FC2ブログ

Everwood S4-#21 「きみの行く道」

エフラムは卒業式も出ないでさっさとロンドンへ行く事を決めてしまいました。
帰りは未定。
それを知ったデリアはかなり動揺しています。
もちろんエフラムはアンドリューと膠着状態が続いてるし。
でもアンドリューがローズがガンである事を伝えると、エフラムは驚きます。

エフラムはエイミーにtel。
エイミーは出てくれないし、返してもくれません。
エフラムは仕方なくアボット家に出向き
今は恋人じゃなくて友達だけど、エイミーを助けたいから
必要なら出発も遅らせるし、キャンセルしてもいいと言い出します。
でもエイミーは拒否。エフラムのロンドン行きを促します。
結局二人は平行線のままでした。

デリアの心配事は
「エフラムはパパのことを怒ってる。だからパパは最悪のパパなんだ。」ってことでした。
そんなパパと二人で住まなきゃいけないのはデリアには苦痛です。
エフラムは慌ててパパは優しくていいパパだって言い聞かせ
エフラムの事情は、自分の気持ちに整理がついたらきちんと話してあげると約束します。
これでデリアも一応納得。
そしてアンドリューは出発前のエフラムにママからの卒業祝いのプレゼントを渡します。
ママがそんなものを遺していたとは意外でした。
外科医の妻として人の突然の死を目の当たりにしていたママは
自分もそんなときが来るのかもと予知していたようです。
機内でエフラムはプレゼントの包みを開けると絵本が出てきました。

Oh, the Places You'll Go! (Classic Seuss)Oh, the Places You'll Go! (Classic Seuss)
(1990/01/22)
Dr. Seuss

商品詳細を見る

どんな本か知りませんが、ママの書いてくれたメッセージから察して
この先自分の信念に従って、自信を持って生きていこうってことが書いてあるのかな。
読んでみたいなと思います。

ローズのガンは化学療法の効果がなく、さらに脊髄に食い込んでき始めました。
足が麻痺し車椅子状態のローズはすぐにでも手術をしたいと言い出します。
ついこの間までは、エイミーの卒業式に出る予定だったのに。
アンドリューはこの方面の権威の外科医のバリドールを推薦しますが
バリドールの診断はあまりにも機械的で温かみがなく、ローズはうんざりしてしまいます。
ローズは親身になって説明してくれるアンドリューに
是非執刀してもらいたいと頼みます。
でもアンドリューは親しい人の執刀は避けたいと思っています。
コリンの例もあるし。
だけど結局アンドリューが執刀する事になりそうです。
ローズは卒業式に出られず、アボット家のみんなは
自宅でエイミーの卒業を祝います。

ママ・ジョイの店が突如閉店。
オーナーのアートが店を売りに出してしまったからです。
実はアートってERのヨシだったんですね。懐かしい!
急に失業を言い渡されてしまったニーナに、ジェイクが助け舟を出します。
それは自分が店を買い取って、ニーナが運営するという計画。
ニーナは大喜びするけど、いざ計画を練りだすとやたらとジェイクとぶつかってしまいます。
でも仕切りなおして、ニーナも本腰が入りだしました。
するとジェイクの資金が厳しいことがわかり
ジェイクがLAの家を売ってきていたことを知ったニーナは
ジェイクがエバーウッドに腰を落ち着けると信じて
ジェイクとの同居を申し出ます。
これでジェイクの家の家賃を払わずに済むし。
とりあえず一件落着ですか。

ハンナとトファーはお付き合い中。
それがブライトは気に入りません。
すぐにトファーの悪口を言い出すし。
ついでに最近どんどんブライトが丸くなってる気がするんですが
これって幸せ太りですか??
次週はS3ファイナル。
エフラム不在のようで寂しいですが、いろいろ丸く収まるといいな。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ