FC2ブログ
Top Page › ER › ER S14-#1 「戦争が帰ってきた」

2009 · 10 · 09 (Fri) 23:14

ER S14-#1 「戦争が帰ってきた」

ER復活!
またあの慌ただしい45分間のスタートです。
今シーズンもウザ○○さんたちを適宜ツッコミつつ楽しませてもらおうと思ったら
ERは超忙しくててんてこ舞い。
ツッコミ忘れてました…

前シーズンファイナルの反戦集会での爆発の続き。
けが人が次々にERに運ばれてきます。
アビーとモリスとプラットは仕事が上がったのでバーで飲んでいたら
ポケベルで呼び出されて戻ります。
ゲイツは二ーラがいないか捜索中。
モレッティは誰もが反抗的なのに腹を立て
来たばかりのレジデントのグレイディを手名付けようとしています。

コバッチュはいないし、とにかく人手不足。
なのにモレッティはモリスとプラットは酒臭いからと二人を働かせてくれません。
まず患者治療を第一に考えろと
モレッティは落ち着かないゲイツに文句を言いますが
次々に来るけが人の対応に、モレtッティも混乱し始めてました。

ようやく二ーラが運ばれてきますが、容態が悪くすぐにも手術が必要です。
ここでまたモレッティと外科からヘルプに来たドゥベンコがぶつかり
大騒ぎになっていました。
二ーラは苦しんでいるのに。

二ーラの手術が始まりますが
今度はドゥベンコとクレンショーの意見が対立。
早く手を打たなければならないのに方針が決まりません。
二人が言い争っているのを見かねたアビーが
クレンショーがメインで、ドゥベンコが補佐に回るようにと
後ろから指示を出してしまいました。
アビーはどんどんお偉くなっています。
その間ERではみんなが二ーラの経過を心配しています。

二ーラは快復室に入れられましたが
面会を望んだゲイツは、ドゥベンコに外で待っていろと言われてしまいます。
その間快復室で二ーラの手を取り見守っているドゥベンコ。
こんな形でゲイツに勝利したつもりですかね?
ドゥベンコの二ーラへの個人的思いがあふれだしてましたが…
みんなはそれでも外で待っています。

モリスとプラットは自分たちで採血し
血中アルコール度数を測ってもらうようオーダーします。
そして酔っ払ってないことを証明してから、仕事を始めました。
重症の女の子にはおじいちゃんがついてましたが
(このおじいちゃんはThirtysomethingでの曲者キャラのマイルズでした。
かなり丸くなった気がしたけど)
モレッティはおじいちゃんの存在に気づかず
この子が助かる見込みはないなんてはっきり言ってしまったので
おじいちゃんはショックを受けます。

ゲイツは芝刈り機で指を切断したという青年の手の傷に不信感を抱きます。
その前に警官から反戦集会の爆発はテロではないと聞いていたので
もしやと思い当たる節があったのでした。
細かく聞いていくとその青年が人騒がせな爆発をさせたことがわかり
こいつが大勢の人達を苦しめたと
患者たちの前でぼこぼこに叩きのめしてしまいます。
モレッティにはもってのほかの行為だったので
モレッティはゲイツをICU送りすると脅かします。

モレッティは疲れて階段でぼーっとしていました。
そしてアビーに、ERは戦場の産物だと語ります。
戦争に不可欠だった緊急治療は
最新の技術を備え、グレードアップしてきたわけですが
モレッティには向いてない世界かも。

気が付いたら娘を失ったおじいちゃんが
爆発させた青年に怒りをぶつけ、思わず首を絞めてしまいました。
乱暴者ゲイツが暴れたおかげで、こんなところでも犠牲が。
やはり暴力はいけません。

こんなに大手術に耐えた二ーラ
多分大丈夫だろうとは思っていましたが
次回予告で元気な姿を観てしまい…
こんなときは次回予告を観ない方がいいです。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

No title

ただ不貞腐れてないで、血中アルコール濃度を測定して仕事に戻ろうと言うモリスが眩しかったです(笑)。
どうしてもゲイツは好きになれません。
彼のせいで孫を亡くしたおじいちゃんは犯罪者になってしまったも同然です。
ICUで何かを学んできてくれるのでしょうか。
学んできたら、それはそれで「こんなのゲイツじゃない!」と言い掛りをつけることになりそうですが。
誰にどんなに文句をつけようとも見てしまうのは、結局ERが好きなのかしら?(笑)
2009-10-10-12:08
カクテキ [ 返信 * 編集 ]

No title

どこかでツッコミどころを探しながら、結局喜んで観てしまうERです。
ゲイツは救急車に乗っている姿が一番役立ちそうに見えるので、実は救命士に戻したいんですが…ダメですかね(笑)ICUに行ったらまたご迷惑をかけてしまいそうです。
モレッティがERのテンポに馴染めるかも微妙。
そして瀕死の重症状態なのに男たちを惑わせる二ーラこそ、まさにウザ二ーラ!と感動してしまいました。
2009-10-11-10:29
Garoto [ 返信 * 編集 ]