FC2ブログ

Law&Order SVU S3-#19 「Justice」

荷物を運搬していた男たちが、10代の少女が階段の下で倒れているのを見つける。少女はレイプされ頭蓋骨を骨折し、気絶していた。ベンソンは病院に付き添いレイプ検査をしようとするが、少女はすぐに手術室に運ばれ死亡する。
少女がエミリー・ポーターと書かれた鎮痛剤を持っていたので、ベンソンとステーブラーはエミリーの家を訪ねて死を知らせに行くと、エミリー本人が出てくる。少女はエミリーの薬を持っていたのだ。
フィンが薬の売人を問い詰め、少女が鎮痛剤を買ったことを知る。帽子で顔を隠した少女は白人男性と一緒にホテルへ入っていった。彼女らが使った部屋には、帽子が残っていた。
帽子は人気のショップで売られていた高級品だが、店には売った記録がなかった。少女が万引きしたものと思われ、常習者リストの写真を見ると彼女の写真があった。だが名前がわからない。彼女を逮捕した巡査も名前は知らないと話す。ベンソンらがDATに調べに行くと、そこで彼女の名前はパトリシア・スティーブンス、性犯罪者を厳しく裁くソーンバーグ判事の継娘だとわかった。
クレイゲンがソーンバーグに娘の死を知らせに行く。ソーンバーグは妻ブルックの連れ子だが、両親が再婚したころからぐれ始め、寄宿学校に入れたものの親を困らせるようなことばかりやっていたと嘆いた。
現在パトリシアが通っていた聖モニカ学園を訪ねると、シスターはパトリシアは優秀だが権威に反抗的で、リストカットをしたこともあったと話す。友達もいなかったが唯一の友人マリーが、パトリシアは手紙を書く相手がたくさんいたと教えた。パトリシアは宛先にマリーの家を使っていた。そして相手は死刑囚を含む5人の囚人、しかもソーンバーグ判事が死刑を宣告した者ばかりだった。
その中の一人、ゴードンが仮釈放となったところだった。そのときソーンバーグ判事が自宅前で撃たれたという連絡が入る。
ゴードンは侵入レイプ犯で挙げられ、手口は今回のパトリシアの事件と同じだった。ゴードンがソーンバーグに恨みを持っていることは明らかだ。ゴードンが乗っていた車を探すと、車内からソーンバーグを撃ったと思われる銃が見つかり、ゴードンは逮捕される。
ゴードンはソーンバーグを恨んでいたものの、パトリシアが娘だという事は知らなかったと自白する。パトリシアからの手紙ですっかり気をよくしたゴードンは、パトリシアにそそのかされて犯行に及んだが、パトリシアを殺してはいないと言い切る。
パトリシアの死が釈然としないまま彼女の葬儀が行われ、参列していたブルックの姉から、パトリシアが3年間更正施設に入れられていたことを聞き出す。さらに更正施設で彼女が妊娠していたことをつかんだベンソンらはブルックを問いただすと、夫妻が養子にもらったと説明していたブライアンはパトリシアの子供で、父親はソーンバーグ判事だった。パトリシアはそのことを黙っていたが、パトリシアの態度に腹を立てていたブルックがパトリシアを責めると、彼女が子供の父親のことを告白、かっとなったブルックがパトリシアを殴ったのがパトリシアの死の原因だった。

レイプ殺害事件の被害者の身元がなかなかわかりません。持っていた薬から泊まっていたホテル、万引きした帽子とたどっていくうちに、彼女が警察に連行されていることがわかったものの名前は伏せられたまま。何故ならば彼女は判事の娘だからでした。
ソーンバーグ判事はクレイゲンと同窓生で親しい間柄。クレイゲンが娘の死を知らせに行きます。ソーンバーグはパトリシアの死にショックを覚えながらも、彼女の自由奔放な態度に手を焼いていた事を話し出します。学校をサボり、ボディピアスをしたりタトゥーを入れたりしていたパトリシアを、ソーンバークは放置状態でした。
パトリシアの通う学校でシスターからリストカットの話を聞いたベンソンは、パトリシアが悩んでいたのではと心配しますが、続いて明らかになったのがパトリシアが囚人たちに宛てて書いていた手紙。挑発的な内容に驚かされながらも、相手がソーンバーグが裁いた囚人だとわかり、娘の反抗的な態度がより一層明確になります。
その直後にソーンバーグが襲撃される事件が起こり、犯人はパトリシアと文通していて仮釈放になっているゴードンであろうとすぐに察しがつきます。証拠はそろったのですが、ゴードンがパトリシアの死を聞いてびっくりしており、彼がパトリシアを殺したとは思えませんでした。
やがてパトリシアの秘密が明らかにされます。パトリシアの父親がブルックを捨てた後、ブルックは法廷速記者になり、そこでソーンバーグと知り合いました。二人は結婚し、パトリシアのほかに養子にもらったブライアンとその後産まれたジョシュという幼い弟が二人います。だがソーンバーグがパトリシアを寄宿学校へ入れたというのはウソで、彼は娘を問題を抱えた子供たちが数多くいる更正施設に3年間入れていたのでした。その理由は彼女が自分の子供を妊娠したから。ソーンバーグはブルックに知られないように、娘が出産するとその子を養子として迎え入れたのでしょう。そしてパトリシアはここですっかり人間不信になっていたようです。
性犯罪を厳しく裁いていた判事が、自分の義理の娘をレイプしていたとは衝撃的な事件です。アレックスはブライアンのDNA鑑定を要請することに際しドネリーにリスクを追求されますが、支局の品位を保つためにあえて実行しました。
パトリシアを殺したのは実の母親ブルックでした。娘の態度に我慢ならなかった上に、妊娠の相手が夫だったという衝撃は耐え難いものがありました。ブルックは衝動的に娘をビール瓶で殴り、娘は階段から転落してしまいます。ビール瓶のかけらをラボのトレヴァーが繋ぎ合わせ、そこから指紋を採取し、ブルックが殴ったという証拠を得る事ができました。
ブルック役のValerie MahaffeyはDesperate Housewivesにアルマ・ホッジ役で登場、ブリーを困らせていました。またThird Watchのエミリー・ヨーカス役のBonnie Dennisonが冒頭にちらっと顔を出します。
今回はマンチの登場シーンはなし。フィンは単独で捜査に回っていました。

まさか判事が娘をレイプですか・・・魔が差してしまったのでしょうか。
パトリシアはずいぶん苦しんだんでしょうね。
誰にも理解してもらえず、義父を恨んでいる囚人たちを相手に
殺害計画を立て、そして彼女は実の母親に殺される。
ショッキングな事件でした。
でもSVUだと淡々と描かれてしまうんですね。

パトリシアが盗んだ帽子は795ドル。
でもステーブラーには帽子の値段が全然理解できていませんでした。
オヤジはまあそんなものでしょう。
その後パトリシアの葬儀でブルックの姉に事情聴取するとき
ステーブラーは自ら子守りを引き受けます。
子供たちの相手は得意!
早速打ち解けていました。

マンチはオフだったんでしょうか。
姿を見せないと寂しいです。
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
suubi  

時々SVUの記事を熟読させてもらってます…
「時々」なのは、いつか自分で観てみるまで、と思っているので(笑)
相変わらず重いですね…

そんな中、少し前からFOXのCMで「LAW&ORDER」の文字を!
テンション上がったのですが、スピンオフの「犯罪心理捜査班」
の方だったんですね~。
SVUを視聴できない反動で、観始めようと思ってます(笑)
オリジナルより人気があるというのは本当でしょうか?
Garotoさんは観られた事ありますか?

2008/11/29 (Sat) 21:27 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

SVU、いつも重たいです。
SVUについてはHPでアップしているものをそのままコピペしてるので
やたらと細かくて読みにくいと思いますが(汗)

FOX本家にやってくるCIは
SVUに次いでL&Oから二つ目のスピンオフになります。
犯罪者側の心理も追っていくという展開で
SVUみたいに性犯罪ばかりではありません。
流れはL&Oシリーズらしく、まず事件を追って
後半は法廷に持ち込まれます。
CIはS2の前半まで観ました。
相変わらず知った顔がよく出てきて楽しめました。
是非チャレンジしてみてください。

2008/11/30 (Sun) 10:16 | 編集 | 返信 |   
suubi  

>やたらと細かくて読みにくいと思いますが(汗)
いえいえ!全然っ!!
私の記事の書き方は、「観ている方前提」な感じで書いてますので
めちゃめちゃアバウトなんですが、↑のように詳しく細かく書いて
くださると、観ていない側には「なるほど~」ってなります♪
特にSVUなんて二転三転した挙句にスパーンと「そっちか!」って
飛んでしまったり、はたまたフッと終わったりするので…(笑) 
なのでありがたいです。

CI、チャレンジする気が更に満々になりました。
ありがとうございます♪

2008/11/30 (Sun) 22:41 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

お役に立ててよかったです。
L&Oは場面がどんどん変わるので、しっかりチェックしていかないと
話がわからなくなりかねませんよね。
SVUはオンエアしてくれと騒いだ過去があるので
責任を取って(笑)きちんとエピガイを挙げるようにしています。

CI、是非楽しんでください。
こちらはSVUよりもう少し気楽に観ていくつもりです。

2008/12/01 (Mon) 20:11 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ