FC2ブログ

Everwood S3-#4 「時期」

エフラムとエイミーは絶好調です!

一体いつまで安心して観ていられるんでしょうね。
だんだん何事も起こらないことが不安になってきました(鬼)

エイミーはハンナと親友になろうと努力しますが
ダンスはハンナには無理みたい。
かえって気まずい思いをさせてしまいます。
ハンナの得意なものはなんだろう。
エフラムはエイミーに
ハンナは文章を書くのが得意だと教えてくれます。
エフラムはエイミーがいつも先に「愛してる。」と言っちゃうので
たまには自分から先に言わせてくれと
そんな思いを手紙に書こうとしたらなかなかうまくいかず
そのときアドバイスをくれたのがハンナでした。
ハンナは日記を書き続けてるし、エッセイも書いてるんだって。
だったらエッセイをティーン雑誌に投稿すればいいかも。
エイミーは早速ハンナに勧めますが
プライベートなものだから誰にも見せないとあっさり拒否されてしまいます。
ハンナと親友になるのは無理かも・・・とうなだれるエイミー。

エイミーとエフラムはお付き合い継続中、お祝いディナーをしますが
エフラムはそこで自分の思いを書いた手紙を渡すつもりでした。
しかしエイミーがカードなんて意味がないからみたいな感じに
先にプレゼントをくれたもんだから
せっかくの手紙を渡しそびれてしまいます。
その後ちょっと立ってから
ハンナは短編を書いた!とエフラムとエイミーに見せてくれました。
男の子と女の子のロマンスは、もしかして二人がモデル?
読んでいるうちに、エイミーはエフラムが渡せなかった手紙のことを知ります。
エイミーが愛してると言おうとすると、今度こそ先に言わせてとエフラム。
ますます二人はラブラブなのでした。めでたしめでたし。

デリアがニーナの家のベッドの下からバイブを見つけてしまい
これ何?って質問したから
慌ててニーナは足のマッサージの機械だと答えます。
そしてアンドリューの事情を説明したものの
二人ともデリアをごまかしたまま。
するとデリアはブリタニーにマッサージ機のことを話してしまい。
ブリタニーの母親が知ってしまって大騒ぎ。
まだ子供だからと目をつぶっているのは間違いだったかもと
アンドリューとニーナはデリアの性教育を始めます。
デリアの素朴な疑問に答えつつ、
でも足のマッサージ機の使い方は秘密のままでした。

ブライトはメキシカンレストランで働き始め、ボスにも認められて仕事は順調です。
だがアボットはホテルの就職口を見つけてきて面接を受けろと言い出したので
今の仕事が気に入ってるんだからほっといてくれ!とブライトは怒ります。
そして突然両親に家賃を払い
今すぐにここを出て行きたいくらいの勢いでした。
これも成長の証し・・・とはわかっているけど
アボットには息子の理想像を崩せないんだね。

今週の患者は末期がんの女性。
夫のビルはグリン所長。
アンドリューの前では一言も言いませんでしたが
ジェイクのクリニックで心臓病の治療を受けていました。
アンドリューが移植手術するよう進めると
妻の命がある間は待ってくれとビルは拒みます。
でもジェイクは移植リストに登録。
早く何とかしなくてはと手を打っていました。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
Ayano  

Garotoさん、こんにちは。
エイミーの言う通りハンナは壁を作りすぎな気がしますが、
もしかしたら過去に何かあったのかな?
エフラムは最近「らんま」のTシャツとか着なくなったので
もうマンガには興味なくなったのかと思いきや、
コミケのチケット貰って喜んでましたね。
相変わらずオタクなんだと安心しました(笑)

ブライトに積極的に人生を切り開いてほしいと思うアボット先生と、自分なりに目標を模索してるブライト。
どっちも間違ったことをしてるわけじゃないし、どちらの気持ちもわかるんですよね~。
そのへんがこのドラマのいいところだなと思います。
ブライトは子供に人気があるんだから、幼稚園の先生でも目指せばいいのに…ってこれも余計なお世話ですが^^;

グリン所長、サイキックなシリンガーには会ったのでしょうか(爆)

2009/02/22 (Sun) 01:07 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

そうか、グリン所長はサイキックなシリンガーに癒してもらえばいいんだ!!(無理だ・・・爆!)

エフラムとエイミーが平和すぎてちょっと欲求不満なんですけど(贅沢)
エフラムのオタク心がまた彼の魅力なんだし、ハンナとの共通点でもあるのかなと思うので、コミケに行きたいエフラム君にはほっとしました。
ブライトもいずれ父親のありがたみを実感すると思うけど。
アボットも自分の思い通りには息子は育たないとそろそろ自覚すべきなのでしょうが、でも息子がかわいいからいろいろ口出ししたくなっちゃうんでしょうね。
ブライト先生、お似合いです♪

2009/02/22 (Sun) 11:36 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ