FC2ブログ

The Shield S7-#13 「終着の地」

すべて終了。
ものすごい脱力感です。
絶対ハッピーエンドはありえないと思ってましたが、ここまで悲惨だったとは・・・

移民局との取引で自分だけ免責になったヴィックは
それを一言もロニーに伝えません。
確かにここで俺一人だとは言えないけど
完全にヴィックを信じ切ってるロニーはやる気満々で
ベルトランを挙げて助かると信じきっています。
あんまりだ・・・

最初の取引では予定と違ってベルトランが手下をよこしたため
予定とは違った展開になってしまいました。
話が違うとオリヴィアは怒っています。
もちろん失敗したら免責は取り消される条件なので
ヴィックは何が何でも自分でベルトランを捕らえると必死。
でもオリヴィアが相手にしてくれないので
ヴィックはアセベダを巻き込みました。
そしてもちろんロニーも真剣です。

その頃シェーンとマーラとジャクソンは自宅に帰ってきました。
マーラは痛みが激しく、動く事ができません。
そして二人が逮捕されたらジャクソンやお腹の子はどうなるのか
家族がバラバラになってしまうことを嘆きます。
シェーンは全て自分が悪いんだと侘び、買い物に出かけます。
そしてヴィックにTel。
ここでの罵りあいがすさまじかった。
シェーンはこれから出頭して全てをぶちまけると脅しますが
ヴィックはもう免責になってることをほのめかして応戦。
これじゃ立つ瀬のないシェーンは、コリーンがクローデットに協力していることをばらしたら
さすがのヴィックでも堪えました。
ロニーじゃなくてコリーンを選んだのに、家族であるコリーンに見放されたんですから。
シェーンは捨てゼリフを吐いたものの、もう道を塞がれてしまいました。
花束やらおもちゃやらを買ったシェーンは店番の女の子に
お小遣いまで渡して家に戻ります。
しばらくしてクローデットが突入。
その瞬間シェーンは拳銃自殺してしまいました。
手元には書きかけの遺書が残されていて
ベッドには穏やかな表情のマーラとジャクソンが横たわっていました。
シェーンは悪かったのは自分で、マーラには罪がないと書き残しています。

その頃ヴィックとロニーは二人でベルトランのアジトに潜入し
いきなり銃撃戦になります。
するとタイミングよく移民局が応援に来て
ベルトランを逮捕し麻薬も押収。
作戦は大成功!
これで免責になるとロニーは心底喜んでいますが、ヴィックは何も語れません。
そのときロニーに署に戻るよう連絡が入りました。

ロニーに知らされたのはシェーンの死。
ロニーはひどく悲しみます。
ヴィックはロニーに話をしようと署を訪れますが
クローデットはヴィックを取調室に入れ、シェーンの事件現場の写真を見せます。
怒りをじっと溜め込んだヴィックは、そのあとで監視カメラを壊しました。
次にクローデットらが行ったことがロニーの逮捕。
ここで初めてロニーはヴィックに騙されていたことを知るのでした。
ついにロニーがブチキレます。
散々ヴィックをなじるけれどあとの祭りでした。

自分だけ助かったヴィックは移民局の勤務が待っていましたが
オリヴィアが用意していたのはスーツを着たデスクワーク。
今までのヴィックには想像もつかない世界でした。
でも今更逆らえないし。
家族の居場所も教えてもらえず、ヴィックは一人デスクの周りに家族の写真を飾り
勤務時間が終わると引き出しにしまってあった銃を持って
オフィスを出ていきます。
おしまい。

これでストライクチームは完全消滅。
世の中平和になるかもしれないけど、ストライクチームの業績だって大きかったと思います。
彼らでなければできないことだってあったんだし。
だけどチームワークがおかしくなってきて、レンが死んで
そのあとはあまりにも悲惨な展開でした。
個人的にはレンの死後どんどん存在感が増してきたロニーがお気に入りで
特にここ数回のスーツ姿がかっこよくて
ヴィックとの息の合ったコンビぶりもいいなぁと思っていたのですが
最後は死ななかったからよかったものの辛すぎました。
終身刑は間違いなしだよね。
まあヴィックに鍛えられたロニーですから
OZにぶち込まれてもしたたかに生きていくとは思いますが。
ロニーを演じるDavid Rees Snallって全く知らない俳優さんでしたが
ロニーでファンになったら、次はThe UnitのS4に出演している事を発見。
The Unitが楽しみになってきました。

ついでに他の人たちは?
クローデットの病気は治る見込みがないそうで
痛みに耐えながら、でもできる限り働きたいと意志を固めています。
そして義母殺しを疑われている少年ロイドを鋭く尋問。
ようやくダッチの疑惑も晴れそうです。
こちらではシリアルキラーらしきロイドは、
CSI:NYでも人騒がせなマックの義理の息子のリード君。
本当にあちこちに出てきてはお騒がせしていました。
スポンサーサイト



コメント 6件

コメントはまだありません
Anne  

Garotoさん、こんばんは。
ついに終わってしまいましたね。そしてあまりにも悲しい
最後でした。ヴィックのやさしさを本当に知っているのは、
見ていた人だけなのでしょうか。これからどうなっていくのか、
知りたいけど知りたくない。複雑な気持ちで見終えました。
ロニーの言葉の一つ一つが、鋭く胸に刺さって、ヴィックじゃないけど、
つらかったです。
ロニー、ユニットに出てくるんですね。もうすぐ放映開始ですよね。
どんな役なのか、楽しみにして待ちたいです。

2009/05/29 (Fri) 21:09 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

ひどい奴だとわかっていてもヴィックが好きだったし、シェーンやロニーにも愛着が湧いてたので、この幕切れはショックが大きすぎました。
家族と離れたくなかったシェーンの選択は仕方ないことだったのかな?
そして裏切られてしまったロニー、あんなにヴィックに尽くしてきたのにあんまりでした。
ヴィックにデスクワークは無理ですよね。あのまま銃を持って街を取り締まりに行くのでしょうか。
The Unitのロニーはとても楽しみです。今度は不幸なキャラではありませんように!

2009/05/29 (Fri) 21:14 | 編集 | 返信 |   
Jasmine  

お久しぶりです。

私も観終わって、脱力感を感じました。
お気に入りのロニーがかわいそうな結末で
ヴィックは何もしてくれないのかと不満でしたが
彼はひとりぼっちになって、それどころではなさそうです。
こんなにいい作品にはなかなか出会えないです。

すいません、間違ったTBしてしまいました。
お手数ですが、削除して下さい。

2009/06/01 (Mon) 15:11 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

衝撃的な結末は、今までの悪事を振り返ると仕方がないことかもしれませんが、でもやっぱりロニーは気の毒でした。シェーンもヴィックもそれなりに折り合いをつけてやったことなのに、ロニーはヴィックを信じきって見事に騙されたんだもん。
どこかでロニーのリベンジを期待しているのですが。
本当に見ごたえたっぷりの7シーズンでした。
TBありがとうございます。

2009/06/01 (Mon) 20:08 | 編集 | 返信 |   
カクテキ  

シェーン一家の行き先は想像できたものの、何をきっかけに、何を書き残し、どうしたかを知ると衝撃でした。
逃亡後、本来の自分がわかっていくシェーンを見ているのは辛かったですよ。
それにしても気の毒なロニー、せめて逃げさせてあげたかった。
家族を守りたかったのに間逆となったヴィックのラスト映像は印象的でした。
このあとヴィックは…とあえて見せなくてよかったなと感じます。
コリーンたちを案内するクラーク・ジョンソンが立派になったルイス刑事のようでうるうるきました(笑)。

2009/06/08 (Mon) 10:38 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

今シーズンのシェーンは辛すぎました。家族と一緒にいるために選んだ結末は仕方なかったのかな。でもジャクソンの未来まで奪ってしまったのは、もう少しなんとかならなかったのかなという気もしますが。
ロニーはヴィックを恨んでも恨みきれないと思いますが、いつかリベンジがあるのかな。
そして孤独なヴィック。あのまま真面目にデスクワークを続けるとも思えないし、夜の街で一人悪と戦うのかななんて気もします。
とにかく充実したドラマでした。

2009/06/08 (Mon) 20:22 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ

トラックバック 2件

クリックしてトラックバック記事を書く(FC2ユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  ザ・シールド7 第13話 執着の地
  • The Shield 7 #13 Family Meeting ヴィックは逮捕されたコリーンを救うため、ひとりだけで免責を受け入れることに。 長い長い独白のあと、免責を手に...
  • 2009.05.29 (Fri) 21:16 | Comedy Show
この記事へのトラックバック
  •  ザ・シールド 7 #88 最終回
  • ついに「ザ・シールド」が最終回を迎えました。 ファイナルなので、エピを綴っていこうかと思ったけど、ぐちゃぐちゃな展開で そうこうしているうちにファイナルエピソード。 ヴィックとロニーはシェーンを殺そうとするが失敗し、それに気付いたシェーンが 2人を殺そうと...
  • 2009.06.01 (Mon) 15:09 | 海外ドラマDiary