FC2ブログ
Top Page › Kommissar Rex › Kommissar Rex S1-#12 「楽聖ベートーベン」

2008 · 10 · 02 (Thu) 21:04

Kommissar Rex S1-#12 「楽聖ベートーベン」

ちょっとありえないお話。
でもオーストリアではありえるのかな?
なにしろ墓地からベートーベンの頭蓋骨が掘り出され
盗まれてしまったんですから・・・

いくらドラマだといっても相手は誰でも知ってるベートーベン。
そんなに簡単に墓を掘れてしまうのか。
凄く気になってウィーン中央墓地内のベートーベンの墓を
ネット検索かけてしまいました。
ベートーベンの墓地のある楽聖特別区は
モーツァルト、シューベルト、ブラームスなどの
まさに楽聖たちのお墓が集まっているんですね。
そんな恐れ多い場所で、それこそファンも墓参りに行ってると思うのに
墓に出入りする墓石やさんが、墓泥棒までやってのけてるなんて信じがたいし
ベートーベンの墓が暴かれていたのに気がついたベートーベン研究家が
独自で調査を開始、頭蓋骨を取り戻して墓に収めたいなんて言ってるのも
すごく不自然に聴こえました。
あの研究家さんも実は犯人の一味だとばかり思ってたのに。

でも本当にハイドンの頭蓋骨は盗まれたんですね。
そしてベートーベンの頭蓋骨も
2005年にその一部の骨片がDNA鑑定され
本人の物だとわかったそうで
骨はベートーベンの検死の際に採取され
そのまま誰かが所有していたものが今になって出てきたのだとか。
あながちウソでもないのかも。

しかし神聖なるベートーベンの頭蓋骨が金儲けに使われかけ
頭蓋骨を犯人とベートーベン研究家とモーザー&レックスの三つ巴状態で追い掛け
ついに逃げ場を失った犯人は頭蓋骨を落として壊すぞと脅し
でもレックスが日ごろのボール遊びで鍛えた
ジャンプ&キャッチの成果を見せてくれて助かるわけですが
とわかっていても、やっぱり罰当たりだと思うんですけど。

ジェファソニアンのスクインツだって
そんなに有名人の頭蓋骨にはお目に掛からないだろうし。
(もしブレナンがベートーベンの頭蓋骨を見たら
どんな鑑定をしてくれるのかちょっと気になります。)
オーストリア(ドイツ?)のドラマは不思議です・・・
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

楽聖の墓泥棒、実話がベースにあったのですね。
REXに登場する事件は突飛なことばかりなので、これも思いついちゃったのかと思ってました。
>やっぱり罰当たり
おまけにモーザーはそんなもの壊れてもいいくらいのこと犯人に吐いてましたよね。
作戦なのでしょうけれどもこの警部はかなり罰当たりです。
2008-10-03-10:19
カクテキ [ 返信 * 編集 ]

こんにちは。
大胆な事件だと思ったら実話にあったのですね。
>あの研究家さんも実は犯人の一味だとばかり思ってたのに
怪しかったですね~。研究家には見えなかったです。まあ、それが狙いなんでしょうね。

もうすぐ終わってしまうのが寂しいです。
2008-10-03-19:40
さとうさんた [ 返信 * 編集 ]

あまりにも罰当たりな事件なので、ついリサーチしてしまいました(笑)

>カクテキさん
REXの場合は大胆な思い付きが多すぎますが、やっぱりベートーベンを出しちゃまずいでしょと思ってチェックに走ってしまったんですが、楽聖の頭蓋骨は貴重なものなんだなと改めて実感しました。そんなに貴重なものをあっさり奪える墓というのもまた不思議だし。
罰当たりモーザーはいつものことです(笑)

>さとうさんたさん
ベートーベン研究家さんも絶対頭蓋骨を狙ってたんだと思いました。それでピアノ屋さんの女性に近づいたんだと思ったらどんどん話がずれてきて・・・見た目が怪しすぎたし(笑)
S2以降も絶対放映して欲しいです。すっかりワンコに癒されました。
2008-10-03-21:37
Garoto [ 返信 * 編集 ]

こんにちは!
あの石工が墓荒らしを続け、ついにベートーベンの頭蓋骨で金儲けを考えついたなんてちょっと驚きでした。このドラマテイストに仕上げたんでしょうが、やっぱり不思議な部分多々ありでしたね。(笑)
不思議テイストのこのドラマですがウィーン行ってみたくなっただけ値打ちものです。(笑)

2008-10-08-19:47
りり・か [ 返信 * 編集 ]

まさに不思議満載のドラマ。
楽聖の墓をあっさり荒らせるのも不思議だし、有名人の頭蓋骨が空を飛んでしまうなんて。
レックスが取り損ねたらどうするつもりだったんでしょう。
ウィーンは興味津々です。暴かれかけたベートーベンの墓もお参りしたいし。
2008-10-08-20:17
Garoto [ 返信 * 編集 ]