FC2ブログ
Top Page › 9mm :Sao Paulo › 9mm: Sao Paulo #1 「死の制裁」

2009 · 10 · 16 (Fri) 20:29

9mm: Sao Paulo #1 「死の制裁」

念願の9mmが始まりました。
9mmはポルトガル語では「ノビミリメトロ」と読みます。
略してノビミリかな。
数字の読み方からちょっと難しいかも。
スペイン語と似ている部分は多いです。
(だけどやさしい単語ほど別物です。)
ついでにカタカナでトレスペーって変な名前って思いこんでいたのですが
トレスペーが3Pだとわかったところで納得。
スリーピーがポルトガル語ではトレスペーになるのです。

いきなりモノトーンな暗い画面。
しかもカメラがちっとも落ち着いていません。
常に揺れている状態で目が回りそう。
でも確かにこれがサンパウロです。
リオからサンパウロに行くと、
やはり空気が淀んでどんよりしている感じがしました。
交通量も多いし。
そしてなんとも怪しげな大都会です。
自然と歩く場所も限定されてました。
危なそうな場所には足を踏み入れないように。
リオでも十分注意してたけど、こちらはよそ者ですから
さらに細心の注意を払っていました。

父親が母親を殺し、娘をレイプした。
11歳のアマンダが殺人課に保護されます。
父親は飲んだくれの酔っ払い。
でもよくよく調べてみると、事情は違っていました。
父親と別れた母親が娘を売春組織に売ったために
父親は怒って母親を殺害。
娘は売られた先でレイプされ、命からがら逃げ出してきたのでした。
ステーブラーやベンソンが烈火のごとく怒りだしそうな事件ですが
彼らが住んでいるファベーラを見れば
女性は体を売らなければ生活できない現実が見えてきます。

一方モデルのファビアが首を絞めfられて殺されていました。
ファビアもまた売春組織に身を置いていたようで
激しいSMプレイの結果、犠牲になったようです。
組織の手下の男は事実を隠そうとしていますが・・・

殺人課のメンバーは5人。
チーフのエドゥアルドは若いけれど上昇志向
コネでチーフの座を勝ち取ったようですが
記者会見の様子がやたらとテレビに映るので
周囲には煙たがられています。
紅一点のルイーザは15歳で妊娠。
だが夫は役立たずで
ルイーザは生活のために警官になったようです。
ロンドンでふらふらしていた夫が家に顔を出したために
ルイーザはいらいらしていました。
ティーンエイジャーの娘もまた腹を立ててますが
いつの間にかBFと言い争いそのうちバトルに。
何も間違いがなければいいんですけど。
タヴァレスは今のところインパクトが薄いけれど
まあ確実に仕事をこなしそうな感じがします。
若い3Pはその容姿を利用して
売春組織への聞き込みでも、お姉ちゃんたちに濃厚接触しています。
しかも車内で女の子としっかりヤッてしまったあと
彼女が16歳だということを知りました。
それって十分犯罪じゃないですか。
でも知らんぷりしてるようです。
最長老はオラシオ。
ベテランだけあって人脈は広そうです。
信念に沿って我が道を進んでいく一匹狼系?
プライベートは寂しいのかな。
別れた妻に突如電話していました。

保護されていたアマンダが逃げ出し
ファベーラの教会の神父が保護してくれました。
アマンダは売春組織の秘密を目撃しています。
組織の手下たちはアマンダと神父を追い詰め
二人に銃を突きつけます。
組織の片方がボスに電話してお伺いを立てると
ボスはなんとアマンダと神父ではなく
トラブルを起こしたもう片方の手下を殺すように命じました。
アマンダの目の前で手下は片割れに撃たれてしまいます。
でもこんなことは日常茶飯事ですので、驚くに値しません。

ファベーラに明るいオラシオはボスに接触。
ボスは快楽の提供も必要なことだと自信満々でいます。
オラシオは神の声を聞いて決断。
ボスを車に乗せて人里離れたところへ連れて行き
自らの手で撃ち殺してしまいました。

オラシオはHoracio
cをtに替えたら皆さんにおなじみのHoratio
ほっさんになっちゃうんだよね。
というわけでブラジル版ほっさんもまた
悪はきっちりと成敗し
我が道を突き進んでしまうタイプのようです。
でも周りを巻き込まずに単独行動が好きらしい。
相当曲者そうなブラジルほっさんの
この先が気になります。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

No title

Garotoさん、こんにちは。
見ました~。いきなりハマりそうな予感です!
画面の暗さや独特のカメラワークがお気に入りのフランスドラマ「SPIRAL」によく似てるし、刑事たちがそれぞれに問題を背負っていきそうなところも同じで、さっそくこの先の展開が楽しみに(同時におそろしく)なってきました。
さすがに街はパリと比べると見るからに危険な匂いでいっぱいですが^^;
(そういえば、リアリティ番組を盛り上げるために殺人を指示したというとんでもない事件もありましたね)
警察署が普通の家みたいな建物なのもびっくり。
そしてブラジルほっさんは、ブラジルデクスターの仕事も兼ねていくのでしょうか…。
ポルトガル語は全然わからないのですが、
Garotoさんのおかげで昼メロ=「ノベラ」って言ってたのだけは聞き取れました(笑)
2009-10-17-03:01
Ayano [ 返信 * 編集 ]

No title

9mm、気に入っていただけて何よりです。
ブラジルドラマ第1号がこんな物騒な世界でいいのか?と申し訳ない気もしますが、現実を知っているだけにいい機会ですからどんどん補足解説できればと思っています。
SPIRALもこんな世界なんですね。でもきっとフランスの方が洗練されているでしょう。ブラジルの貧困はどうしようもないし…この先もずっとドラマについて回ると思います。
ブラジルほっさんの訳ありな態度が気になります。デクスター的要素も含んでいてマイアミにぴったり(苦笑)だからマイアミは怪しげなんですね!
2009-10-17-10:44
Garoto [ 返信 * 編集 ]

No title

クラーイ画面なだけに緊迫感もばっちりですね。
オラシオ、最初偉い人なのかと(歳から考えて)思っていたら
違いました(汗)
それにしてもCとTの違いでブラジル版ほっさんってなるほどぉ~と思いました。
それぞれ個性的な刑事さんたちだし、思ったよりもとっつき易いし、すんなり観続けられそうです。
2009-10-19-21:05
ぽっこ [ 返信 * 編集 ]

No title

本当はもう少しサンパウロは明るいんですけど(メイキング映像では青空が出てました)この画面では暗くて怖いところの雰囲気がばっちりです。
オラシオは世渡りが上手じゃないのかも。エドゥアルドのようにコネが出世のカギを握っているんですね。
でもオラシオはブラジル版ほっさんですから、信念を持って悪と戦ってくれると思います。ついでにブラジルでは「H」は発音しないんですよ。なのでマイアミほっさんはオラティオになってしまいます。
この先に期待しましょう。
2009-10-20-20:31
Garoto [ 返信 * 編集 ]