FC2ブログ

CSI Miami S6-#16 「傷だらけの帰還」

せっかく前後編なんだもん。
もう少し緊張感溢れる展開だと思ったら拍子抜け・・・
っていうことでさくっとツッコミを(笑)

ホレイショ、全然傷ついてないじゃん!!
リオでマラノーチェ軍団に襲われても無傷でした。
おまけに何人殺したかわからず。
やはりブラジル警察は腐っているのか。
ホレイショは何人殺してもOKってことだよね。
しかしスペイン語圏の人たちをブラジルで殺すのは止めようよ。
元リオの住民としましては、大変迷惑に思えました(笑)
またはCSI:RIOと開き直って
悪いヤツは片っ端から容赦なく成敗する・・・とか?
全然科学捜査ドラマじゃありませんね。
とにかくリオにはご迷惑なお話でした。

帰ってきたホレイショ。
キャスリーンを殺したのはロンだろうという証拠も挙がってきたけど
まだはっきりせず。
そしてジュリアとカイルを付回すホレイショ。
その近づき方はストーカーにしか見えないんですけど。
また凄すぎる父ちゃんと母ちゃんの板ばさみになっているカイル君でした。

ホレイショ、またラボにいました。
カリーの誘拐事件の証拠だから?
ていうより人手不足だし、白衣がそこにあったからだよね。きっと!

さて、カリー誘拐事件は、
違法ポーカーで金を強奪しようとしていた男たちが
殺人を犯した!と思って証拠隠滅をカリーに頼むためでした。
宇宙人のリベンジが思わぬところで役立ってしまったわけ。
そして宇宙人は盗んだデータをカリーの捜索用にと
デルコに返しに来ました。
結局宇宙人は小心者だったわけで・・・よしよし。

そしてカリーは脅されながら
ラボじゃないところでCSIのテクニックを披露。
前にNYのダニーもやってたけど
マクガイバリズムのCSIバージョンは観ていて楽しいです。
そして後で助けが来た時のために上手に証拠を残し・・・

最後は誘拐犯をポーカー現場にご招待。
そこに座っていたのはCSIの面々。
みんなで銃を構えてAll In!
めでたしめでたし。
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
まうゆん  

某所で調べていただいたのですが、被害者7人だったようです。冒頭での処刑ショーw
ブラジル警察さん的におおっぴらに逮捕・起訴ってなことができないので「ほっさんを輸入した」のではないか?と思われます。
ほっさんは、なれないラボ仕事の憂さ晴らしにちょっと処刑観光して帰ってきたのかもしれません。
All Inシーン、予告でも出てましたが、やっぱり腹筋がよじれるほど笑いました。


これ・・・何の番組でしたっけ??

2009/02/08 (Sun) 12:44 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

まあ、7人も殺しちゃってましたか。
ブラジル警察のご招待なら許されますか。
しかしやっぱりリオ=殺しの聖地としてのイメージ化は辛いものがあります。
そしてまたほっさん無傷でしたね。
やっぱり銃弾がよけて通るとしか思えない(笑)

ほっさん、またラボに戻ってたけど
白衣を洗濯する前にもう一度働こうかなって
そんな気分だったのかなと勝手に推測しました。
処刑観光が楽しかったし!

マイアミは多分コメディだと思います(爆!)

2009/02/08 (Sun) 12:48 | 編集 | 返信 |   
ぽっこ  
なんで当らないんでしょう

ホレイショ危機一髪だったけれど、笑い転げて観てしまいました~~。
1発銃を撃ったところで、ギャングたちの反撃にあわないほうがおかしいのに、
バンバン撃って、えっ~誰も一発も反撃できないなんて。
CSI:RIOできたら怖いですね。
せっかく証拠を分析しても、上司の一言で無駄になりそうだし。職員もやる気にならなさそうだし!

カリーの事件は使えない豆知識(笑)でちょっと賢くなった気分でした。

2009/02/10 (Tue) 20:53 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

ホレイショは絶対体が弾除け構造になってるんだと思います(笑)
たまには一発ぐらい当たってもいいのに。
他の人たちは銃弾を受けてるのに不自然ですよね。
CSI:RIO。きっとハチャメチャな展開でも
キャストだけはやたらと濃い顔の人が用意できそうです。
それもいいなぁ。
お家でもできるCSIは、話がわかりやすくて楽しかったです。

2009/02/10 (Tue) 21:27 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ