FC2ブログ

House M.D S3-#14 「鈍感な体」

吹雪の晩、車が横転して怪我をした母と娘がERに運ばれてきます。
母親は重症で即手術を行いますが
娘のハンナはあちこち傷だらけ、足にも何か金属片が刺さっているのにけろっとしています。
実はハンナは先天性無痛無汗症(CIPA)で痛みを感じないのでした。

痛みを感じないなんてラッキーと思ったら
とても恐ろしい病気なんですね。
ウィキペディアによると感覚がないために舌を噛み切ってしまったり、大火傷を負ってしまったり
先天性なので危険を学習することが難しいんだそうです。
そして汗をかかないので体温調節が出来ず
従って運動能力があっても運動が出来ません。
原因もわからず治療方法も不明。
自己管理していくしかないのでしょうか。

ハンナの様子を観ていると、熱いお湯に手を突っ込んでも痛みを感じず
まるでHeroesのクレアみたいに思えたけど
ハンナの手は火傷を負ったら治療しないと元には戻らないし
超人によるSci-fiの世界とは別物でした。
しかもハンナは突然性格が凶暴になって妄想を抱き
これは病気とはまた別の原因があるようです。

ハウスはハンナの病状の「痛みがない。」によっぽど恨みを感じたのか
ガンガン自分の痛みについて訴え、ハンナを油断させて薬を打ったり
何が何でも脊髄神経の生検をやろうとして、フォアマンたちの反感を買ったり
また大騒ぎになります。
しかも今夜はバレンタインデー。
カディはネットで知り合ったドンとデートしていると
すかさずハウスは邪魔しに行きます。
カディのご意見を伺うふりをしてドンの文句を言いまくり
カディの家まで押しかけて覗き見をしています。
ハウスのしつこさは重々承知でも
そんなに自分のことが気になるハウスって?とカディは追求。
ハウスはお茶を濁してましたが
いったいカディとどうしたいんでしょう。
ドンは呆れてさっさと退散してしまいました。

ハンナの妄想の理由がわからず
でも彼女がB12欠乏症で
ERに運ばれたときにB12を投与したという記録がありました。
じゃあB12が何者かに横取りされた?
ハウスはさっさとハンナの腹部を切り開きます。
痛くないから至極簡単。
で出てきた長い長いものはサナダムシでした。
またお腹のムシですか?
とDirtのホルトの口から大量の蛆虫シーンがまだ目に焼きついてるので
本当に勘弁して欲しいんですが
サナダムシダイエットなんて方法もあるそうだし(効き目がないという話も)
あまり忌み嫌っちゃいけないのかな。
しかし十分重たい病気を抱えているハンナが
サナダムシを飼ってはいけないと思います。
一体何を食べちゃったのでしょう。

先週かなり暗い雰囲気のフォアマンは看護師の彼女と続いていたみたいだけど
フォアマンのお節介が彼女の気分を害したようで、やっぱり決裂しちゃいました。
フォアマンと熱く愛について語っていたキャメロンは
チェイスをセックスのお相手に誘おうとするけど、これは大胆すぎたみたい。
ウィルソンもハウスと喋ってるだけだし。
やはりここにいたら幸せなバレンタインデーなんて迎えられないってことなのかな。
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
Anne  

Garotoさん、こんにちは。
サナダムシダイエット、わたしも聞いたことがあります。
わんことかでも、おなかに虫がいると、いくら食べても
太らないらしいですね。とはいえ、そんなのイヤですが。
うちの母は、B12が不足すると罪悪感を感じるなら、
犯罪者にはB12を与えなければいいのにと言っておりました。
しかし、ハンナをガキだといいながらも、ハンナと張り合って、
俺はこんなに惨めだと主張しているハウスも、
十分に子供っぽかったです。笑ってしまいましたが。

2008/08/29 (Fri) 12:01 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

太らなくてもサナダムシのために栄養を与えてあげるのは
やっぱり勘弁して欲しいです。
あんなに長いムシを飼ってるなんてぞっとしてしまいました。
刑務所でB12除去食を与えたら、囚人たちも更正するのかな。
ティーバッグあたりに試してみたいですね。
子供じみたハウス、ひたすらカディを付回す姿も笑えました。

2008/08/29 (Fri) 19:32 | 編集 | 返信 |   
mcglow  

サナダムシ、ウィキペディアでちょっと調べてみると、意外にもそんなに人体に悪影響というほどじゃないらしいですね。何でも、自分の棲家である人体を傷つけてしまうことは自分の命をも危険にさらしてしまうわけなんで…という理由らしいんですが。

体内に寄生虫を飼うと、アトピーをはじめ、花粉症などのアレルギー体質が改善するらしいですよ。人体が元々持っていた免疫力が復活するんですって。

話は変わって、キャメロンはハウスとチェイスを二股かけて、どういう魂胆なんでしょうね…。

2008/09/05 (Fri) 02:07 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

虫が安心して住める身体っていうのは健康な証拠?
にしてもあの長さの物がズルズル出てくると、やはり引いてしまいます。
アレルギー体質改善になるというのはありがたいけど。
もう少し可愛い虫が飼えるといいかな。

今週は録画を失敗したので週末まで持ち越しです。

2008/09/05 (Fri) 19:58 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ