FC2ブログ
Top Page › Without a Trace › Whthout a Trace S4-#19 「新たな命」

2009 · 04 · 28 (Tue) 23:23

Whthout a Trace S4-#19 「新たな命」

失踪者を追え!

☆失踪者  メーガン・サリヴァン 30歳 グラフィックデザイナー。出産予定日があと2週間に迫っていたが、病院で検査を受けた後次の検査の予約を取ると言ってオハイオへ出張に行く夫のブライアンと別れた後失踪。院内に落とした薬からHIVポジティブであることがわかる。
オハイオから戻ってきたブライアンは、メーガンが検査に行くのを渋っていたと話す。メーガンは前回血液検査技師に、HIVポジティブであることで嫌味を言われていた。メーガンがHIVポジティブだとわかったのは1年前で、以前付き合っていた男から移されたとのことだった。ブライアンはネガティブだ。
メーガンの母のキャスリンは、ブライアンが浮気していた事をほのめかす。二人が実家にベビー用品を取りに来た時も口論している様子だった。ブライアンは浮気の件に関してはもう終わったことだし、自分は償おうとしている。子供を産むのはメーガンの願いで、メーガンは生きる希望を欲しがっていたと説明した。

ブライアンの浮気の相手は職場の同僚のジェーンだった。メーガンが失踪したころ、ジェーンの車が病院の駐車場から出て行ったのが監視カメラに映っていた。ジェーンは書類を渡すためにブライアンと会う約束をしており、車を病院の駐車場に止めたと説明する。するとメーガンが電話口で怒鳴っているのが聴こえた。ジェーンはメーガンに会ったので、とにかく浮気の事を謝った。そして結局ブライアンには会わなかった。
メーガンが電話で怒鳴っていた相手はジャスティンで、メーガンは3日前突如ジャスティンの前に現れ、彼の車のフロントガラスを割って暴れた。メーガンは自分にHIVを移したジャスティンが、また他の女性にHIVを移したことに対して怒りをぶつけたのだった。
ブライアン、ジェーン、ジャスティンともメーガンの失踪時刻にはアリバイがあった。産婦人科医に話を聞くと、メーガンは首の腫れを診断してもらうとリンパ腫が見つかった。これはエイズが発症したということだった。エイズになっても帝王切開で赤ちゃんは無事に出産できるし、出産後に治療を始められると産婦人科医はメーガンを励ましたが、メーガンは最悪の場合の余命を聞いてきたので半年だと答えていた。
帰宅したメーガンは突然スクラップ帳を作り出した。ブライアンが見ていると、メーガンは幼いころの自分と家族の写真を貼り込んでいた。その中に6歳で亡くなった父親や、突如家を出てしまいもう20年会っていない姉リンダの姿があった。

★メーガンはリンダに会いに行ったのではと思われた。薬局でリンダが薬を買ってやったことがわかり、まもなくリンダと連絡が取れる。リンダはメーガンを家に帰るようにバスに乗せていた。
メーガンはリンダに病気のことを話し、赤ちゃんに自分のことを知ってほしいと思いを伝えた。リンダは家を出た後メーガン宛に手紙を書いていたが、キャスリンがメーガンに渡していなかった。リンダはメーガンに、父は死んだのではなく家を出て秘書の愛人と姿を消した事。それをキャスリンは嘘をついてごまかしていたが、リンダには耐えられず家を出たことなどを打ち明けた。父はハートフォードの介護施設に入院していた。
メーガンはハートフォードの施設へ父に会いに行った。父は会話ができなかったが、メーガンの話にうなずいていたようだった。その後911にメーガンから出産が始まりそうで助けて欲しいと電話が入るが、電話は切れてしまって所在がわからない。サムとマーティンはキャスリンを訪ね、メーガンを捜すがすでにそこにはいなかった。メーガンは父親の秘密について聴いてきた挙句ブライアンの事で口論になり、ママは許せないといって家を出ていった。メーガンが乗っていった車種が判ったため捜索すると、車の中で苦しんでいるメーガンが見つかる。マーティンが運転を代わってメーガンを病院へ届け、メーガンは無事に女の子を出産した。

すっかり元気になったマーティンを追え!

☆マーティンはダニーに紹介されたワークショップに出席し、そこでダニーをよく知っている人に会ったと喜んでいました。その人はマーティンの後見人になってくれると言ってくれたそうで頼もしい限りです。頭がすっきりしたマーティンは捜査のフットワークも軽く、サムとのコンビも元に戻ってきました。苦しむメーガンを無事に発見し病院に送ることができたのはよかったです。女の子の名前にサム・スペード・サリヴァンはどうだ?なんてマーティンとジャックがサムをからかっていましたが、チームワークもすっかり元に戻ったようです。

マーティンはあっという間に回復したようだし(本当はここからが大変)
失踪していた母親は無事に見つかり、出産もすんで
めでたしめでたしなんですが・・・これってかなり人騒がせ?

メーガンがHIVポジティブからエイズへ病状が進行したために
出産しても赤ちゃんが育てられるか不安になるのはわかります。
でも病院での診察後突如失踪しなくてもいいよね。
HIVポジティブの元彼からの電話は確かにタイミングが悪かった。
しかしブライアンとの関係が悪化しているわけでもないし
浮気の事は問題ありだけど、今はブライアンがメーガンを気遣ってるじゃないですか。
なのに突如姉に連絡を取りたくなったり
そこで父の秘密を知ったら今度は父に会いたくなったり
そして次は秘密を作った母に文句を言いたくなり・・・
でも臨月近い妊婦さんだし、病気なんだからそんなに焦らなくても。
少なくてもブライアンに電話の一本入れたらどうでしょう。
それだけでブライアンは落ち着くし、FBIがこんなに大騒ぎする必要もなくなるはず。
実は家庭内の問題でFBIを呼んでいいのかな?と素朴な疑問を感じました。
ともあれ連絡は密に取る事が大事。隠し事もいけませんよ!
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

少々人騒がせな事件でしたが、
最後は笑顔になれてよかったです♪
そして!
マーティンのはじける笑顔は、
一体何ヶ月ぶり?って感じで、
本当にほっとしました
ミーティングに行きはじめて、
一体何日くらいたってるんでしょうね?
そのあたりが気になりつつも、
ただただ、元気なマーティンを堪能しました!!

2009-04-30-21:12
まめ [ 返信 * 編集 ]

マーティンの元気な姿にほっとしました♪
最後のメーガンを病院へ搬送するシーン、本当に安心してマーティンに任せられましたからね。
ダニーとの仲もすっかり元に戻ったし、めでたしめでったしでした。
しかし何でも呼び出されちゃうFBIもちょっとお気の毒です。
TBありがとうございます。
2009-05-01-19:52
Garoto [ 返信 * 編集 ]