FC2ブログ

Law&Order SVU S4-#2 「Deception」

5歳の少女クロエが不審な絵を描いていたと学校の先生がSVUに通報。ベンソンが話を聞くと、クロエは母のグロリアが義理の兄のカイルに優しくし、二人で裸のままベッドで遊んでいたと伝える。
クロエの父親は通信業界の大物ローレンス・フラー。再婚した母親は女優のグロリア・スタンフィールドだった。SVUはクロエが作り話をするとは思えず17歳の高校生のカイルに話を聞きに行くが、カイルはグロリアとの関係を否定、別荘から帰ってきたグロリアもクロエの作り話だと相手にしない。だが学校から再びSVUに連絡があり、SVUが駆けつけるとローレンスとグロリアがクロエを取り合おうとして争っていた。SVUはクロエを児童福祉局に引渡し、カイルを探しに行くがカイルの姿は高校にはなかった。その後フラー家のドアマンから通報があり、部屋でローレンスが後頭部を殴られ死んでいた。近くにはカイルのバッドが置かれていた。
帰宅したカイルは顔を怪我していたが、慌てた様子が見られなかった。カイルは自分もグロリアも父を殺していないと主張し、グロリアもまたローレンスと喧嘩した事を認めるものの、自分もカイルも殺していないとお互いをかばいあう。
検察側はカイルの逮捕を要求。カイルはNYに留まる事を条件に100万ドルで保釈される。だがその直後カイルとグロリアはJFKに向かい、バージニアへ飛んで結婚して帰ってきた。バージニアでは義理の母と17歳の息子の結婚は違法ではない。だがカイルは管轄外へ出ないという保釈の条件を破ったために再拘留される。
グロリアを追いかけるマスコミの一人が、グロリアの妊娠をSVUに暴露する。グロリアは妊娠3ヶ月だった。DNAを調べれば子供の父親もわかる。だが予想に反し、グロリアの父親はカイルではなかった。
グロリアがレイプされ病院に運ばれる。グロリアを襲った相手は、彼女が以前付き合っていたフランクで、子供のDNAはフランクと一致した。フランクはグロリアが通うジムのトレーナーで、フラー家にも出入りしていた。SVUの尋問に対しフランクはグロリアを愛していることを認めるが、グロリアにはめられたのを察知する。
グロリアのレイプ検査の結果、精液はフランクの物だったが冷凍されていた。グロリアはフランクの冷凍保存しておいた精液を使って自作自演でレイプの被害者になりすまし、フランクをレイプ犯に仕立て上げた。一方フランクにはローレンス殺しを命じ、フランクは頼まれたとおりフランクを殺したのだった。ローレンスが殺害されたとき、グロリアはカイルに外にいるよう連絡していたこともわかった。だがバットにはカイルの指紋がついている。次のグロリアのターゲットはカイルなのかもしれない。
カイルはグロリアの企みを受け入れようとしなかったが、子供の父親が自分でないことを知って、グロリアの逮捕に協力する。

母親と腹違いの兄の情事を知ってしまった幼い妹は、家族3人の絵の中で泣いている自分の姿を描きます。お母さんとお兄ちゃんが秘密を持っている。それが児童虐待につながるのではと感じた先生の判断は正しいものでした。しかし被害者は妹でなく兄の方でした。
17歳という年齢で性交渉を持つことが児童虐待につながるかは難しい部分です。カイルは最初はグロリアとの関係をはっきりと否定しますが、グロリアは17歳になってからセックスしたと開き直ります。メイドやカイルの友人から見ても、二人の関係は親子というには親密すぎました。
ローレンスとグロリアがクロエを巡って争った後、ローレンスが何者かに殴られて殺されます。事件現場に戻ってきたカイルには大したアリバイもなく、現場には自分のバットが残されており不利な立場に追い込まれます。それでもあっさりと保釈されると、グロリアとカイルはバージニアへ行って結婚、ここでは義理の母と息子という関係や17歳という年齢も結婚することに問題はありませんでした。結婚して戻ってきた二人は一緒にベッドにいるところをSVUに発見されます。
もうカイルには逃げ道がありませんでしたが、今度は二人が結婚して配偶者権を得た事で裁判の際に相手への証言が免除されるようになります。殺人と児童虐待の罪に問われそうなグロリアにとっては、カイルの存在は好都合でした。
その後グロリアの妊娠が暴露されたかと思うと、今度はグロリアのレイプ騒ぎが起こります。グロリアは犯人としてジムのトレーナーのフランクを指摘、かつてフランクと付き合っていたが別れたために逆上、ローレンスを殺したというシナリオを作り上げます。実はレイプも見せかけ、フランクはグロリアの言いなりになっていたのでした。
フランクに捜査の手が伸びると、グロリアは中絶をするために病院へ行きます。そこで追いかけてきたカイルに会うと、グロリアは子供がいては面倒だと言い出します。しかしカイルはその子供が自分の子供ではないことを知っていました。カイルはグロリアと結婚する前から彼女を愛していたと告白、だが彼女に離婚書類を突きつけます。もうグロリアをかばってくれる者はいませんでした。
グロリアを演じているのはTwin Peaksのオードリー役で有名なSherilyn Fenn。女優ならではの演技でまんまとカイルを利用していました。フランク役のFrank GrilloはPrison BreakのS1にヴェロニカを助けようとする弁護士ニック・サブリン役で登場しています。またカイルの弁護士トレバー・ランガンは今回初登場。今後SVUの準レギュラーとしてしばしば顔を見せることになります。演じているPeter HarmannはSVUでMariska Hargitayと知り合って2004年に結婚しています。PeterはCashmere Mafiaに主人公の一人、ジュリエットの夫のデイヴィス役で出演していました。

WAT、CMとやたらと重たい児童虐待が続いていただけに
SVUの二話目にいきなり女の子が意味深な絵を描いていてまずい!と思ったら
もう少し大人の話でした。
しかしカイルは17歳、微妙な年頃です。
それで継母に恋してしまうとは・・・

血がつながっていなくてもとりあえず親子なのに
夫が死んだらすぐに妻は息子と結婚できる
バージニアの法律って恐ろしいと思いました。

TPのオードリー、先週のシルビアに次いで
大人の女の悩殺力に参りました。
そしてベンソンの本物のご主人登場。
これが初出演なんですよね。
Cashmere Mafiaで浮気夫の姿を観てしまったので
新たなイメージができちゃいましたが
SVUでは弁護士役としてしばしば登場なのかな。
活躍に期待しましょう。
スポンサーサイト



コメント 5件

コメントはまだありません
ぽっこ  

弁護士さん、ちょっとハンサム♪って…、ああマリスカさんの旦那さんなんですね。お似合いです。

今回はグロリアの存在感に圧倒されました。
夫の死後、息子とさっさと結婚し、世間の目なんて関係ないって態度、ここまできたら言葉も出なかったです。
中絶する話も涙ながらに息子に嘘八百の言い訳、この演技力を映画の世界で発揮してもらいたいものです。

2009/02/07 (Sat) 22:21 | 編集 | 返信 |   
由美子  

アメリカは州毎に法律が違うという事は知っていましたが、義理の息子と結婚出来るとは! 凄すぎる…
弁護士さんハンサムだなぁ~と思ったら、ベンソン役のご主人とは!

2009/02/08 (Sun) 00:01 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

>ぽっこさん
マリスカの旦那さん、素敵でしょ、
でもカシミア・マフィアでは浮気夫でしたが。
ヘンリー君が出演するBeautiful Peopleにも出ていました。
あのドラマもイケメンが多かったな・・・再包装を希望♪
グロリアがあまりにも勝手すぎたので、今回はあまり同情せず淡々と観てしまいました。
TBありがとうございます。

>由美子さん
バージニアの法律にはビックリしました。
せめて死後何ヶ月か立ってからみたいに期間を置けばいいのに。
カイルが無事に立ち直れればいいけれど。
弁護士さんはこれからも時々出てきますのでお楽しみに。

2009/02/08 (Sun) 12:38 | 編集 | 返信 |   
由美子  

数日前にネット見ながら心理班でも内容がほとんど同じのがありました!
義母の髪の色が違うからおかしいなぁ~と思ったら、番組が違う事に気がつきました…
よそ事しながらはだめですね… それにしても似すぎだわ!

2009/02/08 (Sun) 15:45 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

SVUとCI、やはり製作者が一緒なので似ている部分もあるかと思います。
SVUはゴーレンみたいにスーパー刑事がいないので(笑)みんなであれこれ悩んでいますけど。
ゲストもあっちこっちで観る顔があり混乱します。

2009/02/08 (Sun) 18:01 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ