FC2ブログ

NIP/TUCK S5-#3 「エヴェレット・ポー」

ゲストのクレジットにMichael Des Baressのの名前があったので
今回はどんな爺さん役なのかウキウキしながら待っていたら姿がない??

しっかり騙されました!
デバレス君はエヴェレット・ポーだったんだ!!
あのクリスチャンに割れアゴにしてくれと頼みに来た
高級サロン経営のオネエMANでございます。
デバレス君は元祖化粧オヤジ(別名グラムロッカー)ですので
彼がどんなに顔を塗りたくっていても派手派手ファッションで現れても
全然OKなんですが(何しろ出会いがその姿でした)
でももう還暦を過ぎてるお爺ちゃんだということをお忘れなく。
メイクであそこまで若返れるか?
しかも吹替え声がまるで別人だったし。
せめて本人の声が聴けたら納得できたのに。

Youtubeに美麗な時代のデバレス君映像があったのでアップします。



歌っているのがエヴェレット・ポーなデバレス君。
それなりに割れアゴだと思うんですが。
そして骨格は確かにデバレス君だったかも。

そんなわけで個人的に大ショックだった今回のエピ。
その他簡単におさらいを。

ショーンとケイトはプールで楽しんでいたら
腹痛を起こしたケイトはそのまま下痢してしまいました。
ドラマの仕事はストレスがたまってついケータリングを食べすぎ
慌てて下剤を飲んだから、こんなことになっちゃたようです。
クリスチャンはショーンをさんざんからかいます。

ジュリアとオリヴィアのデートに同席したリズは
ジュリアの遠慮がちな態度に二人の関係を疑います。
ショーンのところにどこが高校生?ってくらいなセクシー娘がやってきて
乗馬をしてたら処女幕が破れてしまったから再生して欲しいと頼みに来ます。
ショーンは保護者の同意がなければダメだと断りますが
この娘がオリヴィアの18歳の娘のエデンでした。
ショーンはアニーがパパと住みたいと言い出したこともあり
エデンをアニーに近づかせるのは危険だと思い始めます。
エデンの家での態度もはちゃめちゃだし。
だがオリヴィアはショーンの腕を買っていてエデンの手術をしてくれと頼んできたので
仕方なくショーンは引き受けるのでした。
そして悪夢を見ることに。

クリスチャンはまだジュリアに未練が?
オリヴィアの留守にジュリアを誘惑します。
ジュリアはその手には乗りませんでしたが
しばらく立ってから海岸でロマンチックなときを過ごし
そのままベッドへ・・・
クリスチャンはすっかり自信を取り戻したと思ったら
これはジュリアがオリヴィアを愛しているかのテストでした。
クリスチャンは用なし。
仕方なく?彼はオバサマ相手のジゴロになるようです。

二人の父親のところに赤ん坊を連れたマットが登場。
キンバーに捨てられ金がないと無心しにきます。
こんなときに家を売った金を使えとショーンが言うと
その金はキンバーが教会に寄付してしまったそうで
父親たちは仕方なく現金を渡したり小切手を切ったりして
マットを励ますのでした。
でも家に帰ったマットを待っていたのはボロボロのキンバー。
父親たちの金はすぐにドラッグ代に変わっていたのでした。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
ぽっこ  

ネットで画像を見たら、確かにお爺ちゃんでビックリしたのですが、この映像を見て若い時のお姿拝見すると、確かに目がそうかも~~って思いました。
それよりお爺ちゃんと、この若い時の映像のギャップに今は驚いてます(笑)

オリヴィアは彼女なりに娘のことを心配しているのがわかりました~。
でもあのお色気なエデンを近づけるのは、アニーが素直に育っているのにショーンは心配ですよね。そしてショーン自身も彼女のお色気に負けないよう頑張らないと。

マットがむさ苦しさ倍増で、かつての面影は?と目を丸くしちゃいました。
赤ちゃんの世話、あれじゃどうなっちゃうやら。
早くショーンたちが気がついて保護して欲しいです。

2009/05/13 (Wed) 22:57 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

私はミュージックライフ74年1月号(そこまで覚えてる・・・爆!)の表紙のデバレス君に一目惚れして以来、彼がどんなお爺ちゃんになってもファンを続けています。
若いころは本当にキュートだったんですよ。
デバレス君は俳優→派手派手ミュージシャン→俳優と不思議な道を歩いた人で、今も俳優業とロック業を両立しているようです。
結局不幸を背負ってしまうクリスチャンとショーン。
ジュリアのことも心配なのに、さらにマットに騙され・・・せっかくの新天地での心機一転も全然ダメじゃん!
ハリウッドでも身内に振り回されてしまうんでしょうか。これも宿命かな。
TBありがとうございます。

2009/05/14 (Thu) 20:35 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ