FC2ブログ

Mental S1-#13 「Bad Moon Rising」

ジャックは旅立っていきました。
これでもうおしまい?あまりにすっきりと終わってしまいましたが。

ジャックはカウンセリングを受けていました。
自分は鬱ではない。
でも誰かと親密な関係になることは無理。
そして自分は統合失調症かもしれない。
淡々とまるで第三者を分析しているかのように
ジャックは自分のことを語っていました。

病院では感染症が広まり、患者を一時他の病院へ移動させ
一斉消毒が始まfりました。
一方経営難のため理事たちはいかに経費を削減するか検討していますが
カールはジャックを追い出そうと裏で手を回していて
ノラと対立しています。

クロエとアルトゥーロのところに、狼男になるのを恐れた男が
助けを求めにやってきました。
クロエたちは話を聞こうとしますが
カールは処方箋を渡して男を追い出してしまいました。
だが男は昨夜満月が出た時
公園で人に噛みつき、その後の記憶ははっきりしていないものの
新聞記事でその人を殺してしまったと思い、怯えていたのでした。

ジャックの家にスタッフが集まり、経費削減についての話し合いを始めたところ
狼男になるのを恐れた男が銃を持って現れます。
カールが追い出そうとしますが男は引き下がらず
銃を発砲したのでみんな動けなくなります。
カールの指示でアルトゥーロが男の銃を奪おうとして失敗し
アルトゥーロは足を撃ち抜かれてしまいます。
ヴェロニカたちは救命処置をとりますが
男は病院への搬送を拒みます。
緊迫した時が流れる中でジャックが提案。
自分も狼男になりたいから、腕を噛んでくれと男に頼んだのでした。
男はジャックの腕を噛みつき、その間に銃を確保。
男はようやく病院へ運ばれました。

男は満月の晩犬に噛まれたことがありました。
それ以来、狼男になることを恐れていたようでした。
男が噛み殺したと思っていた男は強盗の常習犯で
公園で男を襲ったのですが、その際男が強盗の銃を奪って
撃ち殺したのが真相だったようです。
実は正当防衛だったのでした。
ジャックは男の隣のベッドで、満月を見上げます。

ノラはジャックを手放す気はありませんでした。
でもジャックは病院を離れようと思っていました。
ジャックのカウンセリングは、自問自答の繰り返しで
ジャックは自己分析の結果、病院を離れることにします。
そして解雇してもらうために、カールを一発殴っておきました。
これなら文句なく辞められるでしょう。
こうしてジャックは旅立っていったのでした。

FOXの13話打ち切りドラマ3本立て!で
Journeyman、The Listner、そしてMentalと観ていきましたが
このドラマが一番興味深く観られました。
もっとも現実に即したストーリーで、学ぶところが多かったからでしょうか。
患者の立場になって考え、
問題を降伏していこうとするジャックの姿勢に心打たれました。
ジャックはベッキーの問題でずいぶん神経をすり減らしてたし
ジャック自身確かに統合失調症の傾向があるのかもしれません。
ここでのジャックの決断は尊重することにして
もしS2があるなら、またジャックが病院に戻ってきてくれる…
なんてありえないかな。
そしてPBのウィスラーと立て続けに2つのドラマで楽しませてくれた
Chris Vanceにすっかり惚れ込んでしまったのでした。
Chrisjのアメリカでのこれからの活躍にも期待しています。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
ぽっこ  
あまりにも

キレイな終わり方で、逆に次シーズン製作するつもりが
ないんじゃないかとさえ思ってしまいました。
ギャラガー自身、病気への不安を抱えていたんですね。

なーんて、ついに追いつきました(爆)
一気に溜め込んであった10話分、ラストまで
まあ3日はかかってしまいましたが
最終回には間に合いました。

はまりだしたら面白く、と思ったらまだ次シーズンあるのか
わからない状態なので残念です。

2009/10/16 (Fri) 19:48 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
No title

ぽっこさん、一気視聴お疲れ様でした。
こんなにすっきり終わると絶対S2はないんだろうなと開き直れてしまいますが、できればこの先が観たいです。
ジャックは統合失調症の因子を持っているのでしょう。それが自分でもよくわかってるからこういう決断をしたのでしょうね。
久々にじっくりとハマったドラマでした。いろいろ勉強になりました。
TBありがとうございます。

2009/10/17 (Sat) 10:29 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ