FC2ブログ

Law&Order SVU S2-#5 「小さな殺人鬼」

イーストハーレムの小学校で休み時間、子供たちが外で遊んでいるときに6歳の少女が銃で撃たれる。傍らにいた7歳の少年エライアスが容疑者として連行された。
エライアスに前科はなく、家庭に問題もなかった。エライアスはカーリーを追い回していたことは認めるものの、何故撃ったのかや銃の出所については口をつぐんでいた。エライアスの担任が、エライアスが事件を起こす前に描いた絵を持ってくるが、そこには銃殺のシーンが描かれていた。エライアスは妹が入院しているため、近所の老女ストラーダ夫人が両親の留守中子守りをしていた。だが彼女は大勢の子供たちをただ見張っている状態だった。
エライアスが撃った銃の弾道検査をすると、同じ銃で前日ショーティーが撃たれ殺されていたことが明らかになる。エライアスが描いた絵は、ショーティーが撃たれた現場だった。ベンソンとステーブラーはショーティーが出入りしていた宗教用品を売る店で働いているクロウや、ギャングの取り巻きの子供から目撃証言を得るうちに、ショーティーはストラーダ夫人のひ孫のアントニオと一緒に動いていたことがわかる。アントニオの家を捜索に行くと、彼は裏庭で刺されて倒れ「マチェラ」と言って息を引き取った。
ステーブラーはエライアスに絵の説明を促す。エライアスは事件があったのはストラーダ夫人の家。ショーティーを撃ったのはマチェラで、アントニオが銃を隠した事、エライアスは殺されたくないから銃を持ち出した事などを話し始めた。ストラーダ夫人の家には、ショーティーをスーツケースに入れて運んだ跡が残っていた。エライアスはマチェラが誰だかわからなかったが、ステーブラーらがエライアスを店に連れて行き、クロウがマチェラであることの確認を取る。
Drオリベットがエライアスの話を聞き、校庭で起こったことの絵を描かせる。エライアスは校庭の向こうに見えたマチェラを狙ったが、弾はカーリーに当たってしまったと言って、自分の描いた絵を地獄だと説明する。
アレックスが裁判の途中で起訴を取り下げたために、エライアスは正当防衛が認められ無罪となるが、黒人の少女を殺された事で住民たちは怒りをあらわにし、エライアスもまた殺される。  

殺人事件を起こしたのが7歳の少年だったので、検事局では彼を起訴できるかが検討されます。コロンバイン事件以降、7歳なら善悪の判断ができると起訴が可能の年齢になり、前例はないもののエライアスは収監されることになります。やがて事件の真相が明らかになり、アレックスはエライアスの証言がマチェラの逮捕に結びついたし、エライアスの取った行動は正当防衛だったと考え起訴を取り下げようとします。しかし上司のフィリップスは記者会見で判断をアレックスに任せると延べ、マスコミは黒人の少女が学校で銃弾に倒れたことを大々的に報じ、エライアスが無罪となれば反発が強まる事は明らかでした。
法廷でDrオリベットはエライアスの絵をもとに彼の心境を説明し、彼は大人の真似をしただけで、危険性を正しく理解していなかったと証言します。アレックスはそのままオリベットに従い起訴を取り下げますが、法廷の外で待ち構えていた報道陣や黒人の集団に非難を浴びます。その中でカーリーの母は「お子さんのところへ帰ってください。」と語ります。
正当防衛が認められ殺人罪を逃れたエリオットですが、すぐに報復が待っていました。エライアスを殺した少年は「黒人を殺した罪だ。」と言い残します。ステーブラーは「まるでガザ地区だ。」とつぶやきました。
別名マチェラでショーティーらを殺したクロウを演じていたCarlos LeonはOZでは囚人マルチネス役で登場。「CSI:Miami」や「CSI:NY」にもゲスト出演しています。エライアスの母親を演じたSara Ramirezは「Grey's Anatomy」でDrトーレス役で活躍中。またL&Oのオリジナルで精神分析医オリベットとして長期にわたり出演中のCarolyn McCormickは、SVUのほかにCI,TBJにも出演し、Dick Wolf製作の「New York Undercover」でもオリベット役で顔を出しています。

やっとS2のエピガイを全部書き終えました。
これでS3に専念できます。
本当はあっさりまとめただけのS1も直したいんですが
さすがにその余裕はなさそうで。
S3をこれからじっくり楽しもうと思います。

エライアス君は正当防衛だったとはいえ
やはり銃を持って撃ってしまえるところが恐ろしいです。
そういう環境に置かれたら、自分で身を守るしか仕方ないか。
そしてアレックスがエライアスのことを考えて起訴を取り下げたのに
待ち受けていたのがリベンジったとは辛すぎました。

アメリカもガザ地区の心配をする前に
自分の国内を心配しなくちゃ・・・
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ