FC2ブログ

Medium S4-#14 「復讐のカーナビ」

アリソンが子供たちを車に乗せて出発!
キーを回したら車が大爆発を起こし、ガレージごとぶっ飛ぶ夢を見てしまいました。
これは正夢か?アリソンは実際にエンジンをかけてみようとするんですが
恐ろしくて勇気が出ません。
だったらジョーがチャレンジ。
アリソンは子供たちを家から避難させ待っていたら
実はエンジンがかかる気配はなく、単に車の故障だとわかりました。
この車はアリエルが生まれたときから乗っているので
年期は入ってるんですが、アリソンのお気に入り。
ジョーは整備士を頼んで見積もりを取ってもらうと
直すんだったら他の車が買えるくらい、お金がかかることがわかりました。
そしてたまたま新品同様のSUVが破格で売り出されていることを知り
性能もよかったのでジョーはそのSUVを買ってきます。

思いがけないサプライズにアリソンは感動。
早速ドライブしていううちに、助手席の女性が
銃で頭を撃たれるヴィジョンを見てしまいます。
これは訳ありの車だったようです。
アリソンはとても乗る気にはならないので
売主に返品してきてとジョーに頼み
ジョーは売主に会いに来ます。
売主のティムはTWWのベイリーでした。
ホワイトハウスではなく、普通の一軒家にいるのが不思議な感じ。
ティムは妻は車に乗っていた時何者かに撃たれたと説明します。
するとアリソンが、ティムの妻を撃った男を夢で見て
それが誰なのかも突き止められたので、ティムを呼んで面通ししてもらいますが
ティムは犯人をはっきり確認できませんでした。
どうやらアリソンが見た男はモデルで
事件が起きた時は撮影現場にいたことになります。

買ったばかりの車を売るのは手続き等面倒ですが
買い手がついてくれそうになりました。
その人が家に車を見に来ることになfり
アリソンは車と一緒に待っていたのですが
車のカーナビが勝手に動き始め、アリソンはカーナビの示すとおりに
車を運転させてしまいます。
すると着いたのはティムの家のガレージ。
車は元あった場所に帰ってきてしまいました、
すると目の前に犯人だと思ったモデルのポスターが貼ってあります。
さらにガレージには車の停車位置を知らせるボールがぶら下がっていました。
アリソンはようやく真実を突き止めます。
ガレージには銃が仕掛けられ、車を止めた奥さんは
ティムが遠隔操作した銃で撃たれて死亡したのでした。
犯人はティム。
警察がティムを捕らえに行くと、彼は元自分の車の中で
一酸化炭素中毒死していました。
自殺なのか違うのか、死因は不明です。
車は事件に巻き込まれてしまいましたが
アリソンの車はしっかり直してもらえることになりました。

ジョーとメーガンのビジネスは、一応うまくいってるようです。
自分の車が使えなかったときオフィスに連れてきてもらったアリソンは
メーガンと初めて挨拶をしました。
美人の女性なので、ジョーの行動が心配?
ジョーは特許が取れるかどうかをメーガンに打診してもらっています。
夜残業しているジョーから電話。
自宅に財布を忘れたことに今頃気づいたようです。
ジョーは持ってこなくていいと伝えますが
その後特許が取れたと喜ぶメーガンが
じわじわとジョーを誘惑する夢を見てしまったアリソンは
夢が実現しないように財布を届けに来ます。
その時はメーガンは帰宅した後で何も問題はありませんでしたが
事件が解決後、アリソンの悪夢が再現されるようです。
ジョーはどう対処するのやら。

ブリジットのシリアルのパッケージに書かれたシリアルの絵の疑問が楽しかった。
ブリジット、いいところに目をつけますね♪
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
Anne  
NoTitle

こんばんは。
ウィルが出てきたのにはびっくりでした! しかも犯人とは…
(ほかに誰もいなかったから、彼が犯人なのは明白だったけど)。
犯人がウィルだったせいか、その奥さんが嫌な人だったからか、
なんだか事件自体はしょうがないかなぁと思ってしまいました。
しかも最後には犯人も死んじゃいましたね。複雑な気分です。
そしてジョー、まさか浮気はしないと思うけど、どうなるのか気になります。

2009/07/28 (Tue) 20:32 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
NoTitle

ゲストが少なすぎなので、ウィルが犯人なのはいかにも!でしたが、見た目にはいい人そうだったのが救いかな?そして自殺だったのでしょうか?それとも車に呪われた?
ジョーが浮気はあり得ないと信じたいですが、メーガンの下心が見え見えって感じで、ジョーがどう回避していくのか気になります。その前にアリソンのストップがかかるのでしょうか?
TBありがとうございます。

2009/07/29 (Wed) 18:33 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ