FC2ブログ

ER S13-#10 「すべてを話そう」

Kip Pardueが看護士パーカー役で登場。
田舎から出てきたらしいけど腕っ節が強くて
頼りがいがあります。
しばらく活躍が楽しみ。

今週はSVUな事件から。
○レイプされた娘。
13歳の少女ダニエルが学校の前で倒れていたという連絡が入ります。
血だらけになっていてレイプされたらしいので
レイプ検査を行ったところネガティブ。
だが鋭利なもので傷つけられた痕がありました。
両親に連絡を取ろうとしていたら
母親はカウンティで働いてるアンジェラ。
コバッチュの裁判を手伝っていたので
病院の法律顧問という仕事なのでしょうか。
呼ばれたアンジェラは娘の姿を見てショックを起こします。

レイプ事件ということで刑事が事情聴取を開始しますが
まだダニエルは話ができません。
刑事は父親に事件前の様子を詳しく聞こうとするので
父親はムッとしていました。
やがてダニエルは落ち着いて話ができるようになりますが
何があったか語ろうとはしません。
ニーラが検査に来た時にアンジェラに外に出てもらったので
そのときようやくダニエルは話を始めます。
ただしお母さんには言わないでと念を押して。
レイプは実は自傷行為だったのでした。

しかしコバッチュは事実をアンジェラに伝えます。
アンジェラには思い当たる節がありました。
前に一人で家にいた時
修理と称して入ってきた男にレイプされたのですが
それを自分だけの秘密だとずっと黙っていたのに
実は庭で遊んでいたダニエルが見ていたのでは?
そのショックがこうして後で現れてくるんですね。
アンジェラは職業柄レイプされた事を口に出せなかったのかな。
それだけだってものすごいショックを抱え続けてきたのに
まさか娘にまで影響が及んでいたとは。
SVUで毎週考えさせらるレイプ事件ですが
事後のカウンセリングの重要性を痛感しました。

○キレるコバッチュ
朝エイムスがアパートの外に立っているのを観たコバッチュは
何とかして家族を守らなくてはと
刑事にエイムスを見張るよう念を押すし
病院を抜け出してエイムスに脅しを掛けに行きます。
エイムスは働く事に精一杯だとストーカーを否定しますが
コバッチュは全然納得できないみたい。
思わずエイムスの胸倉を掴んで脅しに入ってました。
この脅しっぷりはホレイショより真剣かも。
ところがエイムスのことを一切アビーに話していなかったので
コバッチュの不思議な行動の理由を知ったアビーが
逆ギレしてしまいます。
おへそを曲げると二人とも怖いからな・・・
そういえばアビーがバーで会った喘息のおじさんが
診察をしてもらいに来てましたが
彼もまだ関わってくるのでしょうか。

○モリスが真剣!
アイスピックを耳に突き刺しちゃった男性がERに運ばれますが
運のいいことに脳にはダメージがないことがわかります。
このまままっすぐに抜けば問題はないはずとモリスが判断し
ホープが立候補して抜き始めたら
アイスピックが柄のところで折れてしまいました。
結局男性は外科送りに。
クレンショーがモリスとホープをさんざんバカにしたら
モリスが怒って反撃に出ます。
ERがいかに頑張っているか、そしてクレンショーの口の悪さを非難。
ついにクレンショーを言い負かしたモリス、かっこよかった♪
ということでホープがキスしたい気持ちになってくれました。
気持ちだけだったけど。

○ゲイツの思惑は?
やっぱりニーラはゲイツが許せず。
そこにレイまで口を突っ込んできます。
レイはケイティと付き合ってるのが完璧にバレちゃってましたが。
でもゲイツの思いがなんとかニーラに伝わったみたい。
これからどうなるんでしょう。

○ゲイ疑惑
チャズが勉強名義で女の子と一緒にいたので
プラットはゴキゲン。
これで弟のゲイ疑惑は晴れたとウキウキしてます。
それを嬉しそうにウィーバーに話すから、
ウィーバーは差別だと怒ります。
その後チャズがERに来てプラットの前でカミングアウト。
「俺はゲイだ。」ってB&Sの続き!みたいな会話になったけど
プラットはすぐには受け入れられませんでした。
結局チャズはプラットの家を出て行くことにします。
ついでにウィーバーとジェフリーズはやっぱり!
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ