FC2ブログ

Law&Order SVU S4-#9 Juvenile

警察がマリファナの売人とされるスーザン・オーストライカーの家に突入。スーザンがレイプされ40箇所もナイフで刺されて死んでいるのを発見する。犯人はスーザン殺害後吐いて、スーザンの体に毛布を掛けていた。スーザンの家には200株のマリファナが育てられていた。検死の結果レイプ犯は無精子症で、スーザンは末期の卵巣ガンであることがわかり、マリファナは痛み止めとして使用されていたと思われた。
SVUはスーザンが残した記録を手がかりにマリファナの流通ルートを調べるが、関係者は皆がん患者で亡くなっているか闘病生活中だった。
現場に残された嘔吐物を分析すると、マンハッタン中学の給食であることがわかる。中学生ならば無精子症なのも説明がつく。ベンソンとステーブラーは事件を通報してきたスーザンの隣人の息子で中学生のマークに話を聞くと、最近ジェレミーに売人の話をしてMP3プレーヤーをもらったと言い出す。
ベンソンとステーブラーはジェレミーを見つけ署で尋問する。ジェレミーは確かにランチの後早退していた。だがステーブラーが現場にジェレミーの指紋が残っていたと説明しても、ジェレミーはスーザンの家に行ったことを認めようとしない。また鑑定の結果レイプ犯はジェレミーではない事も明らかになる。マンチとフィンがほかに早退した子はいないか調べると、6年生のザックが早退しており、彼のロッカーにスーザンのIDとナイフが隠されていた。
クレイゲンはジェレミーとザックを同時に別の部屋で尋問し、その様子を録画するように命じる。最初ザックはIDとナイフはジェレミーが見つけゴミ箱で拾ったと事件への関与を否定するが、マンチがザックの教科書を持ち出し指紋の話をすると、ジェレミーに命令されてスーザンの家に行ったと言い始める。一方ザックは親友だと言ったまま口をつぐんでいたジェレミーは、ザックがジェレミーを激しく罵る映像を観て、ザックに命令されてキッチンへナイフを取りに行った、刺したのはザックだと証言する。
ジェレミーの証言が確かなら、ジェレミーは成人扱いになり謀殺と強盗の容疑で起訴されるが、12歳のザックは殺人を犯しても家庭裁判所で裁かれ更正施設送りになるだけだった。アレックスはジェレミーを起訴しないようにとドネリーに掛け合うが無理で、法廷にはドネリーが立つ事になる。
ドネリーは法廷でジェレミーを厳しく追求し、わからないと言い続けていたジェレミーはついにごめんなさいと言って泣き出してしまう。
一方ザックの裁判に出たアレックスは、ザックの怖かったと言う言葉を上手く利用して、「殺すしかなかった。」と言わせる。
これで殺人犯はザックだとわかったが、やはりジェレミーは強盗と殺人の共犯に問われる。弁護士のジーナは取引を持ち出したが母親が拒否したため、結局ジェレミーは有罪になってしまった。

マリファナの栽培でマークされていた女性スーザンは、麻薬課が踏み込んだところ殺されていました。レイプの痕跡もあったのでその場でフィンに連絡が入り、捜査はSVUが行うことになります。
検死の結果末期の卵巣がんを患っていた事がわかり、マリファナは痛み止めとして使用されていたと推測されました。そして大量のマリファナは、同じような患者たちのために育てられていたものでした。
犯人探しの手がかりとなったのは、現場に残っていた犯人のものと思われる嘔吐物でした。分析の結果中学の給食だとわかり、犯人は給食を食べた後早退して現場に来た中学生でした。隣の家の中学生マークの話から浮かんできたのがジェレミー。でもマークはジェレミーは人は殺せないと信じていませんでした。
SVUで尋問を受けるジェレミーは頼りなさそう。何故自分が責められるのかもよくわかっていないようです。校長の話ではジェレミーは数学はよくできるが読書障害があり、社会性に欠け精神年齢が低く1年留年している。友人もいないとのことでした。年齢的には成人として裁けるはずですが、彼の精神年齢はそこまで発達しているとは思えません。
さらに事故当日欠席していたザックが、ロッカーの中にスーザンのIDとナイフを隠していたのでSVUに連れてこられます。いかにも賢そうなザックは最初からジェレミーは嫌いだと言い切り、事件との関与も否定しますが、マンチに指紋の説明をされて、ジェミーに命じられたと証言を覆しました。またジェレミーはザックが尋問で自分のことを責めている様子の録画を見せられ、自分がザックと強盗に行ったこと、ジェレミーに命じられてキッチンのナイフを取ってきたが刺したのはザックだ、自分はショックで吐いて遺体に毛布をかけたと証言します。
ここで問題になってくるのがジェレミーとザックの年齢の違いです。留年していて7年生のジェレミーはザックより2つ年上なので成人として裁かれますが、ザックは12歳なので更正施設に送られるだけ。真犯人がザックだと明らかで、自分の犯した罪をよく理解できずにいるジェレミーを起訴するのは間違いなのではとアレックスはジェレミーも家庭裁判所で裁けるように願いますが、ドネリーは聞き入れる様子はなく自ら法廷に立ち、弁護士のジーナが思春期の脳の発達が十分でないことを主張してもそれを否定し、ジェレミーを責め続けてごめんなさいを言わせてしまいます。
その後ザックの件で争ったアレックスは、ザックの証言の矛盾点を追求。ついにザックはキレて金欲しさに強盗に入ったが、ジェレミーが役に立たないから自分で殺すしかなかったと自供します。
真犯人はザックだが、強盗を働き殺人を手助けした罪に問われる事になるジェレミー。有罪になると終身刑もありえるのでアレックスらは母親に取引を持ちかけますが、母親はジェレミーの無罪を主張して聞く耳を持ちません。結局ジェレミーには有罪判決が下りてしまいました。
ザックを演じているConnor PauloはGossip Girlにセリーナの弟のエリック役で出演しています。

またすっきりしない話でした。
殺人事件の主犯ザックは12歳。
なので成人扱いにはならず家庭裁判所に送られ
そのあとは更正施設に入って
更正したら社会に戻れるってことですよね。
だが共犯のジェレミーは14歳(だよね)なので成人扱い。
一緒に強盗を働き
ナイフを持ち出しザックに加担したってことで謀殺罪に問われます。
そこで問題なのはジェレミーの精神年齢。
取調べに対するジェレミーの受け答えを聞いていても
彼に的確な判断力があったのか疑問です。
校長も発達面の遅れを指摘しているし、友人がいなかったジェレミー。
彼がザックを友人と思い込んでいたのは、ザックがジェレミーを都合よく利用しているのを
仲良くしてもらえてるととらえていただけなんだろうし。
検察はなんでも杓子定規に決めつけないで
もっと専門家の分析等を聞いて、アレックスの判断を受け入れて欲しかったなと思いました。
ザックがこの先どのように更正してくるのかも疑問だし
刑務所に入れられたジェレミーが辛い思いをするのは目に見えています。
一番気になったのはザックの両親はどんな子育てをしていたのだろう。
平気で人を殺してしまう12歳って、相当心が病んでいると思うんですが
その部分の説明がなかったのが残念でした。

見事な演技を見せてくれたお子さんたち。
ザック役のConnorはもうすぐGossip Girlでセレブなお坊ちゃまに変身した姿を
楽しめると思います。
ますます生意気になってるのかな?
ジェレミー役のShane Lyonsはいかにもいじめられそうなメタボ系?坊やでしたが
IMDbを見たらスリムなイケメンに変身していたのでビックリしました。
大人になると変わるんだ!
ってことはジェレミーも刑務所でたくましくなれる?
そしてジェレミーにMP3をもらったマークは、CSI:NYのマックの義理の息子でした。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
ぽっこ  
NO TITLE

家庭に問題があってザックはひねくれたのかも知れませんが、同じように育っても必ずひねくれるとは限らず、あとはその子次第 。どこが境目だろうってクリミナル・マインドでも思いましたが、恐ろしい子供でした。

ジェレミーは大人の事情で正しい場所で裁かれず、母親の甘さで刑期も長くなってしまい、彼のことを考えると後味悪い結末でした。
ジェレミー役の俳優さん、スリムになってましたよね、私もビックリしました。

2009/03/26 (Thu) 11:49 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
NO TITLE

子供たちが殺人事件を起こしてしまう背景には、その子が満たされずにいる何かがあるのだと思いますが、やはり未成年者の場合は親の責任だし、ジェレミーを成年扱いにするのも間違いだなといろいろ不満が溜まりながら観ていました。
どうして犯罪者がになってしまうのか?、あれこれ犯罪ドラマを観ているとつい考えてしまいます。プロファイリングが得意になってきたかな(苦笑)
TBありがとうございます。

2009/03/26 (Thu) 19:36 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ