FC2ブログ
Top Page › Everwood › Everwood S4-#13 「守ってあげたい」

2009 · 10 · 10 (Sat) 10:31

Everwood S4-#13 「守ってあげたい」

アンドリューとエフラムってつくづく考えてることが一緒。
エフラムがアンドリュー化してきたってことは
それだけ成長したってことかもしれないけど。
エフラムは自分の目標がなく宙ぶらりん状態だから
それをすべてカイルに賭けてしまって
今回はかなり余計なお世話だったかも。

カイルは女の子に全然興味がないし
パーティーも極力避けている。
でも女の子に待ち伏せされ声を掛けられてるのを見たエフラムは
可愛い子だしデートに誘えと強引なアドバイス。
パーティーの送迎までしてあげます。
でもカイルにとっては心底迷惑な話でした。

エフラムはリードとの会話の中で
もしやカイルはゲイなのかもと思い始めます。
以前リードのゲイ疑惑があったから。
僕はニューヨーカーだから偏見はないと言い切ってるエフラムですが
やはりカイルには自分とは違う何かを感じてしまったようです。

カイルはものすごく傷ついてました。
ピアノのレッスンも放置状態。
エフラムはカイルの様子を見に行って
カミングアウトすることを薦めます。
でもそれってストレートのエフラムが言っても説得力がない気がする。
カイルは自分がゲイだと知られたらますます嫌われると
ものすごいガードを張ってしまってましたが
もしカイルがエフラムに思いを抱いていたら
エフラムはどうしたって兄貴的立場でしかカイルを見てあげられないし
カイルはカミングアウトすることでさらに傷つくだけ。
エフラムはそこまで深読みできるわけないしと思うと
ますますカイルがかわいそうになってしまいました。
エバーウッドの街のどこかに
心優しいゲイのお兄さんとかいませんかね?
他のドラマでなら多数存じ上げているんですが。
カイルに本物の恋人が見つかれば理想的ですけど
今のままではカイルには荷が重たすぎます。

エフラムが困ってしまったときに相談できるのはエイミー。
やっとしがらみの取れた、本音の話せる友達になってきて
その様子はすがすがしくてよかったんだけど
エフラムは頭では割り切れても、心のどこかでまだエイミーを追っている
そこにマディソンまで思い出してしまってぐちゃぐちゃになり
今ようやく保護者的立場から、アンドリューが自分を守ろうとしてくれたことが
理解できるようになってきました。
やっぱり親子なんだね。

アンドリューは母が乳がんで亡くなり、姉も乳がんと闘っている妹が
自分も乳がんにかかる可能性があるか検査してほしいと頼みに来たので
検査を引き受けます。
そして今後の対策として、予防的乳房切除も引き合いに出したため
妹や家族を混乱させてしまうことになります。
アンドリューは正直にできる限りのアドバイスを与えたんですけど
この素直なお節介が親子共通なんだよね…宿命ですか。

ハンナとブライトは安定期に入って別名倦怠期状態。
これを打破するには破局か結婚なんて過激なことを言いつつ
トランプしかやることがありません。
ブライトはかなりハンナに合わせて我慢状態だし
ハンナのポリシーは揺らがないし
新しい試みはなかなか難しそう。
無理矢理考えたアパートの屋上でハワイ気分を味わおうは
あまりにも寒くて、機嫌の悪さに体調不審までプラスされてしまいました。
二人とも全身にじんましんが出て気分が悪く
アボットに診察してもらったら、その前に調理して食べた
冷蔵庫の魚が腐っていたようです。あーあ。
具合の悪い二人はブライトのベットで一夜を明かしました。
これもまた立派な新しい試み。
ちょっと辛かったけどね。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント