FC2ブログ

Everwood S4-#16 「嘘の代償」

嘘をついてはいけません…

ブライトは明るくふるまい、ハンナに調子を合わせてくれます。
ハンナもすっかり浮かれ気分になってるところで
サムズでデートしてたらエフラムが合流、
すると店にエイダが入ってきました。
エイダにぎこちなく挨拶するブライト。
エフラムは二人の間に何かあるととっさに気づき
あとでブライトを追求します。
するとブライトはものすごく後悔してると言い訳しつつ
エイダと寝てしまったことを告白。
それはまずいことになったけど
いつ真実をハンナに伝えるかエフラムが問いただすと
ブライトはあくまでも何もなかったふりをするつもりでした。
一方ハンナもブライトの様子が何だか変だと思ってエイミーに相談。
エイミーはエフラムに尋ねてみると約束します。

エフラムはブライトとの約束を守りたかったから
何があったかを語ろうとしませんでしたが
エイミーが追求してくるのでついに浮気を教えてしまいます。
もちろんエイミーもブライトの行いに怒りつつ
さらにハンナに内緒にしていくのはとんでもないと強調します。
しかしブライトの友人としてのエフラムの立場は複雑。
二人は激しく言い争ってしまいます。
その様子をアンドリューは懐かしそうに味わっていました。

嘘をつき秘密を持っていたことがどんなに相手を傷つけたか
エイミーとエフラムはよくわかっています。
そんな二人からのアドバイスはとても大事。
ついにブライトは覚悟を決めて
正直にハンナに浮気を告白しましたが…
ハンナは激しく動揺し泣き崩れてしまいました。
二人の関係を修復できるのでしょうか。

テストでカンニングしていたことがばれたリードは
退学を命じられます。
でもとてもそんなわけにはいかない。
リードは途方に暮れていました。

アボットとローズが養父母として適切かどうかの審査が始まりますが
アボットはローズの病歴を隠していました。
アンドリューもアボットに口止めされていたために話すことができず
結果的に二人は養子を受け入れられることが決まります。
でもそこでアボットの小細工を知らなかったローズが
病気のことを口にしたために養子縁組は白紙に。
嘘がまた夫婦の溝を深めてしまいました。

著書のプロモーションでエドナとアーヴはカリフォルニアを旅行中。
サイン会に突然アーヴの娘のキャシーが訪ねてきました。
ちなみにキャシーはTWのモンローです。
キャシーはアーヴと音信不通状態で
もちろん結婚式にさえ顔を見せませんでした。
キャシーは二人を自宅へ招待してくれますが
エドナに対し敵意をむき出しです。
エドナがその理由を尋ねると
父をエドナに取られたことを許せずにいるようでした。
本来アーヴは家庭に落ち着ける性格ではなく
それで元妻とはうまくいってなかったようです。
でも話し合っているうちにアーヴとのわだかまりが取れ
孫の写真を二人に渡してくれました。
こちらは一件落着です。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ