FC2ブログ

Law&Order SVU S4-#17 「Privilege」

ブランダル夫人の家の藤棚に女性の遺体が引っ掛かっていた。女性は家政婦姿で、前に建つ高級アパートのペントハウスから落ちたものと思われた。遺体には打撲傷が残っていて、SVUはレイプし捨てられた可能性もあるとして捜査を始める。
ペントハウスにはレマリー家が住んでいた。事件のあったとき、レマリー家の人たちは別荘に行っており、家政婦には休暇を出していたと祖母が説明するが、防犯カメラに移っていた映像から、遺体は元家政婦のアナだと認められる。アナは1ヶ月雇われていたが、グアテマラからの不法移民だったので解雇されていた。しかし遺体は高級なハイヒールやストッキングをつけており、家政婦とは思われない部分もあった。アナのアパートを調べると、彼女は家賃を支払った後姿を消していた。
検死の結果遺体の手には映画フィルム用の洗剤がついていて、映画学校に通うサンパウロ出身のカルメンが行方不明になっており、カルメンが被害者である可能性が出てきた。しかもカルメンはレマリー家の孫のドリューと付き合っていた。
ドリューはSVUの尋問に対し、カルメンと付き合っていたが彼女が過激なセックスを要求するので別れたと説明する。事件の遭った日、ドリューが別荘の近くで交通違反を起こしていたというアリバイもあった。その頃アナが病気の叔母を見舞いに行っていたことがわかり、遺体はカルメンだと確定する。
ドリューには特に前科はなかったが、高校を中退し留学している事だけが気になった。そこで出身校に問い合わせると、ドリューはダンスパーティーにプロの女性を連れて来て酔っ払ったため退学にしたとのことだった。当時事件を担当したのが、今レマリー家の警護を行っているペイスンで、彼は調書をもみ消していた。だが相手の女性がジェニー・ホワイトだとわかり、ジェニーは結婚して家庭があったが、5年前にドリューにレイプされた事を認めた。
ラボでの分析の結果、カルメンは屋上から飛び降りたのではなく、誰かに押されたことが証明できた。ドリューのアリバイ映像は顔がはっきりしていないので、本人であるとは言い切れない。マンチとフィンはレマリー家の不始末を処理しているペイスンを尋問するが、ペイスンは罪を認めなかった。
祖母とチャリティーイベントに行こうとしているドリューをSVUは嘘発見器にかける。ファンはドリューが嘘発見器に見破られないように訓練されている事を疑う。
カルメンのハイヒールについていた革が、ドリューのコートと一致する。ドリューは法廷でカルメンを突き落とした事を認めるが、弁護士は環境説を唱えて弁護しようとする。アレックスはジェニーを法廷に呼んで応戦した。

高級アパートのペントハウスから落ちた女性は、家政婦の姿をしていたため、レマリー家に雇われていた家政婦だと思われます。だが今雇われている家政婦は無事、過去の家政婦で該当者が上がりますが、彼女も無事だった事が明らかになります。検死の結果遺体はレマリー家のドリューと付き合っていたカルメンだとわかり、事件性が濃くなっていきます。
ドリューはカルメンは究極のマゾで気絶するくらいまで首を絞めてくれと懇願してきたので困って別れることにしたら、その後もしつこく追い回してきた。事件の日は自分の留守にカルメンが家政婦の格好をして家に入り込んできて飛び降りたと説明します。しかしカルメンはドリューに過激なセックスを要求される事を嫌がり訴えていました。でもレマリー家を相手にしてカルメンには勝ち目はありませんでした。
クレイゲンは事件の捜査にあまり乗り気ではありませんでしたが、ドリューの過去を洗っていくと高校時代に娼婦を学校に連れてきて退学になっていたことがわかります。しかもその女性ジェニーは、ドリューにレイプされていました。
ドリューのアリバイ映像がはっきりしていなかったり、カルメンの侵入映像に空白部分があったりするなど偽装が見えたのでマンチとフィンはペイスンを疑いますが、ペイスンは決して口を割りません。カルメンが殺されたという証拠が挙がっていく中で、ドリューは嘘発見器に掛けられる事に同意します。ファンがカルメンに質問。結果を分析しながら、ドリューが嘘発見器に引っ掛からないように訓練されていると見抜きます。
やがてカルメンのハイヒールの分析からドリューが突き落とした証拠が見つかり、ドリューは法廷で裁かれます。
弁護側が主張してきたのが、ドリューは父親に暴力を振るわれ続けてきたので、暴力性を持つようになったとする環境説でした。だがファンの質問では、ドリューは両親は無関心だったとしか答えていません。
法廷でドリューの祖母はローナの尋問に対し、ドリューは成績が悪いと父親に殴られ、ホッケーの試合で喧嘩して負けてきたら父親がドリューを階段から突き落として骨折させたと証言します。しかしアレックスはドリューの骨折はホッケーの試合で起きたものだと証拠を掴んでいました。祖母はドリューに売春婦をあてがったのも父親だと証言。アレックスが祖母に何故実の息子を悪者にして孫をかばうのかと問うと、息子の子育てを失敗したので孫は守りたいと答えます。
ベンソンとステーブラーはジェニーを説得し、出廷してもらいます。アレックスはドリューがジェニーを選ぶとき祖母が同行していたことや、ジェニーが暴行されレイプされた事を主張すると、祖母は突如倒れ、それを見たドリューは興奮して暴れます。後に父親が真実を話し、カルメンの殺害は祖母に因って偽装されていた事が明らかになりました。
5年前にドリューにレイプされたジェニー役を演じているSarah Wayne CalliesはPrison Breakのサラ・タンクレディ役でおなじみです。

本当に偶然なんですが、昨日のCSIとよく似た事件でした。
建物の上の階の女性が転落。
自殺と思われますが抵抗した跡が残っています。
疑われるのは元恋人。
CSIでは彼女が他の男性とキスしている姿に腹を立て
SVUでは彼女の異常なマゾ行為にうんざりし
まあ殺したい動機はありました。
そして背後に絡む身内が、CSIでは妹、SVUは祖母。
二人とも容疑者を溺愛していました。
CSIでは事件の真相が明らかにならないまま容疑者は首吊り自殺。
妹が泣き叫びます。
SVUは法廷に持ち込まれて真相が明らかになったところで
祖母が倒れて容疑者が逆上。
家庭環境は違いますが、異常な溺愛ぶりにぞっとしました。
こちらですっかり悪者にされてしまったお父さんが気の毒すぎます。
孫のドリューはなかなかのイケメンだし。
と思ったらいろいろとドラマに出演しているようです。

そしてこのエピがタンクレディさんのデビュー。
すぐにサラだ!ってわかりました。
今は幸せでもレイプされた娼婦でしたが。
ドリューはマイケルのリベンジを覚悟しなくちゃ(笑)
ついでにERのケイティがちらっと顔を出していました。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ