FC2ブログ
Top Page › Six Feet Under › SFU「部屋」

2005 · 08 · 06 (Sat) 11:37

SFU「部屋」

前回デイヴィッドを見捨てて立ち去ってしまったキース。そんなわけで今回は出番がありませんでした。残念!
表向きは平然としてるけど、やはりどこか心寂しいデイヴィッドは一夜の相手を探しにバーへ繰り出します。そこで出会った男性に弁護士だと偽って彼の部屋に。ここまで来てしまったからには覚悟が出来てるはずなのに、デイヴィッドは相当緊張しています。キースに対する想いが、まだ頭の中で渦巻いているんだろうな。
その後教会のボランティアの片づけをするデイヴィッドの前を、パトカーが走り去ります。キースの姿を追い求めるデイヴィッドがせつなくて…今追いかければキースのことだからきっと許してくれるのに。どうしてデイヴィッドは意地を張ってるんでしょう。素直に心のうちをさらけ出せば、キースへの想いは届くはず。
彼らのお手本のBKは、先週のバトルの後ケラーがタラントの撃った流れ弾に当たって負傷。一命を取り留めたもののショックは大きくビーチャーにしたことを悔います。一方ビーチャーはケラーに傷つけられたことを認めながらも、彼を愛しているからと病棟へケラーを見舞い、さりげなく和解します。
というわけでデイヴィッドとキースの和解も時間の問題だと思うんですが、お手本がすぐに喧嘩しちゃうからこちらも安定せず、困ったもんですね。

ナサニエルが葬儀代の代わりに借りていた部屋。ネイトによるナサニエル回想シーンでナサニエルがThe Amboy DukesのJourney to the Center of the Mindに合せて踊ってるシーンがキュートでした。テッド・ニュージェントのギターソロがかっこいい名曲。ナサニエルの趣味、大変よろしいです!!


SFUのあとまたちらちらとOZの再放送を観てしまう。あの人もこの人も生き返っていて不思議な感じ。このときはチコはしっかりマクベスの練習してたんだね。それにしてもミーハン神父って立派な方だ。どうしてOZにいるんだろう。マジで不思議…
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

他人にもズバリ言われてしまうほどの寂しさを抱えたデイヴィッドを見ていて切なかった。
たった5話しか見ていなかったけれど、キースとデイヴィッドの関係は、バーで
知り合ったばかりの男性で寂しさを紛らわせるほど浅くないと感じています。
デイヴィッド自身もよ~く分かってるはずだから、きっとそのうちキースに許しを請うはずと
ふんでいます。また二人で楽しくOZ見てほしいな。
でもほんとにお手本のBKもすぐにケンカしちゃうし、安心して二人のラブラブな姿を
見ていられる時期ってほんとに少ないですよね!(笑)

ミーハン神父、どうしてOZに来ることになったのか覚えてません。OZではいい人なのに
どうしてこんな所に来ることになったの?って囚人、結構多いですよね。不思議だ~
2005-08-10-01:37
ジンジャー [ 返信 * 編集 ]

キースの優しさ

デイヴィッドじゃないけどキースの暖かさとか優しさが大好きで♪
こんなに素敵な人は滅多に見つかるもんじゃないんだから、大事にしなきゃダメだよって
デイヴィッドに活を入れたくなってます(笑)
でも現実には彼らのおかれた立場はBK以上に厳しいですよね。
OZとは違って誰にでも丸見えの生活、そこでカミングアウトすることの難しさ。
人種の違いも少なからず障害になってるんだと思います。
その中で二人がどうやって壁を乗り越えていくのか
今は離れ離れ状態だけど、お手本はBKですから
またくっついたり離れたりしながら、確かな絆を見出していけることと思います。
二人があまりOZのバトルシーンだけ観て喜んでいて欲しくないんですが(苦笑)

OZの囚人たち、極悪人の集まりってことになってるけど
彼らの罪はそれこそ思想に因るものもあるし
本当に人間の出来た心の広い囚人もいましたよね。
2005-08-10-17:42
Garoto [ 返信 * 編集 ]