FC2ブログ

Eveewood S3-#8 「希望と失望」

今週は地味。
っていうか怒ってるだけのDrアボットを観てるのってつまらないです(泣)

エフラムはウィルのところで素敵な曲に出会います。
ウィルはもう曲を書いていないと言ってたのに
実は新曲を作っていたのでした。
エフラムがその曲を気に入ったら、ウィルはエフラムに
ジュリアードのオーディション用に使ってくれとプレゼントしてくれました。

家に持ち帰ったエフラムはウィルの曲を弾いてみましたが
なんだか違う。
いいフレーズもあるんだけど、つまんないところもあるし
はっきり言って気に入らない。
だったらちょっとコラボしてみればとエイミーの勧めもあり
エフラムはちらっと曲を書き換えてみました。
これなら案外いけるかも。
するとその編曲バージョンを聴いたウィルが怒ってしまいます。
弟子の裏切りが許せなかったか。
もうウィルのところでピアノが弾けないとエフラムも落ち込み・・・

でもウィルはエフラムのコンピューターでの作曲の様子を見に来てくれました。
そして編曲した曲を弾いてみろと命じます。
しかもボリュームゼロで。
エフラムは聞こえない曲を弾きますが
それをウィルは心で読み取っていました。
そしてエフラムに新しいピアノの先生を紹介してくれます。
ジュリアードへの次のステップなんだね。

ブライトはバイト中に別シフトの女の子と親しくなって倉庫に連れ込み・・・
それをマネージャーに見つかってクビを宣告されてしまいました。
先週のハンナへの優しさはどこへ行っちゃったんだ?
ハンナはやっぱりブライトを諦めるべきでしょう。
帰宅したブライトは両親に
「仕事を辞めた。今度こそ真面目に働く。」宣言を。
アボットもローズもようやくブライトがその気になってくれたと喜びます。
さて履歴書を書くぞとブライトは張り切ってますが
アボットはブライトが辞めたんじゃなくてクビになったことを知ってしまいました。
どうして嘘をつくんだとアボットは怒鳴り嘆きます。
結局ブライトはローズが紹介してくれた法律事務所の面接に通りますが
アボットはまだブライトを許したくなさそうでした。

ジョンの治療を通してアマンダと親しくなるアンドリュー。
なんとも微妙な関係ですけど
アンドリューはニーナの気持ちなんて全く考えていませんね。
リンダとはまだコンタクトを取っているようですが。
アマンダとは深入りしないで欲しいけどどうなんだろう。
アマンダとジョンの思い出の曲ってなかなか興味深いです。
一緒に踊ったSpandau BalletってやっぱりTrueかなぁ。
元ファンとしては(笑)気になりました。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ