FC2ブログ

Mental S1-#9 「Coda」

ジャックが脳外科医の彼女と家でまったりしていたら
警察から呼び出しが。
父親が銃で撃たれ、それを目撃していた娘から証言を取りたいが
らちが明かないので助けてほしいという要請でした。
クローゼットに隠れていた娘は問いかけにオウム返しで答えるだけ。
ショック状態なのかとも思われたけど
ジャックは娘は自閉症であることを見抜きました。

ジャックが質問していくうちに娘はりーザと名乗りましたが
事件のことは口をつぐんでいます。
病院へ連れて行って服を着替えさせようとすると興奮するし。
そのうちジャックはりーザの手がピアノを弾いているように見えて
病室にキーボードを持ち込みました。
りーザは喜んでピアノを弾き始めますが
なぜか音階ばかり弾いています。

気持ちのほぐれてきたりーザは
事件が遭った時銃声を二発聞いたこと
まぶしい光を見たことを伝えてきました。
ジャックは現場に立ちあった警部と刑事に伝えます。
でも彼らが強引に事情聴取をしようとするとダメ。
りーザは興奮して大声を挙げ嫌がります。

児童福祉局の人が来てくれた時はりーザはリラックスし
エリーゼのためにを弾き始めました。
ピアノはりーザの精神状態を表しているのかも。
またりーザが不思議な音階を弾いているので
ジャックがギターで音を拾っていたら
その音はBADGE。「バッジ」でした。
現場でバッジを見たことを音階で表したりーザのセンスってすごい!

ジャックはりーザを家に連れて帰り現場検証をしていきます。
そこに担当刑事がやってきましたが
りーザが見たのは彼のバッジだったのでした。
父親は麻薬の取引に関わっていましたが
そこに刑事も絡んでいて男を射殺。
何食わぬ顔をして捜査にかかわっていたとはとんでもない刑事だったんですが
りーザが証言してしまうと自分の立場は危うくなるので
刑事はりーザに銃を向けます。
ジャックはすかさずタックルし銃が刑事の手から落ちますが
それをりーザがj拾ってしまいました。
間違えて撃ってしまったら大変です。
ジャックはりーザの気をなんとかキーボードの方に向け
銃を取り上げることができました。
精神科医がここまで危険なことをやらなければならないなんて
お疲れ様でした。
そしてりーザの元に離婚した母親が現れ、一件落着です。
ついでにジャックは警部に
行方不明の妹を探してほしいと頼みます。
さらに脳外科医の彼女はジャックのあいまいな態度に
もう愛想を尽かしたようです。

アルトゥーロの父親が息子の様子を見学しに来ました。
自分も精神科医だからよくわかってると回診に同行する父親を
アルトゥーロは激しく拒否します。
というのも父親の本業は俳優。
ソープで長年ドクター役を演じているので
多少の知識をもっているのです。
父親は回診中息子を無視して患者の様子をチェック
勝手に検査をオーダーして息子を怒らせます。
でもそれは正しい判断でした。
父にとってはドラマで学んだ処置。
ドラマをバカにしちゃいけないですね。

今回もキャストが豪華でした。
自閉症のりーザを演じていたのはMediumでアリソンの友達のハンナ。
警部はSaving Graceのグレースの父。
アルトゥーロの父も絶対知ってる顔だと思ったら
UC:Undercoverのコルテスでした。
さらに貫禄が出ちゃいましたが。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ