FC2ブログ

Law&Order SVU S3-#15 「Execution」

連続殺人犯マシュー・ブローダスの死刑執行が3日後に迫った日、11年前に娘のデビーを殺されたクーパー夫妻が、ブローダスの記者会見を聴いていて、娘を殺したのはブローダスだと確信しSVUに捜査を依頼しに来る。決め手となったのはブローダスがデビーが通っていた高校の名前を口にしたことだった。
残された期間は3日しかないが、ステーブラーとマンチは11年前のデビー殺害の証拠を再分析したり、聞き込みを始めたりして犯人がブローダスであると立証できるように努める。だが高校の教師たちは替わってしまい、残っていた教師もデビーは目立たない子だったという印象しか持っていなかった。デビーを縛るのに使用した粘着テープは配管修理用の物で、当時配管工だったブローダスが持っていたと考えられるが状況証拠に過ぎなかった。
ステーブラーはブローダスの尋問を望むがFBIの許可が下りず、ブローダスがシンシン刑務所で同房だったルールとラッセルから話を聞くことにする。
ラッセルはステーブラーに取引を要求、せめて娘の声を聞かせて欲しいと懇願するのでステーブラーがルールが教えた番号に携帯で電話すると、出たのはルールにレイプされた被害者の女性だった。ステーブラーはブルックリンのSVUに非難される。続いてイスラム教に改宗し誰とも会わないといっていた死刑囚ラッセルへの尋問を可能にし、ラッセルはブローダスが行った全ての殺人について話を聴いたと証言するが、デビーについては明らかにならなかった。
ステーブラーとアレックスはブローダスへの尋問を行うために刑の一時差し止めを要求、死刑4時間前にようやく尋問の許可が降りる。ステーブラーとDrファンが刑務所の取調室でブローダスと向かい合い尋問を始めるが、ふてぶてしい態度のブローダスは全く動じず、自分が犯したレイプや殺害の様子を具体的に述べ始める。そしてデビーの殺害についてもほのめかしたところで興奮したブローダスはファンを攻撃、止めに入ったステーブラーともみ合いになる。慌てて看守が入ってきてブローダスを叩きのめしたために、彼はこん睡状態となり、死刑執行は延期された。

死刑執行を3日後に控えたレイプ殺人犯のブローダスに、新たな殺人の疑惑が持ち上がります。ブローダスにとっては死んで罪を償う事は決まっていますが、被害者デビーの両親には、娘を殺した犯人を暴いてもらいたいという強い願いがあります。11年前にステーブラーの元相棒のロゼッティが本事件を担当、その後彼は亡くなってしまったので、ロゼッティの遺志を継ぐためにも、ステーブラーはブローダスから真実を引き出そうと、残された3日に全力を注ぎます。
ステーブラーとコンビを組むのはマンチとDr.ファン。前回捜査の中心だったベンソンとフィンは捜査にかかわりません。マンチは証拠分析を依頼したり、高校に事情聴取に行ったりしてステーブラーをサポートし、ファンは囚人の尋問に同行します。ブローダスの尋問には正規の手続きが必要だとなかなか首を縦に振らなかったファンはステーブラーとぶつかり合いますが、ようやく許可が出たときはステーブラーに尋問の方法を指示、鋭い口調でブローダスに質問を浴びせます。だがそれがブローダスを逆上させて、ファンは襲われステーブラーに助けられます。
ラッセルの懇願に騙されてしまったステーブラー。「父親ならわかるだろう。」の殺し文句に見事に乗せられてしまいました。すtぐに被害者に謝罪するが、ステーブらーはクレイゲンに厳しく咎められてしまいました。
ブローダスがデビー殺人をほのめかした事で、ステーブラーらは一歩前進したものの、ファンに暴力を振るったブローダスはこん睡状態に陥り、死刑執行は見送られます。死刑は、囚人が健康でないと執行できないことになっているからです。ブローダズの意識が戻ってからさらに取調べが行われるのか、いずれにせよ死刑反対論者の要望が通った事になり、ブローダズも死刑執行を免れるために暴行を働き、望みどおりの結果を出したともいえるかもしれません。
ブローダズを演じているNick Chinlundは「Third Watch」のタンクレディ刑事、「Desperate Housewives」ではサリバン刑事とドラマでは刑事役で顔を見せていましたが、今回はシリアルキラー役を熱演しています。そして死刑囚ラッセル役のAnthony Chisholmは「OZ」では囚人バー・レディングとして登場。独特の風貌は全く変わっていませんでした。

OZファンにはたまらないエピ♪
刑務所内でケラーとムカダがにらめっこ。
そこにいつの間にかバー・レディングまで出てくるし。
ケラーだけ立場が全然違うし、情けないのが辛いんですけど。
ケラーだったらルールのように
簡単に捜査官を騙してたよね。
テイラー捜査官のご苦労が偲ばれます。

しかしレディングって全然変わらない1
TWにゲスト出演のときも、悪役じゃなかったけど
あの怪しさは一緒でした。
今回はそのままOZから来た囚人。
しかもイスラム教に改宗。
サイードの入れ知恵ですか(笑)
レディングを観ていると
彼のために犠牲になったヒルを思い出しますが
ヒルも今はマイケルとして苦悩が続いてるようだし・・・
OZな人たち、ご苦労様です。

そしてムカダ神父もファンも
刑務所では怖い目に遭うことになります。
まだ囚人ムカダを観てないからな・・・どうなっちゃうんだろう。
そういえばDrファンはFBIの管轄だったんですね。
マンチはFBIが嫌い。
まあ警察は大抵FBIが嫌いですが(苦笑)
でも手を取り合ってやっていかなきゃならないとステーブラーは悟っています。
ステーブラーとファンはOZからの付き合いですから・・・爆!
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ