FC2ブログ

Law&Order SVU S3-#9 「Care」

建設現場で少女の死体が発見される。少女は近くに住んでいた5歳のキャシー・ラッドで、身体を縛られた跡があり、鈍器で殴られ、近くに剣が落ちていた。キャシーは姉のタニア、妹のホイットニーと共に里子にされ、ドロシーとジェーンの親子が引き取っていた。ラッド家には他に14歳になるグレンという少年も引き取られていた。
キャシーが殺される数日前、実母と恋人が子供たちに会いに来ていた。実母タシャンドラは子供を取り戻したがっていて、キャシーの死にショックを受ける。
グレンの話からキャシーは工事現場の職人ダニーに可愛がられていたことがわかるが、ダニーを尋問すると、キャシーとグレンは工事現場で決闘ごっこをしていたことを話す。グレンは知的能力が低く、学校ではいじめられ、家ではテレビゲームの世界に没頭していた。グレンの母親は娼婦で、グレンは幼い頃母の恋人から虐待を受けていた。
建設現場にグレンが隠したものと思われるコミックやナイフが残っていた。ナイフにはグレンの指紋がついていたが、剣もナイフもキャシー殺害の道具ではなかった。グレンが夢中になっていたゲーム「Sword Quest」のケースには、剣と髪の束が描かれていた。ステーブラーらがグレンを尋問すると、彼はキャシーはゴルゴンに殺されたと叫び、興奮して鏡を割り怪我をする。
クレイゲンはグレンはゴルゴンではなく、キャシーを助けたヒーローだと分析するが、その頃タシャンドラが娘たちをラッド家から連れ出した誘拐騒動が起きる。ベンソンとステーブラーが里親紹介所を調べると、ジェーンは里親に不適格と指摘されていたことがわかる。
クレイゲンは入院中のグレンと話しゴルゴンは誰かと問うと、そのとき病室に入ってきたドロシーの姿を見て、グレンはゴルゴンだと叫ぶ。ドロシーを尋問すると、里子にしつけは必要だと認めるものの、グレンを縛ったのはジェーンだと説明、一方ジェーンは尋問で母親に命ぜられて殴ったと話す。キャシーの傷は杖で殴られたもので、ドロシーの杖と一致した。
アレックスはグレンに法廷で証言させることにして、事前に見学させ落ち着かせる。法廷でグレンは、ドロシーはお仕置きのためにキャシーを叩き続けたと証言、ドロシーは有罪になる。だがドロシーは刑務所で心臓発作を起こして死亡。タニアたちはタシャンドラのところへ戻った。

殺された5歳の黒人の女の子キャシーは、姉のタニア、妹のホイットニーと共にラッド家に引き取られます。ラッド家の母ドロシーと娘ジェーンは今までに何人もの里子を育てており、現在は14歳の白人の少年グレンを引き取っていました。学校ではいじめられていたグレンはゲームの世界に浸っていましたが、妹たちができたことは喜んでいて、一緒に遊んであげていました。
グレンがハマっていた「Sword Quest」に出てくる魔物ゴルゴンは、ギリシャ神話に由来します。ゲームを押収したマンチとフィンは署で必死でゲームをしていますがなかなかクリアできず、ここはゲーセンかとクレイゲンは呆れていますが、クレイゲン自らゲームにチャレンジしてあっという間にレベル13に到達、ゲームの全貌が見えてきたところでゲームの内容に入り込みながらグレンを尋問。グレンがキャシーを守るために建設現場にある彼らの洞窟に連れて行ったことを認め、キャシーを痛めつけたゴルゴンは誰だと追及します。そのときタイミングよくドロシーが入ってきてクレイゲンは犯人を知ることができます。クレイゲンの隠されたゲームの才能が役に立ちました。
里親紹介所のシステムも相当いい加減なものです。ジェーンに里親の能力がないとわかったところでセミナーに通わせてまた里親を任せ、斡旋会社の方も、彼女がクビになったとしても他の会社が雇ってくれると涼しい顔をしています。ドロシーは孫が欲しくて里子たちを育てていましたが、子供たちが言う事を聞かないと腹を立て、激しく殴っていました。法廷でグレンが虐待の様子を細かく話し始めると、突如恩を忘れたかと形相を変え怒鳴り始めます。
グレンの証言が役立ちドロシーを逮捕できましたが、彼女は心臓発作で死亡。事件は闇に葬られてしまいます。タニアたちはタシャンドラが引き取られたからよかったけど、グレンの行き先は臨時の里親のところ。彼の苦しみが続かなければいいのですが。
ドロシーを演じていたPiper LaurieはTwin Peaksで町一番の悪女キャサリン・マーテルを演じ、ゴールデングローブ賞を受賞している大ベテラン女優。娘のジェーン役のCathleen Wilhoiteは数多くのドラマに出演していますが、ERのスーザンの困った姉のクロエ役が印象深いです。

今回は性犯罪ではなくて虐待でしたが
里親制度もいろいろと問題がありますね。
長女と三女を引き取ったタシャンドラは
心を入れ替えて娘を育ててくれると思いますが
また新たな里親のところへ連れて行かれたグレンは大丈夫かな。

ゲームに浸ってる少年グレンが最初は犯罪者扱いを受けていましたが
彼はキャシーを妹のように思う心の優しい少年でした。
だからゴルゴンの里親ドロシーからキャシーを守ろうと必死だったんですね。
ところであの剣はどこから持ち出したんだろう。
ゲームの付録?のわけないし。

マンチとフィンが苦戦していたゲームを
あっさりクリアしちゃったクレイゲン。
彼にそんな才能があったんですね。
実は家に帰るとゲームに浸りっぱなし?
驚きました。
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
atsumi  

パイパー・ローリーがかなりおばあちゃんになってたのに、ややびっくり。いまだに「ツイン・ピークス」の彼女のイメージが強いのでした。
クロエはやっぱり薄幸顔ですね。結構あちこちで顔を見るから、重宝がられてるのだなぁとは思います。
このエピはなーんかいろいろ考えさせられました。

2008/09/15 (Mon) 21:41 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

やっぱりこの人たちが犯人だったっていう展開でしたが、クロエはなんだか不幸なキャラが多いですよね。
運命なのかな。
養子がらみのエピってどのドラマを観てもいろいろと考え込まされてしまいます。グレンが幸せになれるといいけれど。
クレイゲンはいつゲームの腕を磨いたのでしょう。

2008/09/16 (Tue) 20:14 | 編集 | 返信 |   
まうゆん☆  

すいません!去年の記事にコメで申し訳ないのですが!

自分内一挙視聴中です^^;
ゲームに勤しむマンチさんとフィンがクレイゲンさんに「なんだ!あのスーパーマリオブラザーズ!」と言われてたのに爆笑してしまいまして^^;
字幕は「ゲームのしすぎ」とかになってましたが^^;;

この次のエピまで視聴しました。
あれだけ脳に残らなかった(残したくなかったのかもな~とも思うのですが)SVUが、このところ面白くてたまりません。
録画するだけして未視聴のが残ってるので頑張っておいかけます。

2009/05/20 (Wed) 17:09 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

SVUお疲れ様です。
スーパーマリオブラザーズでしたっけ!ゲームオヤジが心底楽しんでる様子はおかしかったです。
SVUはゴーレンショーと違ってチームワークが命ですので、事件はひたすら重くて辛いけど、チームの会話が楽しめるのが素敵です。
未視聴エピも是非お楽しみください。
CIとセットで観られるようになって本当によかったです。これで本家も来ると三種三様で楽しいんですけど、頭はますます混乱するかな(笑)

2009/05/20 (Wed) 20:50 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ