FC2ブログ
Top Page › Law&Order SVU › Law&Order SVU S4-#10 「Resilience」

2009 · 03 · 29 (Sun) 20:40

Law&Order SVU S4-#10 「Resilience」

地下鉄のホームに飛び込もうとした少女を近くにいた乗客が救う。少女はジャッキー・ランドリクス、15歳で縛られレイプされた形跡があった。ジャッキーは、車で連れ去られ目隠しをされてレイプされた。男の正体はわからないがペニスにリングをつけていたと証言する。
地下鉄の監視カメラの映像を調べると、ジャッキーを尾行する青年の姿があった。彼が着ていたバイク便のシャツから、彼はカール・シレット、19歳と身元が判明した。カールは女性を襲って2度逮捕されていた。
ジャッキーはカールに尾行されていたことを認めたが、彼を初めて見たしレイプされたかどうかはわからないと話す。ジャッキーの体についた縛られたあざは、2年前にチェルシー川で発見された頭部と指のない女性の死体についたあざとよく似ていた。同一犯の犯行とも考えられた。
マンチとフィンがカールを尋問。ペニスのリングを確認して逮捕するがDNA採取を弁護士に邪魔される。一方ジャッキーの体内に残っていた精液は2人分で、一人が高コレステロール剤を服用している事がわかった。
ベンソンとステーブラーがランドリクス家に話を聞きにいく。母のアンジーは自宅を託児所にして子供たちを預かっていた。ステーブラーはジャッキーの部屋の隣でランドルと書かれた高コレステロール剤の瓶を見つける。ランドルは広告会社勤務だが仕事に失敗して、ランドリクス家に下宿していると説明するが、ジャッキーのレイプについてははっきりと否定する。
ベンソンとステーブラーはジャッキーの様子について学校に聴きに行くと、ジャッキーは年上のBFと付き合っていたが別れ、その相手はカールだった事がわかる。ジャッキーはカールとセックスしていたことを認めるが、レイプされたかどうかはわからないと言い続ける。
DNA検査の結果が判明し、一人はランドル、、もう一人は近くに住むエノだった。エノもジャッキーのレイプを否定、だが二人は母親のアンジーと寝ていたと証言する。ランドルは夫のトムに雇われ、アンジーとセックスしたと白状する。
SVUは子供たちを施設に預けるが、そのとき4歳のフィリップと2歳のアントワーヌが、父親が違うけれどアンジーの子供であることが明らかになる。アンジーはサリーの出産後トムは性的不能になり、アンジーは他の男の子供を産んだが、2年前に子宮を摘出してもう出産できなくなったと説明する。
ジャッキーは治療センターで人形遊びをしていた。ファンに父親を求めているのではと言われたステーブラーは、ジャッキーのそばに行き話を聞くと、ジャッキーはママが子供が産めなくなってパパは悲しんだ。そして私に子供を産むようにとベッドに縛りつけ、スポイトで精子を注入したとようやく口を開いた。
法廷でアレックスがレイプの状況を聞くと、ジャッキーは両親をかばってか真実を話そうとしない。しかもジャッキーの妊娠がわかり、彼女は子供を産むつもりでいるようだ。頭無しの遺体が2年前に見つかったことを思い出したSVUはもう一度遺体を調べると、遺体はランドルが来る前にランドリクス家に下宿していたカレンだった。トムがカレンを殺害したという証拠を見つけるためにランドルの部屋のコンクリートを剥がすと、床下からカレンの指と頭蓋骨が発見される。

レイプの被害者の少女が自殺未遂を起こす事件。助けられた少女は何をされたかを話そうとせず、両親には知らせないでと頼みます。
監視カメラの映像から彼女を追いかけていたカールとい男の存在がわかり、マンチとフィンはカールの尋問を始めます。カールがDNAの提供を断ったので、マンチはジャッキーが証言したペニスのリングをトイレで確認してカールを逮捕しますが、早速弁護士にやりすぎを指摘され有罪の証拠が使えなくなってしまいます。だが事情聴取が進んでいくうちに、カールはジャッキーの元BFでジャッキーを追いかけてきたこと、ジャッキーが彼を犯人に仕立てようとしていたことがわかります。
レイプ犯の精液を調べていくと犯人は二人。そのうち一人は抗コレステロール剤を飲んでいました。ステーブラーは下宿人のランドルがレイプしたと思い、娘の家に危険人物を住まわせているランドリクス家に怒りを覚えます。そのときステーブラーになついてくるのが6歳の妹のサリー、ペンを貸してと言ってきたり、これをあげるとブルーの石の入ったブレスレットを渡してくれたり。サリーの様子がなんだかおかしいと感じたステーブラーはファンにも相談しますが、サリーが虐待されている様子はなさそう。両親は子供たちを大切にしているように見受けられます。
精液のDNAが判明し、レイプの容疑者はランドルと近所に住むエノだとわかりました。二人はレイプを全面否定。でも母親のアンジーと寝たことを認めます。父親のトムは性的不能で、承知の上で代わりに二人を使っていたようです。
実態がわかったところで子供たちは施設に送られますが、親が不明の兄妹がいました。誰も事情がわからないのでステーブラーがサリーに聴くと、二人はアンジーの子供だとあっさり教えてくれます。父親が違う子供がいると知られたことがきっかけで、アンジーは性的不能になったトムは子供を欲しがり、別の男性との間に子供を産んだら今度は自分が子宮を摘出しなくてはならなくなったと証言。一方ステーブラーは施設に入れられたジャッキーから、父がどのように自分を妊娠させようとしたのかを聞き出します。トムは子孫が絶える事を恐れ、アンジーに子供が産めなくなったら、今度は娘のジャッキーを使うつもりでした。
法廷でジャッキーが証言すれば、父親が娘を妊娠させたことを明らかにできるはず。だがジャッキーは両親のためを思ってか、法廷で真実を語ろうとせず、ステーブラーに虚偽の自白を迫られたと言い出す始末です。このままでは子供たちはトムの元に返されてしまうと心配したSVUは、もう一度2年前の頭無し死体を調べることにします。2年前と言うのはアニーが子供を産めなくなった時期と一致します。この女性はランドルが住む前の下宿人なのではと調べていくとその通り。カレンというその女性の祖母は、カレンがヨーロッパで働いていて連絡がないと信じきっていました。そしてステーブラーがサリーからもらったブレスレットはカレンのものでした。
実際にはトムがカレンに出産を託したところ、カレンが断り警察に通報すると言ったのでカレンを殺害。頭部と指をカレンの部屋の床下に埋め、体は川に捨てていたのでした。
トムの裁判を見ているうちに、ジャッキーは出産しないことを決意しました。
トムを演じるのはTitus Welliver。Brooklyn Southのジェイク・ローリー巡査役が印象的でした。Deadwoodでは、アンジー役のCynthia Ettingerと共演しています。

自分に同世代の娘がいるステーブラーにはとても許されない事件。
ジャッキーが嫌がっても父親の立場から
まず無事を知らせようと話します。
しかし実際にジャッキーをレイプしたのは父親のトムでした。

トムは家族の間では信頼を得ている父親のようですが
彼の子孫繁栄への思いがアンジーやジャッキーを振り回していたのでした。
アンジーは素直に従っていたけど、ついに自分が出産できなくなり
次にトムは下宿人のカレンに出産させようとしたが断られたので彼女を殺害
ようやく娘が子供を産める年頃になると
彼女を直接使うのではなく、母親を使って精子を入手
その精子をスポイトで娘の胎内に注入したのでした。
両親のことを思うと娘も従わざるを得なかったのか?

妹のサリーがなかなかいい子で
ステーブラーにたくさんヒントをくれました。
優しいおじさんだと思ったのかな。
そしてまたステーブラーの子供の扱いの上手さを見ることができました。

Titusはやっぱり嫌なオヤジでした・・・
そしてジャッキー役のRachael Bellaは
CSI:NYでホークス先生を陥れようとしたシェーンを演じていた
Edward Furlongの奥さんだそうです。
娘も大人になるんですね。しみじみ。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント