FC2ブログ

Mistresses S2-#6

シーズンファイナル。
プチクリフハンガーを残し、あとはきれいに終わったかな?

○ケイティ
ダンは当然ケイティがジャックとキスしたことが解せなくて
ケイティがダンを愛してると言っても相手にしようとしません。
そしてダンとジャックのバトルが…
結果的に今まで蚊帳の外状態だったジャック妻が
ジャックとケイティの関係を知ってしまいました。
ケイティ、つくづく悪女だなぁ。
一応反省して転勤を希望。
ジャックはケイティのために口を利いてあげるなんて言ってます。
ジャックもお人よしですね。
そしてダンはさっさとシドニーへ行くことになり
ジャックはケイティに送別会のことを教えてあげます。
ケイティはダンにプレゼントするつもりだったクリケットのラケット(っていうの?)に
手紙を添えてダンに渡し、さっさと退散するんですが
この手紙がまた未練たっぷりでやれやれ。
結局ダンはケイティの家の前まで来てしまいました。
ここでおしまい。プチクリフハンガーです。
ダンは一応感謝の言葉を述べて去っていくくらいが理想だけど
残酷すぎますか?

○シボーン
トムとの浮気現場写真はトムがシボーンを脅す材料でしたが
シボーンはそれを逆手にとって離婚調停中に写真を見せてしまいました。
これでシボーンのキャリアもおしまい?
まあ仕事の方はなんとかなるでしょうが
ハリーがきっぱりと未練を断ち切って家を出て行ってしまいます。
今までシボーンに振り回されっぱなしだったから
この潔い決断はよろしいでしょう。
全然浮かばれないハリーでしたが。
逆にシボーンとドミニクはいい感じだったんで
この際本物の父親が一緒に子育てしたらいかがでしょう。
シボーンがシングルマザーっていうのもちょっと無理っぽい気がするし。

○トルーディ
子供たちの願いが叶ってしまいましたね。
やっぱりリチャードとトルーディを引き離すのは無理だったんです。
子供たちの運動会でケータリングに来ていたルーカス。
大人の事情を知らない子供たちは
お父さんの二人三脚の相手にルーカスをご指名。
強烈なコンビはさすがに息が合わずコケてましたが
一応落ち着いた大人なのでケンカもせず平和に終わりました。
救護班のトルーディはリチャードのけがを治療し
そのままキスしてしまいます。
そして新しい世界に飛び出すことが無理だと悟り
ルーカスにその旨を伝えると、ルーカスはあっさり承諾してくれました。
年下ルーカスが一番人間ができてますね(笑)
一度は別居したトルーディとリチャードだけど
3人の娘とまた幸せな家庭が築けることでしょう。よかった!

○ジェシカ
自分に子育ては無理だと思い中絶するつもりでいたけど
なかなか決心がつきません。
そのうちマークが事業に失敗し、一文無しになってしまいました。
何か失敗をしでかすかと思ってたけど、
こんなにさっさと派手にやってくれるとは(笑)
でもそんな情けないマークをジェシカは愛してると確信し
子育ても一緒にやっていくつもりになりました。
そしてワインと豆で乾杯。
この民っぽい食事がいいなぁと思いました。

S3はこれから作られるようですが、早く先が観たいです。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ