサリンは仕方なく合意します。
ついでに出された卵が半熟じゃないと文句をつけ
ブラスのパンケーキをおねだりするケプラーって
やっぱり変なオヤジかも。

さて、ケプラーとキャサリン、ブラスは偽の犯行現場を用意します。
犯行現場の近くに車を持って行き偽の犯行現場を作り
麻薬課の刑事ホルスタインに死体に扮してもらい
ジャンキーの情報屋ラットを雇って犯人に仕立て上げ
その間ニックとウォリックを別の捜査に送り込んで遠ざけます。

お膳立てが終わってウォリックが現場に呼ばれ
証拠採取をしますがなんだか変。
キャサリンに相手にされないニックはさらに不信感を抱きます。
しかもサラやグレッグが捜査を始めた
元弁護士だったジャンキーの殺害事件が
どうもサイモンと絡んでいるように思われてきます。

しかしケプラーとキャサリンはさっさと証拠が揃ったとしてラットを逮捕。
マッキーンは早速マスコミに公表します。
ニックはどうも納得いかず
ラボ内でのケプラーとキャサリンの怪しい行動についての情報も入ってきます。
もしかしたらケプラーは内部調査?
ニックやホッジスはちらっと身の危険を感じ始めますが・・・

とにかく自分たちで捜査をやり直そうと
ニックはウォリック、サラ、グレッグを呼んで捜査復活。
サイモンが真犯人だという証拠を掴んだ頃
ブラスらは姿を現したサイモンを逮捕していました。
そこでニックたちはキャサリンから逆行捜査について知らされましたが
自分たちが騙されていたことにムッとしています。
ウォリックは「もう忘れよう。」と気持ちを切り替えてたけど
ニックには難しいかな。
ついでにマッキーンが検事局にきちんと根回ししておかなかったので
(やっぱり役立たないスポたんでした・・・苦笑)
サイモン逮捕の証拠が使えないと指摘され
ニックたちの独自捜査で得た証拠が役立つ事になります。

主任が変わると捜査方法も変わる?という今回のエピ。
主任の影響力の強さを改めて感じさせられました。
たまにはマイアミの主任を変えてみるのもいいかも(笑)
でも部下を騙すのはよろしくないですね。
特に結束の固いベガスでは。
(部下が怪しげなマイアミは??)

そんなことはつゆ知らずなベガス主任は
サラ宛に贈り物。
開けてみたら何かの繭が入ってました。
さすがグリッソム。
でもこの大きさって巨大な蛾が孵りそうで怖いんですけど。
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
Anne  

がろとさん、こんにちは。
このケプラーって人、絶対変ですよね。
こんなやり方って、ありなのかもしれないけれど、
キャサリンが話を通してなかったせいで、
チームの雰囲気が悪くなっちゃって、心配でした。
信頼が崩れると、仕事もやりにくくなるだろうし、
あの人がしたいことってなんなのかな?というのが
疑問です。ちなみに主任のプレゼント、
女の子はけして喜ばないと思います…。

2008/07/22 (Tue) 12:18 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

主任のプレゼント、サラだから理解してもらえるんでしょうね・・・私は欲しくないです(笑)
ケプラーはもうすぐ立ち去ると思いますが、頼むからこれ以上チームを混乱させないで欲しい。
能力的には高い人なのかもしれないけど、グリッソムと違いすぎるんだもん。
でももともと早番担当主任なんですよね。早番の人たちが気の毒だったりして。

2008/07/22 (Tue) 19:13 | 編集 | 返信 |   
カクテキ  

…キャサリンが主任になれない理由がわかるような気がするエピソードでした(笑)。
いつかも偶然の犯罪者に笑いっぱなしだったし。
一番凄いのは筋書き通りに姿を見せてしまう真犯人ですか(笑)。
CSIヤング部の寒空での会合はなんだかよかったです。

2008/07/23 (Wed) 13:10 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

キャサリンはちょっと不安ですね。グリッソムをサポートするのが合っていると思います。
でも部下たちはキャサリンを裏切らずにご立派でした。素直すぎる真犯人も偉かったけど(笑)
次回もケプラーは新企画を考えてくれるのでしょうか?

2008/07/23 (Wed) 18:41 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ