FC2ブログ
Top Page › Without a Trace › Without a Trace S4-#24 「人生の転機」

2009 · 06 · 02 (Tue) 19:01

Without a Trace S4-#24 「人生の転機」

失踪者を追え!

☆失踪者  ジェニファー・ニコルズ、元地方検事補で今は不動産関係の法律事務所に勤務している。スピード違反のチケットをパトロール警官が切った後、車を残して失踪。オフィスも荒らされていた。
同僚は数日前のランチのときジェニファーの様子がおかしかったのを覚えており、「エリックと別れて1年たった。」と話したところ、ジェニファーは「その後付き合った人がいるけど別れた。彼が嘘をついていた。用心していても引っ掛かるときは引っ掛かる。」とつぶやいていた。ジェニファーはそのとき詳細に人物調査をしていた。
ジェニファーは失踪する前、別れた恋人のエリックに電話していた。ジェニファーの目的は弁護士であるエリックのパスを使って、裁判所へ入り昔の事件を調べる事だった。
その後ジェニファーが付き合っていたのはアラン・デイヴィスだとわかる。アランは旅行代理店に勤め特に前科もない。ジャックはアランをオフィスに呼び事情を聞くと、アランは4日前にイタリアンレストランでジェニファーと食事していたところ、かつてバーであって一夜を共にした女性が突如現れたので、彼女と話をつけようとしている間にジェニファーは姿を消し、それからは連絡が取れない状態だと話す。女はアランに金を要求してきた。

☆ジェニファーは10年前銀行強盗と殺人の罪で終身刑となったグラント・;ストーカーに話を聞くために刑務所を訪れていた。グラントはジェニファーが扱った事件とはかかわりがなかった。
アランは今の仕事についたのが31歳のときで、その前の記録がない。ダニーとマーティンはグラントに話を聞きに行き、ジェニファーが地方検事補だと名乗ってグラントを訪ねてきたとき、グラントの妻のルーシーの写真を見せルーシーが正体不明の男から多額の現金を受け取っていた。10年前の強盗の共犯者は明かされていないが、それが誰かを明らかにしたら、ルーシーのほう助罪を追求せずグラントの刑期も短くすると取引を持ちかけてきたのでグラントは同意し、これは推測だが共犯者はアランだと告げる。だがグラントはその後ジェニファーが地方検事補ではなく、アランの恋人だと知って詐欺に遭ったと怒っていた。
アランが銀行強盗を働いたのは明らかになったが、推測発言だけでは逮捕状が出ない。なんとか令状を出してもらおうと、ジャックはアランをオフィスに留め置き、レストランに来た女の似顔絵を描くのに協力させたり、犯罪者の顔写真を見せたりしたのだが、アランは不審に思い始める。そしてオフィスを出て行こうとしたときアンが逮捕状を持ってきたのに気づき、ジャックを殴って銃を奪うと銃を乱射、アンを人質にとって外へ出ていく。そしてタクシーを強奪するとアンを乗せて逃げてしまった。

★捜索班はジャックの家に行くとレストランで出くわした女がいた。女はグラントの妻のルーシーで、アランの金を取りに来たのだった。バスルームには額を打ちぬかれたジェニファーが倒れて死んでいたが、アランとアンの姿はない。ジャックらは追跡を続け、アランが乗り捨てたタクシーを発見する。車内にはアンのボイスレコーダーが落ちていて、録音の様子からアランは空港に向かっていることがわかった。アランが仕事でよく使っている空港に行くと、アランは小型機に乗り込んだところだった。ジャックはすかさずアランを撃つが、機内にアンは乗っていない。エレナが格納庫の中にいたアンを見つけ、アンは無事に救出される。

オヤジ泣きするジャックを追え!

☆事件のあった朝、突如アンから妊娠した事を告げられジャックは動揺します。すでに二人の娘がいるから子供は必要ないとジャックは思いますが、45歳で初めて妊娠したアンはこれが最後のチャンスだと産むつもりでいるようです。話は平行線で終わった後ジャックはアランの尋問を担当。アンが逮捕状を用意するのを待ちながらアランを拘束していたら、アランが痺れを切らして出て行きます。そして自分が逮捕されると察したアランはジャックの顔面に肘打ちして銃を奪い、アンを捕まえると逃亡してしまいました。ジャックは借りた銃で応戦しますが間に合いません。
指揮官として冷静に対処しながらも、ジャックはアンのことが心配でたまりません。オフィスに戻るエレベーターの中でアンのことを思い出したジャックはひとりでに涙がこぼれてきます。
ボイスレコーダーを再生しながら背後の音を聞き取り、アランが空港の近くに逃げている事を知って必死で追跡。ようやくアランを見つけました。そしてアランが発砲すると即応線。まだ息のあるうちにアンの居場所を吐かせようとします。アランは教えませんでしたがアンは無事で、ジャックの肩の荷もようやく下りました。
wat4-24-2.jpg


すっかりオヤジ化したブランドンを追え!

アラン・デイヴィス (Jason Priestley)
ジェニファーと付き合っていた広告代理店に勤めるアランは、10年前にグラントと一緒に銀行強盗を働き、一人逃げ延びてきました。グラントが罪を被ってくれたので、妻のルーシーに金を渡していたのですが、ルーシーがアランとジェニファーのデート中突如現れたために、ジェニファーは何かおかしいことに気づきます。そして二人の会話から過去の事件を洗っていくうちに、アランが犯罪者である事にジェニファーは知ったのでした。
過去を知られてしまったアランはジェニファーを殺害し、参考人としてFBIに呼ばれたときは適当に話をごまかしていましたがジャックに疑われ始めます。ついにアランの逮捕状が出ると、ジャックの銃を奪いアンを人質にして逃亡しましたが、ジャックにとどめを刺されました。

ビバヒルのブランドンも41歳の役を演じるようになってしまいました。テレビを中心に精力的に活動しているJasonですが、Tru Callingのジャックも、Mediumのパクストンも立派な悪役で、今回のアランはさらにグレードアップしてしまいました。優等生のブランドンは二度と戻ってこないのでしょうか。
wat4-24-1.jpg

S4が無事に終了しました。
いきなfりブランドンがブチキレ!でとんでもないことになったけど
CS:NYのようにマックがとんでもないままのクリフハンガーではなく
すっきり終わったのがちょっと拍子抜け?でした。
これでジャックとアンはめでたしめでたし。
ダニーとエレナもいい感じでひとまずおしまいですか。

しかしブランドンの悪役ぶりはどんどんバージョンアップしますね。
Mediumで十分嫌な奴だったのに、もう極悪人になってしまいました。
この後スパドラは7月から突如ビバヒルをオンエアするそうですが
(何故今更LaLaからスパドラに移動するんでしょう)
こんなに極悪オヤジが主人公とは・・・なんとも悲しいです。

そして失踪者ジェニファーはDSMでそれなりに極悪人?のカレンだったので
これまたどうも信用なりませんでした。
殺されてしまったのに申し訳ない。
銀行強盗の片割れグラントはJourneymanのヒューでしたね。
知り合いばっかりだ(笑)

FBIのガラス張りオフィスは見通しがよろしくていいのですが
銃撃戦になるともろいですね。
前に椅子をぶつけて割ってたオヤジもいたし(笑)
アンの子供、一緒に育てるつもりなんでしょうか。
このまま落ち着くとは思えないな・・・
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

あのガラスは脆いですね(笑)
ジャックぶちきれ事件でもあっさり粉々に割れましたもんね。
まさか内部から何かあるとは思わないから
準備していないとはいえ
走ってぶつかったら危険では・・・と思ってしまいました
見通しいいからやりそうじゃないですか?
とまったくストーリーと関係ないところで語ってるのは、
ボスとダニーの行く末に不安を感じているから(^^ゞ
ダニマーの活躍をおえるようなS5でありますように♪
またよろしくお願いします(^-^)
2009-06-02-20:31
まめ [ 返信 * 編集 ]

あっさり割れてしまったガラス、今後も不測の事態に備えて防弾ガラスに変えたほうがいいのかもなんて思ってしまいました。
これで安心してジャックもブチキレられるし(苦笑)
S5はとりあえずハラハラせずに迎えられそうですが、ジャックとダニーの行く末は確かに不安かも。
マーティンはようやく落ち着いて終わってくれてよかったです。
こちらこそ、またよろしくお願いします。
TBありがとうございました。
2009-06-03-19:29
Garoto [ 返信 * 編集 ]