FC2ブログ

ER S13-#18 「写真と思い出」

サムの誕生日。
でもサムはアレックスを寄宿学校に預けた事を後悔してます。
サムって28歳だったんですね!
それであんなに大きな息子がいるんだ・・・ご苦労様です。

サムが救急車から降ろした老人は死期間近でホスピスから送られてきたのですが
そのおじいちゃんにべったりくっついていたフォトグラファーがいました。
彼女の行動ははっきり言って邪魔だったんだけど
彼女は死が間近に迫っている人たちの最後の生き様を
写真に収めていたのでした。
フォトグラファーが画像をPCにアップロードしたいというので
サムは休憩室を使わせてあげます。
老人はホスピスに戻ることになり、サムはフォトグラファーの荷物をまとめながら
PCの中を覗いていました。
その中にがん治療をしている本人の写真が!
彼女は卵巣がんの患者でした。
乳がんに比べると日陰者なんて言いながらも
ガンと向かい合い、他の人々の生きる喜びを記録しながら
また自分も前向きに生きていく。
立派な心がけでした。

交通事故で運ばれてきた患者たちの処置を巡って大騒ぎ。
外科手術が必要になりニーラが執刀していたら
ドゥベンコとメイ・リーが邪魔しに来て
またドゥベンコがメイ・リーの肩ばかり持ち
ニーラは追い出されてしまいました。
結局患者は死亡。
私だったら上手くできたかもとニーラが怒ると
ドゥベンコはニーラとの関係をリセットしたい云々言い出します。
そりゃまあ生意気ニーラですけど、そんなに問題あったかなぁ?
ついでにレイとニーラの関係を、ニーラは何もなかったことにしておきたい感じ。
レイは納得できなさそうですが。

患者を搬送してきた救命士のライトの咳が止まりません。
アビーが診察してあげると
ライトはこの咳は911の後遺症だと説明。
WTCでの救助の際に、粉塵やらアスベストやら
いろんなものを吸い込んでしまったんですね。
そして咳が止まらない。
実際に亡くなっている人もいるそうだし
急にTWのメンバーが心配になってきました。
911がこんなところでも二次災害を引き起こしていたとはショックです。

アビーとコバッチュは結婚のことを必死で隠してますが
モリスとホープがばらしてしまいそう。
何とか口止めしてましたが
モリスとホープ、いい雰囲気だよね。
この際二人が結婚しちゃえば?
しかし結婚に莫大な期待感を持っているホープに
モリスでOKかは謎ですけど。

ゲイツはサラに自分が父親かも・・・と切り出しました。
ビックリしたサラは受け入れようとしません。
でもはっきりさせなくてはならないときなのかな。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
いおり  

お久しぶりです!
いつの間にか去った人や増えたひとが多くてかなり新鮮でした。。

でもルカとアビーが少しずつ変わっていってるのが微笑ましかったり。今回は911だったり末期がんだったり、考えさせられるテーマが多かった気がします。

ゲイツの実父テスト…。受け入れたサラは大人だなあと思いました。

2009/02/11 (Wed) 22:05 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

最近のERはどんどん人が入れ替わります。
特に新しい人の名前を覚えるのが大変かも。
コバッチュとアビーはやっと落ち着いてきて安心して観ていられます。
911の後遺症は精神的な面だけでなく肉体的にも出てきているんだなと知ってショックでした。
あのときは何も考えずに人命救助に奔走していたのに・・・
そしてサラの父親は果たして誰なのでしょう。、

2009/02/12 (Thu) 19:42 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ