FC2ブログ

The Closer S4-#7 「東ロサンゼルスの悲劇」

サンチェスは正しい刑事です!

サンチェスが住むイーストLAは治安が悪く
ギャングの抗争もしばしば起きています。
サンチェスが自宅でバイクの手入れをしていたら銃声が聞こえ
何事かと飛び出していったら女性が助けを求めていました。
銃弾に倒れていたのはサンチェスの弟のオスカーでした。

ここでのサンチェスの行動が素晴らしかった。
弟が撃たれてるんだから、取り乱して当然だと思うけど
まずオスカーのかぶっていた帽子を使って片手で止血しながら
もう片方の手で携帯を出して911通報。
オスカーと一緒にいたエレナは目撃者だから
彼女を写メしてその場で証言を取り
彼女を警察に送ってもらうことにして、自分はようやく到着した救急車に乗り込みます。
もちろんテンションは上がってるけど極めて冷静でした。

同僚の家族の事件ということで特捜班はみんな病院へ駆けつけます。
こんなときはフリッツもブレンダにくっついてきて、FBI側から手伝えることを探そうとします。
いったいフリッツの本業は何なのか、ますます謎めいてます(苦笑)
結局オスカーは治療の甲斐なく死亡。
ポープはこの事件を最優先するように促し、みんなも是非とも犯人逮捕をと気合を入れますが
みんなの前に現れたサンチェスはまず駆け付けてくれたことに感謝し
平静さを保とうと努めていました。
かえってみんなは心配になります。

ブレンダはエレナの証言を取りますが何だか怪しげ。
そしてエレナがオスカーと付き合っていたことを、サンチェスは知りませんでした。
サンチェスは自分も捜査に加わりたがりますが、ブレンダは当然ストップをかけます。
身内がかかわる事件の捜査に手を出すのはご法度だし
サンチェスはギャングの取り締まりで敵を作っている可能性もあります。
彼が刑務所に送った男のリベンジかもしれません。
そのうちエレナの元彼女でトラブルを起こしそうなパペットの存在が明らかになりますが
特捜班がパペットに近付いたとき、すでにサンチェスが彼を締めあげかけてました。
自宅でおとなしくしているようにと言われても、家族のためにリベンジしたくなるのは
刑事の性ですからまあ仕方ないとして…
でもこの先のサンチェスの身を守るために、
ブレンダはとにかくサンチェスに余計なことをしないようくぎを刺します。

そのころオスカーを撃った銃のありかが判明。
ギャングを追って潜入しているFBIの捜査官が
問題の銃を見つけ出してくれたのです。
助っ人フリッツがちょっと役立ちました。
でも体を張ってるのは潜入捜査官のマラですが。
ちなみにマラ捜査官は、WATでダニーの兄のラファエルでした。

銃の持ち主のフアンを引っ張ってきたとき
母と弟のトニーがくっついてきました。
容疑者の確認のためにエレナが呼ばれます。
でもエレナが興奮したのは、取調室のフアンではなく
廊下で待っていたトニーの顔を見たときでした。
14歳のトニーはちょっと偉ぶってみて
ギャングの印の帽子のマークを見せろとオスカーを脅したようです。
オスカーが言うことを聞かなかったので、フアンの銃で
オスカーを撃ってしまいました。
オスカーの死の原因は帽子の勘違い…

トニーが逮捕され事件が解決した時
サンチェスが泣き崩れます。
オスカーの血で真っ赤に染待った帽子は
サンチェスがオスカーの誕生日にプレゼントしたものでした。
俺がオスカーを殺したんだ!と嘆くサンチェスを
プロベンザが抱きしめてあげます。
サンチェスには辛すぎる事件でしたが、ここまでよく踏ん張ってきまsた。
そして特捜班の思いやりが素敵です。最高のチームだよね。
ポープはみんなに深く感謝しなくちゃ。
スポンサーサイト



コメント 6件

コメントはまだありません
ぽっこ  

特捜班の温かさが、ジンジンと伝わってきて
泣けました~。
オスカーが死んだ後のサンチェスの病院での対応が
悲しくて切なくて。
たった一つの帽子が殺人の動機になるなんて
やりきれない気持ちでいっぱいです。

2009/07/22 (Wed) 21:04 | 編集 | 返信 |   
カクテキ  

いつもは口数少ないサンチェスが多弁なのはどん底の裏返しなのですね。
理由なんてないも同然に殺されたオスカーが不憫で、
帽子をプレゼントした自分を責めるしかないという、
やり切れないものでしたね。
受け止めるプロベンザ、気遣うタオ(ちょっと間違ってしまいましたが)、
そして「私にはただの部下だとでも?」のブレンダ、
チーム愛が厳しくも優しいエピソードでした。

2009/07/23 (Thu) 11:11 | 編集 | 返信 |   
Anne  

こんにちは。
微妙に危険な範囲に足を踏み入れつつありましたが、
自ら審判を下さなかったサンチェスは、がんばったと思います。
本当はそうしたかっただろうと思うのに。
フリッツの仕事についてはまったくもってわかりませんが、
チームのみんながサンチェスを支えようとしていたのが、
また温かくてよかったです。
サンチェスが最後に泣き崩れたのは、今まで張り詰めてたのが、
ぷつんと切れたと言うのもあるのでしょうね。
本当は違うけど、自分のせいだという思いを、振り切れずにこれからも、
職務にまい進するのでしょうか。チームのみんながこれからも、
そばにいてくれるというのが、よかったなと思います。

2009/07/23 (Thu) 17:56 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

>ぽっこさん
特捜班の思いやりあふれたチームワークが素敵なエピソードでした。
サンチェスは辛すぎましたが、きっちり仕事する姿はかっこよかった。
こんな悲劇がまた訪れないように、東ロサンゼルスの治安回復に努めてもらいたいものです。
TBありがとうございます。

>カクテキさん
サンチェスのいろいろな姿が見られたエピでしたが、サンチェスって心底刑事なんだなと感心させられました。そして家族を大切にするお兄さんでもあり…
ギャングに精通していたサンチェスだったのに、ギャングのおふざけの勘違いみたいな原因でオスカーを殺されてしまったのは本当に悔やんでも悔やみきれないと思います。帽子に怒りをぶつけるしかなかったのが辛すぎますた。
こんな辛い思いをすることが二度とないように、安全な街づくりを!ポープへの課題でしょうか。

>Anneさん
サンチェスは弟を失った悔しさを胸に秘めて、より一層正しい刑事として活躍してくれるのではと信じています。もっともきちんとカウンセリングを受けて、気持ちの整理をすることが大事すが。
そして同僚の不幸を自分の問題のように真剣に受け止めてくれる特捜班のチームワークの素晴らしさを大切にしていってもらいたいです。
しかし、どうして相変わらずフリッツは暇なんでしょう?
TBありがとうございます。

2009/07/23 (Thu) 19:21 | 編集 | 返信 |   
まうゆん  

ようやく見ました_| ̄|○

ギャング担当でしたっけ?麻薬・・・でした?@フリッツさん。
まぁ、主夫なので無問題かもしれません。
FBIのコネからATFで潜入してたダニー兄とか連れてきてくれたので、一応お仕事があるようですね!FBIで。

今回、連呼されてたサンチェスさんのファーストネーム、フリオさんだったんすね~!
ようやく認識しました。
このチーム、ものすごく信頼関係が強固なんですが、普段からファーストネームで呼び合わないところが「格上感」を増しますね!

2009/07/26 (Sun) 04:09 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

フリッツはFBIの組織的捜査の一端を担っているようですが、あまりたいしたことはしてないのでしょう。多分。
ダニー兄の方がいかにも潜入捜査官で体を張っていてご苦労様だと思いました。
サンチェスの名前がフリオだというのは知りませんでした!そう言われてみれば他の人たちのファーストネームもわかってないです。署の方針なのか誰かの趣味なのか…

2009/07/26 (Sun) 10:22 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ

トラックバック 2件

クリックしてトラックバック記事を書く(FC2ユーザー)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック