FC2ブログ
Top Page › Law&Order SVU › Law&Order SVU S3-#2 「Wrath」

2008 · 07 · 31 (Thu) 17:42

Law&Order SVU S3-#2 「Wrath」

FBIが管理する死体研究施設の敷地内で、3人の遺体が放置されていた。3人は塩化カリウムと鎮痛剤を使って殺されていた。一人はピーター・コデール、娘がレイプされて殺され、ピーターは容疑者として挙げられたが証拠不十分で無罪となったクローセンを追っていた。もう一人はクレイトン・デリックスという10歳の少年で父親に虐待されて施設に入るが、そこでもレイプされて里子に出されていた。クレイトンは施設時代の友人に「PCが当たったというはがきが来た。」と言って金を借り、タクシーに乗ったことがわかた。残る一人はカルメラ・バレンティス。3年前にギャングにレイプされたが立ち直っていた。彼女もPC当選はがきをもらっており、ピーターのところにも届いていた。3人には他に共通点はなかったが、3人ともかつての事件でベンソンが担当し、未だにベンソンが気遣い、連絡を取っていた。クレイトンが乗ったタクシーの行き先はアビリオ社となっており、裏側から見るとオリビアになる。犯人はベンソンを恨んでいる 者と考えられた。
クレイトンの父ブルースが飲酒運転で逮捕される。ブルースはクレイトンに会えなかったのはベンソンのせいだとベンソンを恨んでいた。他にもベンソンを恨む者がリストアップされ、その中に花屋で働くエリック・プ゚ラマーの別れた妻がいた。エリックはレイプの罪で7年服役していたが無罪だと主張していた。
深夜ベンソンの家に、アビリオ社の段ボールに詰められたブルースの遺体が送りつけられる。ブルースの保釈金を払ったのはオリバー・ベンソンと名乗る男性だった。
ベンソンが事情聴取に来た後、エリックの元妻がベースライン医療ラボに長時間電話している事がわかった。ラボでは塩化カリウム等殺人に必要な薬を入手することが出来る。ベンソンがエリックの写真を見せると彼はそこで働いていた。
SVUで事情聴取を受けるエリックは、ベンソンに協力して有罪になったことの恨みを述べる。だがまだ彼を殺人犯だとする決め手がなく、令状を取ることもできなかった。
アレックスはエリックが収監されていたときの同房者から、エリックの殺人計画について情報を得る。一方休暇申請を出したベンソンは単独でエリックを追い、人質を取ったエリックに銃を突きつける。ベンソンはエリックを撃つが、エリックの銃は空砲だった。

SVUに長年関わっていると、様々な人と出会うことになります。容疑者を逮捕した後、裁判で有罪になる事を見届けたり、レイプの被害者のアフターケアを行ったり、その都度相手に恨まれたり感謝されたりします。
ベンソンに無実の罪を着せられたエリックは、7年間の刑期を務めます。その間辛い目に遭い、エリックはベンソンへの復讐を計画します。計画の狙いはベンソンが気遣っている人たちを不幸に落としいれ、ベンソンを苦しめることでした。エリックはベンソンが今も交流している人たちを狙って殺し、ベンソンに警告します。
FBIのフランクリンは、遺体が発見されたのがFBIの管轄区なので捜査を譲るように要請してきますが、ベンソンは自分が担当する事を主張。ターゲットがベンソンだとわかるとステーブラーは彼女を心配しますが、ベンソンは後に引きません。深夜自宅のブザーが鳴り、外へ出てみるとブルースの死体が届けられる不気味な手口にも耐え、ベンソンは捜査を続行します。
ステーブラーはベンソンの身の危険を案じて、ベンソンに内緒でFBIにベンソンの警護を頼みます。ベンソンはマンチたちと飲みに行った後誰かに付けられているのを察し、相手を捕らえようとしたらFBIの捜査官でした。そのときエリックの姿を見たような気がしたベンソンは、ステーブラーのやり口に怒り、ステーブラーの自宅を訪れて、コンビを解消すると宣言します。
エリックが犯人である物的証拠が得られず、かつて有罪を言い渡してしまっているために検察も慎重になり、エリックを捜査する令状を出し渋ります。ベンソンは自分でエリックを捕らえることを決意してクレイゲンに休暇申請を出し、一人でエリックを追います。ベンソンは人質を挟んでエリックと向かい合うと、エリックは苦しみを終わらせたかったと洩らします。だがエリックが銃を置かないためにベンソンが発砲、エリックは倒れます。エリックが自分の持っている銃は空砲だと言ったのは本当でした。
エリック・プ゚ラマーを演じているのはJustin Kirk。「Jack&Jill」のバート役や「Angels in America」のウォルター役で有名ですが、最近は「Weeds」で主人公ナンシーの弟のアンディ役で、ハチャメチャなキャラクターを熱演しています。

SVUって辛い仕事なんだなとつくづく感じました。
そこまで恨まれて働かなければならないなんて。
強いベンソンだからこそ立ち向かっていけるけど
しかし、ラストの後味は悪すぎます。
エリックは武器を持ってなかったわけで
ベンソンの正当防衛が通るのかな。
しかもクレイゲンには内緒の行為だし。
またやたらとしつこいIABが顔を出すのでしょうか?

Weedsのアンディとはまるで違うJustinが新鮮でした。
アンディはこんなにマジな表情を見せないもん。
シリアスなJustinはかっこいいです。
Weedsも楽しいけど・・・S3、今日でおしまいなのが寂しいです。

字幕を観ていておやっ?と思ったこと。
エリックの同房のラッセルが出所したのが2002年となっていて
そりゃありえない!と叫んでしまいました。
だってこのエピが放映されたのは2001年。
2002年に出所したら近未来のドラマになっちゃうじゃないですか。
よく聞いたら2000年と話していたので字幕のミスだったんですが
SVUがSci-fiにならなくてよかったです(笑)
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント