FC2ブログ

GSG-9 S2-#4 「隠された生存」

コニーの失踪はGSG-9の汚点となってるようで
アンホフは上層部から突っ込まれています。
フレディにとってもコニーは迷惑な存在?
でもフレディが嫌味を言い出したら、みんなにしっかりと釘を刺されてしまいました。
コニーネタはこれだけ。
でもラストに釈放されたユリアがなんだかブツブツ言いに来てました。
コニーの謎が暴かれる?どうなんでしょう。

列車のハイジャック事件が勃発。
犯人の青年デニスは身体に爆弾を巻きつけ、自爆するつもりです。
デニスの要求は姉のマリアを連れてくること。
でもマリアは死んだ事になっており、デニスがそれを知っているかも謎です。
ペトラが調べていくと実はマリアは生きていて
犯罪組織のボスの女だったけど抜け出して
証人となるために姿をくらます必要があり
死んだことにして別人になりすましていたのでした。

ハイジャックされた列車はローカル線?
2両連結ぐらいの長さで、ワンマンカーです。
でも車両は新しく高性能って感じ。
運転手さんは女性でした。
乗客の中に、心臓病の男性がいて
薬を持ってき忘れた挙句、発作を起こしてしまいます。
運よく女医さんが乗っていて診察しますが
列車の中に乗せておくのは危険。
怒った患者の奥さんが列車のドアを開けてしまいました。

そのころチーム50は現場に待機。
ゲープが何とか列車に潜入しようとしていました。
GSG-9のハイジャック対応策はとにかく流血を避けること。
極めて慎重に事を運んでいたのですが
ドアが開いたとき若者が飛び出し、とたんに彼は撃たれてしまいました。
あとで遺体を調べると若者はライフルで撃たれており
デニスには共犯者がいることがわかります。

チーム50は人質救出作戦開始。
フランクが丸腰であることを強調するためにパンツ一丁で線路に出て
デニスを説得しようとします。
しかしドイツ人はパンツ姿がお得意?
S1でもコニーが高級パンツを履いてるために
代わりにデミアがパンツ一丁で入っていくエピがありましたが
そこまで脱がなきゃ相手に信じてもらえない?
または肉体を誇示したい・・・ってことじゃないですね(苦笑)
フランクは身体を張ったのに効果はなく
その頃デミアは連れて来たマリアの対応に苦慮しています。
組織に精通しているマリアはとにかく気が強くって。
でもデミアはうまくマリアを操っていました。

ゲープは列車の屋根を伝ってトイレに忍び込み
様子を伺います。
だが上手に隠れていたはずなのに
女医さんの娘が列車の中の様子をお絵かきしていて
潜入しているゲープの姿をしっかり描いてしまいました。
雰囲気がデュボア家のブリジット似のお嬢さん。
もしかしたらテロリストの手下?とヒヤッとさせられましたが
デニスは絵をもらうとゲープの姿を確認。
絵を丸めて隠れているゲープのそばに落とします。
ゲープが開くとそこにはヘルプ!のメッセージが。

実はデニスはマリアを呼び寄せるために
犯罪組織に操られており
ハイジャックの様子もコントロールされていました。
事件が起きる前に列車を降りた人物を確認すると
その男が組織に絡んでいました。
GSG-9は組織の隠れ場所をつきとめ
司令部を確保、デニスは救われます。
巻き込まれた乗客は大迷惑でしたが
人騒がせなハイジャック事件は解決しました。

ところでフレディは何してたんだ?
面倒だったり危険な任務は回りに押し付け
いつの間にか事件解決っていうのが
サブリーダーの役目ですか(笑)
それってしっかりコニーを受け継いでるかも。
いきなり遅刻してたし。
まさか失踪までしないよね?


そのあとでNCIS S3-#18 「おとり」を観たら
あまりにも話の展開が似ているのでビックリしました。
もしかしたらGSG-9がNCISのリメイク?
自爆男が立てこもる場所は教室なので
解決方法は異なってきますが
比較して観るのも面白いと思います。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ